塩見岳登山(Mt.Siomi-dake mountaineering)1 by空倶楽部

FC2P8100159FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 塩見岳(Mt.Siomi-dake) 2019年

今回の空倶楽部は8月上旬に登ってきた“塩見岳(Mt.Siomi-dake)”からの1枚です。辛い山登の最中もこんな風景に出くわすと疲れも吹き飛んでしまいます!

光岳登山(Mt.Tekari-dake mountaineering)3 by空倶楽部

FC2P8060048FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 光岳(Mt.Tekari-dake) 2019年

今回の空倶楽部も8月初旬に登ってきた“光岳(Mt.Tekari-dake)”からの1枚です。飯田からレンタカーで光岳の登山口へ向かう途中の夜明け前の風景です。途中仮眠をし過ぎて少し予定より遅れ気味でしたが、それが幸いとなりこの光景に出会えたのは本当に良かったです。

光岳登山(Mt.Tekari-dake mountaineering)2 by空倶楽部

FC2P8070094FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 光岳(Mt.Tekari-dake) 2019年

今回の空倶楽部も8月初旬に登ってきた“光岳(Mt.Tekari-dake)”からの1枚です。泊った“光小屋(Tekarikoya)”からの“富士山(東)”方向の空の様子です。今年初の登山でしたが普段からランニングやスクワットで脚は鍛えていたので特に懸念はしていなかったのですが、下山の途中で脚が軽く痙攣しあまり力が入らなくなってしまいました。ポールを使いながらコースタイムの2倍程のペースで何とか降りられましたが、登山を始めてこんな症状に出くわしたのは初めてだったので少し焦りました。

光岳登山(Mt.Tekari-dake mountaineering)1 by空倶楽部

FC2P8070097FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 光岳(Mt.Tekari-dake) 2019年

今回の空倶楽部は8月初旬に登ってきた“光岳(Mt.Tekari-dake)”からの1枚です。泊った“光小屋(Tekarikoya)”からの“焼津(南)”方向の空の様子です。キリスト教的には左の雲はイエス、右は受胎告知を受けるマリアなんかに見えそうですし、或いは巨人とそれを崇める親子とか、人それぞれ色々な解釈が出来そうな不思議な空が広がっておりました。今シーズン初の登山で初日の登りはかなり辛かったですが、こんな光景に出会えるからまた山に来たくなっちゃうんですよね。

常念岳登山(Mt.Jōnen-dake mountaineering)3 by空倶楽部

FC2PY009308FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 常念岳(Mt.Jōnen-dake) 2018年

今回の空倶楽部は10月上旬に登ってきた“常念岳(Mt.Jōnen-dake)”からの3枚目枚です。“常念岳”を登り終え、かなりしんどい稜線歩きをして辿り着いた“蝶ヶ岳”なんですが、小屋に泊まり朝起きたらこんな空が拡がって降りました。浮かぶ雲が雲海から昇る前の陽に染められ何とも言えない色となって降りました。

鳥海山登山(Mt.Cyoukai mountaineering)3 by空倶楽部

FC2PY008931FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鳥海山(Mt.Cyoukai) 2018年

今回の空倶楽部は11月のお題をクリアーすべく“空と海と山小屋”の写真を、夏休みに行ってきた“登山ツーリング”から引っ張って参りました。今年幾つも山は登ったのですが眺望的にはここ“鳥海山”が一番素敵だったような気がします。空と“日本海”の青が溶け合って拡がっている様は日本が世界に誇れる絶景の一つように思います。

常念岳登山(Mt.Jōnen-dake mountaineering)2 by空倶楽部

FC2PY009255FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 常念岳(Mt.Jōnen-dake) 2018年

今回の空倶楽部は10月上旬に登ってきた“常念岳(Mt.Jōnen-dake)”からの2枚目枚です。100名山達成に向けて、唯一残っていた“北アルプス”の山が、この“常念岳”だったんですよね。これまで登ってきた“槍ヶ岳”や“奥穂高岳”などの名峰を右手に見つつ進む縦走は、体力的にかなり辛かったのですが今から思うと良い思い出となっております。

