モルディブ(Maldives)11

FC2PY006272FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

モルディブ(Maldives)”での2日目のアクティビティは“マアフシ島(MaafishiIsland)”からスピードボートで30分ほどにある“Adaaran Prestige Vadoo Resort Hotel”という5スターホテルに朝の8:30から18;45まで滞在出来るツアーです。水上コテージに宿泊すると1泊US800ドル程するような“モルディブ”のステレオタイプ的な所なんですが、US100ドルほどでビーチや施設を利用出来るシステムです(フリードリンク、食事付き)。

ハナヒリノキ(Leucothoe grayana)1

FC2PY005790FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“ハナヒリノキ(嚏の木)”は、ツツジ科イワナンテン属の北海道、本州の東北地方から近畿地方までの山地帯~亜高山帯に自生する落葉低木。全草に含む有毒植物で、誤食すると吐き気、下痢などの中毒症状を起こし、かつて葉や茎を乾燥させたものを粉末にして、汲み取り式便所の蛆殺しとして利用したすそうです。@北アルプス

オニヒトデ(Acanthaster planci)1

FC2GOPR9365FC2.jpg
Gopro4 モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

これは“ニモポイント”で撮ってもらった“オニヒトデ”です。体色には地域によって個体変異があり、モルジブのあるインド洋では体色が紫色になるようです。“オニヒトデ(鬼海星)”はオニヒトデ科オニヒトデ属の。インド洋と太平洋のサンゴ礁が分布する全海域に広く分布する海星の一種。サンゴの天敵としてよく知られ、食べられたサンゴは白い骨格だけを残して死滅する。背面には2~3cmほどの毒トゲがあり、刺されると激しく痛み、大きくはれ上がるそうです。

チングルマ(Geum pentapetalum)5

FC2PY005797FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“チングルマ(珍車、稚児車)”は、バラ科ダイコンソウ属の北海道~中部地方以北の高山帯に分布する多年草。花後に花柱が伸びて実が放射状に広がる形が子供の風車(かざぐるま)に見えることからの命名の様です。@北アルプス

モルディブ(Maldives)10 by空倶楽部

FC2PC280186FC2.jpg
OLYMPUS STYLUSTG-5Tough モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

今回の空倶楽部は“シュノーケリング”のデイツアーで訪れた“ドルフィンポイント”からの一枚です。ボートの周りをイルカが泳ぐっていうのはTVとかではよく見受けられるシーンなんですが、ライブでの体験は今回が初めてでした。この時ばかりは日差しも強くイルカと共に本来の“モルディブ(Maldives)”の海の色の美しさを体感することが出来ました♪

クルマユリ(Lilium medeoloides A. Gray)7

FC2PY005614FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“クルマユリ(車百合)”は、ユリ科ユリ属の北海道、本州中部以北と大台ヶ原山、四国の剣山の高山帯から亜高山帯に分布する多年草。@北アルプス

モルディブ(Maldives)9

FC2PC280218FC2.jpg
OLYMPUS STYLUSTG-5Tough モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

前回UPした“サンドバンク(砂州)”なんですが、実はこんな感じで少々植物が育っておりました。 “干潮になると海の中から姿を現す”というのが正しい定義だとすると“なんちゃってサンドバンク”と言わなければならないかもしれません(w)

ハクサンイチゲ(Anemone narcissiflora)5

FC2PY005805FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“ハクサンイチゲ(白山一花、白山一華)”はキンポウゲ科イチリンソウ属の中部地方以北から東北地方の亜高山帯~高山帯に分布する多年草。@北アルプス

タイマイ(Eretmochelys imbricata)1

FC2GOPR6124FC2.jpg
Gopro4 モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“シュノーケリング”のデイツアーで“ニモポイント”の次に訪れたのが“タートルポイント”です。ほんとに見れるのかなと思ったのですが、潜ったらちゃんと泳いでおりました。撮影機材は“Gopro4”で、撮ったのは残念ながら自分じゃなくてツアーのスタッフです(w) 周辺部はかなり甘いですがなかなかキレイに撮れるもんですね。 “タイマイ(玳瑁)”は、ウミガメ科タイマイ属のインド洋、大西洋、太平洋に生息するウミガメの一種。日本は最北の繁殖地で石垣島などで産卵するそうです。鼈甲細工(べっこうざいく)の原料となるのはこのカメの甲羅です。

ウツギヒメハナバチ(Andrena prostomias)2

FC2PY005003FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2017年

今回の“むし倶楽部”は昨年8月に五竜岳で撮った在庫からの一枚です。“ウツギヒメハナバチ(空木姫花蜂)”は、ハチ目ヒメハナバチ科の本州・四国・九州に分布するヒメハナバチの一種。同定には自信がございません。@北アルプス

