ツマグロヒョウモン(Argyreus hyperbius)11

FC2PB060129FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”も昨年の11月に“目黒川公園”で撮った1枚です。“ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)”はタテハチョウ科ツマグロヒョウモン属の南西諸島、九州、四国、本州南西部に分布するチョウの一種。1980年代まで近畿地方以西でしか見られなかったのが、今では関東地方でも普通に見られるようになっています。きっと温暖化の影響なんでしょうね。

ツマグロヒョウモン(Argyreus hyperbius)10

FC2PB060108FC2_20170117073924e55.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は昨年の11月に“目黒川公園”で撮った1枚です。“ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)”はタテハチョウ科ツマグロヒョウモン属の南西諸島、九州、四国、本州南西部に分布するチョウの一種。1980年代まで近畿地方以西でしか見られなかったのが、今では関東地方でも普通に見られるようになっています。きっと温暖化の影響なんでしょうね。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第152回目です。

クビキリギリス(Euconocephalus thunbergi)1

FC2PB190021FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED14-42mm/F3.5-5.6EZ ミャンマー(Myanmar) 昆虫(Insects) アジア(Aisa2016) 2016年

今回の“むし倶楽部”は11月に“ミャンマー(Myanmar)”で撮った1枚です。“クビキリギリス(首切螽蟖)”は、 バッタ目キリギリス科の北海道(南端)、関東地方以西の本州、四国九州、南西諸島に分布するキリギリスの一種。 “ミャンマー(Myanmar)”で撮りましたが、日本にいるのと殆ど同じなので“クビキリギリス(首切螽蟖)”と同定させて頂きました。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第151回目です。

オンブバッタ(Atractomorpha lata)4

FC2PB060123FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は11月に“目黒川公園”で撮った1枚です。。“オンブバッタ(負飛蝗)”は、 オンブバッタ科オンブバッタ属の日本全土に分布するバッタの一種。 “オンブバッタ”は交尾時以外でもオスがメスの背中に乗り続け「おんぶ」状態がよく観察される事からの命名です。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第150回目です。

キンケハラナガツチバチ(Campsomeris prismatica)3

FC2PB060022FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は11月に“目黒川公園”で撮った1枚です。“キンケハラナガツチバチ(金毛腹長土蜂)”はツチバチ科ハラナガツチバチ族の本州、四国、九州、沖縄の平地~山地に分布する蜂の仲間。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第149回目です。

ツマグロヒョウモン(Argyreus hyperbius)9

FC2PB060133FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は11月に“目黒川公園”で撮った1枚です。“ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)”はタテハチョウ科ツマグロヒョウモン属の南西諸島、九州、四国、本州南西部に分布するチョウの一種。1980年代まで近畿地方以西でしか見られなかったのが、今では関東地方でも普通に見られるようになっています。きっと温暖化の影響なんでしょうね。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第148回目です。

スジグロシロチョウ(Pieris melete)1

FC2PY001917FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は7月に北海道の山登りの時に撮った在庫からの一枚です。“スジグロシロチョウ(筋黒白蝶)”はアゲハチョウ上科シロチョウ科の日本国内ではほぼ全土に分布するのチョウの一種。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第147回目です。

オンブバッタ(Atractomorpha lata)4

FC2P9052413FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は9月に中目黒辺りで撮った在庫からの一枚です。“オンブバッタ(負飛蝗)”は、 オンブバッタ科オンブバッタ属の日本全土に分布するバッタの一種。 “オンブバッタ”は交尾時以外でもオスがメスの背中に乗り続け「おんぶ」状態がよく観察される事からの命名です。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第146回目です。

モンシロチョウ(Pieris rapae)5

FC2P9052488FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は9月に中目黒公園で撮った在庫からの一枚です。“モンシロチョウ(紋白蝶)”はアゲハチョウ上科シロチョウ科の全世界の温帯、亜寒帯に広く分布するのチョウの一種。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第145回目です。

ササグモ(Oxyopes sertatus Latrelle)2

FC2PY001633FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は7月に中目黒公園で撮った在庫からの一枚です。“ササグモ(笹蜘蛛)”は、ササグモ科ササグモ属の北海道を除く日本全土に分布するクモの一種。網を張らない種類で、歩き回って餌を獲るようです。花の蜜を吸いに来る虫を狙っているのだと思います。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第144回目です。

