グンバイヒルガオ(Ipomoea pes-caprae)2

FC2PY006299FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“グンバイヒルガオ(軍配昼顔)”は、ヒルガオ科サツマイモ属の熱帯から亜熱帯の海岸に分布する匍匐性の多年生草。葉が先端に浅く切込みが入る楕円形で、軍配に似ていることから軍配昼顔という和名になりました。@モルディブ

モルディブ(Maldives)16

FC2PY006325FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

年末に訪れたばっかりの“モルディブ(Maldives)”で、現地時間の2月5日に重武装した軍の部隊が元大統領を逮捕し15日間の非常事態宣言が発令されたようです。新旧大統領の権力闘争のようですが、楽園のような“モルディブ(Maldives)”に似つかわしくないキナ臭いニュースが入って来るとはビックリでした。観光には影響がないようですが身近になった場所なので少し心配な感じです。写真は現場となった“マレ島(MaléIsland)”で撮った“モルディブ紙幣”をアピール?する看板です。

タカネニガナ(Ixeris dentata var. alpicola)12

FC2PY005782FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“タカネニガナ(高嶺苦菜)”は、キク科ニガナ属の屋久島・四国・本州・北海道の亜高山帯〜高山帯に分布する多年草。@北アルプス

ベニコンゴウインコ(Ara chloropterus)1

FC2PY006296FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

狭い島の中、撮る被写体も無くなって来ました(w) という事でこの一枚をラストとし“マアフシ島(MaafishiIsland)”から、空港のある“マレ島(MaléIsland)”へと移動いたしました。 “ベニコンゴウインコ(紅金剛鸚哥)”は、オウム目インコ科の南アメリカ北部に分布するインコの一種。ペットとしておとなしい性質を備えていることから“優しい巨人”とも呼ばれているようです。思いのほか長生きで飼育下では80年以上生きた個体が確認されているようです。

ナミホシヒラタアブ(Metasyrphus nitens)3

FC2PY005034FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2017年

今回の“むし倶楽部”は昨年8月に北アルプスで撮った在庫からの一枚です“ナミホシヒラタアブ(波星平虻)”はハナアブ科ヒラタアブ亜科の北海道~九州に分布するハナアブの一種。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第179回目です。

モルディブ(Maldives)15

FC2PY006298FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“マアフシ島(MaafishiIsland)”の最終日、この日はフェリーの時間までやることも無いので、朝食の後再び島を散策です。南国らしいギラギラの太陽を期待したのですが、この日ももやっとした天候でございました。

チングルマ(Geum pentapetalum)6

FC2PY005783FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“チングルマ(珍車、稚児車)”は、バラ科ダイコンソウ属の北海道~中部地方以北の高山帯に分布する多年草。花後に花柱が伸びて実が放射状に広がる形が子供の風車(かざぐるま)に見えることからの命名の様です。@北アルプス

モルディブ(Maldives)14

FC2PY006285FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

5スターホテルに滞在するアクティビティでは夕方のビュッフェの後に“フィーディングショー”が用意されておりました。調理とかで出たアラや内臓なとを桟橋で魚に餌として与えるアトラクションで、大きな魚やサメなどが集まってきて餌を奪い合う様はなかなか迫力のあるものでした。決まった時間になると自然に魚たちが集まってくるのですでに餌付け状態になっているんでしょうね。

クルマユリ(Lilium medeoloides A. Gray)8

FC2PY005747FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“クルマユリ(車百合)”は、ユリ科ユリ属の北海道、本州中部以北と大台ヶ原山、四国の剣山の高山帯から亜高山帯に分布する多年草。@北アルプス

アオサギ(Ardea cinerea)1

FC2PY006277FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

ホテル(島)内でやることと言ったら基本、ビーチ(プールサイド)でリラックスするくらいしかないので、カクテルを飲みながら読書と言ったのんびりとした時間をかなり過ごしました。そういえば本当に久々のビーチリゾート、海外で時間を持て余すほどゆっくりしたのは何年振りか覚えてない程の事でした(w) “アオサギ(青鷺、蒼鷺)”はサギ科アオサギ属のアフリカ大陸、ユーラシア大陸、イギリス、インドネシア西部、日本、フィリピン北部、マダガスカルに分布するサギの一種。

ハクサンフウロ(Geranium yesoemse var. nipponicum)15

FC2PY005771FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“ハクサンフウロ(白山風露)”はフウロソウ科フウロソウ属の本州(東北~中部)の亜高山~高山帯に分布する多年草。「アカヌマフウロ」と言う別名があります。石川県の「白山」に産する事からの命名で、「ハクサン~」と言う名の高山植物が沢山あるのは、この山で古くから高山植物の研究が行われていた事からだそうです。@北アルプス

