ヤチトリカブト(Aconitum senanense subsp. paludicola)1

FC2PW004522FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ヤチトリカブト(谷地鳥兜)”は、キンポウゲ科トリカブト属の本州の鳥甲山、雨飾山、北アルプスの亜高山帯~高山帯に分布する多年草。分類上は“ホソバトリカブト(細葉鳥兜)”の変種だそうです。@北アルプス

ミヤマホツツジ(Cladothamnus bracteatus)3

FC2PW004513FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマホツツジ(深山穂躑躅)”は、ツツジ科ミヤマホツツジ属の北海道、本州の中部以北の亜高山に分布する落葉小低木。@北アルプス

シモン・ボリバル動物園(SimonBolivarZoo)3

FC2PC290207FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro コスタリカ(CostaRica) サンホセ(SanJosé) “シモン・ボリバル動物園(SimonBolivarZoo)” 中米(CentralAmerica2015~16) 2015年

このフクロウは“スピックスコノハズク”っていう種類だと思います。飼いやすいらしくペットとしても人気の様です。(200,000円~300,000円するらしいですが)  この円らな瞳にやられちゃうんでしょうね(w)

ダイモンジソウ(Saxifraga fortunei var. alpina)4

FC2PW004516FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ダイモンジソウ(大文字草)”は、ユキノシタ科ユキノシタ属の北海道、本州、四国、九州の海岸~高山帯に分布する多年草。@北アルプス

ツルニンジン(Codonopsis lanceolata)1

FC2PW004532FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ツルニンジン(蔓人参)”は、キキョウ科ツルニンジン属の北海道から九州の山地に分布する蔓性多年草。花模様がジイ(老爺)のソブ(そばかす)に似ていることから“ジイソブ(爺蕎)”という別名があるようです。(この個体は血管のように見えます)@北アルプス

シモン・ボリバル動物園(SimonBolivarZoo)5

FC2PC290167FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro コスタリカ(CostaRica) サンホセ(SanJosé) “シモン・ボリバル動物園(SimonBolivarZoo)” 中米(CentralAmerica2015~16) 2015年

これは“ラフグリーンスネーク”っていうヘビだと思います。昆虫を主食とする種類なのでペットとしても人気の様です。植物の葉っぱの擬態なんでしょうが、緑の体色も綺麗だしスマートなんで飼いたくなる人も多いんでしょうね。

ホトケノザ(Lamium amplexicaule L)13

FC2P3250244FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2015年

普通なら2つの花くらいピントが合えば御の字の構図ですが“深度合成”で撮っているのでなんとか4つクリアーです。心なしか少し硬めの描写の様な気もしますが、背景がこれだけボケてくれれば良しとしなければいけませんね。“ホトケノザ(仏の座)”は、シソ科オドリコソウ属の本州、四国、九州、沖縄に自生する一年草あるいは越年草。アジアやヨーロッパ、北アフリカなどにも広く分布するようで、サンガイグサ(三階草)と言う別名があるようです。

ミドリハコベ(Stellaria neglecta Weihe)13

FC2P3250672FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2015年

これも“深度合成”で撮っているので、花芯に合わせるとボケてしまうはずの“萼の毛”までしっかりピンが来ちゃってます。アートとしては如何かなとも思うのですが“深度合成”の実験としては上出来の様な気がします。“ミドリハコベ(緑繁縷)”は、ナデシコ科ハコベ属の日本全国に分布する多年草。所謂、普通にハコベと呼ばれているのがミドリハコベです。茎の色が紫がかっている“コハコベ(小繁縷)”と比べ全草が緑なのでこの名前となったようです。


ヒメオドリコソウ(Lamium purpureum)7

FC2P3250371FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2015年

“ヒメオドリコソウ”は苦手な被写体で“M.ZuikoDigitalED60mm”での表現は諦めかけていたのですが“深度合成”のお蔭で少しは見られる写真を撮る希望が出てきました(w) 今回はお試しなのでこれくらい撮れれば良しと致します。“ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)”は、シソ科オドリコソウ属の日本全国に分布する越年草。ヨーロッパ原産の帰化植物で日本には明治時代に入ってきたようです。



サカハチチョウ(Araschnia burejana)2

FC2PW004558FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2015年

今回の“むし倶楽部”も去年の8月に“北アルプス”で撮った1枚です。“サカハチチョウ(逆八蝶)”は、タテハチョウ科タテハチョウ亜科の日本全土に分布するチョウの一種。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第126回目です。

ゲンノショウコ(Geranium thunbergii)4

FC2PW004575FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ゲンノショウコ(現の証拠)”はフウロソウ科フロソウ属の日本全土の山野、道端に普通に見られる多年草。「ゲンノショウコ」は日本の民間薬の代表格の様な生薬で根・茎・葉・花などを干し煎じて下痢止めや胃薬とすることが出来るようです。@北アルプス

ゲンノショウコ(Geranium thunbergii)5

FC2PW004563FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ゲンノショウコ(現の証拠)”はフウロソウ科フロソウ属の日本全土の山野、道端に普通に見られる多年草。「ゲンノショウコ」は日本の民間薬の代表格の様な生薬で根・茎・葉・花などを干し煎じて下痢止めや胃薬とすることが出来るようです。@北アルプス

アカバナ(Epilobium pyrricholophum)1

FC2PW004585FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“アカバナ(赤花)”は、アカバナ科アカバナ属の北海道、本州、四国、九州に分布する多年草。夏以降に茎葉が紅紫色になることから“アカバナ(赤花)”と命名されたようです。@北アルプス

