モンテベルデ(MonteVerde)25

FC2P1011375FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 両生類(Amphibian) 2015年

前にUPした通り至極残念だったのが“ケツァール”なんですが、もう一つ撮れなくて悔しい思いをしたのがこの“モルフォ蝶”なんですよね。 正確には地味な模様の翅の裏?は完璧に撮れているのですが、肝心の翅が開いたブルーに美しく輝く状態はNGでした(T-T*)完全に負け惜しみなんですが、お店で売っていた“土産の標本”を悔し紛れでUPしておきます(w)

エンレイソウ(Trillium smallii)2

FC2PW004936FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“エンレイソウ(延齢草)”は、ユリ科エンレイソウ属の北海道~九州の低地や山林に分布する多年草。花後に出来るこの“黒い”は食べる事が出来、根は延齢草根と呼ばれ胃腸の薬となる様です。なんか長生きしそうな名前ですね。@妙高・火打山

高野山(Kōya-san)11

FC2P4270099FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

あまり時間的余裕のなかった“高野山”の散策だったのですが、とりあえず押さえる所は押さえる事が出来たので“宿坊”へと戻りました。程なく用意されたのがこの“精進料理”で、アルコールとともに舌鼓を打ちました。“精進料理”は勿論初めてではないんですが、ここまで本格的なのは未体験でした。見た目の美しさもさることながら味も正直美味しかったし、本当に久しぶりにリラックスして良い食事が出来たなという感じでした♪

ヤマハハコ(Anaphalis margaritacea)10

FC2PW004864FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤマハハコ(山母子)”は、キク科ヤマハハコ属の北海道~長野・石川県以北に分布する多年草。白い花はカサカサした質感でドライフラワーの様な印象を受けます。@妙高・火打山

モンテベルデ(MonteVerde)24

FC2P1011312FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO35-100mm/F2.8 コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 2015年

この“ハミングバード(ハチドリ)”も良いポーズで決めてくれているんですが、如何せん地味な色合いなんですよね(T‐T*) ハチドリはとても魅力的な被写体なんで、何とか納得の一枚が撮れるまで何とか頑張ってみようと思っております。

オオバミゾホオズキ(Mimulus sessilifolius)3

FC2PW004935FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)”は、ゴマノハグサ科ミゾホウズキ属の北海道から本州の中部地方の亜高山帯に分布する多年草@妙高・火打山

高野山(Kōya-san)10

FC2P4270067FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

いよいよ“奥の院”の参道を“御廟橋”のところまで歩いてまいりました。この先にあるのが最奥部の“弘法大師御廟”で、ここでは現在も“空海”が往きて禅定を続けているとされているんですよね。(1200年間もの間、ずっと1日2回食事が運ばれています) 故にとても神聖な場所され、撮影もこの“御廟橋”までということで御座いました。“信じるか信じないかはあなた次第”の世界なんですが、平成の世、まだこんなミステリーな話が残っているというのも日本は奥深いですね。

ツルリンドウ(Tripterospermum japonicum)1

FC2PW004940FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ツルリンドウ(蔓竜胆)”は、リンドウ科ツルリンドウ属の北海道・本州・四国・九州の山地に自生するツル性の多年草。@妙高・火打山

モンテベルデ(MonteVerde)23

FC2P1011173FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO35-100mm/F2.8 コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 2015年

幻の鳥“ケツァール”を撮れなかった沈んだ心を奮い立たせて“モンテベルデ自然保護区”の入り口付近にあるハチドリ小屋で“ハミングバード(ハチドリ)”の撮影です。ハチドリの種類も地味で、且つあんまり上手く撮れていないのですが2枚ほど記念にUPさせて頂きます。

ハクサンボウフウ(Peucedanum multivittatum)3

FC2PW004863FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ハクサンボウフウ(白山防風)”は、セリ科カワラボウフウ属の北海道、本州の中部地方以北の高山帯に分布する多年草@妙高・火打山

生誕300年記念 若冲展(The 300th Anniversary of his Birth:Jakuchu)

FC2PY000240FC2_20160522075243de6.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 パートC(PartC) 2016年

