チューリッヒ(Zurich)29

FC2PY000814FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

池尻の商店街の店先にも止めてあった“Vespa(ヴェスパ)”ですが、ここ“チューリッヒ(Zurich)”でもディスプレイされておりました。いろんなメーカーからいろんな種類のスクーターが数多出ていますがこういう使われ方をされるのは“Vespa(ヴェスパ)”だけのような気がします。

クロタネソウ(Nigella damascena)9

FC2P5220100FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(Flower) 2019年

“クロタネソウ(黒種草)”は、 キンポウゲ 科クロタネソウ属の南ヨーロッパ、中東、南西アジアに自生する一年草。この個体は青ですが他にも“白、黄、ピンク色、薄紫”などの花があるようです。

ポジターノ(Positano)1 by空倶楽部

FC2P5010955FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ ポジターノ(Positano) ユーロ2019(Euro2019) イタリア(Italia) 2019年

今回の空倶楽部はGWの旅行で行った“ポジターノ(Positano)”からの1枚です。“ナポリ(Napoli)”からローカル列車で“ソレント(Sorrento)”へ、そこからローカルバスに揺られ到着しました。事前知識殆どなしで訪れたのですが、思いのほかフォトジェニックな街でちょっと得した気分になってしまいました。

ヒルザキツキミソウ(Oenothera speciosa)6

FC2P5220086FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2019年

“ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)”は、アカバナ科マツヨイグサ属の日本各地に分布する多年草。北米から入ってきた帰化植物で、宵に咲くツキミソウと違って、昼間にも開花していることからの命名のようです。

チューリッヒ(Zurich)28

FC2P4270101FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは“ドライフルーツ屋”さんのディスプレイだと思います。わざわざ買いに行って食べるほどではないのですが、目の前に出されると喜んで食べますね。個人的に好きなのはここにも写っている“無花果(イチジク)”です。

シラン(Bletilla striata)9

FC2P5220051FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2019年

“シラン(紫蘭)”は、ラン科シラン属の日本、台湾、中国原産の宿根草。ランの仲間の中ではとても栽培のし易い種類と言うことで、この時期良く見かけますが、野生種は準絶滅危惧に指定されているようです。

チューリッヒ(Zurich)27

FC2P4270106FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

所謂“チューリッヒ(Zurich)”の押さえておくべき?夜の風景も撮れたので、街中の面白いものや美しいものにフォーカスして行きました。時間に余裕があるカメラを持っての散策は宝探しのようで楽しいひと時です♪

ヤマトシジミ(Pseudozizeeria maha)11

FC2P6230208FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 昆虫(Insects) 2019年

“ヤマトシジミ(大和小灰蝶、大和蜆蝶)”はチョウ目シジミチョウ科の本州以南に分布する。関東以西でもっとも普通に見られるチョウの一つとの事です。

チューリッヒ(Zurich)26

FC2P4270100FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは前にもUPした“リマト川(Limmat)”越しの“フラウミュンスター聖母教会(Fraumünster)”の夕景です。手前に架かっているのが“ミュンスター橋(Münsterbrücke)”です。

ブラシノキ(Callistemon speciosus)2 雑草倶楽部

FC2P5220068FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(Flower) 2019年

今回の雑草倶楽部は目黒川緑道で撮った“ブラシノキ”です。この花を海外で初めて見たときはビックリしましたが、今では日本でも結構見かけるようになりましたね。“ブラシノキ”は、フトモモ科ブラシノキ属のオーストラリア原産の常緑小高木。和名は見たまんま花序全体がブラシのように見えることからの命名です。

チューリッヒ(Zurich)25

FC2P4270092FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは“ミュンスター橋(Münsterbrücke)”辺りからの “リマト川(Limmat)”越しの夕景です。一番手前の建物が“市庁舎(Stadthaus Zürich)”で、奥に見えているが“ビュルクリプラッツ広場(Bürkliplatz)”にある移動式観覧車で毎年春になるとここにやって来るそうです。