ハナグモ(Misumenops tricuspidatus)1

FC2PY001650FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は7月に中目黒公園で撮った在庫からの一枚です。“ハナグモ(花蜘蛛)”は、クモ目カニグモ科の日本全土に分布するカニグモの一種。ご覧のとおり網を張るタイプではなく“待ち伏せ”で獲物を捉える種類です。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第143回目です。

オンブバッタ(Atractomorpha lata)3

FC2PY001624FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は7月に中目黒公園で撮った在庫からの一枚です。“オンブバッタ(負飛蝗)”は、 オンブバッタ科オンブバッタ属の日本全土に分布するバッタの一種。 “オンブバッタ”は交尾時以外でもオスがメスの背中に乗り続け「おんぶ」状態がよく観察される事からの命名です。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第142回目です。

ヤノトガリハナバチ(Coelioxys yanonis Matsumura)2

FC2PY001610FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は7月に中目黒公園で撮った在庫からの一枚です。“ヤノトガリハナバチ(矢野尖花蜂)”は、ハキリバチ科トガリハナバチ属の本州、九州に分布するハチの一種。ここでは、一応“ヤノトガリハナバチ”とさせていただきますが、正直、同定には自信がありません。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第141回目です。

イチモンジセセリ(Parnara guttata)4

FC2PY001630FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は7月に中目黒公園で撮った在庫からの一枚です。“イチモンジセセリ(一文字挵)”は、セセリチョウ科イチモンジセセリ属の日本全国に分布するセセリ蝶の一種。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第140回目です。

オンブバッタ(Atractomorpha lata)2

FC2PY001615FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は7月に中目黒公園で撮った在庫からの一枚です。“オンブバッタ(負飛蝗)”は、 オンブバッタ科オンブバッタ属の日本全土に分布するバッタの一種。 “オンブバッタ”は交尾時以外でもオスがメスの背中に乗り続け「おんぶ」状態がよく観察される事からの命名です。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第139回目です。

アブラゼミ(Graptopsaltria nigrofuscata)1

FC2PY001551FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は7月に中目黒付近の道端で撮った在庫からの一枚です。これは“アブラゼミ(油蟬)”の抜殻だとおもいます。“アブラゼミ”は、 カメムシ目セミ科の北海道・本州・四国・九州に分布するセミの一種。翅が油紙を連想させるため、或は鳴き声が油を熱したときに撥ねる音に似ていることからの命名の様です。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第138回目です。

ベニシジミ(Lycaena phlaeas)2

FC2PY001328FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は6月に“中目黒公園”で撮った在庫からの一枚です。“ベニシジミ(紅小灰蝶)”は、シジミチョウ科ベニシジミ属の北海道~九州に分布するチョウの一種

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第137回目です。

ショウリョウバッタ(Acrida cinerea)1

FC2PY001289FC2_201607280749194c4.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は6月に“中目黒公園”で撮った在庫からの一枚です。これは“ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)”の幼生だとおもいます。“ショウリョウバッタ”は、 バッタ科ショウリョウバッタ属の北海道から九州に分布するバッタの一種。8月の旧盆(精霊祭)の時季になると姿を見せ、精霊流しの精霊船に似ることからの命名の様です。飛ぶときに「チキチキチ……」と音を出す“チキチキバッタ”はこの種類です。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第136回目です。

マガイヒラタアブ(Syrphus dubius Matsumura)1

FC2PW004982FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2015年

今回の“むし倶楽部”は去年に登った“北岳・間ノ岳”で撮った在庫からの一枚です。“マガイヒラタアブ(紛扁虻,擬扁虻)”は、 ハナアブ科ヒラタアブ属の北海道から九州に分布するヒラタアブの一種。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第135回目です。

カマキリ(Tenodera angustipennis)2

FC2PY001345FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は6月の“中目黒公園”での撮りおろしからの一枚です。“カマキリ(Tenodera angustipennis)”は、カマキリ科カマキリ亜科の本州、四国、九州、対馬、沖縄本島に分布するカマキリの一種。子供なので正確には同定できておりません。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第134回目です。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archive
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
309位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
126位
Watch Access ranking>>