日光白根山登山(Mt.Nikkō-Shirane mountaineering)17

FC2PY009464FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 日光白根山(Mt.Nikkō-Shirane) 2018年

今回の空倶楽部は、10月下旬に行ってきた“日光白根山(Mt.Nikkō-Shirane)”からの一枚です。この山は2012年のほぼ同時期に登っているのですが、その時は“こんな感じの冬景色”でした。休みと好天日が上手くマッチし見事リベンジ達成致しました♪ 

越後駒ヶ岳登山(Mt.Echigo-Komagatake mountaineering)1 by空倶楽部

FC2PY009125FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 越後駒ヶ岳(Mt.Echigo-Komagatake) 2018年

今回の空倶楽部は、9月最後の連休に行ってきた“越後駒ヶ岳&平ヶ岳”の登山旅行からの一枚です。登山開始はこんな感じで晴天でしたが、頂上付近ではガスって来て、雨でキャンセルした夏の“登山ツーリング”時のリベンジはキッチリ果たしたとは言えない感じでした(T-T*)

常念岳登山(Mt.Jōnen-dake mountaineering)1 by空倶楽部

FC2fPY009315FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 常念岳(Mt.Jōnen-dake) 2018年

今回の空倶楽部は10月上旬に登ってきた“常念岳(Mt.Jōnen-dake)”からの一枚です。1日目は朝早く一の沢から“常念岳”を登り、縦走して“蝶が岳”までの山行でした。これは小屋に泊まった翌朝の“安曇野”方向の風景です。焼けた雲海と青い空の二層の色彩が見事な少し肌寒い朝方でした。

鳥海山登山(Mt.Cyoukai mountaineering)2 by空倶楽部

FC2PY008973FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鳥海山(Mt.Cyoukai) 2018年

今回の空倶楽部は夏休みに行ってきた“登山ツーリング”からの一枚で、下山後に庄内平野から撮った“鳥海山”の様子です。夏の庄内平野は緑の水田が拡がっている雄大な風景が素晴らしく、バイクを歩道に止めてついつい撮ってしまいました。偶然ですがお題の「鉄塔と空」もクリアー出来ておりました(w)

平ヶ岳登山(Mt.Hiragatake mountaineering)1 by空倶楽部

FC2PY009182FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 平ヶ岳(Mt.Hiragatake) 2018年

今回の空倶楽部は、9月最後の連休に行ってきた“越後駒ヶ岳&平ヶ岳”の登山旅行からの一枚です。両山とも天候にめぐまれ、雨でキャンセルした夏の“登山ツーリング”時のリベンジはキッチリ果たしました(w) ここが頂上からの景色なんですが、山の名前の通り“平坦”で池塘がある高層湿原が拡がっておりました。

笠ヶ岳登山(Mt.Kasagatake mountaineering)1 by空倶楽部

FC2PY008845FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 笠ヶ岳(Mt.Kasagatake) 2018年

今回の空倶楽部は、7月下旬に行ってきた“笠ヶ岳”からの一枚です。標高差1700mのきつい“笠新道”登り切ると、約1:20分ほど“笠ヶ岳”へと続く気持ちの良い稜線歩きが続きます。右奥の笠の様な姿の山が名前の通り“笠ヶ岳”です。 一年ぶりでしたがやっぱり北アルプスの登山はいつ来てもいいものですね♪

会津駒ヶ岳登山(Mt.Aizu-Komagatake mountaineering)1 by空倶楽部

FC2PY009084FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 会津駒ヶ岳(Mt.Aizu-Komagatake) 2018年

今回の空倶楽部は8月の夏休みで行ってきた“登山ツーリング”からの一枚で、最後に登った“会津駒ヶ岳”の様子です。天気がガスり気味でスカッとしなかったのですが、時折晴れ間が出たりもしたので、まあ良しとしましょうと言った感じです。たまたま“池塘”に空が写りこんでいたのですかさずパチリ致しました(w)

空木岳登山(Mt.Utsugi mountaineering)2 by空倶楽部

FC2PY008714FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 空木岳(Mt.Utsugi) 2018年

