ミドリヒョウモン(Argynnis paphia)3

FC2PW004573FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2015年

今回の“むし倶楽部”も去年の8月に“北アルプス”で撮った1枚です“ミドリヒョウモン(緑豹紋)”はタテハチョウ科ヒョウモンチョウ族のユーラシア大陸の温帯域に広く分布するチョウ。夏の暑い時期は休眠し、飛び回る姿が見られるのは初夏と秋だけのようです。@北アルプス


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第128回目です。

ノブキ(Adenocaulon himalaicum Edgew)2

FC2PW004583FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ノブキ(野蕗)”は、キク科ノブキ属の北海道から九州の山地に分布する多年草。@北アルプス

ヤマハハコ(Anaphalis margaritacea)9

FC2PW004598FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤマハハコ(山母子)”は、キク科ヤマハハコ属の北海道~長野・石川県以北に分布する多年草。白い花はカサカサした質感でドライフラワーの様な印象を受けます。@北アルプス

クサボタン(Clematis stans)2

FC2PW004614FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“クサボタン(草牡丹)”は、キンポウゲ科センニンソウ属の本州の山地に分布する半低木。全草が有毒で下痢、血便などの中毒症状が出るようです。@北アルプス

ヤナギタンポポ(Hieracium umbellatum)1

FC2PW004599FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤナギタンポポ(柳蒲公英)”は、キク科ヤナギタンポポ属の北海道、本州、四国の山地に分布する多年草。@北アルプス

ベニイタドリ(Fallopia japonica var. compacta)2

FC2PW004606FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ベニイタドリ(紅虎杖)”は、タデ科イタドリ属の北海道西部以南の日本各地に分布する多年草。イタドリの高山型変種で赤い花を付けるものをベニイタドリと呼ぶようで、山野草愛好家の間ではメイゲツソウ(明月草)と呼ばれ親しまれているそうです。@北アルプス

オランダミミナグサ(Cerastium glomeratum)3

FC2P3270699FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

“オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草)”は、ナデシコ科ミミナグサ属の北海道を除く日本全土に分布する一年草。ヨーロッパ原産の帰化植物で、オランダ(外国と言う意味合い)から来て、葉の形がネズミの耳に似ている事からの命名の様です。

ナノハナ(Brassica napus)6

FC2P3270990FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

“ナノハナ(菜の花)”は、アブラナ科アブラナ属の西アジアから北ヨーロッパ原産の2年草。日本には弥生時代のころ頃に入ってきたようで、日本在来種は野菜として、セイヨウアブラナ(西洋油菜)は植物油の原料として栽培されているそうです。

ローズマリー(Rosmarinus officinalis L.)2

FC2P3270903FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

“ローズマリー(西洋藤袴)”はシソ科マンネンロウ属の地中海沿岸地方原産の常緑性低木。肉料理やカレーポトフ等のスパイスとして有名ですね。和名のマンネンロウは漢字で“迷迭香”と書くようです。これはちょっと読めませんね(w)

ミドリハコベ(Stellaria neglecta Weihe)14

FC2P3270735FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

“ミドリハコベ(緑繁縷)”は、ナデシコ科ハコベ属の日本全国に分布する多年草。所謂、普通にハコベと呼ばれているのがミドリハコベです。茎の色が紫がかっている“コハコベ(小繁縷)”と比べ全草が緑なのでこの名前となったようです。

カラスノエンドウ(Vicia sativa subsp. nigra)8 雑草倶楽部

FC2P3271017FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

4月の“雑草倶楽部”は前回に引き続きの“深度合成”での撮りおろしです。今回は久しぶりに“目黒川緑道”へ行って参りました。“カラスノエンドウ(烏野豌豆)”は、マメ科ソラマメ属の本州~四国・九州・沖縄に分布する越年草。オリエントから地中海にかけての原産で、かつて原産地では食用にされ、現代の中国では胃のもたれの薬として使われているようです。

LA SPORTIVA TORANGO S EVO GTX 1

FC2P4230938FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro スナップ(snap) 2016年

現在の“SIRIO P.F.65GTX”を購入したのが2013年だったので、3年ぶりに登山靴の新調です。今年のGWは初日に“高野山”の宿坊に泊まった後は7日間連続で“百名山”巡りです。今回は残雪が予想される山に登るので“LA SPORTIVA TORANGO S EVO GTX”以外に“アイゼン&ピッケル”も新たに用意してみました。仕事が忙しい中、只今旅の準備でてんやわんやです(W)


シマハナアブ(Eristalis cerealis)3

FC2PW004638FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2015年

今回の“むし倶楽部”も去年の8月に“北アルプス”で撮った1枚です。“シマハナアブ(縞花虻)”は、ハナアブ科ハナアブ亜科の北海道,本州,四国,九州,南西諸島に分布するハナアブの一種。この幼虫は下水溝などの汚水中に生息し、腐食物を食べて育ようです。@北アルプス


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第129回目です。

カメバヒキオコシ(Plectranthus kameba)11

FC2PW004607FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“カメバヒキオコシ(亀葉引起し)”は、シソ科ヤマハッカ属の東北地方の南部から中部地方の山地に分布する多年草。コウシンヤマハッカ(甲信山薄荷)とも呼ばれている様です。 @北アルプス

モンテベルデ(MonteVerde)5

FC2PC310359FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 昆虫(Insects) 2015年

残念ながら不発だった“吊り橋ツアー(Tree Top Walkways)”を後にして、次に向かったのが“バタフライガーデン(Monteverde Butterfly Gardens)”でした。訪れた時間が遅かったので施設が薄暗くあまり良く撮れていないのですが、記念に何枚かチョウの写真をUPしておきます。

