ドクダミ(Harmonia axyridis)5

FC2P6030106FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“ドクダミ(蕺草)”はドクダミ科ドクダミ属の本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。日かげなどに生育し、臭気があるのが特徴で、民間薬の「十薬」として腫れ物、皮膚病などに利用されています。白く花びらの様に見えるのは“総苞片(そうほうへん)”で葉っぱの一種です。“ギョセイソウ(魚腥草)”“ドクダメ(毒溜め)」と言う別名も有るようです。(今回は八重咲のUPです)

キキョウソウ(Specularia perfoliata)3

FC2P6030155FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“キキョウソウ(桔梗草)”は、キキョウ科キキョウソウ属の北アメリカ原産の一年草。日本では帰化植物となっており、都心でも良く見かけることが出来ます。「ダンダンギキョ
ウ」と言う別名もあるようです。

シンジュボシマンネングサ(Sedum pallidum var. bithynicum)1

FC2P6030109FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“シンジュボシマンネングサ(真珠星万年草)”は、ベンケイソウ科マンネングサ属のヨーロッパ原産の多年草。日本では帰化植物となってうようですが、普通の黄色い“マンネングサ”ほどは見かけませんね。

ガザニア(Gazania)3

FC2P6030195FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“ガザニア”は、キク科クンショウギク(ガザニア)属の南アフリカ原産の多年草。花の形状が勲章に似ている事から「勲章菊」と言う和名が有るようです。

トケイソウ(Passion flower)1

FC2P6030169FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“トケイソウ(時計草)”は、トケイソウ科トケイソウ属の中央アメリカ、南アメリカの熱帯・亜熱帯域原産のつる植物。和名は3つに分裂した雌しべが時計の長針、短針、秒針の
ように見えることからの命名です。

ナツアカネ(Sympetrum darwinianum)2

FC2P6190589FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

“ナツアカネ(夏茜)”は、トンボ科アカネ属の北海道・本州・四国・九州に分布するトンボの一種。以前UPさせていただいた“ショウジョウトンボ”や“リスアカネ”etcの所謂
“赤トンボ”と呼ばれる仲間の一つです。

ササグモ(Oxyopes sertatus Latrelle)1

FC2P6190605FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

“ササグモ(笹蜘蛛)”は、ササグモ科ササグモ属の北海道を除く日本全土に分布するクモの一種。網を張らない種類で、歩き回って餌を獲るようです。花の蜜を吸いに来る虫を狙っているのだと思います。

セイヨウミツバチ(Apis mellifera)7

FC2P6190247FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

ここの所、山に行ったりしているので“色々なムシ”も撮れて来ています♪ ・・・・・・・・・・すぐにUPしたいのですが、折角撮ったのがもったいないので、今回の“むし倶楽部”も
在庫で失礼させて頂きます。“セイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)”はミツバチ科ミツバチ属のヨーロッパ、アフリカ、中東、アジア原産のミツバチの一種。気性が穏やかで、大量の蜂
蜜を集めるヨーロッパ原産の種が世界中の養蜂家によって飼育されているようです。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第72回目です。

ヤブカンゾウ(Hemerocallis fulva var. kwanso)1with 8na8na-club

FC2P7060248FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro スナップ(snap) 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2014年

“ヤブカンゾウ(薮萓草)”は、ユリ科ワスレグサ属の北本州以南に分布する多年草。若葉はおひたし等にして、花は揚げ物、煮物、おひたし等にして食べる事が出来、蕾は乾燥させて保存食(金針菜)とすることが出来るようです。

キュウリ(Cucumis sativus L.)1with 8na8na-club

FC2P7060404FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro スナップ(snap) 花(Flower) 「柵く花」 2014年

今回の“8na8na-club”は、中目黒の公園で見つけた“キュウリ”をUPさせていただきます。なるべくカメラは持って歩く主義なんですが、それが功を奏しこんな面白いシーンを収めることが出来ました。“キュウリ(胡瓜)”は、ウリ科キュウリ属のインド北部、ヒマラヤ山麓原産のつる性一年草。古くから(紀元前4000年前のメソポタミア)食用の野菜として栽培されていて、日本には平安時代に入ってきたようです。

* awa(Dear to you)さん主催の8na8na-clubの65回目の参加でございます。

ネジバナ(Spiranthes sinensis var. amoena)1

FC2P6190419FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ネジバナ(捩花)”は、ラン科ネジバナ属の日本全土に分布する多年草。螺旋状にねじれた花序をつけるのが特徴で、左巻き、右巻きの両方があるようです。お馴染みの花
なんですが、意外な事に、このブログでは初登場でした。

ムラサキカタバミ(Oxalis corymbosa DC)5

FC2P6190365 (2)FC2
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“ムラサキカタバミ(紫片喰)”はカタバミ科カタバミ属の南アメリカ原産の多年草。「キキョウカタバミ(桔梗片喰)」という別名もあり、現在は帰化植物となっているようです。

