クロタネソウ(Nigella damascena)7

FC2PY008495FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“クロタネソウ(黒種草)”は、 キンポウゲ 科クロタネソウ属の南ヨーロッパ、中東、南西アジアに自生する一年草。この個体は白ですが他にも“青、黄、ピンク色、薄紫”などの花があるようです。

ビヨウヤナギ(Hypericum monogynum)7

FC2PY008541FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“ビヨウヤナギ(美容柳・未央柳)”は、オトギリソウ科オトギリソウ属の中国原産の半落葉低木。江戸時代には中国から渡来したと考えられているようです。

ウスベニアオイ(Malva sylvestris)3

FC2PY008344FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“ウスベニアオイ(薄紅葵)”は、アオイ科ゼニアオイ属のヨーロッパ原産の多年草。花はハーブティとして利用されており、お湯を注ぐと透きとおった青いお茶になり、そこにレモンを浮かべるとピンク色に変色するので人気があるそうです。

キンシバイ(Hypericum patulum)4

FC2PY008478FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“キンシバイ(金糸梅)”は、オトギリソウ科オトギリソウ属の中国原産の半落葉小低木。花が“ヒペリカム・ヒドコート(大輪金糸梅)”とは違い全開せず、小ぶりなので“キンシバイ”で間違いないと思います。江戸時代にはもう日本に入っていたようです。

クロタネソウ(Nigella damascena)6

FC2PY008494FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“クロタネソウ(黒種草)”は、 キンポウゲ 科クロタネソウ属の南ヨーロッパ、中東、南西アジアに自生する一年草。この個体は白ですが他にも“青、黄、ピンク色、薄紫”などの花があるようです。

ルリジサ(Borago officinalis)4

FC2PY008340FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“ルリジサ(瑠璃萵苣)”は、ムラサキ科ポラゴ属の欧州南部、アフリカ北部の地中海沿岸原産の1年草。全草をボラーゴと称し粘滑、解熱、利尿薬として用いるほか、花はハーブティーやお菓子の飾りに、若葉はサラダに使われるようです。「ボリジ」と言う別名もあるようで、こジャレたレストランとかのサラダに、たまに入っていたりしますね。

シロタエギク(Senecio cineraria DC)2

FC2PY008342FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“シロタエギク(白妙菊)”は、キク科キオン属の南ヨーロッパ(地中海)海岸地帯原産の耐寒性多年草。花もそこそこ綺麗なんですが、本来は白い毛に覆われた葉を観賞するための草花のようです。“Dusty miller(ほこりの多い鏡)”という別名があるようです。

ビオラ(Viola)1

FC2P3090032FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro スナップ(snap) 花(Flower) 「柵く花」 2014年

“ビオラ(Viola)”は、スミレ科スミレ属のラテン語名で、パンジーの小輪多花性種を “ヴィオラ(ビオラ)”と呼んでいるようです。パンジーとの定義の区別はかなり曖昧ですが、おおよそ花径5cm以上をパンジー、4cm以下をヴィオラと呼ぶことが多いようです。

マツバギク(Lampranthus spectabilis)2

FC2PY008331FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“マツバギク(松葉菊)”は: ハマミズナ科マツバギク属の南アフリカ原産の多年草。葉がマツの葉に、花はキクに似ていることからの命名のようです。

ビヨウヤナギ(Hypericum monogynum)6

FC2PY008320FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“ビヨウヤナギ(美容柳・未央柳)”は、オトギリソウ科オトギリソウ属の中国原産の半落葉低木。江戸時代には中国から渡来したと考えられているようです。

ドクダミ(Harmonia axyridis)10

FC2PY008326FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“ドクダミ(蕺草)”はドクダミ科ドクダミ属の本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。日かげなどに生育し、臭気があるのが特徴で、民間薬の「十薬」として腫れ物、皮膚病などに利用されています。白く花びらの様に見えるのは“総苞片(そうほうへん)”で葉っぱの一種です。“ギョセイソウ(魚腥草)”“ドクダメ(毒溜め)」と言う別名も有るようです。(今回は八重咲のUPです)

ウスベニアオイ(Malva sylvestris)2

FC2PY008343FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“ウスベニアオイ(薄紅葵)”は、アオイ科ゼニアオイ属のヨーロッパ原産の多年草。花はハーブティとして利用されており、お湯を注ぐと透きとおった青いお茶になり、そこにレモンを浮かべるとピンク色に変色するので人気があるそうです。

キンシバイ(Hypericum patulum)3

FC2PY008476FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“キンシバイ(金糸梅)”は、オトギリソウ科オトギリソウ属の中国原産の半落葉小低木。花が“ヒペリカム・ヒドコート(大輪金糸梅)”とは違い全開せず、小ぶりなので“キンシバイ”で間違いないと思います。江戸時代にはもう日本に入っていたようです。

クロタネソウ(Nigella damascena)5

FC2PY008492FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“クロタネソウ(黒種草)”は、 キンポウゲ 科クロタネソウ属の南ヨーロッパ、中東、南西アジアに自生する一年草。この個体は白ですが他にも“青、黄、ピンク色、薄紫”などの花があるようです。

アジサイ・アナベル(Hydrangea arborescens 'Annabelle')4 雑草倶楽部

FC2PY008531FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

今回の雑草倶楽部は梅雨なので、かなりベタですが中目黒公園で撮ったアジサイをUPさせて頂きます。“アジサイ(アナベル)”はアジサイ科アジサイ属の北アメリカ東部原産の落葉広葉樹であるアメリカノリノキを改良した園芸種です。このアジサイも子供の頃は見かけた事が無かったような気がします。

ウスベニアオイ(Malva sylvestris)1

FC2PY008347FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“ウスベニアオイ(薄紅葵)”は、アオイ科ゼニアオイ属のヨーロッパ原産の多年草。花はハーブティとして利用されており、お湯を注ぐと透きとおった青いお茶になり、そこにレモンを浮かべるとピンク色に変色するので人気があるそうです。

アガパンサス(Agapanthus)7

FC2PY008316FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“アガパンサス(紫君子蘭)”は、ユリ科アガパンサス属の南アフリカ原産の根茎性多年草。“アガパンサス”はギリシャ語のagape(愛)とanthos(花)の2語が由来のようで、花言葉には「愛」や「恋」にちなんだものが多いそうです。

キンシバイ(Hypericum patulum)2

FC2PY008487FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“キンシバイ(金糸梅)”は、オトギリソウ科オトギリソウ属の中国原産の半落葉小低木。花が“ヒペリカム・ヒドコート(大輪金糸梅)”とは違い全開せず、小ぶりなので“キンシバイ”で間違いないと思います。江戸時代にはもう日本に入っていたようです。

クロタネソウ(Nigella damascena)4

FC2PY008491FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“クロタネソウ(黒種草)”は、 キンポウゲ 科クロタネソウ属の南ヨーロッパ、中東、南西アジアに自生する一年草。この個体は白ですが他にも“青、黄、ピンク色、薄紫”などの花があるようです。

ガウラ(Gaura lindheimeri)13

FC2PY008083FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2018年

“ガウラ”は、アカバナ科ガウラ(ヤマモモソウ)属の北アメリカ原産の多年草。“ヤマモモソウ(山桃草)”、“ハクチョウソウ(白蝶草)”と言う別名があるようです。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Archive
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
433位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
145位
Watch Access ranking>>