ナノハナ(Brassica napus)17

FC2P2210234FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“ナノハナ(菜の花)”は、アブラナ科アブラナ属の西アジアから北ヨーロッパ原産の2年草。日本には弥生時代のころ頃に入ってきたようで、日本在来種は野菜として、セイヨウアブラナ(西洋油菜)は植物油の原料として栽培されているそうです。

ミツマタ(Edgeworthia chrysantha)7

FC2P2210185FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“ミツマタ(三椏)”は、ジンチョウゲ科ミツマタ属の中国中南部、ヒマラヤ地方原産の落葉低木。皮は和紙の原料として用いられ、明治時代のお札は「ミツマタ」を原料にして造られていたそうです。他の植物より早く花が咲くので万葉歌人は「サキサク」と詠んでいたそうです。

スイセン(Narcissus)29

FC2P2210213FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“スイセン(水仙)”はヒガンバナ科スイセン属のスペイン、ポルトガルから地中海沿岸地域、アフリカ北部原産の多年草。日本では古来、中国より渡来し多くの場所で野生化しているようす。

メキシカンセージ(Salvia leucantha)5

FC2P2210217FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“メキシカンセージ(西洋藤袴)”は、シソ科サルビア属のメキシコ原産の多年草。日本には明治時代後期に渡来し、現在では“アメジストセージ”などの名前でも流通しているようです。

ミツマタ(Edgeworthia chrysantha)6

FC2P2210186FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“ミツマタ(三椏)”は、ジンチョウゲ科ミツマタ属の中国中南部、ヒマラヤ地方原産の落葉低木。皮は和紙の原料として用いられ、明治時代のお札は「ミツマタ」を原料にして造られていたそうです。他の植物より早く花が咲くので万葉歌人は「サキサク」と詠んでいたそうです。

ナノハナ(Brassica napus)16

FC2P2210201FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“ナノハナ(菜の花)”は、アブラナ科アブラナ属の西アジアから北ヨーロッパ原産の2年草。日本には弥生時代のころ頃に入ってきたようで、日本在来種は野菜として、セイヨウアブラナ(西洋油菜)は植物油の原料として栽培されているそうです。

スイセン(Narcissus)28

FC2P1130153FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“スイセン(水仙)”はヒガンバナ科スイセン属のスペイン、ポルトガルから地中海沿岸地域、アフリカ北部原産の多年草。日本では古来、中国より渡来し多くの場所で野生化しているようす。

スイセン(Narcissus)27

FC2P1130146FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“スイセン(水仙)”はヒガンバナ科スイセン属のスペイン、ポルトガルから地中海沿岸地域、アフリカ北部原産の多年草。日本では古来、中国より渡来し多くの場所で野生化しているようす。

シロバナムシヨケギク(Tanacetum cinerariifolium)1

FC2P2210194FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“シロバナムシヨケギク(白花虫除菊)”は、キク科ヨモギギク属の地中海沿岸原産の多年草。殺虫剤の原料に使用され、大日本除虫菊(金鳥)の創始者上山英一郎がこの除虫菊を使って、渦巻型の蚊取線香を発明したそうです。

ジンチョウゲ(Daphne odora)8

FC2P2210193FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“ジンチョウゲ(沈丁花)”は、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の中国南部原産の常緑低木。香木の沈香のような良い匂いがあり、丁子(ちょうじ、クローブ)のような花をつけることからの命名で、日本には室町時代頃に入ってきたようです。

ユリオプスデージー(Euryops pectinatus)2

FC2P2210199FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“ユリオプスデージー”は、キク科ユリオプス属の南アフリカ原産の常緑低木。

ミツマタ(Edgeworthia chrysantha)5

FC2P2210188FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“ミツマタ(三椏)”は、ジンチョウゲ科ミツマタ属の中国中南部、ヒマラヤ地方原産の落葉低木。皮は和紙の原料として用いられ、明治時代のお札は「ミツマタ」を原料にして造られていたそうです。他の植物より早く花が咲くので万葉歌人は「サキサク」と詠んでいたそうです。

ローズマリー(Rosmarinus officinalis L.)5

FC2P2210220FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“ローズマリー(西洋藤袴)”はシソ科マンネンロウ属の地中海沿岸地方原産の常緑性低木。肉料理やカレーポトフ等のスパイスとして有名ですね。和名のマンネンロウは漢字で“迷迭香”と書くようです。これはちょっと読めませんね(w)

ウメ(Prunusmume)35

FC2P2210184FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“ウメ(梅)”はバラ科サクラ属の中国長江流域原産の落葉高木。8世紀頃、日本に渡来したようで、今はあまり耳にしませんが、春告草(はるつげぐさ)、香散見草(かざみぐさ)、風待草(かぜまちぐさ)などの別名があるようです。

スイセン(Narcissus)26

FC2P1130141FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“スイセン(水仙)”はヒガンバナ科スイセン属のスペイン、ポルトガルから地中海沿岸地域、アフリカ北部原産の多年草。日本では古来、中国より渡来し多くの場所で野生化しているようす。

メキシカンセージ(Salvia leucantha)4

FC2P1130157FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“メキシカンセージ(西洋藤袴)”は、シソ科サルビア属のメキシコ原産の多年草。日本には明治時代後期に渡来し、現在では“アメジストセージ”などの名前でも流通しているようです。

スイセン(Narcissus)25

FC2P1130138FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“スイセン(水仙)”はヒガンバナ科スイセン属のスペイン、ポルトガルから地中海沿岸地域、アフリカ北部原産の多年草。日本では古来、中国より渡来し多くの場所で野生化しているようす。

ルリジサ(Borago officinalis)10

FC2P1130150FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“ルリジサ(瑠璃萵苣)”は、ムラサキ科ポラゴ属の欧州南部、アフリカ北部の地中海沿岸原産の1年草。全草をボラーゴと称し粘滑、解熱、利尿薬として用いるほか、花はハーブティーやお菓子の飾りに、若葉はサラダに使われるようです。「ボリジ」と言う別名もあるようで、こジャレたレストランとかのサラダに、たまに入っていたりしますね。

ビオラ(Viola)3

FC2P1130139FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“ビオラ(Viola)”は、スミレ科スミレ属のラテン語名で、パンジーの小輪多花性種を “ヴィオラ(ビオラ)”と呼んでいるようです。パンジーとの定義の区別はかなり曖昧ですが、おおよそ花径5cm以上をパンジー、4cm以下をヴィオラと呼ぶことが多いようです。

キダチアロエ(Aloe arborescens)3

FC2P1130133FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“キダチアロエ”はツルボラン科アロエ属の南アフリカ原産の多肉植物。“医者いらず”と呼ばれ、子供の頃は少し“貴重な植物”だったような気がするんですが、今ではそこいら中に無造作に植えられていますね。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archive
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough ♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
275位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
111位
Watch Access ranking>>