モンテベルデ(MonteVerde)7

FC2PC310355FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 昆虫(Insects) 2015年

これは“アゲハ”の仲間だと思います。このチョウに関しては日本で見かける“キアゲハ”の方が翅の色も模様も綺麗ですね。これもピン甘であまり良く撮れていないのですが、記録としてUPしておきます。

モンテベルデ(MonteVerde)8

FC2PC310371FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 昆虫(Insects) 2015年

これは日本ではあまり見かけない様な“チョウ”で、本当はキッチリ調べて同定でもしたい所なんですが、時間があまりないので割愛とさせていただきます。

イワオトギリ(Hypericum kamtschaticum var. hondoense)3

FC2PW004654FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“イワオトギリ(岩弟切)”は、オトギリソウ科オトギリソウ属の東北地方および中部地方以北の亜高山~高山帯に分布する多年草。オトギリソウの高山型のようです。この個体は生えている場所から亜種の“シナノオトギリ(信濃弟切)”だと思います。@乗鞍岳

モンテベルデ(MonteVerde)9

FC2PC310628FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 昆虫(Insects) 2015年

これは“バタフライガーデン(Monteverde Butterfly Garden)”の展示スペースで飼育されていた“コノハギス”の仲間です。ここまで擬態が凄いと感心する以外何もありませんね。自然のフィールドで出合ってみたい昆虫です。

イワギキョウ(Campanula lasiocarpa)5

FC2PW004621FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“イワギキョウ(岩桔梗)”はキキョウ科ホタルブクロ属の北海道~中部地方の高山に分布する多年草。@乗鞍岳

モンテベルデ(MonteVerde)10

FC2PC310768FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 両生類(Amphibian) 2015年

撮影環境が今一であまり乗れなかった“バタフライガーデン”を後にして、次に向かったのが“カエル園(Frog pond)”です。“コスタリカ”に来たかった理由の一つが、この“アカメアマガエル”を始めとする美しいカエルの仲間たちなんですよね。夜行性という事でほぼ真っ暗な展示スペースにペンライトを当てての最悪の撮影環境で、チョウに続いて若干ピン甘なのもありますが、せっかくなので記念に数枚UPさせて頂きます。

ミヤマアキノキリンソウ(Solidago virgaurea subsp. leiocarpa)9

FC2PW004629FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)”は、キク科アキノキリンソウ属の北海道と本州中部以北の亜高山帯〜高山帯に分布する多年草。“コガネギク(黄金菊)”という別名もあるようです。@乗鞍岳...

モンテベルデ(MonteVerde)11

FC2PC310705FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 両生類(Amphibian) 2015年

今回の“むし倶楽部”は、ムシじゃないですがお許しください(w) このカエルは日本のアカガエルのように地味目の色模様なんですが、目の大きさが際立ちます。またよく見ると頭の後ろに“トサカ”があってちょっとした怪獣のようでカッコいいですね。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第129回目です。

イワツメクサ(Stellaria nipponica Ohwi var. nipponica)4

FC2PW004631FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“イワツメクサ(岩爪草)”は、ナデシコ科ハコベ属の本州中部地方の高山帯に分布する多年草。5弁花ですが、真ん中に深い切れ込みが入っているので10弁花のように見えます。岩の間から生える「ツメクサ」という事からの命名。@乗鞍岳

モンテベルデ(MonteVerde)12

FC2PC310665FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 両生類(Amphibian) 2015年

これは地味な感じなんですが“ヤドクガエル”の一種じゃないかと思います。他に2種類ほど“毒々しく美しい”やつも撮ったことは撮ったのですが、アングルが悪かったりボケていたりでお見せできるレベルではないのでリンクの画像でお楽しみください(w)

コマクサ(Dicentra peregrina(Rudolph)Makino)2

FC2PW004646FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“コマクサ(駒草)”は、ケマンソウ科コマクサ属の北海道から中部地方の高山帯に自生する多年草。自然の状態で咲いているのを初めて見た“大雪山”では美人さんには中々の出会う事ができませんでしたが、ここ“乗鞍岳”では“高山植物の女王”と呼ばれるに相応しい姿を十分見せてくれました。@乗鞍岳

モンテベルデ(MonteVerde)13

FC2PC310726FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 両生類(Amphibian) 2015年

これは“アマガエル”の一種じゃないはと思います。特に美しいとか目立った特徴はないのですが、比較的可愛く撮れているのでUPさせて頂きます。 “カエル園(Frog pond)”でのSHOTはこれで最後とさせていただき、次回から“ナイトウォーク(NightWalk)”の様子をお届けさせて頂きます。

ウサギギク(Arnica unalascensis var. tschonoskyi)5

FC2PW004661FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ウサギギク(兎菊)”は、キク科ウサギギク属の本州中部以北・北海道帯の亜高山帯~高山帯に分布する多年草。@乗鞍岳

ヨツバシオガマ(Pedicularis japonica)6

FC2PW004662FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ヨツバシオガマ(四葉塩竈)”はハマウツボ科シオガマギク属の北海道から中部地方以北の高山に分布する多年草。@乗鞍岳

トウヤクリンドウ(Gentiana algida)2

FC2PW004620FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“トウヤクリンドウ(当薬竜胆)”は、リンドウ科リンドウ属の北海道~中部以北の高山帯に自生する多年草。トウヤク(当薬)は薬草になる“センブリ”のことで、このリンドウも胃薬になることから付けられたそうです。@乗鞍岳
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archive
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
88位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
39位
Watch Access ranking>>