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第178回目です。

モルディブ(Maldives)8

FC2PC280223FC2.jpg
OLYMPUS STYLUSTG-5Tough モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“シュノーケリング”のデイツアーでは、干潮になると海の中から姿を現す“サンドバンク(砂州)”でのランチがありました。ランチと言っても簡単なスナックのようなもので美味しくも無かったのですが(w) この美しい場所に来られたという事に充分価値を見出すことが出来ました♪

シロバナタテヤマリンドウ(Gentiana thunbergii var. minor f. ochroleuca)2 雑草倶楽部

FC2PY005842FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

今回の雑草倶楽部は去年の夏に立山で撮った白いリンドウのUPでございます。リンドウと言うと、どうしても青系を連想してしまうので白花の意外性もなかなか趣があってステキだと思います。“シロバナタテヤマリンドウ(白花立山竜胆)”は、リンドウ科リンドウ属の北海道、本州の中部以北の日本海側の高山~亜高山に自生する多年草。@北アルプス

ハマクマノミ(Amphiprion frenatus)2

FC2PC280049FC2.jpg
OLYMPUS STYLUSTG-5Tough モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

今回のシュノーケリングでデビューを飾ったのがオリンパスの防水カメラ“STYLUSTG-5Tough”です。旧モデルを持っていたのですが旅行前に家の中で突然姿を消してしまい(w) 仕方なく急遽購入とあいなりました。いろいろチャレンジしたのですが、まだ使い慣れてもいないので、あまり動きのない“クマノミ”位しかまともに撮ることが出来ませんでした(T⁻T*)

タカネニガナ(Ixeris dentata var. alpicola)11

FC2PY005781FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“タカネニガナ(高嶺苦菜)”は、キク科ニガナ属の屋久島・四国・本州・北海道の亜高山帯〜高山帯に分布する多年草。@北アルプス

ハマクマノミ(Amphiprion frenatus)1

FC2PC280017FC2.jpg
OLYMPUS STYLUSTG-5Tough モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“マアフシ島(MaafishiIsland)”に着いて、ホテルにチェックイン後すぐに“シュノーケリング”のデイツアーに参加しました。価格もリーズナブルな割には内容も充実していてなかなかステキな時間を過ごせました。先ずは“ニモポイント”と言われるところでシュノーケリング、確かにちょっと探すとすぐ“ハマクマノミ(Amphiprion frenatus)”が姿を見せてくれました♪

ミヤマホツツジ(Cladothamnus bracteatus)7

FC2PY005811FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“ミヤマホツツジ(深山穂躑躅)”は、ツツジ科ミヤマホツツジ属の北海道、本州の中部以北の亜高山に分布する落葉小低木。@北アルプス

モルディブ(Maldives)7

FC2PY006247FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“マアフシ島(MaafishiIsland)”に幾つかあるダイビングショップの“ グラフィティ(graffiti)”ちっくな看板?です。マリンアクティビティが多いのでそこで若い働く男の子を多く見かけるのですが、このごく小さな全くもって退屈な島でどうやって遊びたいエネルギーを発散して生活しているのか他人事ながら心配になってしまいます。首都“マレ島(MaléIsland)”から通いの子もいるんでしょうかね?

ミヤマコウゾリナ(Hieracium japonicum)5

FC2PY005657FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“ミヤマコウゾリナ(深山剃刀菜・髪剃菜)”は、キク科コウゾリナ属の本州の中部地方以北と四国の高山帯に分布する多年草。葉や茎に「カミソリ(剃刀)」のように手が切れそうな剛毛が生えている事からの命名の様です。@北アルプス

モルディブ(Maldives)6

FC2PY006240FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) ネコ(Cat) 2017年

今回のにゃ~にゃ~の日は“マアフシ島(MaafishiIsland)”での朝の散歩で出会った“ニャン”のUPでございます。島中結構うろうろしたのですが後にも先にも出会えた“ニャン”はこの1匹だけでした。狭い島の事、もしかしたら島唯一の“ニャン”だったのかもしれません。


きららとジュレさん主催の“にゃ~にゃ~の日”の27回目の参加でございます。

トウヤクリンドウ(Gentiana algida)7

FC2PY005815FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“トウヤクリンドウ(当薬竜胆)”は、リンドウ科リンドウ属の北海道~中部以北の高山帯に自生する多年草。トウヤク(当薬)は薬草になる“センブリ”のことで、このリンドウも胃薬になることから付けられたそうです。@北アルプス
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Archive
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
235位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
86位
Watch Access ranking>>