柴又(Shibamata)1

FC2PY002901FC2TF.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 東京(Tokyo) 柴又(Shibamata) 2017年

何時ものことながら“近いからいつでも行ける”で行っていなかった“柴又”に足を運んでみました。時系列的に違うのですが、3月3日なので“帝釈天”の大客堂に飾られていた“ひな人形”をUPです。

京都(kyoto)77

FC2P9162465FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 京都(kyoto) 洛北(Rakuhoku) 2016年

前回に引き続き“宝泉院”の“額縁庭園”です。これは北西側の様子で、紅葉の時期にも撮っているのですが、個人的には、モミジも竹も青々としたこの時期の方が絵になるような気がします。ここでも抹茶を飲んでゆったりしてしまい、本当の目的のボクシングのタイトルマッチは試合前の“君が代”演奏中というギリギリのタイミングとなってしまいました(w)

京都(kyoto)76

FC2P9162473FC222.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 京都(kyoto) 洛北(Rakuhoku) 2016年

“実光院”でパチリし、抹茶でゆったりした後、何回か訪れている“宝泉院”に参りました。こういう定番スポットは誰が撮っても同じようになってしまうので、今回は上手い具合に女性が入ってくれたCUTをUPさせて頂きます。中途半端な時期の平日の京都、人が少なくて本当に落ち着けます♪

京都(kyoto)75

FC2P9162453FC2ZO.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 京都(kyoto) 洛北(Rakuhoku) 2016年

“源光庵”を後にして、少し足を延ばしてお気に入りのエリア“大原”に訪れました。今回の京都の撮影テーマが“額縁庭園”でしたので、それ程知られてはいないのですが、まずは“実光院”で一枚パチリです。

京都(kyoto)74

FC2P9162443FC2PC.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 京都(kyoto) 洛西(Rakusai) 2016年

“嵐山の竹林”を後にして次に向かったのが、洛西にある曹洞宗の寺院“源光庵”です。ここは2014年の“そうだ京都行こう”のCMで有名になった“悟りの窓(右)、迷いの窓(左)”があるお寺です。当時は凄い人で一時期“写禁”になっていたようですが、紅葉の時期でもない平日の昼間、観光客の姿もまばらで、ゆったりとした気持ちで撮影に臨めました。

京都(kyoto)73

FC2P9162419FC2FF.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+LumixGxVARIO7-14mm/F4 京都(kyoto) 洛西(Rakusai) 2016年

山中慎介選手”のタイトルマッチで“大阪”に行く予定ができたので、せっかくなので試合までの間“京都”で撮影をすることに、まず最初に訪れたのが“嵐山の竹林”です。ずーっとここが“ロンリープラネット”の表紙の場所だと思っていたのですが、どうやら思い違いだった様です。(勘違いしている人、多いと思います) 調べたら“化野念仏寺”が正解の様で、次回の“京都”はそちらに行かなくてはと思っております。

高野山(Kōya-san)14

FC2P4280109FC2_20160515154629205.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

これは泊まったお部屋の“広縁”からの中庭の眺めです。新録の“モミジ”の奥には見事な“枝垂れ桜”の花が・・・・・・・ 本当に日本って好いなと思わせる風景です。こんなシーンをパチリした後、百名山の“大峰山”へと向かいました。慌ただしい滞在の“高野山”でしたがいい思い出となりました。

高野山(Kōya-san)13

FC2P4280103FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

これは“持明院”の美しい襖絵で、どなたかは分かりませんが、多分“狩野派”の画家の作のように思います。絵とは関係ないのですが“高野山”での“外国人観光客”の多さは凄かったですね。歩いていても目立つのは外国の方ばかり、宿坊の“朝のお勤め”なんか、参加者の80%位が外国の方でした!これから日本の観光地はどんどんこんな感じになって行くんでしょうね。

高野山(Kōya-san)12

FC2P4280108FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

“宿坊”での美味しい“精進料理”を食べた後は、長時間のバイク移動と“高野山”の散策による疲れで爆睡でした。6:30分のからの“朝のお勤め”のあと“大峰山”へと出発するまでの間、少しばかり泊まった“持明院”の様子を撮ってみました。

高野山(Kōya-san)11

FC2P4270099FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

あまり時間的余裕のなかった“高野山”の散策だったのですが、とりあえず押さえる所は押さえる事が出来たので“宿坊”へと戻りました。程なく用意されたのがこの“精進料理”で、アルコールとともに舌鼓を打ちました。“精進料理”は勿論初めてではないんですが、ここまで本格的なのは未体験でした。見た目の美しさもさることながら味も正直美味しかったし、本当に久しぶりにリラックスして良い食事が出来たなという感じでした♪