ドクダミ(Harmonia axyridis)12

FC2P5220029FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2019年

“ドクダミ(蕺草)”はドクダミ科ドクダミ属の本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。日かげなどに生育し、臭気があるのが特徴で、民間薬の「十薬」として腫れ物、皮膚病などに利用されています。白く花びらの様に見えるのは“総苞片(そうほうへん)”で葉っぱの一種です。“ギョセイソウ(魚腥草)”“ドクダメ(毒溜め)」と言う別名も有るようです。

チューリッヒ(Zurich)24

FC2P4270089FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは“グロスミュンスター大聖堂(Grossmünster)”で、チューリッヒ湖方面へ“リマト川(Limmat)”沿いを進むと、左側の小高い場所に佇んでいます。11世紀から12世紀初頭にかけて“ロマネスク様式”で建てられたものだそうです。行った時は知らなかったのですが、後ろに見える細い鐘楼が“カールス塔(Karlsturm)”で有料になりますが登る事ができるようです。

サツキ(Rhododendron indicum)3

FC2P5220028FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(Flower) 2019年

“サツキ(皐月)”は、ツツジ科ツツジ属の関東以西と九州南部に分布する低木。分類上ツツジとの差はないが、園芸的には1ヶ月程度開花が遅く旧暦の5月(皐月)の頃に一斉に咲き揃うところから命名との事です。

チューリッヒ(Zurich)23

FC2P4270084FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

ここ“チューリッヒ(Zurich)”では、いたる所でこの“白十字”の国旗が掲揚されております。10年位前より感覚的に減っているような感じはありましたが、それでもやっぱり普通の国と比べたら多いです。あと、注意してみると国旗の形状が“正方形”でした。この“正方形”の国旗ってスイス以外には“バチカン市国”しか無いようです。

スイートアリッサム(Lobularia maritima)4

FC2P5220143FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(Flower) 2019年

“スイートアリッサム”はアブラナ科ミヤマナズナ属の地中海沿岸原産の多年草。ナズナの花と似ていることから“ニワナズナ”とも呼ばれているようです。“スイート”はほのかに甘い香りがすることからの由来だそうです。

チューリッヒ(Zurich)22

FC2P4260045FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) ネコ(Cat) 2019年

今回のにゃ~にゃ~の日はGWの“ヨーロッパ旅行”で撮った“ニャン”からの1枚です。沖縄に続きGWのヨーロッパ旅行で“ニャン”の写真の在庫がそこそこ溜まってきたので、にゃ~にゃ~の日を含め“2の付く日”に“ニャンの写真”をUPして行く事といたしました。在庫が尽きるまで継続予定ですのでよろしくお願いいたします。


きららとジュレさん主催の“にゃ~にゃ~の日”の44回目の参加でございます。

トウワタ(Asclepias curassavica)3

FC2P5220427FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(Flower) 2019年

“トウワタ(唐綿)”は、ガガイモ科トウワタ属の北アメリカ原産の多年草。“アスクレピアス”と言う流通名があるようです。綺麗な花なんですが、葉や全草に毒があるようです。

チューリッヒ(Zurich)21

FC2P4270080FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

滞在時間がそれほど無いので、朝方“チューリッヒ(Zurich)”に着いてホテルにチェックインしてから、雨の中を撮影散策に出ました。一応押さえる所は概ね撮れたのでホテルに戻り疲れもあって暫し睡眠をとりました。目が覚めて窓から外を見ると降っていた雨がすっかり上がっておりました。“チューリッヒ(Zurich)”の夕景を撮るべく、気合を入れなおしてホテルから街に繰り出しました。

ムギセンノウ(Agrostemma githago)2

FC2P5220117FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(Flower) 2019年

“ムギセンノウ(麦仙翁)”はナデシコ科ムギセンノウ属のヨーロッパ原産の一年草。ヨーロッパでは畑地に害を及ぼす雑草として扱われており、日本には農作物に紛れて侵入したのが帰化植物となっているようです。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Archive
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
474位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
180位
Watch Access ranking>>