シオカラトンボ(Orthetrum albistylum speciosum)

FC2P7120038FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 昆虫(Insects) 2017年

7月に“目黒川緑道”に花撮りに出かけた時の在庫です。“シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)”は、トンボ科シオカラトンボ属の日本全土のほか、ロシア(極東)、中国、韓国、台湾などに分布するトンボの一種。胸部から腹部前方が灰白色の粉で覆われるようになる事から、この粉を塩に見立て“シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)”になったようです。雌や未成熟の雄では黄色に小さな黒い斑紋が散在するので“ムギワラトンボ(麦藁蜻蛉)”とも呼ばれている様です。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第171回目です。


バラルリツツハムシ(Cryptocephalus approximatus)2

FC2P7050126FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2017年

7月に“目黒川緑道”に花撮りに出かけた時の在庫です。 “バラルリツツハムシ(薔薇瑠璃筒葉虫)”はハムシ科 ツツハムシ亜科の本州・四国・九州に分布するハムシの一種。同定にはあまり自信はありません。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第170回目です。

ウツギヒメハナバチ(Andrena prostomias)1

FC2P7050344FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2017年

今回の“むし倶楽部”は8月に目黒川緑道で撮った在庫からの一枚です。“ウツギヒメハナバチ(空木姫花蜂)”は、ハチ目ヒメハナバチ科の本州・四国・九州に分布するヒメハナバチの一種。同定には自信がございません。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第169回目です。

ハナグモ(Misumenops tricuspidatus)2

FC2P7050361FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2017年

今回の“むし倶楽部”は8月に目黒川緑道で撮った在庫からの一枚です。“ハナグモ(花蜘蛛)”は、クモ目カニグモ科の日本全土に分布するカニグモの一種。ご覧のとおり網を張るタイプではなく“待ち伏せ”で獲物を捉える種類です。見方によっては“遊星からの物体X”に見えてちょっとグロですね(w)


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第168回目です。

コガタウツギヒメハナバチ(Andrena(Calomelisssa)tsukubana)1

FC2P7050293FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2017年

7月に“目黒川緑道”に花撮りに出かけた時の在庫です。“コガタウツギヒメハナバチ(小形空木姫花蜂)”は、ハチ目ヒメハナバチ科の本州・四国・九州に分布するヒメハナバチの一種。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第167回目です。

ナガメ(Eurydema rugosum)1

FC2P7050311FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2017年

7月に“目黒川緑道”に花撮りに出かけた時の在庫です。“ナガメ(菜亀)”は、カメムシ目カメムシ科の北海道・本州・四国・九州に分布するカメムシの一種。和名は“菜の花につく亀虫”の意味で、アブラナ科の植物に集まることから名づけられたそうです。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第166回目です。

ミカドオオアリ(Camponotus kiusiuensis)2

FC2P7050350FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2017年

7月に“目黒川緑道”に花撮りに出かけた時の在庫です。“ミカドオオアリ(帝大蟻)”は、アリ科オオアリ属の北海道・本州・四国・九州に分布するアリの一種。今お騒がせの“ヒアリ(火蟻)”と違い平和的なやつだと思います。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第165回目です。

ナミニクバエ(Sarcophaga (Pandelleisca) similis)”1

FC2P7050273FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2017年

7月初旬に“目黒川緑道”に花&ムシ撮りに出かけて来た時の在庫からの1枚です。“ナミニクバエ(並肉蝿)”は、ハエ目・ニクバエ科の北海道・本州・四国・九州に分布するニクバエの一種。綺麗とまでは言えないけれど、決して醜くはないのではと個人的には思います。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第164回目です。

ナツアカネ(Sympetrum darwinianum)3

FC2P7050208FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2017年

7月初旬に“目黒川緑道”に花&ムシ撮りに出かけて来た時の在庫からの1枚です。“ナツアカネ(夏茜)”は、トンボ科アカネ属の北海道・本州・四国・九州に分布するトンボの一種。以前UPさせていただいた“ショウジョウトンボ”や“リスアカネ”etcの所謂“赤トンボ”と呼ばれる仲間の一つです。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第163回目です。

バラルリツツハムシ(Cryptocephalus approximatus)1

FC2P7050467FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2017年

久々に“目黒川緑道”に花&ムシ撮りに出かけて来ました。そこそこ枚数が撮れた中で一番地味なものからUPしてみます(w) “バラルリツツハムシ(薔薇瑠璃筒葉虫)”はハムシ科 ツツハムシ亜科の本州・四国・九州に分布するハムシの一種。同定にはあまり自信はありません。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第162回目です。

