ミヤマキンバイ(Potentilla matsumurae)7

FC2PW004670FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマキンバイ(深山金梅)”は、バラ科キジムシロ属の本州中部以北・北海道の低山帯~高山帯に分布する多年草。@乗鞍岳

ミヤマハタザオ(Arabis lyrata var. kamtschatica)1

FC2PW004650FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマハタザオ(深山旗竿)”は、アブラナ科ハタザオ属の:北海道から本州の中部地方、中国地方の大山や四国の剣山 の亜高山帯~高山帯に分布する多年草。@乗鞍岳

ヤマクワガタ(Veronica japonensis)1

FC2PW004672FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ヤマクワガタ(山鍬形)”は、ゴマノハグサ科クワガタソウ属の本州の関東地方の北部から中部地方の亜高山帯から高山帯に分布する多年草@乗鞍岳

ハクサンボウフウ(Peucedanum multivittatum)2

FC2PW004635FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ハクサンボウフウ(白山防風)”は、セリ科カワラボウフウ属の北海道、本州の中部地方以北の高山帯に分布する多年草@乗鞍岳

コウメバチソウ(Parnassia palustris var. tenuis)3

FC2PW004640FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“コウメバチソウ(小梅鉢草)”は、ウメバチソウ科イウメバチソウ属の北海道から中部地方以北の高山帯に自生する多年草。@乗鞍岳

モンテベルデ(MonteVerde)20

FC2PC310787FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 両生類(Amphibian) 2015年

今回の“むし倶楽部”もムシじゃないですがお許しください(w) この目の赤いカエルは、同定できませんが“アマガエル”の仲間だと思います。“カエル園(Frog pond)”で見た(撮った)カエルたちと違い目の前にいるのでちょっと興奮してしまいます(w)

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第130回目です。

イワツメクサ(Stellaria nipponica Ohwi var. nipponica)5

FC2PW004648FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“イワツメクサ(岩爪草)”は、ナデシコ科ハコベ属の本州中部地方の高山帯に分布する多年草。5弁花ですが、真ん中に深い切れ込みが入っているので10弁花のように見えます。岩の間から生える「ツメクサ」という事からの命名。@乗鞍岳

ミヤマヤブタバコ(Carpesium triste)1

FC2PW004845FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ミヤマヤブタバコ(深山藪煙草)”はキク科ガンクビソウ属の北海道、本州、四国、九州の低地~山地に分布する多年草。@妙高・火打山

ミヤマアキノキリンソウ(Solidago virgaurea subsp. leiocarpa)11

FC2PW004851FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)”は、キク科アキノキリンソウ属の北海道と本州中部以北の亜高山帯〜高山帯に分布する多年草。“コガネギク(黄金菊)”という別名もあるようです。@妙高・火打山

タテヤマアザミ(Cirsium babanum var. otayae)1

FC2PW004853FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“タテヤマアザミ(立山薊)”は、キク科アザミ属の本州の中部地方の亜高山~高山に分布する多年草。@妙高・火打山

ツルニンジン(Codonopsis lanceolata)2

FC2PW004857FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ツルニンジン(蔓人参)”は、キキョウ科ツルニンジン属の北海道から九州の山地に分布する蔓性多年草。花模様がジイ(老爺)のソブ(そばかす)に似ていることから“ジイソブ(爺蕎)”という別名があるようです。(この個体は血管のように見えます)@妙高・火打山

ハクサンボウフウ(Peucedanum multivittatum)3

FC2PW004863FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ハクサンボウフウ(白山防風)”は、セリ科カワラボウフウ属の北海道、本州の中部地方以北の高山帯に分布する多年草@妙高・火打山

ツルリンドウ(Tripterospermum japonicum)1

FC2PW004940FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ツルリンドウ(蔓竜胆)”は、リンドウ科ツルリンドウ属の北海道・本州・四国・九州の山地に自生するツル性の多年草。@妙高・火打山

オオバミゾホオズキ(Mimulus sessilifolius)3

FC2PW004935FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)”は、ゴマノハグサ科ミゾホウズキ属の北海道から本州の中部地方の亜高山帯に分布する多年草@妙高・火打山

ヤマハハコ(Anaphalis margaritacea)10

FC2PW004864FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤマハハコ(山母子)”は、キク科ヤマハハコ属の北海道~長野・石川県以北に分布する多年草。白い花はカサカサした質感でドライフラワーの様な印象を受けます。@妙高・火打山

エンレイソウ(Trillium smallii)2

FC2PW004936FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“エンレイソウ(延齢草)”は、ユリ科エンレイソウ属の北海道~九州の低地や山林に分布する多年草。花後に出来るこの“黒い”は食べる事が出来、根は延齢草根と呼ばれ胃腸の薬となる様です。なんか長生きしそうな名前ですね。@妙高・火打山

モンテベルデ(MonteVerde)25

FC2P1011375FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro コスタリカ(CostaRica) モンテベルデ(MonteVerde) 中米(CentralAmerica2015~16) 両生類(Amphibian) 2015年

