ヘレボルス(Helleborus)3

FC2P4050175FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

「ヘレボルス(Helleborus)」はキンポウゲ科クリスマスローズ属のヨーロッパ、地中海沿岸、西アジアに分布する多年草。日本ではこの種類一般を「クリスマスローズ」と呼び
ますが、本来は「ヘレボルス・ニゲル」のみを指すそうです。原種・園芸種を含めこの種類は沢山あるようです。グリーンは初めて見ましたが、シックな感じがしてオシャレですね。

ナガミヒナゲシ(Papaver dubium)4 with 8na8na-club

FC2P4200231FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro スナップ(snap) 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2014年

今回の“8na8na-club”は、ちょっとイレギュラーですが、廃自転車?のスポークを柵と見立て“柵く花”としいてUPさせていただきます。“ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)”はケシ
科ケシ属の地中海沿岸~中欧原産の一年草。 日本には1960年代に入ってきた帰化植物のようです。昨日、無事“GWの旅行”から帰って参りました。原産国なんで当然と
いえば当然なんですが、この“ナガミヒナゲシ”はヨーロッパでも色々なところで咲いておりました。


* awa(Dear to you)さん主催の8na8na-clubの59回目の参加でございます。

ボケ(Chaenomeles speciosa)7

FC2P4050115FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

ボケ(木瓜)は、バラ科ボケ属の中国原産の落葉低木。日本には平安時代に入ってきた帰化植物。瓜の様な実をつける事から、木になる瓜で「木瓜(もけ)」と呼ばれたものが
「ボケ」に転訛したと言う事だそうです。

オニタビラコ(Youngia japonica)4

FC2P4120221FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

オニタビラコ(鬼田平子)は、キク科オニタビラコ属の日本全土に分布する多年草。紛らわしいのですが、この植物の名前の由来となった「コオニタビラコ」が、春の七草の「仏の座」です。

アケビ(Akebia)2

FC2P4120360FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“アケビ(木通)”は、アケビ科アケビ属の本州、四国、九州に分布する落葉性のツル植物。子供の頃、近所の野山でアケビの実をとって食べた事があります。微妙な癖のある甘さで、それ程美味しい物でもなかったんですが、やっぱり、野に生えているものをとって食べると言う行為が楽しかったんでしょうね。

オーニソガラム(Ornithogalum spp)2

FC2P4120374FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“オーニソガラム”はユリ科オーニソガラム属のヨーロッパ、南アフリカ、西アジア原産の球根草。「オオアマナ(大甘菜)」とか「ベツレヘムの星」と言う別名があるそうです。

ムラサキツユクサ(Tradescantia. ohiensis)

FC2P4120397FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ムラサキツユクサ(紫露草)”はツユクサ科ムラサキツユクサ属の北海道、本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。 北米原産の帰化植物で明治の初めに来たものが野
生化しているようです。

リュウキュウアサギマダラ(Ideopsis similis)

FC2P1011224FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

今回も、まだ“むし倶楽部”としてUP出来るような“ムシくん”たちをまだ撮れておりません(T-T*) 引き続き、多摩動物公園の“昆虫生態園”で撮ったものでお茶を濁させてい
ただきます。リュウキュウアサギマダラ(琉球浅葱斑)はチョウ目タテハチョウ科の南西諸島に分布するチョウの一種。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第64回目です。

オオデマリ(Viburnum plicatum Thunb. f. plicatum)

FC2P4120281FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“オオデマリ(大手毬)”は スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。 日本原産の“ヤブデマリ”の園芸品種ようで、“テマリバナ”という別名もあるようです。

ハルジオン(Erigeron philadelphicus)2 with 8na8na-club

FC2P4200235FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro スナップ(snap) 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2014年

今回の“8na8na-club”も、廃自転車?のスポークを柵と見立てての“柵く花”とさせていただきます。“ハルジオン(春紫菀)”はキク科ムカシヨモギ属の日本全国に分布する多
年草。 北米原産の帰化植物で大正の中頃に来たものが野生化しているようです。

* awa(Dear to you)さん主催の8na8na-clubの60回目の参加でございます。

スズメノエンドウ(Vicia hirsuta)1

FC2P4120507FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“スズメノエンドウ(雀野豌豆)”はマメ科ソラマメ属のつる性の本州~九州に分布する越年草。花が“カラスノエンドウ”より小型であることからの命名のようです。なんとも小
さく地味な雑草なんで、写真をUPする人は少ないんじゃないかと思います。

ハナミズキ(Cornus florida)1

FC2P4120323FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(WildFlower) 2014年

“ハナミズキ(花水木)”はミズキ科ミズキ属の北アメリカ原産の落葉高木。別名の“アメリカヤマボウシ”は日本原産のヤマボウシに似ていることから命名です。すこし時期を
逸してしまった感もあるんですが、お蔵入りする前にとりあえずUP しておきます。

ハナミズキ(Cornus florida)2

FC2P4120355FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(WildFlower) 2014年

“ハナミズキ(花水木)”はミズキ科ミズキ属の北アメリカ原産の落葉高木。別名の“アメリカヤマボウシ”は日本原産のヤマボウシに似ていることから命名です。今の日本人
は“ハナミズキ”って言ったら、本当の花自体は知らなくても、“この歌(ハナミズキ)”は思い出しますよね。何度聴いても何かジーンと来るものがありますね。

シロヤマブキ(Rhodotypos scandens)1

FC2P4120557FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“シロヤマブキ(白山吹)”はバラ科シロヤマブキ属の本州の中国地方に分布する落葉低木。名前に“ヤマブキ”が付いていますが、それの白い種ではなく別属とのこと。素人でも見るからに花の雰囲気が違うので種類が異なるのは判りますね。

グレビレアイエロードロップ(Grevillea 'Yellow Drop)