セグロアシナガバチ(Polistes jokahamae)1

FC2PY004885FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2017年

5月に“中目黒公園”に花撮りに出かけた時の在庫です。“セグロアシナガバチ(背黒脚長蜂)”はスズメバチ科アシナガバチ属の北海道以外の日本全国に分布するハチの一種。市街地でもよく見られるハチですが、刺されるとアナフィラキシーショックにより死亡する可能性もあるそうです。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第161回目です。

ナナホシテントウ(Coccinella septempunctata)3

FC2PY004851FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2017年

5月に“中目黒公園”に花撮りに出かけた時の在庫です。“ナナホシテントウ(七星瓢虫、七星天道)”はテントウムシ科テントウムシ族の日本全土に分布するテントウムシの一種。テントウムシと言うと、すぐ“ナナホシ”を連想してしまうのですが、数から言うと“ナミテントウ”の方が多く普通に見られるそうです。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第161回目です。

ミカドオオアリ(Camponotus kiusiuensis)1

FC2PY004504FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2017年

5月に“目黒川緑道”に花撮りに出かけた時の在庫です。“ミカドオオアリ(帝大蟻)”は、アリ科オオアリ属の北海道・本州・四国・九州に分布するアリの一種。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第160回目です。

ミナミヒメヒラタアブ(Sphaerophoria indiana)4

FC2PY004368FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2017年

久々に花とか虫の写真を撮りに“目黒川緑道”に出かけてみました。花はそこそこ撮れたのですが、虫の方が今一つ、少々在庫が心配です。“ミナミヒメヒラタアブ(南姫扁虻)”は、ハナアブ科ヒメヒラタアブ属の北海道から屋久島まで分布するハナアブの一種。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第159回目です。

ベニシジミ(Lycaena phlaeas)3

FC2PY001326FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

最近とても忙しくて、中々花とか虫の写真を撮りに行けておりません(T-T*) 今回の“むし倶楽部”は昨年の6月に“中目黒公園”で撮った在庫からの一枚です。“ベニシジミ(紅小灰蝶)”は、シジミチョウ科ベニシジミ属の北海道~九州に分布するチョウの一種。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第158回目です。

セイヨウミツバチ(Apis mellifera)9

FC2P9052454FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は昨年の9月に中目黒公園で撮った在庫からの一枚です。。“セイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)”はミツバチ科ミツバチ属のヨーロッパ、アフリカ、中東、アジア原産のミツバチの一種。気性が穏やかで、大量の蜂蜜を集めるヨーロッパ原産の種が世界中の養蜂家によって飼育されているようです。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第157回目です。

シロヒメシャク (Scopula nivearia)1

FC2PY002337FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は昨年の8月に“雨飾山”に登った時に撮った1枚です。“シロヒメシャク(白姫尺)”はシャクガ科ヒメシャク亜科の蛾の一種。ここでは“シロヒメシャク”としてありますが同定には自信がありません。シャクガの幼虫は所謂“シャクトリムシ”のようですね。

ツマグロヒョウモン(Argyreus hyperbius)11

FC2PB060129FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”も昨年の11月に“目黒川公園”で撮った1枚です。“ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)”はタテハチョウ科ツマグロヒョウモン属の南西諸島、九州、四国、本州南西部に分布するチョウの一種。1980年代まで近畿地方以西でしか見られなかったのが、今では関東地方でも普通に見られるようになっています。きっと温暖化の影響なんでしょうね。

ツマグロヒョウモン(Argyreus hyperbius)10

FC2PB060108FC2_20170117073924e55.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は昨年の11月に“目黒川公園”で撮った1枚です。“ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)”はタテハチョウ科ツマグロヒョウモン属の南西諸島、九州、四国、本州南西部に分布するチョウの一種。1980年代まで近畿地方以西でしか見られなかったのが、今では関東地方でも普通に見られるようになっています。きっと温暖化の影響なんでしょうね。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第152回目です。

クビキリギリス(Euconocephalus thunbergi)1

FC2PB190021FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED14-42mm/F3.5-5.6EZ ミャンマー(Myanmar) 昆虫(Insects) アジア(Aisa2016) 2016年

今回の“むし倶楽部”は11月に“ミャンマー(Myanmar)”で撮った1枚です。“クビキリギリス(首切螽蟖)”は、 バッタ目キリギリス科の北海道(南端)、関東地方以西の本州、四国九州、南西諸島に分布するキリギリスの一種。 “ミャンマー(Myanmar)”で撮りましたが、日本にいるのと殆ど同じなので“クビキリギリス(首切螽蟖)”と同定させて頂きました。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第151回目です。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archive
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
490位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
180位
Watch Access ranking>>