タチカタバミ(Oxalis corniculata f. erecta)2

FC2P1450227FC2.jpg
LUMIX DMC-GM5M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“タチカタバミ(立ち片喰)”は、カタバミ科カタバミ属の本州中南部に分布する多年草。地面を這う普通のカタバミとは違い上に伸びてます。北アメリカ原産の帰化植物で、日本で発見されたのは40~50年前のことだそうです。この固体は少し“アカカタバミ”と交雑しているような気がします。

阿蘇(Aso)7

FC2PY000560FC2_2015061714424618d.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 阿蘇(Aso) GW登山ツーリング 2015年

“祖母山”の登山、“高千穂峡&ミルクロード”の撮影の後、宿泊地の“阿蘇坊中野営場”に到着いたしました。テントを設営し近くの“坊中温泉夢の湯”でさっぱりし、食事をしたあと、野営地に戻り、他のキャンパーと飲みながら歓談後即爆睡でした。管理人さん曰く、この一帯2~3日前から火山灰が降っているらしく大変だと言ったとおり、翌朝テントに薄っすら火山灰が積もっておりました。(写真は最終日、撤収前のものです)

カラスノエンドウ(Vicia sativa subsp. nigra)6

FC2P1450214FC2.jpg
LUMIX DMC-GM5M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“カラスノエンドウ(烏野豌豆)”は、マメ科ソラマメ属の本州~四国・九州・沖縄に分布する越年草。オリエントから地中海にかけての原産で、かつて原産地では食用にされ、現代の中国では胃のもたれの薬として使われているようです。

阿蘇(Aso)6 by空倶楽部

FC2PY000457FC222.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 阿蘇(Aso) GW登山ツーリング ジオラマ(diorama) 2015年

今回の空倶楽部は“ミルクロード”から眺められる、通称“ラピュタの道”と呼ばれる風景です。2011年にもこの辺りは訪れていて、当時はそれ程メジャーじゃ無かった様な気がするんですが、今では路上駐車で渋滞ポイントとなっておりました。翌日は天気に問題がなければ、真正面に見える“阿蘇山”に登山予定です。この後は“阿蘇坊中野営場”でこのツーリング初のテント泊をいたしました。

ルリカラクサ(Nemophila menziesii)1

FC2PW002619FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2015年

“ルリカラクサ(瑠璃唐草)”は、ムラサキ科ネモフィラ属のアメリカ大陸西海岸原産の一年草。日本でも“ネモフィラ”のほうが通りがいいかもしれません。“ひたち海浜公園”なんかで見られる群生咲きも有名ですね。

阿蘇(Aso)5

FC2PY000469FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 阿蘇(Aso) GW登山ツーリング ジオラマ(diorama) 2015年

これは前回UPした“かぶと岩展望所”から見た“パッチワークの畑”のすぐ右側(南側)に拡がる“内牧地区”の様子です。“ジオラマ(diorama)”で加工しなくても、結構ジオラマっぽい風景でした(w)

オニタビラコ(Youngia japonica)6 with 8na8na-club

FC2PW002746FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2015年

“オニタビラコ(鬼田平子)”は、キク科オニタビラコ属の日本全土に分布する多年草。紛らわしいのですが、この植物の名前の由来となった「コオニタビラコ」が、春の七草の「仏の座」です。

* awa(Dear to you)さん主催の8na8na-clubの92回目の参加でございます。

阿蘇(Aso)4

FC2PY000470FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 阿蘇(Aso) GW登山ツーリング ジオラマ(diorama) 2015年

“祖母山”の登頂後、リベンジで“高千穂峡”へ行ったのですが、まだ陽が高かったので“ミルクロード”へ入り阿蘇の外輪山から撮影をする事に。とりあえず、以前も訪れた“かぶと岩展望所”でパッチワークの畑をパチリです。

セイヨウタンポポ(Taraxacum officinale)6

FC2PW002664FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)”は、キク科タンポポ属の日本全土に分布する多年草。ヨーロッパ原産の帰化植物で日本の在来種とは外側の総房の反る点が異なります。

スノーモンキー(SnowMonkey)1

FC2PW000028FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

3月上旬に、温泉に入るニホンザルで有名な“地獄谷野猿公苑”へ行ってきたんですが、撮ったまんまになっておりました。このままお蔵入りするのもなんなので、今後“3と6がつく日(サルの日)”に気に入った写真をUPして行くことにいたしましたので、お付き合いいただければ幸いです。

ニホンカワトンボ(Mnais costalis)1

FC2PY000822FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 昆虫(Insects) 2015年

この前の福島登山ツーリングで“磐梯山”を登った後に散策した“五色沼”で遭遇しました。このトンボ、他の人の写真とか見てて、あまりにもキレイなので憧れだったんですよね。警戒心がつよく、近くで撮れなかったのが残念ですが、まあ1枚ゲット出来たので良しとしておきましょう(w) “ニホンカワトンボ(日本川蜻蛉)”は、カワトンボ科カワトンボ属の北海道、本州、四国、九州に分布する中型のトンボの一種。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第100回目です。


