ドクダミ(Harmonia axyridis)2

FC2P6030033FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro スナップ(snap) 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2014年

今回の“8na8na-club”は、かなりたまって来た“柵く花”の在庫のたな卸しで、4枚ほどUPさせていただきました。ちょっと季節が過ぎているのもありますが、それはご愛嬌と
言うことで(w) “ドクダミ(蕺草)”はドクダミ科ドクダミ属の本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。日かげなどに生育し、臭気があるのが特徴で、民間薬の「十薬」として
腫れ物、皮膚病などに利用されています。白く花びらの様に見えるのは“総苞片(そうほうへん)”で葉っぱの一種です。“ギョセイソウ(魚腥草)”“ドクダメ(毒溜め)」と言う別名
も有るようです。

* awa(Dear to you)さん主催の8na8na-clubの61回目の参加でございます。

アリウムトリケトラム(Allium triquetrum)1

FC2P4200403FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“アリウムトリケトラム”は、ユリ科アリウム属の西ヨーロッパ南部、西アフリカ北部原産の多年草。オーストラリアや南北アメリカなどでは広く帰化しているようで、日本でも雑
草化し始めているらしいです。まだ個人的(東京では)にはそんな感じは受けませんね。

ホタルカズラ(Lithospermum zollingeri)1

FC2P4200349FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ホタルカズラ(蛍葛)”は、ムラサキ科ムラサキ属の北海道、本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。緑の中に鮮やかな瑠璃色の花が咲く様をホタルに例えたことからの命名のようですが、あまりピンと来ませんね。

ヤエムグラ(Galium spurium var. echinospermon)1

FC2P4200447FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ヤエムグラ(八重葎)”は、アカネ科ヤエムグラ属の北海道、本州、四国、九州、沖縄に分布する越年草。本当に地味で小さな花なんで、興味の無い人は一生気づかないかもしれません(w)

レンゲソウ(Astragalus sinicus)1

FC2P4200387FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“レンゲソウ(蓮華草)”は、マメ科ゲンゲ属の東アジア、中国原産の越年草。蜂蜜の源となる“蜜源植物”としてよく利用されていますね。それにしても“ゲンゲ”と呼ぶことはこの歳まで全く知りませんでした。

ツリガネズイセン(Scilla hispanica)1

FC2P4200364FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“ツリガネズイセン(釣鐘水仙)”は、ユリ科シラー属の南ヨーロッパ原産の球根草。日本には明治時代末期に入ってきたようです。

チューリップ(Tulip)9

FC2P4200377FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“チューリップ”は、ユリ科チューリップ属のトルコのアナトリア地方の原産の球根植物。日本には江戸時代後期に伝来し、大正時代に入って普及したようです。“鬱金香(うこんこう)”と言う和名があるようです。この固体は原種に近いんじゃないかと思います。

未同定(unidentified)9

FC2P4200361FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“額空木(ガクウツギ)”っぽい感じもするのですが、茎の色とかが違うんですよね。どなたか判る方いらっしゃったら教えてください。

モッコウバラ(Rosa banksiae)1

FC2P4200143FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“モッコウバラ(木香薔薇)”は、バラ科バラ属の中国原産の常緑つる性低木。棘が無いのが特徴で、庭園などのアーチやフェンスによく用いられている様です。

ヒメハラナガツチバチ(Campsomeriella annulata)1

FC2P6030293FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

“ヒメハラナガツチバチ”はツチバチ科ハラナガツチバチ族の本州、四国、九州の平地~山地に分布する蜂の仲間。花粉まみれで凄い状態になっております(w)

