美ヶ原(Utsukushigahara)7

FC2P7160287FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 長野(Nagano) ツーリング(Touring) 2012年

美ヶ原牧場の背景にそびえる鉄塔たちは長野県のTV・ラジオ・NTTなどのアンテナです。
ここは長野県のほぼ中央に位置し、県内の広範囲を見渡す事ができる場所なので建てられているようです。

美ヶ原(Utsukushigahara)8 by空倶楽部

FC2P7160292FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 長野(Nagano) ツーリング(Touring) 2012年

ここ美ヶ原高原では天気が良かったし、適度に雲が散らばっていたのでステキな空写真が何枚か撮れて、どれを空倶楽部用にしようか迷ってしまいました(w)
とりあえず、空しか写っていないのがシンプルでいいかなと思い、こいつをチョイスしてみました♪

美ヶ原(Utsukushigahara)9

FC2P7160327FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 長野(Nagano) ツーリング(Touring) 2012年

引き続き美ヶ原の様子です。手前は「美しの塔」と呼ばれるもので、1954年に霧鐘塔(霧で悪視界時に登山者のために鳴らす鐘の塔)として建てられたそうです。
今ではビーナスラインで気軽に行ける場所となっていますが、それまでは“登山する山”だったようです。確かに標高2000m以上といえば立派な高山ですよね!!

美ヶ原(Utsukushigahara)10

FC2P7160298FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 長野(Nagano) ツーリング(Touring) 2012年

これは美ヶ原の散策路からの南側の風景です。日差しはかなりきつかったですが、標高が2000mくらいあるので、そよ吹く高原の風が癒しを与えてくれました。

美ヶ原(Utsukushigahara)9

FC2P7160319FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 長野(Nagano) ツーリング(Touring) 2012年

ここ美ヶ原は平安時代より放牧地として利用されていて、1909年に「美ヶ原牧場」が開かれ、本格的な牧場として利用が始まったそうです。
このブログに、ほぼ同じところから撮った7年前の恥ずかしい写真がUPされています。腕はともかく機材がかなりグレードアップされているのは間違いないですね(w)

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)1

FC2P9040614FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

休みが取れたので“富士山登山”に挑戦して来ました。数年前から、登った人達からよく“すごく良かったよ”という感想を聞き、ずっと気になっていたんですよね。
登るにあたって、少し調べてみたのですが、登頂ルートは4つあるようで、今回はその中から一番人気がある? 富士吉田ルートというのをチョイスしてみました。

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)2

FC2P9040640FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

富士吉田ルートは、富士スバルラインで五合目(標高2,305m)まで上がり、そこから約1500m登ります。高山病が心配だったので山小屋泊の行程に致しました。

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)3

FC2P9040646FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

富士山は標高があるので、あまり花の撮影とかは期待していなかったのですが、何種類か撮ることができました。これは七合目の山小屋で撮ったヤナギランです。

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)4

FC2P9040665FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

スタートの五合目から約2時間ほど登り七合目トモエ館までやって来ました。ここで標高2800m位なんですが、今のところ高山病は大丈夫みたいです。少し休憩し、
本日泊まる標高3400mにある本八合目 富士山ホテルを目指します。単調に溶岩の道を黙々と登るのですが・・・・・・・・・

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)5

FC2P9040667FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

登るたびに少しづつ変化してゆく、眼下に拡がる広大な風景が、疲れた心身をリフレッシュしてくれます♪ (見えているのは山中湖で、左は忍野・富士吉田市ですね)

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)6

FC2P9040731FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

1時30分頃、五合目を出発し、ゆっくり登って5時30分頃、富士山ホテルに到着です。これは6時からの食事の様子で、食事のチープさに外人さんが不満そうでした。

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)7

FC2P9040746FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5+LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 夜景(NightView) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

食事を取った後は特にする事も無いので、眠たくなるまで何回か外に出て、眼下の夜景撮影をチャレンジしてみました。手前が忍野・富士吉田で、奥の街明かりが
都留あたりだと思います。ちなみに中央の雲が光っているのは雷です。

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)8

FC2P9040757FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5+LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 夜景(NightView) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

少し時間を置くと、同じアングルでもかなり違う写真が撮れますね。灯で山中湖の輪郭が良く判るし、杓子山?にかかる雲が月明かりに浮かび上がりカッコいいです!!