西新宿から(from Nishishinnjuku)9

FC2P1450515FC2.jpg
LUMIX DMC-GM5M.ZuikoDigital17mm/F1.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) 西新宿(Nishishinnjuku) 2015年

久々に仕事で西新宿にあるタワーマンションへ行ってきました。普通の眺望もなかなかだったのですが、やっぱりこの“建設現場”に萌えてしまいました(w) ここもあと1年ぐらいで高層ビルが完成してしまうので、この眺めもそろそろ見納めです。

ヒナゲシ(Papaver rhoeas)1

FC2PW002668FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2015年

“ヒナゲシ(雛芥子)”は、ケシ科ケシ属のヨーロッパ原産の一年草。“グビジンソウ(虞美人草)”という別名も有名ですね。

国立霞ヶ丘陸上競技場(National Olympic Stadium Tokyo)

FC2P1450491FC2.jpg
LUMIX DMC-GM5M.ZuikoDigital17mm/F1.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) モノクロ(monochrome) 2015年

本当は建物解体中を撮っておきたかった“国立競技場”なんですが、残念ながら間に合わず、取り敢えず“更地の状態”を押さえておきました。都と国で工事予算を巡って色々揉めている最中なんですが、なんせ我らが“日本国”なんで、なんだかんだでちゃんとオリンピックまでには立派なのが完成するんでしょうね。

シラー・ぺルビアナ(Scilla peruviana)1

FC2PW002630FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2015年

“シラー・ぺルビアナ”は、ユリ科シラー属の地中海沿岸の南ヨーロッパ、北アフリカ原産の球根植物。この花は“オオツルボ(大蔓穂)”と言う和名があるようです。薄ピンクの可憐な花を咲かせる小さな“ツルボ(蔓穂)”とはかけ離れた、派手で押しの強い印象の花ですね。いつ頃から日本に流通し始めたのかは知りませんが、最近よく見かけるようになりました。

高千穂峡(Takachiho-Kyo)1

FC2PY000427FC2_20150613103117f27.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 高千穂峡(Takachiho-Kyo) GW登山ツーリング 2015年

“祖母山”の登頂後、宿泊地のキャンプ場まで、まだたっぷり時間があるので、2011年の“広島・九州ツーリング”の際、大雨でろくな写真が撮れなかった“高千穂峡”へ、リベンジに向かいました。NDフィルターと三脚まで用意して臨んだのですが、風で草木は動くは、ボートも動くはでスローシャッターはNGでした。結局、定番の“真名井の滝”を手持ちで撮ってとなりました(w)

リムナンテス(Limnanthes douglasii)1

FC2PW002649FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2015年

“リムナンテス(Limnanthes)”は、リムナンテス科リムナンテス属の北アメリカ原産の一年草。この花は見た目の通り“ポーチドエッグ(目玉焼)フラワー”と言う名で呼ばれているようです。

祖母山(Mt.Sobo)1

FC2PW003243FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 祖母山(Mt.Sobo) GW登山ツーリング 2015年

“道後温泉”でまったりとした時間を過ごした後、深夜発のフェリーで四国(八幡浜)を立ち、九州(別府)に上陸いたしました。すぐさま“祖母山”のへ向かい登頂を開始いたしました。GWの時期、どの山もそうだったのですが、咲いている花が少なく歩を止めて撮影する機会も多くないのでどんどん登って行けちゃう状態でした。幸いなことに天候にも恵まれ、山頂からの眺望も素晴らしかったんですが、光線の関係で良いのが撮れなかったので、取り敢えずの証拠写真を1枚UPしておきます(w) 直前にUPした“ツクシアケボノツツジ(筑紫曙躑躅)”などを愛でながら下山し無事“百名山39座目”登り終えました。

ツクシアケボノツツジ(Rhododendron pentaphyllum Maxim. var. pentaphyllum)1

FC2PW003267FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) 2015年

“ツクシアケボノツツジ(筑紫曙躑躅)”は、ツツジ科ツツジ属の九州に分布する落葉低木。素人では、紀伊半島、四国に分布する“アケボノツツジ”と見分けがつきませんが、九州の“祖母山”で撮ったのでこの名前でUPしております。

道後温泉(Dōgo Onsen)5

FC2PW003211FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 道後温泉(DōgoOnsen) GW登山ツーリング 2015年

これは“道後温泉本館”の北側の様子です。前回来たときは気が付きもしなかったんですが、道後温泉のシンボルとなっている“白鷺”をモチーフとした太鼓楼の“振鷺閣(しんろかく)”が、赤いギヤマンを透した妖しい光を放っていました。側面なのに、ずいぶん立派で絵になるなと思っていたら、やっぱり“大正13”年までこちら側が正面玄関だったようです。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95

Calendar
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Archive
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
240位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
93位
Watch Access ranking>>