キバナコスモス(Cosmos sulphureus)1

FC2P9292736.jpg
OLYMPUS E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2010年

目黒川の遊歩道で何気なく撮った一枚を、何気なくUPさせていただきます(w)

イワカガミ(Schizocodon soldanelloides)1

FC2P5063842.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 高山植物(AlpineFlower) 2010年

“イワカガミ(岩鏡)”は、イワウメ科イワカガミ属の九州~北海道の高山帯から亜高山帯に分布する多年草。岩場に生え、鏡の様に光沢のある葉である事からの命名だそうです。


アズマイチゲ(Anemone raddeana)

FC2P5063772.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 高山植物(AlpineFlower) 2010年

「アズマイチゲ(東一華)」キンポウゲ科イチリンソウ属の北海道~四国・九州に分布する多年草。
「東の一輪草」ということからの命名で、摘み取ると雨が降るという言い伝えから、「雨降花」という別名があるようです。

アオイスミレ(Viola hondoensis)

FC2P5053664.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

「アオイスミレ(葵菫)」はスミレ科スミレ属の北海道・本州・四国・九州に分布する多年草。
名前の由来は葉っぱが徳川家の家紋でおなじみの「葵の葉」に似ているところからの命名のようです。
花の色は白色~淡赤紫色まで変化があるようで、今回の撮影地では3種類の色がありました。

アマナ(Amana edulis)

FC2P5063872.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 高山植物(AlpineFlower) 2010年

「アマナ(甘菜)」はユリ科アマナ属の本州東北地方南部以南、四国、九州、奄美大島に分布する多年草。
球根が甘く食用できるとことからの命名で「ムギクワイ」という別名もあるようです。

トキワイカリソウ(Epimedium sempervirens)1

FC2P5043329.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“トキワイカリソウ(常盤錨草)”は、メギ科イカリソウ属の北海道・本州・四国・九州に分布する多年草。白からピンク・紫の花を咲かせ、鉢物・切花・薬用として幅広く利用されているようす。全草は“淫羊霍(いんようかく)”という生薬で精力剤として有名みたいです。

オドリコソウ(Lamium album L)1

FC2P5073936.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“オドリコソウ(踊り子草)”は、シソ科オドリコソウ属の北海道から九州に分布する多年草。根を利用する“野芝麻”と言う生薬は月経不順、打撲傷、腰痛、腫れ物等に効くそうです。

カタクリ(Erythronium japonicum)1

FC2P5063895 (3)
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

「カタクリ(片栗)」はユリ科カタクリ属の北海道~九州に分布する多年草。
以前は、名前の通り「片栗粉」はこの鱗茎からつくられていたようです(今はジャガイモから)。

エンレイソウ(Trillium smallii)1

FC2P5063704 (3)
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“エンレイソウ(延齢草)”は、ユリ科エンレイソウ属の北海道~九州の低地や山林に分布する多年草。
花後に出来る「黒い実」は食べる事が出来、根は延齢草根と呼ばれ胃腸の薬となる様です。
なんか長生きしそうな名前ですね。

ナニワズ(Daphne kamtschatica var. jezoensis)

FC2P5063699 (3)
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

「ナニワズ(難波津)」はジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の本州~北海道に分布する落葉小低木。
夏に葉が落ちることから、「ナツボウズ」という別名もあるようです。
初めて見る花でしたが、なんとなく「ジンチョウゲ(沈丁花)」に似ているなと思ったら、やっぱり、同じ種類の植物でした。

カキドオシ(Glechoma hederacea subsp. grandis)1

FC2P5043412.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

「カキドオシ(垣通し)」はシソ科カキドオシ属の日本全国に分布する多年草。全草を乾燥したものは「連銭草(れんせんそう)」という子供の癇の虫に効く生薬となるそうで、ま
たダイエット茶として飲むことが出来るそうです。

エイザンスミレ(Viola eizanensis)

FC2P5043430.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“エイザンスミレ(叡山菫)”は、スミレ科スミレ属の本州、四国、九州に分布する多年草。“比叡山”に生える菫ということでの命名のようでで、葉が裂けているのが大きな特徴です。

オオタチツボスミレ(Viola kusanoana)1

P5063715 (3)
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“オオタチツボスミレ(大立坪菫)”は、スミレ科スミレ属の北海道・本州・九州北部の日本海側に分布する多年草。 “タチツボスミレ”に似ていますが、咲いている場所、距が白色である点、花の色が薄い点から“オオタチツボスミレ”と同定いたしました。

ヤマエンゴサク(Corydalis lineariloba)1

P5043445.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“ヤマエンゴサク(山延胡索)”は、ケシ科キケマン属の本州・四国・九州に分布する多年草。延胡索はアルカロイドを含み、鎮痛・調経に効果のある薬用植物として用いられているそうです。

カタクリ(Erythronium japonicum)2

FC25053641.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

「カタクリ(片栗)」はユリ科カタクリ属の北海道~九州に分布する多年草。
以前は、名前の通り「片栗粉」はこの鱗茎からつくられていたようです(今はジャガイモから)。

エンコウソウ(Caltha palustris var. enkoso)1

P5043386.jpg
E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“エンコウソウ”としてUPしておきます。“エンコウソウ(猿猴草)”は、キンポウゲ科リュウキンカ属の北海道~本州の山地の湿地に分布する多年草。長く這う茎の様子を“手長猿(猿猴)”の手足になぞらえて命名されてようです。

