チューリッヒ(Zurich)1

FC2P4270093FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

今回の空倶楽部はGWのヨーロッパの旅で最初に訪れた“チューリッヒ(Zurich)”からの1枚です。ここは街自体がコンパクトで見所も集中していて2009年に一度訪れているので、ほぼ地図なしで歩き回ることが出来ました。到着時はかなりの雨で気分も落ちながらの散策でしたが、一度宿に戻り少し休んで夕方に再出動の頃には雨も止み気分よく撮影も出来ました。中央に写っているのは“聖ペーター教会 (St. Peterskirche)”で、その時計塔はヨーロッパ最大のものとの事です。

オドリコソウ(Lamium album L)5

FC2PY000756FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2019年

“オドリコソウ(踊り子草)”は、シソ科オドリコソウ属の北海道から九州に分布する多年草。根を利用する“野芝麻”と言う生薬は月経不順、打撲傷、腰痛、腫れ物等に効くそうです。

ルリジサ(Borago officinalis)4

FC2PY000565FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(WildFlower) 2019年

“ルリジサ(瑠璃萵苣)”は、ムラサキ科ポラゴ属の欧州南部、アフリカ北部の地中海沿岸原産の1年草。全草をボラーゴと称し粘滑、解熱、利尿薬として用いるほか、花はハーブティーやお菓子の飾りに、若葉はサラダに使われるようです。「ボリジ」と言う別名もあるようで、こジャレたレストランとかのサラダに、たまに入っていたりしますね。

ウツギ(Deutzia crenata)3

FC2PY000714FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2019年

“ウツギ(空木)”は、アジサイ科ウツギ属の北海道南部、本州、四国、九州に分布する落葉低木。命名は茎が中空のため、そのまんま空木(うつぎ)になったそうで、旧暦4月を卯月というのは、“卯の花(ウツギの花の別称)”が咲く季節から名付けられたとのことです。 @開聞岳

ハナミズキ(Cornus florida)7

FC2PY000736FC2_20190420162054100.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(Flower) 2019年

“ハナミズキ(花水木)”はミズキ科ミズキ属の北アメリカ原産の落葉高木。別名の“アメリカヤマボウシ”は日本原産のヤマボウシに似ていることから命名です。

香港(Hongkong)10

FC2PY000775FC2_20190512163824ecd.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 中国(Chaina) 香港(Hongkong) ユーロ2019(Euro2019) 2019年

免税店で撮りました。海外のたばこのパッケージは日本のそれと比べ、警告文の表示が大きく且つえげつないですね。これは文字だけですが他の国では“真っ黒な肺”やぼろぼろの“黄色い歯”とかの写真が刷り込まれたりもしています。どうしてそんな危険なものを販売しているのか?こういう現象を“矛盾”って言うんでしょうね(w)

ムラサキツユクサ(Tradescantia. ohiensis)9

FC2PY000585FC2_20190420162047a13.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2019年

“ムラサキツユクサ(紫露草)”はツユクサ科ムラサキツユクサ属の北海道、本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。 北米原産の帰化植物で明治の初めに来たものが野生化しているようです。

香港(Hongkong)9

FC2PY000784FC2_201905121638231ae.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 中国(Chaina) 香港(Hongkong) ユーロ2019(Euro2019) 2019年

調べたら前に“香港(Hongkong)”に来たのが2005年だったので、もう15年近くになるのを知って時の経つのの速さに驚いております。当時の写真を振り返ってみると貧弱な機材(DSC-P100)の割には個人的に納得のいくのが撮れているんですよね。今度はトランジットでは無くちゃんと再訪しじっくり撮影したいなと思いました。

キンレンカ(Tropaeolum majus)3

FC2PY000672FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(Flower) 2019年

“キンレンカ(金蓮花)”はノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の南米原産の一年草で、花がノウゼンカズラに、葉はハスに似ることから“ノウゼンハレン(凌霄葉蓮)”と言う別名もあるようです。洋名は“ナスタチューム(Nasturtium)”です。最近は食用ハーブとしても人気ようですね。

香港(Hongkong)8

FC2PY000777FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 中国(Chaina) 香港(Hongkong) ユーロ2019(Euro2019) 2019年