前にUPした通り至極残念だったのが“ケツァール”なんですが、もう一つ撮れなくて悔しい思いをしたのがこの“モルフォ蝶”なんですよね。 正確には地味な模様の翅の裏?は完璧に撮れているのですが、肝心の翅が開いたブルーに美しく輝く状態はNGでした(T-T*)完全に負け惜しみなんですが、お店で売っていた“土産の標本”を悔し紛れでUPしておきます(w)

ズダヤクシュ(Tiarella polyphylla)2

FC2PW004938FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ズダヤクシュ(喘息薬種)”は、ユキノシタ科ズダヤクシュ属の北海道、本州、四国、九州に分布する多年草。富山、福井、長野県では喘息の咳止薬として用いられてきたことからの命名のようです。@妙高・火打山

シロバナタンポポ(Taraxacum albidum)7

FC2P4090038FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

“シロバナタンポポ(白花蒲公英)”は、キク科タンポポ属の本州関東以西、四国、九州に分布する多年草。日本在来種で西の方ほど多いらしいです。

オオイヌノフグリ(Veronica persica)34

FC2P4090191FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

“オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢紫)”は、ゴマノハグサ科クワガタソウ属のヨーロッパ原産の帰化植物で畑や道端、公園などに普通にはえる越年草。「瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳」と言う素敵な別名が有るようです。

イモカタバミ(Oxalis articulata DC)5

FC2P4090690FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

“イモカタバミ(芋片喰)”は、カタバミ科カタバミ属の南アメリカ原産の多年草。江戸時代末期に観賞用として入り現在は帰化植物となっている。「フシネハナカタバミ(節根花片喰)」という別名もある様です。

タチイヌノフグリ(Veronica arvensis)4

FC2P4090128FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

“タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)”は、オオバコ科クワガタソウ属のヨーロッパ・アフリカ原産の多年草。明治初期に渡来した帰化植物で、日本では本州~九州に分布しているようです。東京では見られそうで、なかなか見られない植物の一つだと思います。

キュウリグサ(Trigonotis peduncularis)6 雑草倶楽部

FC2P4090101FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

5月の“雑草倶楽部”は、またまた前回に引き続き“深度合成”での撮りおろしです(4月の在庫)。最近の花撮りは専らこの方法にすっかり嵌ってしまっております(w) 今回は何年かぶりに“青山霊園”へ行って参りました。“キュウリグサ(胡瓜草)”は、ムラサキ科キュウリグサ属の日本全土に分布する一年草。古代帰化植物の1つと言われていて、葉っぱや茎を揉むとキュウリの匂いがする事からこの名前になったようです。



オヤマリンドウ(Gentiana makinoi)3

FC2PW004866FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“オヤマリンドウ(御山竜胆)”は、リンドウ科リンドウ属の本州(中部以北)の亜高山帯の湿原や草地に分布する多年草。市場に出ている“リンドウ”はこの種類の園芸種であることが多いようです。@妙高・火打山

シロヨメナ(Aster ageratoides ssp. Leiophyllus)2

FC2PW004888FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“シロヨメナ(白嫁菜)”は、キク科シオン属の本州、四国、九州の山野に分布する多年草。野菊の同定は難しく自信はないのですが、ここでは“シロヨメナ”とさせていただきます。@妙高・火打山

タケシマラン(Streptopus streptopoides subsp. japonicus)3

FC2PW004874FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“タケシマラン(竹縞蘭)”は、ユリ科タケシマラン属の日本の本州中部地方以北の山地帯上部から亜高山帯に分布する多年草。竹に似た葉に縞模様の葉脈が目立つ事からの命名だそうです。“タケシマラン”は、花も可愛くも鮮やかな赤が美しいですね。@妙高・火打山

コウメバチソウ(Parnassia palustris var. tenuis)5

FC2PW004903FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“コウメバチソウ(小梅鉢草)”は、ウメバチソウ科イウメバチソウ属の北海道から中部地方以北の高山帯に自生する多年草。@妙高・火打山

ミョウコウトリカブト(Aconitum nipponicum var. septemcarpum)1

FC2PW004897FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミョウコウトリカブト(妙高鳥兜)”は、キンポウゲ科トリカブト属の頚城山地・戸隠山系や群馬県北部の亜高山帯~高山帯に分布する多年草。分類上は“ミヤマトリカブト(深山鳥兜)”の変種だそうです。@妙高・火打山

未同定(unidentified)11

FC2PW004891FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

少し調べてみたのですが同定できませんでした。 どなたか分かる方いらっしゃったら教えてください。@妙高・火打山

クロクモソウ(Micranthes fusca var. kikubuki)2

FC2PW004925FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“クロクモソウ(黒雲草)”は、ユキノシタ科チシマイワブキ属の九州、四国の剣山・瓶ヶ森・石鎚山、本州近畿地方の大峰山脈、本州の中部地方以北に分布する多年草@妙高・火打山
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Archive
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
320位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
127位
Watch Access ranking>>