今回の空倶楽部は8月9日のUPに引き続き 、7月上旬に行ってきた“空木岳”からの一枚です。山頂の手前30分頃の風景で、雲海の彼方に浮かんでいる“八ヶ岳”の山々が美しかったので歩を休め何枚かパチリ致しました。調べてみると左の方に既に登った百名山の“浅間山&蓼科山”も写っておりました。なんだかんだ言っても登山は好天が一番ですね♪

鳥海山登山(Mt.Cyoukai mountaineering)1 by空倶楽部

FC2PY008939FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鳥海山(Mt.Cyoukai) 2018年

今回の空倶楽部は8月の夏休みで行ってきた“登山ツーリング”からの一枚で、最初に登った“鳥海山”の様子です。青色が溶け合っていて分かりずらいのですが、白い雲と青空の間には、静かで優しい色の“日本海”が拡がっておりました。休みと天気と山のマッチングは狙ってもなかなか上手くものではないのですが、この“鳥海山”の登山に関しては久々のヒットでございました。

空木岳登山(Mt.Utsugi mountaineering)1 by空倶楽部

FC2PY008766FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 空木岳(Mt.Utsugi) 2018年

今回の空倶楽部は“青い空と白い雲”のお題のクリアという事で、7月上旬に行ってきた“空木岳”からの一枚です。早々に梅雨が明けたので、休みと天気のタイミングが合ったので山小屋泊で“空木岳”を登って来ました。初日はロ-プウェイで“千畳敷”まで上がってからの縦走だったので軽い気持ちで臨んだのですが、思いの他アップダウンと岩場がハードでかなり難儀の一日でした。これは2日目の朝の様子で、雲海の先に浮かんでいるのが“八ヶ岳”の山々だと思います。

八甲田山登山(Mt.Hakkōda mountaineering)2 by空倶楽部

FC2PA050054FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 八甲田山(Mt.Hakkōda) 2017年

今回の空倶楽部は10月に行ってきたから在庫の一枚です。これは多分“赤倉岳”あたりからの“青森市街”の眺望で左に湾曲して伸びているのが“津軽半島”です。“八甲田山”って言うとすぐ思い浮かぶのが199名が死亡した“八甲田雪中行軍遭難事件”なんで、険しい山を想像してしまうのですが、コースによってはほぼ“ハイキング”の様な楽しみ方もできるので、初心者の方にもお勧めの“百名山”です。

八幡平登山(Mt.Hachimantai mountaineering)1 by空倶楽部

FC2PA100012FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 八幡平(Mt.Hachimantai) 2017年

今回の空倶楽部は10月10日~12日で行ってきた“八幡平登山”からの一枚です。山の麓の紅葉は素晴らしく感動的な風景が広がっていたのですが、生憎の雨模様が残念でした(T-T*) 右奥に見える山が翌日登る予定だった“岩手山(Mt.Iwate)”なんですが、天候が悪そうだったのでキャンセルといたしました。霧が出てなくてそこそこ写真が撮れたのと、下山後の“藤七温泉”が良かったのでまあ良い旅だったと言うことにしておきます(w)

八甲田山登山(Mt.Hakkōda mountaineering)1 by空倶楽部

FC2PA050103FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 八甲田山(Mt.Hakkōda) 2017年

今回の空倶楽部は10月5日に夜行バスを使って行ってきた超強行軍の“八甲田山登山”からの一枚です。紅葉はまあまあだったのですがピークは1週間くらい前だったらしくチョットだけ残念でした。この一枚だけ見ると長閑な秋の山登りと言った感じなのですが、標高が高いところを登っていた午前中は、信じられないでしょうが雪がかなり積もっている登山道を曇天かつ真冬並みの強風が吹くの中の厳しい登山だったんですよね(T-T*)

最近、アマゾンプライムビデオの洋物の連続ドラマ(SUITS&ダウントンアビー)に嵌ってしまった上に、東北登山が絡んでしまい、全くもってブログの更新が疎かになっておりました。実はこれから今年最後の東北登山(第三弾)に出かけるので、また少し更新は滞ってしまいます(w)

Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Archive
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
349位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
126位
Watch Access ranking>>