ミヤマカラマツ(Thalictrum filamentosum var. tenurum)1

FC2P7220391FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ミヤマカラマツ(深山唐松)”は、キンポウゲ科カラマツソウ属の北海道~九州の亜高山帯~高山帯に分布する多年草。@浅間山

ハクサンオミナエシ(Patrinia triloba var. triloba)3

FC2P7220455FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ハクサンオミナエシ(白山女郎花)”は、オミナエシ科オミナエシ属の本州の北陸地方から東北地方の山地に分布する多年草。コキンレイカ(小金鈴花)という別名があるようです。@浅間山

ヤマブキショウマ(Aruncus dioicus var. kamtschaticus)1

FC2P7220458FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ヤマブキショウマ(山吹升麻)”は、バラ科ヤマブキショウマ属の北海道、本州、四国、九州の山地に分布する多年草。@浅間山

ベニイタドリ(Fallopia japonica var. compacta)2

FC2P7220292FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ベニイタドリ(紅虎杖)”はタデ科イタドリ属の北海道西部以南の日本各地に分布する多年草。イタドリの高山型変種で赤い花を付けるものをベニイタドリと呼ぶようで、山野草愛好家の間ではメイゲツソウ(明月草)と呼ばれ親しまれているそうです。@浅間山

ミヤマホツツジ(Cladothamnus bracteatus)1

FC2P7220448FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ミヤマホツツジ(深山穂躑躅)”は、ツツジ科ミヤマホツツジ属の北海道、本州の中部以北の亜高山に分布する落葉小低木。@浅間山

ハクサンフウロ(Geranium yesoemse var. nipponicum)2

FC2P7220329FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ハクサンフウロ(白山風露)”はフウロソウ科フウロソウ属の本州(東北~中部)の亜高山~高山帯に分布する多年草。「アカヌマフウロ」と言う別名があります。石川県の「白山」に産する事からの命名で、「ハクサン~」と言う名の高山植物が沢山あるのは、この山で古くから高山植物の研究が行われていた事からだそうです。@浅間山

ナガコガネグモ(Argiope bruennichi)1

FC2PY000580FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

今回の“むし倶楽部”も引き続き、丹沢山登山中の在庫からの1枚です。“ナガコガネグモ(長黄金蜘蛛)”はクモ目コガネグモ属の北海道から南西諸島に分布するク
モの仲間。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第86回目です。

チョウジコメツツジ(Rhododendron tschonoskii var.tetramerum)1

FC2P7220396FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“チョウジコメツツジ(丁字米躑躅)”は、ツツジ科ツツジ属の本州中部~北部の亜高山~高山に分布する落葉小低木。@浅間山

イモカタバミ(Oxalis articulata DC)3 with 8na8na-club

FC2PY000581FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 「柵く花」 2015年

「柵く花」の在庫が無くなってきたので、いつもの目黒川の緑道まで今年初の花撮りに行ってきました。“イモカタバミ(芋片喰)”は、カタバミ科カタバミ属の南アメリカ原産の多年草。江戸時代末期に観賞用として入り現在は帰化植物となっている。「フシネハナカタバミ(節根花片喰)」という別名もある様です。


* awa(Dear to you)さん主催の8na8na-clubの78回目の参加でございます。

シャジクソウ(Trifolium lupinaster L)1

FC2P7220346FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“シャジクソウ(車軸草)”は、マメ科シャジクソウ属の北海道~本州中以北の山地に分布する多年草。@浅間山

マルバダケブキ(Ligularia dentata)2

FC2P7220452FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“マルバダケブキ(丸葉岳蕗)”は、キク科メタカラコウ属の本州、四国の山地~亜高山帯に分布する多年草。@浅間山

オオバスノキ(Vaccinium smallii var. smallii)1

FC2P7220126FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“オオバスノキ(大葉酢の木)”は、ツツジ科 スノキ属の北海道、本州中部以北の亜高山~高山帯に分布する落葉小低木。@浅間山

シラネニンジン(Tilingia ajanensis)2

FC2P7220076FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“シラネニンジン(白根人参)”は、セリ科シラネニンジン属の北海道、本州中部以北の高山帯に分布する多年草。@浅間山 同定にはあまり自信はありません (^_^;)

ニッコウキスゲ(Hemerocallis middendorffii var. esculenta)4

FC2P7220481FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ニッコウキスゲ(日光黄菅)”は、ユリ科ワスレグサ属の北海道~本州(中部地方以北)の山地~亜高山に分布する多年草。“ゼンテイカ(禅庭花)”と言う別名があり、どちらかと言うとこちらが正式名の様です。“キスゲ”は花が黄色で葉がカサスゲ(笠萓)に似ている事から命名です。@浅間山

シラタマノキ(Gaultheria miqueliana)2

FC2P7220460FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“シラタマノキ(白玉の木)”は、ツツジ科シラタマノキ属の本州(中部以北)の亜高山帯以上に分布する常緑小低木。同属の“アカモノ”の果は赤く、本種は白い果をつけることから“シロモノ”と云う別名があります。@浅間山

キバナノヤマオダマキ(A. buergeriana f. flavescens)5

FC2P7220385FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“キバナノヤマオダマキ(黄花の山苧環)”は、キンポウゲ科オダマキ属の北海道~九州に分布する多年草。「苧環」は紡いだ麻糸を空洞の玉のように巻いたもの。
「オダマキ」の花が内側に曲がって咲き、糸巻きの枠のように見えることから名づけられたそうです。距と萼片の色が紫褐色なのが「ヤマオダマキ(山苧環)」
で、この花は全体が黄色いので「キバナノ~」となりす。@浅間山