今回のヨーロッパの旅は“キャセイパシフィック”での“香港(Hongkong)”トランジットでした。GWが10連休ということもあり、かなり前から手配はしていたのですが安い直行便が無かったので仕方がありません。数時間の乗り継ぎの間、空港内を少しだけパチリして時間を潰しました。

シラー・ぺルビアナ(Scilla peruviana)4

FC2PY000566FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(Flower) 2019年

“シラー・ぺルビアナ”は、ユリ科シラー属の地中海沿岸の南ヨーロッパ、北アフリカ原産の球根植物。この花は“オオツルボ(大蔓穂)”と言う和名があるようです。薄ピンクの可憐な花を咲かせる小さな“ツルボ(蔓穂)”とはかけ離れた、派手で押しの強い印象の花ですね。いつ頃から日本に流通し始めたのかは知りませんが、最近よく見かけるようになりました。

クルメツツジ(Rhododendron obtusum var. obtusum)2

FC2PY000694FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(Flower) 2019年

“クルメツツジ(久留米躑躅)”は、ツツジ科ツツジ属の福岡県久留米地方で作られた栽培種。木が小ぶりで花色も豊富で、花付が良く、刈込にも耐え育てやすいツツジの様です。

オーニソガラム(Ornithogalum spp)6

FC2PY000681FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(Flower) 2019年

“オーニソガラム”はユリ科オーニソガラム属のヨーロッパ、南アフリカ、西アジア原産の球根草。“オオアマナ(大甘菜)”とか“ベツレヘムの星”と言う別名があるそうです。

アフリカンデージー(Osteospermum)2

FC2PY000719FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(WildFlower) 2019年

“アフリカンデージー”はキク科オステオスペルマム属の南アフリカ原産の一年草。

ミラノ(Milano)2 by空倶楽部

FC2P5062175FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ ミラノ(Milano) ユーロ2019(Euro2019) イタリア(Italia) 2019年

今回の空倶楽部は“5月5日の空”と云うことで、その日旅してた“ミラノ(Milano)”から、ベタで恐縮ですが“ドゥオーモ(Duomo di Milano)”のUPです。前にここに来たのが2003年なのでもう16年も経つのですが、走っている車と人のファッションが新しくなっただけで街自体は何ら変わっていない様な印象を受けました。基本的に旧市街は建物の建て替えが難しいんで、何もなければこのまま何百年もそんなに変わことも無く時が過ぎて行くんでしょうね。

ガザニア(Gazania)11

FC2PY000725FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(WildFlower) 2019年

“ガザニア”は、キク科クンショウギク(ガザニア)属の南アフリカ原産の多年草。花の形状が勲章に似ている事から“勲章菊”と言う和名が有るようです。

イモカタバミ(Oxalis articulata DC)7

FC2PY000655FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2019年

“イモカタバミ(芋片喰)”は、カタバミ科カタバミ属の南アメリカ原産の多年草。江戸時代末期に観賞用として入り現在は帰化植物となっている。「フシネハナカタバミ(節根花片喰)」という別名もある様です。

ナミホシヒラタアブ(Metasyrphus nitens)6

FC2P4200314FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2019年

“ナミホシヒラタアブ(波星平虻)”はハナアブ科ヒラタアブ亜科の北海道~九州に分布するハナアブの一種。

コデマリ(Spiraea cantoniensis)3

FC2PY000645FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 花(Flower) 2019年

“コデマリ(小手毬)”は、バラ科シモツケ属の中国原産の落葉低木。日本には古くから入り“スズカケ(鈴掛)”と呼ばれていたそうで、現在の名前は“手毬”状の花姿が由来のようです。

オオキバナカタバミ(Oxalls pes-caprae)11

FC2PY000638FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2019年

今回の雑草倶楽部は超久しぶりに“西郷山公園”での撮り卸しです。本当は“メジロ”狙いに出かけたのですが、そちらの方はからっきしでダメでございました(w) “オオキバナカタバミ(大黄花片喰)”は、カタバミ科カタバミ属の南アフリカ原産のオキザリス。明治時代に観賞用のものが野生化し「帰化植物」となったようです。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95

Calendar
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archive
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
531位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
187位
Watch Access ranking>>