ミヤマアキノキリンソウ(Solidago virgaurea subsp. leiocarpa)7

FC2PW004543FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)”は、キク科アキノキリンソウ属の北海道と本州中部以北の亜高山帯〜高山帯に分布する多年草。“コガネギク(黄金菊)”という別名もあるようです。@北アルプス

キツリフネ(Impatiens noli-tangere)2

FC2PW004571FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

恐ろしいことにもう4月です! 大人になると時が早く流れるのは、生きてきた年数によって1年の相対的な長さがどんどん小さくなる(ジャネーの法則)と、同じことを繰り返す頻度が多くなり生活に新鮮味がなくなることが原因のようです。特にここ数年“時の流れ”の物凄い速さに驚きと恐怖を感じている自分がここにおります(w)

“キツリフネ(黄釣船)”は、ツリフネソウ科ツリフネソウ属の北海道・本州・四国・九州の低山~山地に分布する一年草。@北アルプス

ヨツバヒヨドリ(Eupatorium chinense var.sachalinense)2

FC2PW004534FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)”は、キク科フジバカマ属の本州近畿地方以北~北海道の山地に分布する多年草@北アルプス

タカネニガナ(Ixeris dentata var. alpicola)4

FC2PW004587FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“タカネニガナ(高嶺苦菜)”は、キク科ニガナ属の屋久島・四国・本州・北海道の亜高山帯〜高山帯に分布する多年草@北アルプス

オヤマリンドウ(Gentiana makinoi)2

FC2PW004593FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“オヤマリンドウ(御山竜胆)”は、リンドウ科リンドウ属の本州(中部以北)の亜高山帯の湿原や草地に分布する多年草。市場に出ている“リンドウ”はこの種類の園芸種であることが多いようです。@北アルプス

マルヒラタアブ(Didea fasciata)1

FC2PW004597FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2015年

今回の“むし倶楽部”も去年の8月に“北アルプス”で撮った1枚です。“マルヒラタアブ(丸扁虻)”は、ハナアブ科ヒラタアブ亜科の日本全土に分布するアブの一種。“焼岳”を登山中にブルーの綺麗なアブに遭遇してビックリしました。まともに撮れたのが無いのですが記念に1枚UPさせて頂きます。@北アルプス


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第127回目です。

ミヤマホツツジ(Cladothamnus bracteatus)4

FC2PW004594FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマホツツジ(深山穂躑躅)”は、ツツジ科ミヤマホツツジ属の北海道、本州の中部以北の亜高山に分布する落葉小低木。これまで出会ったのはクリーム色の花が多かったのですが、これはピンクがかった個体でした。@北アルプス

ミヤマアキノキリンソウ(Solidago virgaurea subsp. leiocarpa)8

FC2PW004554FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)”は、キク科アキノキリンソウ属の北海道と本州中部以北の亜高山帯〜高山帯に分布する多年草。“コガネギク(黄金菊)”という別名もあるようです。@北アルプス

カントウヨメナ(Kalimeris pseudoyomena)1

FC2PW004565FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“カントウヨメナ(関東嫁菜)”は、キク科シオン属の本州中部以西、四国、九州分布する多年草。関東地方に咲き美しい姿を嫁にたとえたことからの命名の様です。@北アルプス

ミゾソバ(Polygonum thunbergii)1

FC2PW004577FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ミゾソバ(溝蕎麦)”は、タデ科タデ属の北海道・本州・四国・九州に分布する一年草。葉の形が牛の顔にも見えることから“ウシノヒタイ(牛の額)”という別名もあるそうです。@北アルプス

ノリクラアザミ(Cirsium norikurense)1

FC2PW004570FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ノリクラアザミ(乗鞍薊)”は、キク科アザミ属の本州、中部地方に分布する多年草。@北アルプス

ミドリヒョウモン(Argynnis paphia)3

FC2PW004573FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2015年

今回の“むし倶楽部”も去年の8月に“北アルプス”で撮った1枚です“ミドリヒョウモン(緑豹紋)”はタテハチョウ科ヒョウモンチョウ族のユーラシア大陸の温帯域に広く分布するチョウ。夏の暑い時期は休眠し、飛び回る姿が見られるのは初夏と秋だけのようです。@北アルプス


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第128回目です。

ノブキ(Adenocaulon himalaicum Edgew)2

FC2PW004583FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ノブキ(野蕗)”は、キク科ノブキ属の北海道から九州の山地に分布する多年草。@北アルプス

ヤマハハコ(Anaphalis margaritacea)9

FC2PW004598FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤマハハコ(山母子)”は、キク科ヤマハハコ属の北海道~長野・石川県以北に分布する多年草。白い花はカサカサした質感でドライフラワーの様な印象を受けます。@北アルプス

クサボタン(Clematis stans)2

FC2PW004614FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“クサボタン(草牡丹)”は、キンポウゲ科センニンソウ属の本州の山地に分布する半低木。全草が有毒で下痢、血便などの中毒症状が出るようです。@北アルプス

ヤナギタンポポ(Hieracium umbellatum)1

FC2PW004599FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤナギタンポポ(柳蒲公英)”は、キク科ヤナギタンポポ属の北海道、本州、四国の山地に分布する多年草。@北アルプス

ベニイタドリ(Fallopia japonica var. compacta)2

FC2PW004606FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ベニイタドリ(紅虎杖)”は、タデ科イタドリ属の北海道西部以南の日本各地に分布する多年草。イタドリの高山型変種で赤い花を付けるものをベニイタドリと呼ぶようで、山野草愛好家の間ではメイゲツソウ(明月草)と呼ばれ親しまれているそうです。@北アルプス
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Archive
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
243位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
91位
Watch Access ranking>>