ウマノアシガタ(Ranunculus japonicus)1

FC2P5073956.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“ウマノアシガタ(馬の足形)”は、キンポウゲ科キンポウゲ属の北海道~南西諸島に分布する多年草。花弁に独特の光沢があるところは“キツネノボタン”に似ていますが、こちらのほうが少しグラマーですね。* どこにでも咲いていそうなんですが、地域によっては「レッドデータブック」に掲載されているようです。

ヒコウキ雲(Contrail) by空倶楽部

FC2P2250678.jpg
OLYMPUS PEN E-P2M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 東京(Tokyo) スナップ(snap) 2011年

*宿題(樹木と空)が出来なかったので、以前UPしたものの別CUTのヨコバージョンをお送り致しますm(_ _)m

バイカイカリソウ(Epimedium diphyllumb)1

FC2P5043354.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“バイカイカリソウ(梅花錨草)”は、メギ科イカリソウ属の本州、四国、九州に分布する多年草。花が梅に似ている事からの命名で、他のイカリソウ同様、全草は“淫羊霍(いんようかく)”という生薬(精力剤)として利用されているようです。

ネコノメソウ(Chrysosplenium grayanum)1

FC2P5043502.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“ネコノメソウ(猫の目草)”は、ユキノシタ科ネコノメソウ属の日本全土に分布する多年草。裂開した果実がネコの目のように見えるところからの命名だそうです。ぜひ「ネコの目」のように見えるという実を撮ってみたくなりました。

コミヤマカタバミ(Oxalis acetosella)1

FC2P5043313.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2010年

“コミヤマカタバミ(小深山片喰)”は、カタバミ科カタバミ属の本州から九州にかけて分布する多年草。かつては、この植物を煮出して“シュウ酸カルシウム”を抽出していたらしいです。

トウゴクミツバツツジ(Rhododendron wadanum)1

FC2P5043453.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“”トウゴクミツバツツジ(東国三葉躑躅)は、ツツジ科ツツジ属の関東、中部地方の山地に分布する落葉低木。関東の山地に多いことからの命名のようです。

トキワナズナ(Houstonia caerulea)

FC2P5043310.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

「トキワナズナ(常磐薺)」はアカネ科ヒナソウ属の北アメリカ原産の多年草。
弱々しい外観からでしょうか、「ヒナソウ(雛草)」という別名もあるようです。
* 日光植物園や東照宮あたりでたくさん咲いていました。日本の植物かと思ったのですが、違いました。この辺りでは帰化しているようですね。

キジムシロ(Potentilla sprengeliana)1

FC2P5043364.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“キジムシロ(雉蓆、雉莚)”は、バラ科キジムシロ属の北海道、本州、四国、九州に分布する多年草。円形に広がった株がキジの座る筵に似ている事からの命名の様です。

ハマハタザオ(Arabis stelleri var. japonica)

20120208093740a92[1]
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

「ハマハタザオ(浜旗竿)」はアブラナ科ヤマハタザオ属の北海道~九州に分布する越年草。
「ハタザオ(旗竿)」は直立して伸びている茎を旗竿に、白い花を旗に見立てての命名のようです。

シラネアオイとコマルハナバチ(Glaucidium palmatum &Bombus ardens)

FC2P5063869.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 昆虫(Insects) 2010年

「シラネアオイ(白根葵)」はキンポウゲ科(シラネアオイ科)シラネアオイ属の北海道~本州中北部の日本海側に分布す多年草。
日光白根山に多く、花がタチアオイに似ていることからの命名で、「山芙蓉(やまふよう)」という別名があるようです。

ハルノトラノオ(Bistorta tenuicaulis)1

P5043342.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“”ハルトラノオ(春虎の尾)は、タデ科イブキトラノオ属の本州の福島県以西、四国、九州に分布する多年草。春にトラの尾のような花穂を出すの事からの命名のようで、また、春早く咲くのいますことから、「イロハソウ(いろは草)」の別名があるようです。

スミレサイシン(Viola vaginata)1

P5063821 (3)
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“スミレサイシン(菫細辛)”は、スミレ科スミレ属の北海道~本州に分布する多年草。心臓形の葉が“ウスバサイシン”に似ていることからの命名だそうです。

コンロンソウ(Cardamine leucantha)1

FC2P5074372.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“コンロンソウ(崑崙草)”は、アブラナ科タネツケバナ属の北海道~九州に分布する多年草。花の感じが中国の「崑崙山」に白い雪が降り積もっている様子に似ている事からの命名のようです。

キケマンソウ(Corydalis heterocarpa var. japonica)1

fc2P5074000.jpg
OLYMPUS PEN E-P2ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2010年

“キケマンソウ(黄華鬘草)”は、ケシ科キケマン属の本州、四国、九州に分布する越年草。仏具の「華鬘」の元となった生花で造られたリング状の環に似た「ムラサキケマン(紫華鬘)」という植物の黄色バージョンと言うことでの命名でしょうか。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archive
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
105位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
47位
Watch Access ranking>>