タカネアオハバチ(Tenthredo subolivacea)2

FC2P7220021FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

今回の“むし倶楽部”は、浅間山登山中の在庫からの1枚です。“タカネアオハバチ(高嶺青葉蜂)”は、ハバチ科ハバチ属の北海道、本州、四国に分布するハバチの
一種。名前の通り標高が高いところに生息するハチのようですが、何と言ってもこの美しい“緑色”が驚きです。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第87回目です。

ミヤマカラマツ(Thalictrum filamentosum var. tenurum)2

FC2P7220014FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ミヤマカラマツ(深山唐松)”は、キンポウゲ科カラマツソウ属の北海道~九州の亜高山帯~高山帯に分布する多年草。@浅間山

オキザリス・グラブラ (Oxalis .glabra)1with 8na8na-club

FC2PY000564FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 「柵く花」 2015年

今回の“8na8na-club”は家の近所での撮り卸です。寒さの中、健気に咲いている姿が愛おしいです。“オキザリス・グラブラ”は、カタバミ科カタバミ属の南アフ
リカ原産の多年草。

* awa(Dear to you)さん主催の8na8na-clubの79回目の参加でございます。

ハクサンオミナエシ(Patrinia triloba var. triloba)4

FC2P7220048FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ハクサンオミナエシ(白山女郎花)”は、オミナエシ科オミナエシ属の本州の北陸地方から東北地方の山地に分布する多年草。コキンレイカ(小金鈴花)という別名があるようです。@浅間山

ウスユキソウ(Leontopodium japonicum)3

FC2P7220409FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ウスユキソウ(薄雪草)”は、キク科ウスユキソウ属の北海道~九州の低山帯~亜高山帯に分布する多年草。ヨーロッパで“エーデルワイス”と呼ばれているのがこの種の仲間です。@浅間山

マルバダケブキ(Ligularia dentata)3

FC2P7220318FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“マルバダケブキ(丸葉岳蕗)”は、キク科メタカラコウ属の本州、四国の山地~亜高山帯に分布する多年草。@浅間山

ヤマブキショウマ(Aruncus dioicus var. kamtschaticus)2

FC2P7220031FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ヤマブキショウマ(山吹升麻)”は、バラ科ヤマブキショウマ属の北海道、本州、四国、九州の山地に分布する多年草。@浅間山

マイヅルソウ(Maianthemum dilatatum)1

FC2P7160380FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“マイヅルソウ(舞鶴草)”は、スズラン亜科マイヅルソウ属の北海道~九州の山地帯上部~亜高山帯に分布する多年草。葉の模様が舞う鶴に見えることから、舞鶴草という名がついたようです。@蓼科山

ウツボグサ(Prunella vulgaris subsp. asiatica)4

FC2P7160612FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ウツボグサ(靫草)”は、シソ科ウツボグサ属の日本全土に分布する多年草。円筒形の花穂が弓矢を入れる「靫(うつぼ)」に似ていることからの命名のようです。花穂は夏枯草(カゴソウ)という利尿、消炎作用がある生薬となり、腫物、浮腫、腎臓炎、膀胱炎などに用いられるとのことです。@蓼科山

ツマトリソウ(Trientalis europaea)2

FC2P7160487FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ツマトリソウ(褄取草)”は、サクラソウ科ツマトリソウ属の北海道、本州、四国の亜高山に分布する多年草。花冠の先端が淡い赤で縁取られることからツマトリ
ソウと名付けられた様ですが、そういった個体にはまだ出合えておりません。@蓼科山

PANASONIC LUMIX DMC-GM5

FC2PW000334FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 2015年

数日前なんですが、久しぶりに“Panasonic”のカメラを購入してしまいました。“DMC-GF1”以来なので約6年ぶりです。購入動機はなんといっても“小ささ(軽さ)”
です。写真を撮る者にとって重要なことの一つとしてシャッターチャンスを逃さないことが挙げられると思うのですが、この機種だと本当にストレスなく普段
の持ち歩きが出来るんですよね。

モミジイチゴ(Rubus palmatus var. coptophyllus)1

FC2P7160412FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“モミジイチゴ(紅葉苺)”は、バラ科キイチゴ属の本州中部地方~北海道南部の山地に分布する落葉小低木。花後の黄色い実は子供の頃よく近所で採って食べてお
りました。@蓼科山

ニッコウキスゲ(Hemerocallis middendorffii var. esculenta)5

FC2P7160636FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ニッコウキスゲ(日光黄菅)”は、ユリ科ワスレグサ属の北海道~本州(中部地方以北)の山地~亜高山に分布する多年草。“ゼンテイカ(禅庭花)”と言う別名があり、どちらかと言うとこちらが正式名の様です。“キスゲ”は花が黄色で葉がカサスゲ(笠萓)に似ている事から命名です。@霧ヶ峰

シロバナノヘビイチゴ(Fragaria nipponica)1

FC2P7160373FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“シロバナノヘビイチゴ(白花の蛇苺)”は、バラ科オランダイチゴ属の本州の宮城県から中部地方、および屋久島の山地~亜高山に分布する多年草。“オランダイ
チゴ属”なので、普段食用にするのと同じ様なイチゴ(小型)が生ります。@蓼科山
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archive
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
517位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
185位
Watch Access ranking>>