阿蘇山登山(Mt.Aso mountaineering)2

FC2PY000545FC2_201506200918411da.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 阿蘇山登山(Mt.Asomountaineering) GW登山ツーリング 2015年

結局、自分が登山中の時は山頂付近の雲は晴れず、一面真っ白で残念な眺めでした。下山は眼下に広がるこんな風景を楽しみながらでしたが“九重山”でやっちまった軽い捻挫のせいでペースがガタ落ちで結構ストレスになっておりました。自分より年配の人に抜かされながらも無事下山し“百名山41座目”登り終えました。この後テントを撤収し、次の宿泊地、えびの市“京町温泉”へと向かいました。

ルリカラクサ(Nemophila menziesii)2

FC2P1450350FC2.jpg
LUMIX DMC-GM5M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2015年

“ルリカラクサ(瑠璃唐草)”は、ムラサキ科ネモフィラ属のアメリカ大陸西海岸原産の一年草。日本でも“ネモフィラ”のほうが通りがいいかもしれません。“ひたち海浜公園”なんかで見られる群生咲きも有名ですね。

宮古島(MiyakoIslands)2 by空倶楽部

FC2PW003841FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 宮古島(MiyakoIslands) 沖縄・宮古旅行 2015年

先週の中ごろ“宮古島&沖縄”へ、駆け足し旅行に行っておりました。天気はそこそこ良かったのですが、前日よりタチの悪い夏風邪に罹り、旅行中は熱と泣きたくなる位の偏頭痛に悩まされながらの撮影ドライブでした(T‐T*) 今回の空倶楽部はそんな“苦行中”からの一枚で“下地島空港”の風景です。

宮古島(MiyakoIslands)1

FC2PW003845FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 宮古島(MiyakoIslands) 沖縄・宮古旅行 2015年

この空港はJALやANAの“パイロット訓練(タッチアンドゴー)”が真近で見られることで知られていたので、本当に楽しみにしていたのですが、数年前に撤退してしまい今では民間航空機がたまに訓練で使うぐらいとの事でした。とりあえず行くだけ行ってみようと現地に来たのですが、着くや否や海の美しさにあっ気に取られてしましました。飛行機に合えなくてもここに来て良かったなんて思っていると、海の方からプロペラ音が、あまりにも突然すぎてノーマーク状態だったのですが、なんとか数枚収めることが出来ました。


エンドウ(Pisum sativum L.)2

FC2P1450345FC2.jpg
LUMIX DMC-GM5M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2015年

“エンドウ(豌豆)”は、マメ科エンドウ属のメソポタミア原産の越年草。日本には中国を経由し、遣唐使によって9~10世紀頃に入って来たようです。グリンピース(未熟の種子)や、サヤエンドウ(未熟の莢)として食すのがこの植物です。

阿蘇山登山(Mt.Aso mountaineering)1

FC2PY000552FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 阿蘇山登山(Mt.Asomountaineering) GW登山ツーリング 2015年

“九重山”を登ったあと、まだ充分、時間と体力があったので、前日悪天候のために回避した“阿蘇山”を登ることに。草千里などの眺望を楽しめる“ロープウェイ火口西駅”からのルートは“噴火警戒レベル2”が発令されてNGなので、ほぼ直登ルートの“仙酔峡登山口”にやって来ました。ここ“仙酔峡”は“ミヤマキリシマ”の群生が有名でちょうど良い時期を迎えてとてもキレイでした。天気はかなり良くなってきましたが、まだ上の方には雲が残っているので山頂の眺望と“九重山”での軽い捻挫を心配しながらの登山開始でした。(この写真は下山時のものです。快晴です!)

ツルニチニチソウ(Vinca major)5 with 8na8na-club

FC2PW002557FC2.jpg
LUMIX DMC-GM5M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 「柵く花」 2015年

“ツルニチニチソウ(蔓日々草)”は、キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属の地中海沿岸原産の常緑蔓性植物。繁殖力が非常に強からでしょうか、この植物も気にすると都会の至る所に植えられていますね。

* awa(Dear to you)さん主催の8na8na-clubの93回目の参加でございます。


九重山(Mt.Kujū)1

FC2PY000513FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 九重山(Mt.Kujū) GW登山ツーリング 2015年

朝一キャンプ場を出て、前日、悪天候のために回避した“阿蘇山”の前に“九重山”を登ってみました。予報自体は悪くないんですが、ガスって雨すら降って来そうな感じでした。登山口がドライブウェイにあり、コースもそれ程きつくないので、お気軽観光登山みたいな軽装備の方も結構いらっしゃいました。高度が上がってくるとガスは消えましたが雲で眼下の眺望がNGと、カメラ好き泣かせの天候でした。ほんの数分間だけでしたが雲が切れたのを1枚収められるラッキーはありました。下りるとき、本当に何でもない所で軽い捻挫をしてしまいましたが、取り敢えずちゃんと下山し“百名山40座目”登り終えました。

ネギ(Allium fistulosum)2

FC2P1450339FC2.jpg
LUMIX DMC-GM5M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2015年

“ネギ(葱)”は、ネギ科ネギ属の中国西部~中央アジア原産の多年草。古い名前は「き」と言われたそうです。「き」の一文字で表されるから、あるいは、枝分れした形が「人」の字に似ていることから「ひともじぐさ」と言う別名があるようです。* これはみなさんお馴染みの「葱坊主」ですね。