昨日、18日(パンダ撮った日)のリベンジで“生誕300年記念 若冲展”へ行って参りました。前回の失敗を踏まえ朝の7時頃には美術館に到着したのですが、すでに“ゴルフのロングホール”程の長蛇の列が出来上がっておりました。通常なら9:30AM開室のところ、主催者も気を利かせて8:00AMには入室スタートさせておりました。ベタで恐縮なんですが“動植綵絵(30幅)”と“鳥獣花木図屏風”は期待以上で圧巻でした。“動植綵絵”に関しては緻密な線描が知られているんですが、真直で見ると決して“写実”ではなく、デザインして描かれているんですよね(そのデフォルメの妙が素晴らしい!)。また、“若冲”はお金持ちで良い絵の具を使って描いているので、絵の鮮やかさが半端じゃないんですよ(昨日描いたと言われても信じてしまうほど)。“鳥獣花木図屏風”は18世紀制作の作品なんですが、現代アートとしても見ても秀逸だと思います。1.2cm四方の升目(約8万6000枚)で構成されているのですが、その手法が斬新なのとポップな描写・色使いが大変気に入りました。これ程してまで労力を費やして鑑賞した美術展はこれまで無かったのですが、今回はその苦労が報われました♪

ツルニンジン(Codonopsis lanceolata)2

FC2PW004857FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ツルニンジン(蔓人参)”は、キキョウ科ツルニンジン属の北海道から九州の山地に分布する蔓性多年草。花模様がジイ(老爺)のソブ(そばかす)に似ていることから“ジイソブ(爺蕎)”という別名があるようです。(この個体は血管のように見えます)@妙高・火打山

ジャイアントパンダ(Ailuropoda melanoleuca)1

FC2P5180485FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 上野動物園(UenoZoo) モノクロ(monochrome) 2016年

今回のにゃ~にゃ~の日は突然の“ジャイアントパンダ”で申し訳ございません<(_ _)> 一応、和名は“大熊猫”なんで笑って許してやって頂ければと思います(w) 18日に休みが取れたので“若冲展”へ行こうと上野の東京都美術館に訪れたのですが、平日午前中の早い時間にもかかわらず“240分(4時間)待ち”の長蛇の列ですぐさまGivePu致しました。“若冲展”の後、移転する“築地”を撮ろうとそれなりのカメラとレンズの準備はしていたので、急遽、美術館の隣にあった“上野動物園”での動物撮影大会へと切り替える事と致しました。動物園ではそこそこ面白いのが撮れたのでいづれUPしてゆこうと思っております。


きららとジュレさん主催の“にゃ~にゃ~の日”の13回目の参加でございます。

タテヤマアザミ(Cirsium babanum var. otayae)1

FC2PW004853FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“タテヤマアザミ(立山薊)”は、キク科アザミ属の本州の中部地方の亜高山~高山に分布する多年草。@妙高・火打山

高野山(Kōya-san)9

FC2P4270081FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

“奥の院”の参道には“豊臣秀吉、織田信長、石田光成、明智光秀”などの錚々たる戦国武将の墓があることで有名なんですが、もう一つ外せないのがこの“お化粧地蔵”さんなんですよね。この地蔵様お化粧をしてあげると綺麗になるという言い伝えがあるそうで、自分は現場は見れませんでしたが、TVの旅番組の時はかなりお年を召した方が一生懸命でした(w)

ミヤマアキノキリンソウ(Solidago virgaurea subsp. leiocarpa)11

FC2PW004851FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)”は、キク科アキノキリンソウ属の北海道と本州中部以北の亜高山帯〜高山帯に分布する多年草。“コガネギク(黄金菊)”という別名もあるようです。@妙高・火打山

モンテベルデ(MonteVerde)22

FC2P1010934FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO35-100mm/F2.8 コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 2015年

これは“モンテベルデ自然保護区”で出合った“ハナジロハナグマ(Nasua narica)”です。ここでは5㎞程のコースを一人でトレッキングしたのですが、写真を撮れた動物はこれくらいでした。大失敗だったのがガイドを付けなかった事! ガイドと一緒の人たちは“ケツァール”なんかも結構見る事が出来ていたようです。“ケツァール”は幻の鳥と呼ばれていて、そう簡単に見られるものではないと思っていたのではなから諦めていたんですよね。本当にもったいないことを致しました、正直かなり心残りです(T-T*)

ミヤマヤブタバコ(Carpesium triste)1

FC2PW004845FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ミヤマヤブタバコ(深山藪煙草)”はキク科ガンクビソウ属の北海道、本州、四国、九州の低地~山地に分布する多年草。@妙高・火打山

高野山(Kōya-san)8

FC2P4270055FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

“空海の御廟”へ向かう参道である“奥の院”は“一の橋”からが結界となっていて、その先は“人間の世界”ではないと言われているそうです。確かに先入観なしで訪れても“何か”を感じさせる雰囲気はありますね。

ハクサンイチゲ(Anemone narcissiflora)1

FC2PY001994FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ハクサンイチゲ(白山一花、白山一華)”はキンポウゲ科イチリンソウ属の中部地方以北から東北地方の亜高山帯~高山帯に分布する多年草。@乗鞍岳
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archive
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
183位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
71位
Watch Access ranking>>