ツマトリソウ(Trientalis europaea)4

FC2PW003709FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ツマトリソウ(褄取草)”は、サクラソウ科ツマトリソウ属の北海道、本州、四国の亜高山に分布する多年草。花冠の先端が淡い赤で縁取られることからツマトリソウと名付けられた様ですが、そういった個体にはまだ出合えておりません。@安達太良山

イワカガミ(Schizocodon soldanelloides)5

FC2PW003689FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“イワカガミ(岩鏡)”は、イワウメ科イワカガミ属の九州~北海道の高山帯から亜高山帯に分布する多年草。岩場に生え、鏡の様に光沢のある葉である事からの命名だそうです。 @安達太良山

ギンリョウソウ(Monotropastrum humile)2

FC2PW003743FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ギンリョウソウ(銀竜草)”は、シャクジョウソウ亜科ギンリョウソウ属の日本全土の山地に分布する多年草。腐生植物としてはもっとも有名なものの一つで、ユウレイタケという別名があります。@安達太良山

ショウジョウバカマ(Heloniopsis orientalis)4

FC2PW003694FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ショウジョウバカマ(猩々袴)”は、ユリ科ショウ ジョウバカマ属の北海道~九州のやや湿った場所に分布する多年草。赤い花を“猩々(中国の伝説上の動物)”になぞらえ、根生葉の重なりが“袴”に似ていることからの命名のようです。@安達太良山

サラサドウダン(Enkianthus campanulatus)2

FC2PW003723FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“サラサドウダン(更紗灯台)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道西南部、本州の兵庫県以東、四国の徳島県に分布する落葉低木。子供の頃、実家の庭に植えられていたので懐かしい花です。“フウリンツツジ(風鈴躑躅)”という別名があるようですが、そちらは聞いたことがありませんでした。 @安達太良山

シロバナイワカガミ(Scizocodon soldanelloides f. leucantha)1

FC2PW003802FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“シロバナイワカガミ(白花岩鏡)”は、イワウメ科イワカガミ属の九州~北海道の高山帯から亜高山帯に分布する多年草。“岩鏡”は岩場に生え、鏡の様に光沢のある葉である事からの命名だそうです。これは白花タイプで初めて出会う事が出来ました。 @那須山

ガクウラジロヨウラク(Menziesia multiflora var. longicalyx)3

FC2PW003753FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞)”は、ツツジ科ヨウラクツツジ属の北海道~本州中部地方以北の山地~亜高山帯に分布する落葉低木。花が仏像の装身具(瓔珞・ようらく)に似ていて、葉の裏が白いことからの命名のようです。* 花弁がクリーム色、蘂が緑の“珍しい花”だなと思っていたのがこの花の蕾でした。 @那須山

クロマメノキ(Vaccinium uliginosum)1

FC2PW003758FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“クロマメノキ(臼の木)”は、ツツジ科スノキ属の北海道、本州の中部地方以北の亜高山帯から高山帯に分布する落葉低木。果実は黒紫色に熟し食用になるようです。 @那須山

ベニサラサドウダン(Enkianthus campanulatus var. rubicundus)1

FC2PW003814FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ベニサラサドウダン(紅更紗灯台)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道から本州の中国地方に分布する落葉低木。名前の通り以前UPした“サラサドウダン”より紅の濃さが違いますね。 @那須山

ミヤマツボスミレ(Viola verecunda A.Gray var.fibrilosa)3

FC2PW003824FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマツボスミレ(深山坪菫)”は、スミレ科スミレ属の本州の中部以北~北海道の亜高山~高山に分布する多年草。良くみられる“ツボスミレ(Viola verecunda A.Gray)”の高山型です。@磐梯山

タニギキョウ(Peracarpa carnosa var. circaeoides)1

FC2PW003816FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“タニギキョウ(谷桔梗)”は、キキョウ科タニギキョウ属の北海道・本州・四国・九州に分布する多年草。これは初めて出合った植物なんですが、あまり上手く撮れていないのでリベンジしたいと思っております。 @那須山

ガクウラジロヨウラク(Menziesia multiflora var. longicalyx)4

FC2PW003806FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞)”は、ツツジ科ヨウラクツツジ属の北海道~本州中部地方以北の山地~亜高山帯に分布する落葉低木。花が仏像の装身具(瓔珞・ようらく)に似ていて、葉の裏が白いことからの命名のようです。* 花弁がクリーム色、蘂が緑の“珍しい花”だなと思っていたのがこの花の蕾でした。 @那須山

オンタデ(Aconogonon weyrichii var. alpinum)1

FC2PW003809FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“オンタデ(御蓼)”は、タデ科オンタデ属の北海道の大雪山と本州中部以北の亜高山帯から高山帯に分布する多年草。木曾の御嶽山で最初に発見されたことからこの名がついたそうです。 @那須山

ガクウラジロヨウラク(Menziesia multiflora var. longicalyx)4

FC2PW003757FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞)”は、ツツジ科ヨウラクツツジ属の北海道~本州中部地方以北の山地~亜高山帯に分布する落葉低木。花が仏像の装身具(瓔珞・ようらく)に似ていて、葉の裏が白いことからの命名のようです。* 花弁がクリーム色、蘂が緑の“珍しい花”だなと思っていたのがこの花の蕾でした。 @那須山

ヒグラシ(Tanna japonensis)1

FC2PW003779FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2015年

これは“那須山”を登山中に遭遇いたしました。“カナカナカナ”と表現される鳴き声なんですが、実際はこんな感じです。 “ヒグラシ(日暮)”は、セミ科ヒグラシ属の北海道南部から奄美大島に分布するセミの一種。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第115回目です。

