エマニュエル・ムホー展(Exhibition of Emmanuelle Moureaux)6

FC2P1260275FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 エマニュエル・ムホー(EmmanuelleMoureaux) 2017年

嫌になってしまうのですが、あっという間の“2月突入”です。この所、毎年のように切実に感じるのが“光陰矢の如し”で、理論的にはなんとなく“ジャネーの法則”で説明がつくのですが、実際に体感するのは本当に恐ろしく感じてしまいます(w)

エマニュエル・ムホー展(Exhibition of Emmanuelle Moureaux)5

FC2P1260295FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO35-100mm/F2.8 エマニュエル・ムホー(EmmanuelleMoureaux) 2017年

いろいろ撮っているうちに、何となく“同系色”で撮っている傾向に有るなと感じたので、少し違うのを狙ってみましたが、結構難しいんですよね。

エマニュエル・ムホー展(Exhibition of Emmanuelle Moureaux)4

FC2P1260394FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 エマニュエル・ムホー(EmmanuelleMoureaux) 2017年

この“エマニュエル・ムホー(Emmanuelle Moureaux)”の展示は、切り取られている“数字が吊るされている”だけと言ったらそれまでなんですが、圧倒的な数の迫力と色の美しさは目を瞠るものがありました。単純で誰にも思いつきそうな事なのですが、これをキチンと具体化してしまう力が“芸術”なんでしょうね。

大相撲(Grand Sumo)13

FC2P1180124FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 大相撲(GrandSumo) 2017年

この日は “幕内”の土俵入りからの観戦で、かつ、座った場所から“東の力士”だけなのですが、その中では、この“大銀杏(おおいちょう)”が一番カッコよかったです。十両(十枚目)以上の力士(関取)が結うことができる髪形というのはWikiで初めて知りました(w)

エマニュエル・ムホー展(Exhibition of Emmanuelle Moureaux)3

FC2P1260332FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO35-100mm/F2.8 エマニュエル・ムホー(EmmanuelleMoureaux) 2017年

今回の“エマニュエル・ムホー(Emmanuelle Moureaux)”の展示の撮影には、何となく“7-14mm”と“35-100mm”で行けそうかなと思い臨んだのですが、結果、大正解だったような気がします。2本のレンズであれやこれや、美しい部分を見つけて“切り撮る作業”に夢中になっておりました。

大相撲(Grand Sumo)12

FC2P1180095FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 大相撲(GrandSumo) 2017年

この第69代横綱 “白鵬関”は“幕内優勝が37回”とか“63連勝”を始めとする大記録を次々と打ち立て本当に歴史に残る“大横綱”となりましたね。初めて来日した際、小柄だった“白鵬を受け入れてくれる部屋は最後までなかった”という話はドラマのプロローグとしては出来すぎですね。

エマニュエル・ムホー展(Exhibition of Emmanuelle Moureaux)2

FC2P1260378FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 エマニュエル・ムホー(EmmanuelleMoureaux) 2017年

この“エマニュエル・ムホー(Emmanuelle Moureaux)”さんという方は、フランス出身の“フランス人建築家・アーティスト”で1995年初来日の際、東京の街に溢れる無数の色を見て衝撃を受け、東京在住を決意したそうです。ヨーロッパの中世の街並みに憧れる日本人とは正反対なところが、お互い無い物ねだりで面白いです(w)

大相撲(Grand Sumo)11

FC2P1180154FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 大相撲(GrandSumo) 2017年

この “遠藤”という絵になる力士ですね。角界のなかでは“イケメン”だし、日本人なのでCMのスポンサーもつくし、懸賞金もずば抜けています。今は故障がちで番付もそこそこなんですが、大関くらいになるようであれば、また大フィーバーになるんでしょうね。頑張ってもらいたいです!!

エマニュエル・ムホー展(Exhibition of Emmanuelle Moureaux)1

FC2P1260272FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 エマニュエル・ムホー(EmmanuelleMoureaux) 2017年

久々に“国立新美術館”に足を運んでみました。目的は10周年記念ウィークの特別展示、“エマニュエル・ムホー”の数字と色彩を駆使したアートを見る(撮る)事でした。大きな展示の中から美しい部分を見つけて“切り撮る作業”が楽しく、いつの間にか結構な時間が過ぎておりました(w) *無料展示で1月30日(月)までやってます。


大相撲(Grand Sumo)10

FC2P1180119FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 大相撲(GrandSumo) 2017年

それ程お相撲には詳しくないのですが、一度目にしただけで深く印象に残ってしまうキャラってどうしても出てきてしまいます。この “逸ノ城”なんかもその一人です。デビューの年の活躍が鮮やかだった分、昨年の成績はいただけなかったですね。今年の復調を期待しております。

大相撲(Grand Sumo)9

FC2P1180052FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 大相撲(GrandSumo) 2017年

以前にも“スマホ”で撮った同じアングルの写真をUPしているのですが、あまり画質が良くないので、改めて“”カメラで撮ったのをUPです。二度目だったので少し余裕で撮れました(w)

大相撲(Grand Sumo)8

FC2P1180144FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 大相撲(GrandSumo) 2017年

稀勢の里関、おめでとうございます!! 日本出身横綱は若乃花以来、19年ぶりの誕生とのこと。その頃っていったら、Windows 98発売や、松坂大輔が決勝戦でノーヒットノーランやった年。やっぱり国技なので久々の日本人横綱は嬉しいですね!