クマバチ(Xylocopa)1

FC2P6030368FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

“クマバチ(熊蜂)”は、ミツバチ科クマバチ属の北海道から九州に分布するハチの一種。羽音が怖いのですが温厚な性格なんだそうです。

セイヨウミツバチ(Apis mellifera)5

FC2P5110346FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

“虻蜂取らず”では無く“虻蜂だけ撮れる”といった惨めな状態が続いております(T-T*) ・・・・・・・・・と言うことで、今回の“むし倶楽部”は、ハチONLYのUPとさせていただき
ます。“セイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)”はミツバチ科ミツバチ属のヨーロッパ、アフリカ、中東、アジア原産のミツバチの一種。気性が穏やかで、大量の蜂蜜を集めるヨーロッパ
原産の種が世界中の養蜂家によって飼育されているようです。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第67回目です。

ヒメヒオウギ(Anomatheca cruenta)1

FC2P5110260FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro スナップ(snap) 花(Flower) 「柵く花」 2014年

“ヒメヒオウギ(姫檜扇)”はアヤメ科ラペイルージア属の南アフリカ地方原産の多年草。よく「アノマテカ」と言う名で流通している様です。

ドクダミ(Harmonia axyridis)3

FC2P6030052FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro スナップ(snap) 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2014年

“ドクダミ(蕺草)”はドクダミ科ドクダミ属の本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。日かげなどに生育し、臭気があるのが特徴で、民間薬の「十薬」として腫れ物、皮膚病
などに利用されています。白く花びらの様に見えるのは“総苞片(そうほうへん)”で葉っぱの一種です。“ギョセイソウ(魚腥草)”“ドクダメ(毒溜め)」と言う別名も有るようです。

マツバギク(Lampranthus spectabilis)1

FC2P5110384FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro スナップ(snap) 花(Flower) 「柵く花」 2014年

今回の“8na8na-club”も、かなりたまって来た“柵く花”の在庫のたな卸しシリーズで失礼させていただきます。 “マツバギク(松葉菊)”は: ハマミズナ科マツバギク属の南ア
フリカ原産の多年草。葉がマツの葉に、花はキクに似ていることからの命名のようです。


* awa(Dear to you)さん主催の8na8na-clubの62回目の参加でございます。

タツナミソウ(Scutellaria indica)2

FC2P4200436FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“タツナミソウ(立浪草)”は、シソ科タツナミソウ属の本州、四国、九州に分布する多年草。同じ方向に並んだ花の姿が打ち寄せる波頭の様に見えることからの命名のようです。今回は白い花をUPしてみました。

ルリフタモジ(Tulbaghia violacea Harv )1

FC2P4200439FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“ルリフタモジ(瑠璃二文字)”は、ユリ科ツルバギア属の南アフリカ原産の多年草。ツルバギアはオランダの喜望峰総督ツルバグが由来で、和名の“二文字”は“ニラ”のこと
をさすようです。(ネギは「一文字」)

コデマリ(Spiraea cantoniensis)1

FC2P4200299FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“コデマリ(小手毬)”は、バラ科シモツケ属の中国原産の落葉低木。日本には古くから入り“スズカケ(鈴掛)”と呼ばれていたそうで、現在の名前は“手毬”状の花姿が由来の
ようです。

ドクダミ(Harmonia axyridis)4

FC2P6030160FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“ドクダミ(蕺草)”はドクダミ科ドクダミ属の本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。日かげなどに生育し、臭気があるのが特徴で、民間薬の「十薬」として腫れ物、皮膚病
などに利用されています。白く花びらの様に見えるのは“総苞片(そうほうへん)”で葉っぱの一種です。“ギョセイソウ(魚腥草)”“ドクダメ(毒溜め)」と言う別名も有るようです。
(今回は八重咲のUPです)

未同定(unidentified)7

FC2P5110295FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

かなり調べてみたのですが花の名前を見つけられませんでした。どなたか判る方いらっしゃったら教えてください。

オーニソガラム(Ornithogalum spp)3

FC2P4220089FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“オーニソガラム”はユリ科オーニソガラム属のヨーロッパ、南アフリカ、西アジア原産の球根草。「オオアマナ(大甘菜)」とか「ベツレヘムの星」と言う別名があるそうです。