ベニサラサドウダン(Enkianthus campanulatus var. rubicundus)2

FC2PW003815FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ベニサラサドウダン(紅更紗灯台)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道から本州の中国地方に分布する落葉低木。名前の通り以前UPした“サラサドウダン”より紅の濃さが違いますね。 @那須山

ヒメツルソバ(Polygonum capitatum)3 with 8na8na-club

FC2PY005689FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 「柵く花」 2015年

今回の“8na8na-club”は、家の近所でパチリしてきた撮りおろしです。あまり良いのはないのですが、少し在庫が出来たので目的だけは達成いたしました(w) “ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)”はタデ科イヌダテ属のヒマラヤ原産の多年草。明治時代にグラウンドカバー用に導入された植物で、旺盛な繁殖力から半ば野生化しているものもあるようです。


* awa(photo×photo=365)さん主催の8na8na-clubの107回目の参加でございます。

タマガワホトトギス(Tricyrtis latifolia)1

FC2PW004112FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“タマガワホトトギス(玉川杜鵑草)”はユリ科ホトトギス属の本州、四国、九州に分布する多年草。“ホトトギス”は白地に紫の斑点が“ホトトギス(鳥)”の胸~腹の横縞模様に似ているからの命名で、“タマガワ”はヤマブキの名所“京都の玉川”からの命名のようす。@白山

ウバユリ(Cardiocrinum cordatum)1

FC2PW004095FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ウバユリ(姥百合)”は、ユリ科ウバユリ属の関東地方以西から四国・九州に分布する多年草。花が満開になる頃には葉が枯れ無くなることから“歯(葉)のない「姥」”にたとえて名づけられたそうです。@白山

ソバナ(Adenophora remotiflora)2

FC2PW004100FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ソバナ(岨菜)”は、キキョウ科ツリガネニンジン属の本州、四国、九州に分布する多年草。若芽は山菜として食用になるようです。「ソバナ」の「岨」はあまり見たことの無い漢字ですが、「山の切り立ったけわしい所。がけ、絶壁など」と言う意味だそうです。きっとそう言う所によく生えているからの命名なんでしょうね。@白山

ミヤマオトギリ (Hypericum kamtschaticum var. senanense)1

FC2PW004125FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマオトギリ (深山弟切)”は、オトギリソウ科オトギリソウ属の本州中部地方の亜高山~高山帯に分布する多年草。オトギリソウの高山型のようです。@白山

ヤマアジサイ(Hydrangea serrata)2

FC2PW004103FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤマアジサイ(山紫陽花)”は、アジサイ科アジサイ属の本州(関東以西)、四国、九州の山地に分布する落葉低木。@白山

ヤマブキショウマ(Aruncus dioicus var. kamtschaticus)3

FC2PW004104FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤマブキショウマ(山吹升麻)”は、バラ科ヤマブキショウマ属の北海道、本州、四国、九州の山地に分布する多年草。@白山

ミヤママタタビ (Actinidia kolomikta)1

FC2PW004130FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ミヤママタタビ (深山木天蓼)”は、マタタビ科マタタビ属の北海道、本州中部以北に分布する落葉つる性木本。山で採って来たマタタビを公園のネコで試したことがあるんですが、ビックリするほど効くんで笑っちゃいました。@白山

ミヤマコウゾリナ(Hieracium japonicum)1

FC2PW004127FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマコウゾリナ(深山剃刀菜・髪剃菜)”は、キク科コウゾリナ属の本州の中部地方以北と四国に分布する多年草。葉や茎に「カミソリ(剃刀)」のように手が切れそうな剛毛が生えている事からの命名の様です。



シラネニンジン(Tilingia ajanensis)3

FC2PW004121FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“シラネニンジン(白根人参)”は、セリ科シラネニンジン属の北海道、本州中部以北の高山帯に分布する多年草。@白山

クロユリ(Fritillaria camtschatcensis)1 雑草倶楽部

FC2PW004191FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

今月の“雑草倶楽部”は7月に“白山”に登った時に撮った“高山植物”からで、お気に入りの1枚をUPさせていただきます。“クロユリ(黒百合)”は、ユリ科バイモ属の中部地方以北・北海道の高山帯に分布する多年草。@白山

ノビネチドリ(Gymnadenia camtschatica)1

FC2PW004133FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ノビネチドリ(延根千鳥)”は、ラン科テガタチドリ属の北海道、本州中部以北、四国、九州に分布する多年草。@白山

ヴィオラ(Viola)3

FC2PY005694FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 「柵く花」 2015年

今回の“8na8na-club”は、家の近所でパチリしてきた撮りおろしです。あまり良いのはないのですが、少し在庫が出来たので目的だけは達成いたしました(w) “ヴィオラ(Viola)”は、スミレ科スミレ属の一年草。園芸上、パンジーの小輪多花性種を“ヴィオラ(Viola)”と呼んでいる。ヨーロッパ原産の“サンシキスミレ(V.tricolor)”が原種のようですね。


* awa(photo×photo=365)さん主催の8na8na-clubの108回目の参加でございます。

ショウジョウバカマ(Heloniopsis orientalis)5

FC2PW004285FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ショウジョウバカマ(猩々袴)”は、ユリ科ショウ ジョウバカマ属の北海道~九州のやや湿った場所に分布する多年草。赤い花を“猩々(中国の伝説上の動物)”になぞらえ、根生葉の重なりが“袴”に似ていることからの命名のようです。@白山
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archive
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
530位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
194位
Watch Access ranking>>