オオバキスミレ(Viola brevistipulata)3

FC2P6240743FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“オオバキスミレ(大葉黄菫)”は、スミレ科スミレ属の北海道南西部から本州近畿地方以北の日本海側の山地帯から亜高山帯に分布する多年草。@岩手山

ノリウツギ(Hydrangea paniculata)4

FC2P7310323FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“ノリウツギ(糊空木)”はユキノシタ科アジサイ属の北海道~九州に分布する落葉低木。この木の樹液を「和紙」をすく時の糊として利用した事からの命名の様です。同様の理由により「ノリノキ(糊の木)」という別名があるようです。@北アルプス

常念岳登山(Mt.Jōnen-dake mountaineering)1 by空倶楽部

FC2fPY009315FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 常念岳(Mt.Jōnen-dake) 2018年

今回の空倶楽部は10月上旬に登ってきた“常念岳(Mt.Jōnen-dake)”からの一枚です。1日目は朝早く一の沢から“常念岳”を登り、縦走して“蝶が岳”までの山行でした。これは小屋に泊まった翌朝の“安曇野”方向の風景です。焼けた雲海と青い空の二層の色彩が見事な少し肌寒い朝方でした。

シラネアオイ(Glaucidium palmatum)7

FC2P6240762FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“シラネアオイ(白根葵)”は、キンポウゲ科(シラネアオイ科)シラネアオイ属の北海道~本州中北部の日本海側に分布す多年草。日光白根山に多く、花がタチアオイに似ていることからの命名で、“山芙蓉(やまふよう)”という別名があるようです。@岩手山

シラネニンジン(Tilingia ajanensis)4

FC2P7310322FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“シラネニンジン(白根人参)”は、セリ科シラネニンジン属の北海道、本州中部以北の高山帯に分布する多年草。@岩手山

オマーン(Oman)13

FC2P5010313FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ オマーン(Oman) 中東(M.East2018) 2018年

前回UPした“アル・アラム宮殿(Alam Palace)”の海側からの様子です。暑い日中の訪問のため、疎らな観光客以外は人気もなく何か不思議な雰囲気が漂っておりました。個人的にはこの宮殿、こちらのアングルの方がカッコ良い様に思います。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)31

FC2P9179255FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

前回の雑草倶楽部に引き続きかなり時季外れですが“アゲラタム”とのコラボ写真が残っていたので、折角なのでUPさせて頂きます。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

オマーン(Oman)12

FC2P5010304FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ オマーン(Oman) 中東(M.East2018) 2018年

崖の上に聳える“マトラフォート(MutrahFort)”を後にし、バスでさらに東に位置する“オールド・マスカット(OldMuscat)”へ向かいました。先ず最初にやって来たのは“アル・アラム宮殿(Alam Palace)”です。1972 年に“スルタンカブース”よって建てられた近代イスラム建築のこの宮殿、普段は迎賓館として使われているようです。

セイヨウミツバチ(Apis mellifera)11

FC2P9179215FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 昆虫(Insects) 2018年

“セイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)”はミツバチ科ミツバチ属のヨーロッパ、アフリカ、中東、アジア原産のミツバチの一種。気性が穏やかで、大量の蜂蜜を集めるヨーロッパ原産の種が世界中の養蜂家によって飼育されているようです。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)30 雑草倶楽部

FC2P9179158FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

今回の雑草倶楽部は白花と赤花のコラボ写真が残っていたので、かなり時季外れですがUPさせて頂きます。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

オマーン(Oman)11

FC2P5010299FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ オマーン(Oman) 中東(M.East2018) 2018年

“マトラスーク(Mutrah Souq)”からさらに東に歩を進めると、右側の崖の上に“マトラフォート(MutrahFort)”が聳えておりました。16世紀にポルトガル人によって建てられたとの事。ポルトガルのマスカットの支配は1650年まで続いたそうです。

イワオトギリ(Hypericum kamtschaticum var. hondoense)8

FC2P7310317FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“イワオトギリ(岩弟切)”は、オトギリソウ科オトギリソウ属の東北地方および中部地方以北の亜高山~高山帯に分布する多年草。オトギリソウの高山型のようです。@岩手山

オマーン(Oman)10

FC2PY007789FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 オマーン(Oman) 中東(M.East2018) 2018年

ニャン撮りや散策で時間をつぶして、少しだけ活気が出てきた“マトラスーク(MutrahSouq)”の様子です。アラブっぽい服装の人々が行きかうスークはなかなか絵になりますね。

ヤツデ(Fatsia japonica)3

FC2P7310311FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“ヤツデ(八つ手)”は、ウコギ科ヤツデ属の関東以西の太平洋側、四国、九州、沖縄に分布する常緑低木。命名は見た目のまんま葉が7~9つに大きく切れ込む事が由来です。昔、汲み取り便所の近くによく植えられていたのは、葉に含まれる“ヤツデサポニン”という有毒物質を“蛆用の殺虫剤”として用いていたからだそうです。

オマーン(Oman)9

FC2P5020358FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ オマーン(Oman) 中東(M.East2018) 2018年

宵の口でまだ人も疎らな“マトラ スーク(Mutrah Souq)”で撮った1枚です。賑やかになるのを待ちながら“ニャン”を撮ったり、迷路のようなスーク内を散策しておりました。地元の方向けんのお店だけではなく、こんな感じで観光客向けのお土産屋さんも軒を連ねておりました。

オオマツヨイグサ(Oenothera erythrosepala)2

FC2P7310307FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“オオマツヨイグサ(大待宵草)”は、アカバナ科マツヨイグサ属の日本全土に分布する多年草。北アメリカ原産の帰化植物で日本には明治~大正時代に入ってきたようです。@岩手山

オマーン(Oman)8

FC2P5020357FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ オマーン(Oman) 中東(M.East2018) ネコ(Cat) 2018年

このニャンは達は2度ほどUPさせて頂いた“マトラ スーク(Mutrah Souq)”で寛いでおりました。まだ涼しくなる前の時間帯で開店前の店も多く、買い物客も疎らなので通路の真ん中でゆっくりしております。敷き詰められてタイルが冷たくて気持ちがいいんでしょうね。


きららとジュレさん主催の“にゃ~にゃ~の日”の36回目の参加でございます。

ノリウツギ(Hydrangea paniculata)3

FC2P7310314FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“ノリウツギ(糊空木)”はユキノシタ科アジサイ属の北海道~九州に分布する落葉低木。この木の樹液を「和紙」をすく時の糊として利用した事からの命名の様です。同様の理由により「ノリノキ(糊の木)」という別名があるようです。@岩手山

オマーン(Oman)7

FC2PY007786FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 オマーン(Oman) 中東(M.East2018) 2018年

これはモスクから少し東側ある“マトラスーク(MutrahSouq)”の様子です。一度、気温の高い昼間に来て店が殆ど開店前だった失敗を踏まえ、夕方に再訪問した時の一枚です。この時間帯、店は概ね開店しておりましたがまだ宵の口でまだ活気のあるスークとはなっておりませんでした。

ハクサンオミナエシ(Patrinia triloba var. triloba)8

FC2P7310316FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“ハクサンオミナエシ(白山女郎花)”は、オミナエシ科オミナエシ属の本州の北陸地方から東北地方の山地に分布する多年草。コキンレイカ(小金鈴花)という別名があるようです。@岩手山
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Archive
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
363位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
136位
Watch Access ranking>>