ランタナ(Lantana)18

FC2P6271014FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ+ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2021年

“ランタナ”はクマツヅラ科シチヘンゲ属の南アメリカ原産の常緑小低木。赤、橙、黄、白など鮮やかな色の花をつけ、また花の色が次第に変化することから“シチヘンゲ(七変化)”という和名があるようです。

ランタナ(Lantana)17

FC2P6271015FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2021年

“ランタナ”はクマツヅラ科シチヘンゲ属の南アメリカ原産の常緑小低木。赤、橙、黄、白など鮮やかな色の花をつけ、また花の色が次第に変化することから“シチヘンゲ(七変化)”という和名があるようです。

キバナコスモス(Cosmos sulphureus)22

FC2P6271020FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ+ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2021年

“キバナコスモス(黄花秋桜)”はキク科コスモス属のメキシコ原産の一年草。日本には大正時代の初めに輸入されたものが逃げ出し、一部帰化植物になっているようです。コスモスと言う名前は付きますが、所謂“普通のコスモス(オオハルシャギク)”とは同属別種で交配は出来ないとの事です。

ヒルザキツキミソウ(Oenothera speciosa)8

FC2P6271034FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ+ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2021年

“ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)”は、アカバナ科マツヨイグサ属の日本各地に分布する多年草。北米から入ってきた帰化植物で、宵に咲くツキミソウと違って、昼間にも開花していることからの命名のようです。

ムラサキカタバミ(Oxalis corymbosa DC)9

FC2P6271130FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2021年

“ムラサキカタバミ(紫片喰)”は、カタバミ科カタバミ属の南アメリカ原産の多年草。「キキョウカタバミ(桔梗片喰)」という別名もあり、現在は帰化植物となっているようです。

キキョウ(Platycodon grandiflorus)9

FC2P6271038FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2021年

“キキョウ(桔梗)”は、キキョウ科キキョウ属の日本全土に分布する多年草。蕾が風船に似ているので「balloon flower」と言う英名があります。根はサポニンを多く含む「桔梗根」と言う生薬として利用されているそうです。日本全土にあるそうですが多分、野生の「キキョウ」は見た事が無いような気がします。

ヤブカンゾウ(Hemerocallis fulva var. kwanso)13

FC2P6260951FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2021年

“ヤブカンゾウ(薮萓草)”は、ユリ科ワスレグサ属の北本州以南に分布する多年草。若葉はおひたし等にして、花は揚げ物、煮物、おひたし等にして食べる事が出来、蕾は乾燥させて保存食(金針菜)とすることが出来るようです。

キバナコスモス(Cosmos sulphureus)21

FC2P6260899FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2021年

“キバナコスモス(黄花秋桜)”はキク科コスモス属のメキシコ原産の一年草。日本には大正時代の初めに輸入されたものが逃げ出し、一部帰化植物になっているようです。コスモスと言う名前は付きますが、所謂“普通のコスモス(オオハルシャギク)”とは同属別種で交配は出来ないとの事です。

ヤブカンゾウ(Hemerocallis fulva var. kwanso)12

FC2P6260916FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2021年

“ヤブカンゾウ(薮萓草)”は、ユリ科ワスレグサ属の北本州以南に分布する多年草。若葉はおひたし等にして、花は揚げ物、煮物、おひたし等にして食べる事が出来、蕾は乾燥させて保存食(金針菜)とすることが出来るようです。

ヒルザキツキミソウ(Oenothera speciosa)7

FC2P6260915FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2021年

“ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)”は、アカバナ科マツヨイグサ属の日本各地に分布する多年草。北米から入ってきた帰化植物で、宵に咲くツキミソウと違って、昼間にも開花していることからの命名のようです。

ヒルガオ(Calystegia japonica)13

FC2P6260893FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2021年

“ヒルガオ(昼顔)”は、ヒルガオ科ヒルガオ属の北海道から九州に分布する多年生のツル植物。アサガオ同様、朝に開花するが昼になっても花がしぼまないことから命名です。

ヨウシュヤマゴボウ(Phytolacca americana)11

FC2P6260886FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2021年

“ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)”は、ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の北米原産の多年草で、明治時代に北米から入ってきたものが野生化したようですです。熟した果実は柔らかく、赤紫色の果汁は強い染料で、服や人体に付くとなかなか落ちない事から、海外では“インクベリー(Inkberry)”などとも呼ばれているようです。

オオバタネツケバナ(Cardamine regeliana)1

FC2P4250655FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2021年

“オオバタネツケバナ(大葉種漬花)”は、アブラナ科タネツケバナ属の北海道〜九州の山地に分布する二年草。@陣馬山~高尾山

カキドウシ(Glechoma hederacea subsp. grandis)1

FC2P4250598FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2021年

“カキドウシ(垣通し)”は、シソ科カキドウシ属の北海道~九州に分布する多年草。和名は生け垣の下など隣地から垣根を突き抜けるほど、勢いよく伸びてくる様子に由来するようです。小児の癇の薬にするところから“カントリソウ(癇取り草)”、“カンキリソウ(癇切り草)”ともいわれるようです。@陣馬山~高尾山

クサノオウ(Chelidonium majus)9

FC2P4250597FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2021年

“クサノオウ(瘡の王)”は、ケシ科クサノオウ属の北海道~九州にかけて分布する一年草。皮膚病の一種である瘡(クサ)の優れた治療薬であることから「瘡の王」と言う名前が付いたみたいです。葉っぱをちぎると有毒な「黄色い乳液」を出すことから「草の黄」と言う命名になったと言う説もあるようです。@陣馬山~高尾山

ボケ(Chaenomeles speciosa)12

FC2P2210314FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2021年

“ボケ(木瓜)”は、バラ科ボケ属の中国原産の落葉低木。日本には平安時代に入ってきた帰化植物。瓜の様な実をつける事から、木になる瓜で「木瓜(もけ)」と呼ばれたものが「ボケ」に転訛したと言う事だそうです。

フクジュソウ(Adonis ramosa)10

FC2P2210342FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2021年

“フクジュソウ(福寿草)”はキンポウゲ科フクジュソウ科の北海道から九州の山林に自生する多年草。初春に花を咲かせ、夏までに光合成をおこない、夏になると地上部が枯れ、春までを地下で過ごす、典型的な「スプリング・エフェメラル」とのこと。

イモカタバミ(Oxalis articulata DC)11

FC2P2210328FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 野の花(WildFlower) 2021年

“イモカタバミ(芋片喰)”は、カタバミ科カタバミ属の南アメリカ原産の多年草。江戸時代末期に観賞用として入り現在は帰化植物となっている。「フシネハナカタバミ(節根花片喰)」という別名もある様です。

ウメ(Prunusmume)36

FC2P2210289FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2021年

“ウメ(梅)”はバラ科サクラ属の中国長江流域原産の落葉高木。8世紀頃、日本に渡来したようで、今はあまり耳にしませんが、春告草(はるつげぐさ)、香散見草(かざみぐさ)、風待草(かぜまちぐさ)などの別名があるようです。

リュウキンカ(Caltha palustris var. nipponica)11

FC2P2210293FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡM.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2021年

“リュウキンカ(立金花)”は、キンポウゲ科リュウキンカ属の北海道~本州の山地の湿地に分布する多年草。茎が直立し、黄金色の花をつけることから立金花と命名されたようです。花言葉は“必ず来る幸福”と言う事でとても縁起がいい花ですね♪
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Archive
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough ♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
543位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
202位
Watch Access ranking>>