ムシトリナデシコ(Silene armeria)2

FC2PY004788FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ムシトリナデシコ(虫取り撫子)”は、ナデシコ科マンテマ属のヨーロッパに分布する多年草。日本には江戸時代に鑑賞目的で移入されたものが各地で野生化います。葉の下に粘液を分泌する部分が帯状にあり、ここに虫が付着して捕らえられることがある事からの命名のようですが、個人的には見かけたことはありません。

ハマナス(Rosa rugosa)1

FC2PY004737FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ハマナス(浜茄子)”は、バラ科バラ属ののヨーロッパ、北海道~島根県までに自生する落葉低木。 根は染料に、花はお茶などに、果実はローズヒップとして食用になるそうです。

ヒルザキツキミソウ(Oenothera speciosa)3 雑草倶楽部

FC2PY004744FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

今回の雑草倶楽部は、5月に“中目黒公園”で撮った在庫からの1枚です。子供の頃は見かけた記憶はないのですが、今では至る所で存在感を発揮していますね。“ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)”は、アカバナ科マツヨイグサ属の日本各地に分布する多年草。北米から入ってきた帰化植物で、宵に咲くツキミソウと違って、昼間にも開花していることからの命名のようです。

ドクダミ(Harmonia axyridis)8

FC2PY004734FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ドクダミ(蕺草)”はドクダミ科ドクダミ属の本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。日かげなどに生育し、臭気があるのが特徴で、民間薬の「十薬」として腫れ物、皮膚病などに利用されています。白く花びらの様に見えるのは“総苞片(そうほうへん)”で葉っぱの一種です。“ギョセイソウ(魚腥草)”“ドクダメ(毒溜め)」と言う別名も有るようです。

オオニワゼキショウ(Sisyrinchium iridifolium Kunth)2

FC2PY004731FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“オオニワゼキショウ(大庭石菖)”は、アヤメ科ニワゼキショウ属の北アメリカに分布する多年草。北アメリカから入ってきた帰化植物で、現地では“blue-eyed grass”という名で呼ばれているようです。

シロツメクサ(Trifolium repens)1

FC2PY004793FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“シロツメクサ(白詰草)”は、マメ科シャジクソウ属のヨーロッパ原産の多年草。 明治時代以降、家畜の飼料用として導入されたものが野生化した帰化植物。1846年 (弘化3年)にオランダから献上されたガラス製品の包装に緩衝材として詰められていたことからの命名のようです。

ムシトリナデシコ(Silene armeria)1

FC2PY004786FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ムシトリナデシコ(虫取り撫子)”は、ナデシコ科マンテマ属のヨーロッパに分布する多年草。日本には江戸時代に鑑賞目的で移入されたものが各地で野生化います。葉の下に粘液を分泌する部分が帯状にあり、ここに虫が付着して捕らえられることがある事からの命名のようですが、個人的には見かけたことはありません。

ムラサキツメクサ(Trifolium pratense)4

FC2PY004785FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ムラサキツメクサ(紫詰草)”は、マメ科シャジクソウ属のヨーロッパ、西アジア及び北西アフリカ原産の日本全土に自生する多年草。 明治時代に牧草として入ってきた帰化植物で、それが野生化したようです。“アカツメクサ(赤詰草)”とも呼ばれています。

シンジュボシマンネングサ(Sedum pallidum var. bithynicum)2

FC2PY004784FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“シンジュボシマンネングサ(真珠星万年草)”は、ベンケイソウ科マンネングサ属のヨーロッパ原産の多年草。日本では帰化植物となってうようですが、普通の黄色い“マンネングサ”ほどは見かけませんね。

アカバナユウゲショウ(Oenothera rosea)6

FC2PY004825FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)”は、アカバナ科マツヨイグサ属の南米~北米南部原産の多年草。 明治時代に鑑賞用として入ってきた帰化植物のようです。

オオキンケイギク(Coreopsis lanceolata)1

FC2PY004489FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“オオキンケイギク(大金鶏菊)”は、キク科ハルシャギク属の北アメリカに分布する宿根草。日本には1880年代に鑑賞目的で導入され緑化などに利用されてきたが繁殖力が強く、在来種に悪影響を与えるとの事で“日本の侵略的外来種ワースト100”に指定され、現在では栽培・譲渡・販売・輸出入などが原則禁止されているようです。

ニワゼキショウ(Sisyrinchium rosulatum)1

FC2PY004475FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ニワゼキショウ(庭石菖)”は、アヤメ科ニワゼキショウ属の北アメリカに分布する一年草。北アメリカから入ってきた帰化植物で、現地では“blue-eyed grass”という名で呼ばれているようです。

オキザリス・レグネリー(Oxalis regnellii)3

FC2PY004467FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“オキザリス・レグネリーはカタバミ科カタバミ属の南アメリカ原産の多年草。ムラサキカタバミを白にした感じの花ですね。葉っぱが“オキザリス・トリアングラリス”として流通しているようです。

オオニワゼキショウ(Sisyrinchium iridifolium Kunth)1 雑草倶楽部

FC2PY004484FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

今回の雑草倶楽部は、先日暇を見つけて行って来た“目黒川緑道”での撮り卸の3枚です。“オオニワゼキショウ(大庭石菖)”は、アヤメ科ニワゼキショウ属の北アメリカに分布する多年草。北アメリカから入ってきた帰化植物で、現地では“blue-eyed grass”という名で呼ばれているようです。

ドクダミ(Harmonia axyridis)7

FC2PY004513FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ドクダミ(蕺草)”はドクダミ科ドクダミ属の本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。日かげなどに生育し、臭気があるのが特徴で、民間薬の「十薬」として腫れ物、皮膚病などに利用されています。白く花びらの様に見えるのは“総苞片(そうほうへん)”で葉っぱの一種です。“ギョセイソウ(魚腥草)”“ドクダメ(毒溜め)」と言う別名も有るようです。

ヒルザキツキミソウ(Oenothera speciosa)2

FC2PY004391FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)”は、アカバナ科マツヨイグサ属の日本各地に分布する多年草。北米から入ってきた帰化植物で、宵に咲くツキミソウと違って、昼間にも開花していることからの命名のようです。

キショウブ(Iris pseudacorus)1

FC2PY004506FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“キショウブ(黄菖蒲)”はアヤメ科アヤメ属の西アジアからヨーロッパに分布する多年草。明治に日本に入り帰化植物となっています。

ランタナ(Lantana)7

FC2PY004510FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ランタナ”はクマツヅラ科シチヘンゲ属の南アメリカ原産の常緑小低木。赤、橙、黄、白など鮮やかな色の花をつけ、また花の色が次第に変化することから“シチヘンゲ(七変化)”という和名があるようです。

トキワツユクサ(Tradescantia fluminensis)2

FC2PY004508FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“トキワツユクサ(常盤露草)”はツユクサ科ムラサキツユクサ属の南米に分布する多年草。昭和初期に日本に入り帰化植物となっています。“ノハカタカラクサ(野博多唐草)”の別名があるようです。

ノゲシ(Sonchus oleraceus)9

FC2PY004374FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ノゲシ(野芥子)”は、キク科ノゲシ属の日本各地に分布するする多年草。ヨーロッパ原産で日本には史前帰化植物として入ってきたようです。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archive
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
252位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
100位
Watch Access ranking>>