ヒガンバナ(Lycoris radiata)29

FC2P9179274FC2tp.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) トイフォト(Toyphoto) 2018年

今回は白花のヒガンバナを“トイフォト(Toyphoto) ”での現像です。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)28

FC2P9179184FC2cp.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) クロスプロセス(Crossprocessing) 2018年


今回は“クロスプロセス(Crossprocessing)”での現像です。これもあまり花とかには使ったことが無いと思います。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)27

FC2P9179201FC2vi.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) ヴィンテージ(Vintage) 2018年

今回は“ヴィンテージ(Vintage)”での現像です。これも殆ど使ったことが無いと思います。多分、風景やポートレイトなんかでの使用を想定されているのだと思いますが、こんな感じで花なんかもなかなか雰囲気がでて良い様に思います。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです

ヒガンバナ(Lycoris radiata)26

FC2P9179201FC2wc.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) ウォーターカラー(Watercolor) 2018年

今回は“ウォーターカラー(Watercolor)”での現像です。これも多分初めての使用だと思います。“リーニュ・クレール”同様に写真と言って良いものかと言う表現なんですが、個人的にはまあまあ許せるかなと思っております。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)25

FC2P9179202FC2bb.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) ブリーチバイパス(Bleachbypass) 2018年

今回は“ブリーチバイパス(Bleachbypass)”での現像です。多分初めての使用だと思うのですが渋めの表現が中々いい感じのように思います。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)24

FC2P9179127FC2p.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) パートC(PartC) 2018年

今年の“彼岸花”はお手軽近所の目黒川緑道での撮影です。今年は普通の現像だけでなく色々な“アートフィルター”で表現してゆこうと思います。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

シモツケ(Spiraea japonica)6

FC2P6240650FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“シモツケ(下野)”は、バラ科シモツケ属の北海道から九州の山野に自生する落葉低木。和名は“下野国”な産したことに由来で、初夏に桃色または白色の集合花を咲かせます。@岩手山

ニガナ(Ixeris dentata)3

FC2P6240590FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“ニガナ(苦菜)”は、キク科ニガナ属の北海道~九州に分布する多年草。“苦菜”は葉や茎を切ると苦みのある乳液が出ることからの命名の様です。@岩手山

コマツヨイグサ(Oenothera laciniata)2

FC2P6240584FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“コマツヨイグサ(小待宵草)”は、アカバナ科マツヨイグサ属の本州から九州に分布する多年草。北アメリカ原産の帰化植物で日本では1910年代に初めて確認されたようです。@岩手山  同定には自信がありません。

コマツヨイグサ(Oenothera laciniata)1

FC2P6240578FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“コマツヨイグサ(小待宵草)”は、アカバナ科マツヨイグサ属の本州から九州に分布する多年草。北アメリカ原産の帰化植物で日本では1910年代に初めて確認されたようです。@岩手山  同定には自信がありません。

ヨウシュヤマゴボウ(Phytolacca americana)6

FC2PY008559FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)”は、ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の北米原産の多年草で、明治時代に北米から入ってきたものが野生化したようですです。熟した果実は柔らかく、赤紫色の果汁は強い染料で、服や人体に付くとなかなか落ちない事から、海外では“インクベリー(Inkberry)”などとも呼ばれている洋です。

シロツメクサ(Trifolium repens)3

FC2PY008436FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“シロツメクサ(白詰草)”は、マメ科シャジクソウ属のヨーロッパ原産の多年草。 明治時代以降、家畜の飼料用として導入されたものが野生化した帰化植物。1846年 (弘化3年)にオランダから献上されたガラス製品の包装に緩衝材として詰められていたことからの命名のようです。

キキョウソウ(Specularia perfoliata)6

FC2PY008307FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“キキョウソウ(桔梗草)”は、キキョウ科キキョウソウ属の北アメリカ原産の一年草。日本では帰化植物となっており、都心でも良く見かけることが出来ます。“ダンダンギキョウ”と言う別名もあるようです。

ムラサキツメクサ(Trifolium pratense)5

FC2PY008432FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“ムラサキツメクサ(紫詰草)”は、マメ科シャジクソウ属のヨーロッパ、西アジア及び北西アフリカ原産の日本全土に自生する多年草。 明治時代に牧草として入ってきた帰化植物で、それが野生化したようです。“アカツメクサ(赤詰草)”とも呼ばれています。

シロツメクサ(Trifolium repens)2

FC2PY008434FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“シロツメクサ(白詰草)”は、マメ科シャジクソウ属のヨーロッパ原産の多年草。 明治時代以降、家畜の飼料用として導入されたものが野生化した帰化植物。1846年 (弘化3年)にオランダから献上されたガラス製品の包装に緩衝材として詰められていたことからの命名のようです。

ヨウシュヤマゴボウ(Phytolacca americana)5

FC2PY008557FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)”は、ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の北米原産の多年草で、明治時代に北米から入ってきたものが野生化したようですです。熟した果実は柔らかく、赤紫色の果汁は強い染料で、服や人体に付くとなかなか落ちない事から、海外では“インクベリー(Inkberry)”などとも呼ばれている洋です。

キキョウソウ(Specularia perfoliata)5

FC2PY008410FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“キキョウソウ(桔梗草)”は、キキョウ科キキョウソウ属の北アメリカ原産の一年草。日本では帰化植物となっており、都心でも良く見かけることが出来ます。“ダンダンギキョウ”と言う別名もあるようです。

ヒルガオ(Calystegia japonica)9

FC2PY008281FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“ヒルガオ(昼顔)”は、ヒルガオ科ヒルガオ属の北海道から九州に分布する多年生のツル植物。アサガオ同様、朝に開花するが昼になっても花がしぼまないことから命名です。

ドクダミ(Harmonia axyridis)9

FC2PY008325FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“ドクダミ(蕺草)”はドクダミ科ドクダミ属の本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。日かげなどに生育し、臭気があるのが特徴で、民間薬の「十薬」として腫れ物、皮膚病などに利用されています。白く花びらの様に見えるのは“総苞片(そうほうへん)”で葉っぱの一種です。“ギョセイソウ(魚腥草)”“ドクダメ(毒溜め)」と言う別名も有るようです。

キキョウソウ(Specularia perfoliata)4

FC2PY008500FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“キキョウソウ(桔梗草)”は、キキョウ科キキョウソウ属の北アメリカ原産の一年草。日本では帰化植物となっており、都心でも良く見かけることが出来ます。“ダンダンギキョウ”と言う別名もあるようです。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Archive
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
433位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
145位
Watch Access ranking>>