大相撲(Grand Sumo)7

FC2P1180028FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 大相撲(GrandSumo) 2017年

これは“国技館”の壁に描かれていた、相撲を観戦する“織田信長”の絵です。かれは相当な相撲好で1年に2~3回相撲大会を開くほどだったそうです。

大相撲(Grand Sumo)6

FC2P1180027FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 大相撲(GrandSumo) 2017年

この前の水曜日に一年ぶりに“大相撲”の観戦をしてまいりました。前回より時間があったので、力士以外も少しだけ撮ってみました。

魔笛(Die Zauberflöte)1

FC21478238823464FC2.jpg
SAMSUNG SC-01F 東京(Tokyo) スナップ(snap) モノクロ(monochrome) 2016年

昨日、死ぬまでに体験しなくちゃいけないなと思っていた、“オペラ鑑賞”をしてまいりました。デビューはプラハ国立歌劇場の“魔笛”でした。聞覚のある曲“夜の女王のアリア”などもあり予想以上に楽しめました♪ *あらすじと曲の予習が功を奏したのはあるかもしれません(w)

山中慎介(Shinsuke Yamanaka)2

FC2PY002557FC222.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO35-100mm/F2.8 ポートレイト(Portrait) 2016年

昨晩、大阪まで“山中慎介”、“長谷川穂積”両選手の世界Wタイトルマッチを観戦してまいりました。山中選手の素晴らしい試合は地上波で放映されていたので ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、その前の長谷川選手の試合がまた、壮絶でしびれるものでした。 最近、あまり感動することも少なくなっているのですが久々に、両選手のファイトに心を動かされてしまいました。 本当に感謝です!!

生誕300年記念 若冲展(The 300th Anniversary of his Birth:Jakuchu)

FC2PY000240FC2_20160522075243de6.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 パートC(PartC) 2016年

昨日、18日(パンダ撮った日)のリベンジで“生誕300年記念 若冲展”へ行って参りました。前回の失敗を踏まえ朝の7時頃には美術館に到着したのですが、すでに“ゴルフのロングホール”程の長蛇の列が出来上がっておりました。通常なら9:30AM開室のところ、主催者も気を利かせて8:00AMには入室スタートさせておりました。ベタで恐縮なんですが“動植綵絵(30幅)”と“鳥獣花木図屏風”は期待以上で圧巻でした。“動植綵絵”に関しては緻密な線描が知られているんですが、真直で見ると決して“写実”ではなく、デザインして描かれているんですよね(そのデフォルメの妙が素晴らしい!)。また、“若冲”はお金持ちで良い絵の具を使って描いているので、絵の鮮やかさが半端じゃないんですよ(昨日描いたと言われても信じてしまうほど)。“鳥獣花木図屏風”は18世紀制作の作品なんですが、現代アートとしても見ても秀逸だと思います。1.2cm四方の升目(約8万6000枚)で構成されているのですが、その手法が斬新なのとポップな描写・色使いが大変気に入りました。これ程してまで労力を費やして鑑賞した美術展はこれまで無かったのですが、今回はその苦労が報われました♪

歌舞伎(Kabuki)2

FC21461125088125FC2.jpg
SAMSUNG SC-01F 歌舞伎(Kabuki) 2016年

昨年の10月以来2度目の“歌舞伎”の観劇へ行って参りました。前回は夜で今回は初の“昼の部”です。演目はコミカルな動きが楽しい“松寿操り三番叟と”、“松本幸四郎”の“不知火検校”、そして現代風に言えばコント仕立ての“身替座禅”の3つだったのですが、どの演目も本当に面白かったですね。演目意外、特に素敵だなと思ったのが、役者さんの“衣装”なんですよね。柄と色使いが斬新で本当にそれだけ見るだけでも十分価値があるなと思うほどの美しさでした。幕間の食事は花篭の“ほうおう膳”で舌鼓、贅沢なひと時でした♪

歌舞伎(Kabuki)1

FC21445584463741FC2.jpg
SAMSUNG SC-01F 歌舞伎(Kabuki) 2015年

9月の“大相撲”に続いて、お恥ずかしい話の第二弾なんですが、この齢になって遅まきながら“歌舞伎”の観劇、デビューしてまいりました(^-^; 演目は“玉三郎”の“壇浦兜軍記”(阿古屋)と、“松緑”の“梅雨小袖昔八丈(髪結新三)”だったのですが、歌舞伎は様式美と緊張感、狂言は現代劇に通ずる面白さがありましたね。期待値は高かったですが、それを裏切ることのない満足感でした。次回、ぜひ違う演目を見てみたいと思っております。

アートアクアリウム(Art Aquarium)7

FC2PY002508FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 アートアクアリウム(ArtAquarium) 2015年

何だかんだ愚痴を言いながらも7枚もUPしてしまった“アートアクアリウム(ArtAquarium)”ですが、一応これで〆とさせていただきます。ここに行った事のある知り合いとも話したのですが、やっぱり“今一つ”と言っておりました。美しく撮られた写真が期待値をUPさせ過ぎて実際行くとガッカリになるんでしょうね。

Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Archive
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
333位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
123位
Watch Access ranking>>