モルディブ(Maldives)13

FC2PY006273FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

5スターホテルに滞在するアクティビティの続きなんですが、昼と夕方に簡単なビュッフェが用意されておりました。また島内はアルコール類を含めフリードリンクで、イスラム国家の中での飲酒が可能な点は飲みたい人にとっては希少な場所かも知れません。

イワツメクサ(Stellaria nipponica Ohwi var. nipponica)11

FC2PY005776FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“イワツメクサ(岩爪草)”は、ナデシコ科ハコベ属の本州中部地方の高山帯に分布する多年草。5弁花ですが、真ん中に深い切れ込みが入っているので10弁花のように見えます。岩の間から生える「ツメクサ」という事からの命名。@北アルプス

モルディブ(Maldives)12

FC2PY006258FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

この5スターホテルに滞在するアクティビティなんですが、ツアーとして色々なホテル(島)を選べるようになっているのですが、値段設定の妙もあり、この“Adaaran Prestige Vadoo Resort Hotel”に観光客が集中してしまっているように感じました。ビーチベッドやパラソルは全然足りていませんでしたし人が多くてあまりリラックス出来ませんでした。もう少し静かな環境を求めるのであれば他のホテル(島)をチョイスした方がいいように思います。

ミヤマコウゾリナ(Hieracium japonicum)6

FC2PY005658FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“ミヤマコウゾリナ(深山剃刀菜・髪剃菜)”は、キク科コウゾリナ属の本州の中部地方以北と四国の高山帯に分布する多年草。葉や茎に「カミソリ(剃刀)」のように手が切れそうな剛毛が生えている事からの命名の様です。@北アルプス

モルディブ(Maldives)11

FC2PY006272FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

モルディブ(Maldives)”での2日目のアクティビティは“マアフシ島(MaafishiIsland)”からスピードボートで30分ほどにある“Adaaran Prestige Vadoo Resort Hotel”という5スターホテルに朝の8:30から18;45まで滞在出来るツアーです。水上コテージに宿泊すると1泊US800ドル程するような“モルディブ”のステレオタイプ的な所なんですが、US100ドルほどでビーチや施設を利用出来るシステムです(フリードリンク、食事付き)。

ハナヒリノキ(Leucothoe grayana)1

FC2PY005790FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“ハナヒリノキ(嚏の木)”は、ツツジ科イワナンテン属の北海道、本州の東北地方から近畿地方までの山地帯~亜高山帯に自生する落葉低木。全草に含む有毒植物で、誤食すると吐き気、下痢などの中毒症状を起こし、かつて葉や茎を乾燥させたものを粉末にして、汲み取り式便所の蛆殺しとして利用したすそうです。@北アルプス

オニヒトデ(Acanthaster planci)1

FC2GOPR9365FC2.jpg
Gopro4 モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

これは“ニモポイント”で撮ってもらった“オニヒトデ”です。体色には地域によって個体変異があり、モルジブのあるインド洋では体色が紫色になるようです。“オニヒトデ(鬼海星)”はオニヒトデ科オニヒトデ属の。インド洋と太平洋のサンゴ礁が分布する全海域に広く分布する海星の一種。サンゴの天敵としてよく知られ、食べられたサンゴは白い骨格だけを残して死滅する。背面には2~3cmほどの毒トゲがあり、刺されると激しく痛み、大きくはれ上がるそうです。

チングルマ(Geum pentapetalum)5

FC2PY005797FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“チングルマ(珍車、稚児車)”は、バラ科ダイコンソウ属の北海道~中部地方以北の高山帯に分布する多年草。花後に花柱が伸びて実が放射状に広がる形が子供の風車(かざぐるま)に見えることからの命名の様です。@北アルプス

モルディブ(Maldives)10 by空倶楽部

FC2PC280186FC2.jpg
OLYMPUS STYLUSTG-5Tough モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

今回の空倶楽部は“シュノーケリング”のデイツアーで訪れた“ドルフィンポイント”からの一枚です。ボートの周りをイルカが泳ぐっていうのはTVとかではよく見受けられるシーンなんですが、ライブでの体験は今回が初めてでした。この時ばかりは日差しも強くイルカと共に本来の“モルディブ(Maldives)”の海の色の美しさを体感することが出来ました♪
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Archive
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
584位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
200位
Watch Access ranking>>