ムラサキツメクサ(Trifolium pratense)2

FC2P5110284FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ムラサキツメクサ(紫詰草)”は、マメ科シャジクソウ属のヨーロッパ、西アジア及び北西アフリカ原産の日本全土に自生する多年草。 明治時代に牧草として入ってきた帰化植物で、それが野生化したようです。「アカツメクサ(赤詰草)」とも呼ばれています。

キキョウソウ(Specularia perfoliata)2

FC2P6030071FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“キキョウソウ(桔梗草)”は、キキョウ科キキョウソウ属の北アメリカ原産の一年草。日本では帰化植物となっており、都心でも良く見かけることが出来ます。「ダンダンギキョ
ウ」と言う別名もあるようです。

アカバナユウゲショウ(Oenothera rosea)3

FC2P5110273FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)”は、アカバナ科マツヨイグサ属の南米~北米南部原産の多年草。 明治時代に鑑賞用として入ってきた帰化植物のようです。

ミナミヒメヒラタアブ(Sphaerophoria indiana)2

FC2P6190543FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

ミナミヒメヒラタアブ(南姫扁虻)は、ハナアブ科ヒメヒラタアブ属の北海道から屋久島まで分布するハナアブの一種。

カマキリ(Tenodera angustipennis)1

FC2P6190553FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

今回のむし倶楽部は“弱肉強食・自然の掟”の2部構成です。1枚目の“ミナミヒメヒラタアブ”を撮っている時に、このカマキリが潜んでいたのに全く気づいていなかったんですよ。シャッターを何枚か切っている時に突然消えたのでビックリして肉眼で見たらこんな事になっておりました。“カマキリ(Tenodera angustipennis)”は、カマキリ科カマキリ亜科の本州、四国、九州、対馬、沖縄本島に分布するカマキリの一種。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第68回目です。

ヒメヒオウギズイセン(Crocosmia x crocosmiiflora)3

FC2P6190532FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro スナップ(snap) 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2014年

“ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)”は、アヤメ科クロコスミア属の南アフリカ原産のヒオウギズイセンとヒメトウショウブの交配種の多年草。流通名は“モントブレチア”との事で、明治時代中期に入ってきて今では野生化し帰化植物となっております。

ハニーサックル(Honeysuckle)5

FC2P6190563FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro スナップ(snap) 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2014年

今回の“8na8na-club”は、雑草倶楽部対策で訪れた“目黒川緑道”での撮り卸をUPさせていただきます。花を撮るようになってかなり経ちますが、季節ごとに変化する花の
サイクルが大分判ってくるようになって来ました。 “ハニーサックル(突抜忍冬)”は、スイカズラ科スイカズラ属の北半球原産の落葉ツル性低木。この花は「ゴールドフレーム」
と言う種類の園芸種のだと思います。花をポプリにしたり、花や茎をティーとして利用するようで、花の蜜をハチが吸いにくることからこの名がついたようです。

* awa(Dear to you)さん主催の8na8na-clubの63回目の参加でございます。

ゼラニウム(Geranium)3

FC2P5110374FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“ゼラニウム”はテンジクアオイ属フウロソウ科の南アフリカ原産の多年草。ゼラニウムの仲間には色々な香を持つものがあり、それを一般に“センテッド(芳香性)ゼラニウ
ム”と呼び、花を観賞するゼラニウムとは区別しているようです。この花は“ゼラニウムシナモン(Geranium Cinnamon)”じゃないかと思います。

ハナアロエ(Bulbine frutescens)1

FC2P5110313FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“ハナアロエ(花蘆薈)”は、ツルボラン科(ユリ科)ブルビネ属の南アフリカ原産の耐寒性常緑多年草。この固体は“ホールマーク”’と言う園芸種だと思います。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archive
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
374位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
146位
Watch Access ranking>>