高野山(Kōya-san)10

FC2P4270067FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

いよいよ“奥の院”の参道を“御廟橋”のところまで歩いてまいりました。この先にあるのが最奥部の“弘法大師御廟”で、ここでは現在も“空海”が往きて禅定を続けているとされているんですよね。(1200年間もの間、ずっと1日2回食事が運ばれています) 故にとても神聖な場所され、撮影もこの“御廟橋”までということで御座いました。“信じるか信じないかはあなた次第”の世界なんですが、平成の世、まだこんなミステリーな話が残っているというのも日本は奥深いですね。

高野山(Kōya-san)9

FC2P4270081FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

“奥の院”の参道には“豊臣秀吉、織田信長、石田光成、明智光秀”などの錚々たる戦国武将の墓があることで有名なんですが、もう一つ外せないのがこの“お化粧地蔵”さんなんですよね。この地蔵様お化粧をしてあげると綺麗になるという言い伝えがあるそうで、自分は現場は見れませんでしたが、TVの旅番組の時はかなりお年を召した方が一生懸命でした(w)

高野山(Kōya-san)8

FC2P4270055FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

“空海の御廟”へ向かう参道である“奥の院”は“一の橋”からが結界となっていて、その先は“人間の世界”ではないと言われているそうです。確かに先入観なしで訪れても“何か”を感じさせる雰囲気はありますね。

高野山(Kōya-san)7

FC2P4270075FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

駆け足でしたが東側の見どころの“金剛峯寺”や“壇上伽藍”での撮影を終え、西の“奥の院”へやって参りました。GWちょっと前の雨の夕刻、人影もまばらで本当に雰囲気がありました。負け惜しみではなくここに限っては雨が降ってて本当に良かったように思います。

高野山(Kōya-san)6

FC2P4270050FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

これは“金剛峯寺”の西の門で見かけた“釘隠し”です。これもお城やお寺とかでよく目にはするのですが、正式名称は知りませんでした。花飾りみたいなのは、実は葉を模しているようで“六葉釘隠”というそうです。色々知らないことが多いので勉強になります(w)

高野山(Kōya-san)5

FC2P4270035FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

これは“壇上伽藍”の境内にあるお堂にかかっていた“五色幕(ごしきまく)”です。よく目にはするのですがどう言うものかよく分からなかったので調べてみたら、仏教の寺院であることを表し、特別な行事が執り行われる際に正面に取付けられる幕だそうです。古びた建物もこの“五色幕”で一気に華やかな雰囲気に変わってしまいますね。

高野山(Kōya-san)4

FC2P4270031FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング パートC(PartC) 2016年

これは“壇上伽藍”の境内にある“中門”です。“天保14(1843)”年に焼失したものを開創1200年の記念事業として172年ぶりに昨年再建されたもののようです。東京ではすっかり終わってしまった桜なんですが、標高のせいかここではまだ見事な姿が見られました。ちょっとしたタイムスリップな感じを楽しむ事が出来ました♪

高野山(Kōya-san)3

FC2P4270029FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング パートC(PartC) 2016年

“金剛峯寺”を後にして“壇上伽藍”にやって参りました。これが有名な“根本大塔”です。ここは“弘法大師(空海)”が高野山で最初に開いた場所ということで“奥の院”と並ぶ聖地とされているようです。日本で最初に建てられた多宝塔で高さ約48.5mあるそうです。現在の建物は昭和12(1937)年に再建との事です。少しでもありふれた写真にならないように“パートC(PartC)”で仕上げてみました。

高野山(Kōya-san)2

FC2P4270016FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

“高野山”での滞在時間もそれ程多くないので、直ぐにカメラを持って探索です。まず最初に訪れたのが、ここ“金剛峯寺”で、うまい具合に白装束のお坊さんを収めることが出来ました。この“正門”は現在の残っている“金剛峯寺”の建物の中で一番古く“文禄2年(1593年)”の再建だそうです。

高野山(Kōya-san)1

FC2P4270002FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

まだ終わらない年末年始旅行のUPに加え、GWの写真も少しづつUPしてゆこうと思います。まずは、ここ数年漠然と憧れていた“高野山”への訪問の様子です。今年は早めの25日からスタートしたGW旅行なんですが、良くない予報の中東京から“高野山”まで雨具(バイク)なしで来れたのはラッキーでした。まずは今回泊まる宿坊の“持明院”にチェックイン致しました。

Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Archive
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
603位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
232位
Watch Access ranking>>