スノーモンキー(SnowMonkey)3

FC2PY009333FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

噂では聞いていたのですが、この“地獄谷野猿公苑”の来苑者、本当に外国の人が多かったです。中韓を初めとするアジア圏だけではなく、欧米系の人もとても多く、日本人が“アウェー状態”でした(w) 1970年に雑誌“LIFE”で取り上げられた後、1998年の長野オリンピック時に各国の媒体に紹介され、萩原敏夫さんが撮影した“この写真”が、“ネイチャーズ・ベスト国際写真コンテスト2006”でグランプリを受賞し、同じ年“Michelin Green Guide Japon”で一つ星を獲得etc 海外で注目を浴びるのも分かります。遠い国からでも、この雪の中で戯れるサルとか見に来たくなっちゃいますよね。

ビロウドツリアブ(Bombylius major)1

FC2PW002713FC2.jpg
LUMIX DMC-GM5M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2015年

“ビロウドツリアブ(天鵞絨吊虻)”は、ツリアブ科ツリアブ属の北海道・本州・四国・九州に分布するツリアブの一種。ビロードのような毛を生やし、ホバリングしている状態が、糸で吊られているように見える事からの命名の様です。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第101回目です。

熊本(kumamoto)3

FC2PY000484FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 熊本(kumamoto) GW登山ツーリング 2015年

せっかく“熊本”に来たんだから“ちんちん電車”ぐらいは押さえないととは思ったのですが、雨が降り出してきてしまい一気に写欲が落ちてしまいました(T-T*) もう少し情緒のある車輌が来るのを待てば良かった様な気もしたのですが、取り敢えずの一枚が撮れたのでさっさと阿蘇のキャンプ場に戻りました。

シラー・ぺルビアナ(Scilla peruviana)2

FC2P1450362FC2.jpg
LUMIX DMC-GM5M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2015年

“シラー・ぺルビアナ”は、ユリ科シラー属の地中海沿岸の南ヨーロッパ、北アフリカ原産の球根植物。この花は“オオツルボ(大蔓穂)”と言う和名があるようです。薄ピンクの可憐な花を咲かせる小さな“ツルボ(蔓穂)”とはかけ離れた、派手で押しの強い印象の花ですね。いつ頃から日本に流通し始めたのかは知りませんが、最近よく見かけるようになりました。

熊本(kumamoto)2

FC2PY000477FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 熊本(kumamoto) GW登山ツーリング 2015年

ここ“熊本城”には2004年の九州ツーリングで訪れているんですが、10年以上も前なので、それ程記憶には残っていないんですよね。HDの写真を見ると、なんと前にUPした“加藤清正像”の前でバイクを止めて撮影などもしておりました(全然覚えておりません)。 自分の記憶保持能力の低さと旅の記録としての写真の大切さを思い知らされた訪問となりました(w)

アカバナユウゲショウ(Oenothera rosea)4

FC2P1450295FC2.jpg
LUMIX DMC-GM5M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)”は、アカバナ科マツヨイグサ属の南米~北米南部原産の多年草。 明治時代に鑑賞用として入ってきた帰化植物のようです

スノーモンキー(SnowMonkey)2

FC2PW009556FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

“地獄谷野猿公苑”へは、岩合光昭さんの“この写真”に出会って以来、ずっと憧れの地だったんですよね。たまにTVとかでも取り上げられるので、思いは募りに募っておりました。本気で調べてみると、東京からのアクセスもそれ程悪くなく、十分日帰り出来ることがわかり、3月上旬思い切って出かけてきました。

ウマノアシガタ(Ranunculus japonicus)2

FC2P1450245FC2.jpg
LUMIX DMC-GM5M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ウマノアシガタ(馬の足形)”は、キンポウゲ科キンポウゲ属の北海道~南西諸島に分布する多年草。花弁に独特の光沢があるところは“キツネノボタン”に似ていますが、こちらのほうが少しグラマーですね。* どこにでも咲いていそうなんですが、地域によっては「レッドデータブック」に掲載されているようです。

和歌山(Wakayama)12

FC2PW002859FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) ネコ(Cat) GW登山ツーリング 2015年

先月に引き続き和歌山の“にゃんのサンクチュアリー”での一枚です。このにゃんの個性的な凛々しい顔立ちが印象に残っております。

きららとジュレさん主催の“にゃ~にゃ~の日”の3回目の参加でございます。

ワスレナグサ(Myosotis alpestris)5

FC2P1450241FC2.jpg
LUMIX DMC-GM5M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2015年

“ワスレナグサ(勿忘草)”はムラサキ科ワスレナグサ属のヨーロッパ原産の多年草で、日本には明治時代に観賞用として渡来したようです。

熊本(kumamoto)1

FC2PY000475FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 熊本(kumamoto) GW登山ツーリング 2015年

翌朝、テントから出てみると、天気が崩れるという予報通り今にも泣き出しそうな空でした。本来なら“阿蘇山”に登るはずだったのですが、悪天候の中、無理をすることもないと予定を変更し、福岡(眼鏡修理&タイヤ交換)へ行くことにしました。用事が済んだあとまだ時間があったので“熊本”にちょっちだけ寄ってみました。まずは“加藤清正”の像をパチリです。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Archive
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
603位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
232位
Watch Access ranking>>