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)9 by空倶楽部

FC2P9040753FC2_20120909001302.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 夜景(NightView) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

・・・・・・・・・・・・・・という事で、今回の空倶楽部は、課題の“映り込み写真”も撮れていないので、富士山八合目からの夜景でお茶を濁させていただきます m(_ _)m
この後、2:30AM頃まで寝て、3;00AMに山小屋を発ち頂上を目指します。次は頂上からの“ご来光”写真とかをUPいたしますので、宜しかったらお楽しみに。

アキノキリンソウ(Solidago virgaurea var. asiatica)1

FC2P9040687FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 野の花(WildFlower) 2012年


“アキノキリンソウ(秋の麒麟草)”は、キク科アキノキリンソウ属の日本全土に分布する多年草。名前の由来は、花がベンケイソウ科のキリンソウに似ていて、秋に咲く事からの命名だそうです。若葉は食用となり、水にさらした後和え物やおひたしにすることが出来るようです。@富士山麓

ヤマトリカブト(Aconitum japonicum)1

FC2P9040618FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 野の花(WildFlower) 2012年

“ヤマトリカブト(山鳥兜)”はキンポウゲ科トリカブト属の本州(関東,中部)に分布する多年草。花が古来の衣装である鳥兜・烏帽子に似ていることからの命名です。猛毒の「アルカロイド」が含まれている有毒植物として有名なんですが、花粉や蜜にまで毒があるとは知りませんでした。@富士山麓

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)10

FC2P9050770FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 夜景(NightView) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

予定通り、3;00AMに富士山八合目の山小屋(富士山ホテル)を出発し頂上を目指します。外に出てみると“人・人・人”で、もの凄いことになっています。
下の山小屋からの人と、日帰りご来光登山者で渋滞が出来ていました。暗闇に浮かぶ光の列は、頂上まで続く登山者のヘッドライトです。

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)11

FC2P9050780FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 朝日/夕日(Sunrise/Sunset) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

大渋滞のなか、止まっては登り、登っては止まりを繰り返しているうちに、なんとか富士山の頂上へたどり着きました。途中、強風が吹き、温度が低下している中、
だんだん高度を上げて行くにつれ、懸念していた、頭痛・吐き気・だるさの高山病の症状が出始めました。(クスコで痛い目にあっているんで辛さが甦るんですよね)
いい写真を撮ろうと頑張っているんですが、寒さと高山病でなかなか気合が入りません(T-T*)

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)12

FC2P9050773FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 朝日/夕日(Sunrise/Sunset) 富士山(Mt.Fuji) 山頂(Summit) ツーリング(Touring) 2012年

苦労し登ってきた皆さん、強風が吹きすさぶ山頂でそれぞれの想いを胸に、3776mからの“ご来光”のその時を、東の空を見つめながら静かに待ち続けます。

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)13

FC2P9050809FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 朝日/夕日(Sunrise/Sunset) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

軽い高山病で体調が悪く、吹きすさぶ風で寒い、かなり辛い状態で待つ事十数分・・・・・・・・・・、 とうとう“ご来光”のその時がやってまいりました。
歓声をあげる人、手を合わせ拝む人、シャッターを切る人、それぞれの“ご来光”です。
このあと予定では“お鉢回り”をするつもりだったのですが、本当に高山病が辛かったのですぐ下山と致しました(T-T*)

富士山登山(Mt.Fujimountaineering)14

FC2P9050814FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 朝日/夕日(Sunrise/Sunset) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

これは下山途中に撮った、少し西側の河口湖方面の眺望です。高度を下げるにつけ、だんだん身体が楽になってゆきます。

富士山登山(Mt.Fuji mountaineering)15

FC2P9050827FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

大分、下ってまいりました。夜明けの神々しさが、いつの間にか朝の爽やかな雰囲気に変わっております。高山病はよくなりましたが、膝が痛くなってきました (T-T*)

富士山登山(Mt.Fuji mountaineering)16

FC2P9050859FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 日本(Japan) 山梨(Yamanashi) 富士山(Mt.Fuji) ツーリング(Touring) 2012年