スズメ(Passer montanus)1

FC2P7060313FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 鳥(bird) 2014年

“スズメ”は本当によく見かける身近な鳥なんですが、すばしっこくて、なかなか絵になる写真を撮らせてくれませんね。たまたま、花とコラボのチャンスを捉えたのでUPさせて
いただきます。“スズメ(雀)”は、スズメ科スズメ属のポルトガル~日本までのユーラシア大陸の広い範囲に分布する小鳥の一種。

ギボウシ(Hosta)1

FC2P6190357FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ギボウシ(擬宝珠)”は、クサスギカズラ科ギボウシ属の日本全土に自生する多年草。 植物のつぼみや、包葉に包まれた若い花序が擬宝珠に似ることからの命名のようです。
街でも山でも良く見かけるこの花なんですが、原産は日本で江戸時代にシーボルトがヨーロッパに持ち帰り世界に拡がって行ったようです。

ヒメイワダレソウ(hyla canescens Greene)1

FC2P6190235FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)”は、クマツヅラ科イワダレソウ属の東南アジア~南米にかけての亜熱帯に分布する常緑多年草。地表を這い、日照時間が3時間程度でも成長
することから、グランドカバーとして人気があるようです。

クマバチ(Xylocopa)2

FC2P6190369FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

“クマバチ(熊蜂)”は、ミツバチ科クマバチ属の北海道から九州に分布するハチの一種。羽音が怖いのですが温厚な性格なんだそうです。

ヤノトガリハナバチ(Coelioxys yanonis Matsumura)1

FC2P6190274FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

“ヤノトガリハナバチ(矢野尖花蜂)”は、ハキリバチ科トガリハナバチ属の本州、九州に分布するハチの一種。ここでは、一応“ヤノトガリハナバチ”とさせていただきますが、正直、
同定には自信がありません。

キオビツヤハナバチ(Ceratina flavipes Smith)1

FC2P1010229FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2014年

“キオビツヤハナバチ(黄帯艶花蜂)”は、コシブトハナバチ科クマバチ亜科の北海道・本州・四国・九州に分布するハチの一種。ここでは、一応“キオビツヤハナバチ”とさせて
いただきますが、正直、同定には自信がありません。

ガカイモ(Metaplexis japonica)1

FC2P8070134FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ガカイモ(蘿藦、鏡芋)”は、ガガイモ科ガガイモ属の九州以北に自生するつる性多年草。

ヒメチシマクモマグサ(Saxifraga merkii)1

FC2P8090320FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ヒメチシマクモマグサ(千島雲間草)”は、ユキノシタ科 ユキノシタ属の北海道の高山帯に自生する多年草。本州のクモマグサの北方系の種で、雲がかかるような高山に咲くことからの命名のようです。@大雪山

ミヤマリンドウ(Gentiana nipponica)1

FC2P8090273FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ミヤマリンドウ(深山竜胆)”は、リンドウ科リンドウ属の北海道、本州の中部以北の高山帯に自生する多年草。@大雪山

アオノツガザクラ(Phyllodoce aleutica)1

FC2P8090171FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“アオノツガザクラ(青の栂桜)”は、ツツジ科ツガザクラ属の北海道から本州中部地方以北の高山帯に自生する常緑小低木。@大雪山

イワブクロ(Pennellianthus frutescens)1

FC2P8090336FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“イワブクロ(岩袋)”は、ゴマノハグサ科イワブクロ属の北海道から東北地方の高山帯に自生する多年草。@大雪山

エゾノツガザクラ(Phyllodoce caerulea)1

FC2P8090197FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)”は、ツツジ科ツガザクラ属の北海道~東北地方以北の高山帯に自生する常緑小低木。@大雪山

コウメバチソウ(Parnassia palustris var. tenuis)1

FC2P8090514FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“コウメバチソウ(小梅鉢草)”は、ウメバチソウ科イウメバチソウ属の北海道から中部地方以北の高山帯に自生する多年草。@大雪山

キバナシャクナゲ(Rhododendron aureum)1

FC2P8090444FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“キバナシャクナゲ(黄花石楠花)”は、ツツジ属シャクナゲ亜属の北海道から中部地方の高山帯に自生する低木。@大雪山

エゾコザクラ(Primula cuneifolia)1

FC2P8090185FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“エゾコザクラ(蝦夷小桜)”は、サクラソウ科サクラソウ属の北海道の高山帯に自生する多年草。本州でみられる“ハクサンコザクラノ”の母種にあたるそうです。@大雪山

ジムカデ(Harrimanella stelleriana)1

FC2P8090179FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“ジムカデ(地百足)”は、ツツジ科ジムカデ属の本州中部~北海道の高山帯に自生する常緑低木。幅1ミリの針状の葉が枝に密生している姿がムカデに似ていることから命名のようです。@大雪山

イワギキョウ(Campanula lasiocarpa)2

FC2P8090418FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“イワギキョウ(岩桔梗)”はキキョウ科ホタルブクロ属の北海道~中部地方の高山に分布する多年草。@大雪山

イワウメ(Diapensia lapponica L. var. obovata)1

FC2P8090446FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“イワウメ(岩梅)”はイワウメ科イワウメ属の北海道~中部地方の高山に分布する常緑低木。@大雪山
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archive
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
252位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
100位
Watch Access ranking>>