FC2P4200063FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“グレビレアイエロードロップ”はヤマモガシ科ハゴロモノキ属オーストラリアからパプアニューギニアに分布する常緑低木。名前の由来はイギリス王位園芸協会の創始者“チ
ャールズ・グレビル”からのようです。そういえばオーストラリア に行った時、こんな花を見たような記憶があります。

ウケザキクンシラン(Clivia miniata)1

FC2P4200052FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“ウケザキクンシラン(受咲き君子蘭)”はヒガンバナ科クンシラン属の南アフリカ原産の多年草。日本にはヨーロッパを経由して、明治時代に渡来したそうです。この花、路地
裏の若干放置されているような感じの鉢植えでよく見かけます。身近な花なんですが新旧含めブログ初UPです。

カロライナジャスミン(Gelsemium sempervirens)1

FC2P4200058FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“カロライナジャスミン”はゲルセミウム科ゲルセミウム属の北米南部~グアテマラ原産の常緑つる性低木。名前に“ジャスミン”が付いていますが、全く違う種とのこと。全草
に呼吸麻痺や心機能障害などを起こす有毒成分(ゲルセミシンetc)を含んでいるそうです。

ニシキギ(Euonymus alatus)1

FC2P4200137FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ニシキギ(錦木)”はニシキギ科ニシキギ属のの本州~九州に分布する落葉低木。秋になると真っ赤に紅葉するんですが、その見事さから“三大紅葉樹”に数えられている
ようです。

ヤマフジ(Wisteria brachybotrys)1

FC2P4200359FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ヤマフジ(山藤)”はマメ科フジ属の本州西部・四国・九州に分布するつる性落葉木本。意外な事にこのブログでは初UPです。GWのころツーリングに出かけると、山中で見
事に咲いているのをよく見かけますね。

セイヨウミツバチ(Apis mellifera)3

FC2P4120413FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

今回の“むし倶楽部”は、久々(今年3回目)の撮り卸でございます。殆どムシを撮ることが出来ていないんで、梅雨に入る前に山にでも行って来なきゃと思っております。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第65回目です。

ナガミヒナゲシ(Papaver dubium)5 with 8na8na-club

FC2P4200069FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro スナップ(snap) 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2014年

今回の“8na8na-club”も、ちょっと捻った“柵く花”とさせていただきます。“ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)”はケシ科ケシ属の地中海沿岸~中欧原産の一年草。 日本には19
60年代に入ってきた帰化植物のようです。

* awa(Dear to you)さん主催の8na8na-clubの60回目の参加でございます。

+ Read More

タチカタバミ(Oxalis corniculata f. erecta)1

FC2P4120453FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“タチカタバミ(立ち片喰)”は、カタバミ科カタバミ属の本州中南部に分布する多年草。地面を這う普通のカタバミとは違い上に伸びてます。北アメリカ原産の帰化植物で、日本で発見されたのは40~50年前のことだそうです。この固体は少し“アカカタバミ”と交雑しているような気がします。

ムラサキサギゴケ(Mazus miquelii)1

FC2P4200219FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)”は、ゴマノハグサ科サギゴケ属の本州以南の日本各地に分布する多年草。強害雑草の侵入・出芽抑制効果が高いようで、畦畔や農道を管理
するための植物として有望だそうです。

スズラン(Convallaria majalis)1

FC2P4200433FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“スズラン(鈴蘭)”は、スズラン亜科スズラン属の本州中部以北、東北、北海道の高地に分布する多年草。嘔吐、頭痛、眩暈など症状を起こす有毒植物であることは有名ですが、君影草(きみかげそう)や、谷間の姫百合(たにまのひめゆり)なんていう別名がある事は知りませんでした。

クサノオウ(Chelidonium majus)3

FC2P4200413FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“クサノオウ(瘡の王)”は、ケシ科クサノオウ属の北海道~九州にかけて分布する一年草。皮膚病の一種である瘡(クサ)の優れた治療薬であることから「瘡の王」と言う名前
が付いたみたいです。葉っぱをちぎると有毒な「黄色い乳液」を出すことから「草の黄」と言う命名になったと言う説もあるようです。

ナガミヒナゲシ(Papaver dubium)6

FC2P4200220FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)”はケシ科ケシ属の地中海沿岸~中欧原産の一年草。 日本には1960年代に入ってきた帰化植物のようです。

タツナミソウ(Scutellaria indica)1

FC2P4200156FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“タツナミソウ(立浪草)”は、シソ科タツナミソウ属の本州、四国、九州に分布する多年草。同じ方向に並んだ花の姿が打ち寄せる波頭の様に見えることからの命名のようです。

ルッコラ(Rucola、Eruca vesicaria)1

FC2P4200394FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“ルッコラ”は、アブラナ科キバナスズシロ属のヨーロッパ地中海原産の一年草。“キバナスズシロ(黄花蘿蔔)”と言う和名が有ります。おひたし、炒め物、サラダとして独特の
辛み・苦みのある葉を食します。

ルリジサ(Borago officinalis)2

FC2P4200426FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“ルリジサ(瑠璃萵苣)”は、ムラサキ科ポラゴ属の欧州南部、アフリカ北部の地中海沿岸原産の1年草。全草をボラーゴと称し粘滑、解熱、利尿薬として用いるほか、花はハ
ーブティーやお菓子の飾りに、若葉はサラダに使われるようです。「ボリジ」と言う別名もあるようで、こジャレたレストランとかのサラダに、たまに入っていたりしますね。

未同定(unidentified)8

FC2P4200416FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

ちょっと調べてみたのですが、同定できませんでした。アブラナ科の花だと思いますが、花自体の大きさは菜の花と比べかなり小さいです。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archive
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
309位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
126位
Watch Access ranking>>