・・・・・・・・・・・・・・という事で、痛い膝をいたわりつつ、途中、花の写真を撮ったり、眼下の眺望を楽しんだりしながら、無事スタート地点の五合目に戻って来ました。
高山病と膝痛はありましたが、ご来光の美しさと、日本最高峰を制覇した達成感は何ものにも変えがたいですね。違うルートでの再チャレンジ、あるかもしれません♪

ベニイタドリ(Fallopia japonica var. compacta)1

FC2P9040683FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2012年

“ベニイタドリ(紅虎杖)”は、タデ科イタドリ属の北海道西部以南の日本各地に分布する多年草。イタドリの高山型変種で赤い花を付けるものをベニイタドリと呼ぶようで、山野草愛好家の間ではメイゲツソウ(明月草)と呼ばれ親しまれているそうです。@富士山麓

ヤマホタルブクロ(Campanula punctata Lam. var. hondoensis)1

FC2P9050835FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 野の花(WildFlower) 2012年


「ヤマホタルブクロ(山蛍袋)」はキキョウ科ホタルブクロ属の本州の近畿地方以北~東北地方南部の山地~深山に自生する多年草。ホタルブクロの変種で、ほとんど外見は変わりませんが、萼片の間が盛り上がっていることで見分けがつくようです。@富士山麓

ムラサキモメンヅル(Astragalus adsurgens)

FC2P9050837FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 野の花(WildFlower) 2012年

「ムラサキモメンヅル(紫木綿蔓)」はマメ科ゲンゲ属の北海道~本州(中部地方)の低山帯から高山帯の砂礫地に自生する多年草。
花色がムラサキで、根茎が木綿のようで、茎がツル状である事からという、見たまんまの命名のようです。@富士山麓

マウリッツハイス美術館展(Masterpieces from the Royal Picture Gallery Mauritshuis)

FC2P9120448FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) 2012年

前売券は買っていましたが、なんだかんだで行けたのがつい先日でした。ミーハーと思われるかもしれないんですが、この“真珠の耳飾りの少女”大好きなんです♪本当に
大好きな絵なんで、ずっと前から、真面目にこの絵を見るためにオランダまで行こうと思っていたんですよ!! 今年になってこの絵が来日するという事を知り、嬉しすぎて、
正直テンションが、かなり上がっていたんですよね・・・・・・・・・・・

夏休みは混んでいそうだったので、9月を狙って行ったのですが、当日、人・人・人で凄い事になってました(この前の富士山とおんなじ)、長蛇の列に並びつつ、人の多さに
呆れると共に、まだまだ“日本は平和で余裕があるんだな” なんて妙な所で感心しておりました(w) お目当てのこの絵以外にも、レンブラント、ヤン・ステーン、
ヤン・ブリューゲル(父)etc、素晴らしい絵が盛りだくさんで、ゆっくり見たかったのですが、残念ながらそんな雰囲気じゃありませんでした(T-T*)

・・・・・・・・・・と云いつつも、この“真珠の耳飾りの少女”だけはじっくり見て来ましたよ。だって離れようと思っても凄いオーラで、離れさせてくれないんですよ(w)

トモエシオガマ(Pedicularis resupinata var. caespitosa)1

FC2P9040675FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2012年

“トモエシオガマ(巴塩釜)”は、ゴマノハグサ科シオガマギク属の本州の亜高山~高山帯に分布する多年草。シオガマギクの一種で、上から見ると花が巴形に付いている事からの命名です。@富士山麓

ケイトウ&コアオハナムグリ(Celosia argentea&Oxycetonia jucunda)byむし倶楽部

FC2P9120412FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 花(Flower) 昆虫(Insects) 2012年

ケイトウ(鶏頭)は鮮やか過ぎて、上手く写すのがけっこう難しいですね。珍しく“LumixGxVARIO12-35mm/F2.8”で撮ったのをUPしてみます。@代々木公園

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第7回目です。

渋谷(Shibuya)38

FC2P9120438FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) グラフィティ(graffiti) 2012年

これも“グラフィティ”の一種なんでしょうか? 最近この手の「シール系」のやつも良く見かけるようになりましたね。
貼るほうは短時間で捕まりにくいし、貼られたほうも剥がしやすいので、お互い幸せな方法なのかもしれませんね。(勿論、犯罪は犯罪なんですが・・・・・・・・・・・)
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Archive
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
132位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
50位
Watch Access ranking>>