米子(Yonago)3

FC2PW005201FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鳥取(Tottori) 米子(Yonago) 2015年

この日は“松江&出雲”の観光の日でしたが、そちらに行く前に“米子”の“昭和萌え”しそうなSPOTをあてもなく探し始めました。結果としてリサーチ不足もあり、撮れたのは“米子ほんどおり”のアーケード商店街くらいでした。もちろん偶然の出合もいいんですが限られた時間の中ではやっぱり下準備は欠かせませんね。

ガクウラジロヨウラク(Menziesia multiflora var. longicalyx)4

FC2PW003757FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞)”は、ツツジ科ヨウラクツツジ属の北海道~本州中部地方以北の山地~亜高山帯に分布する落葉低木。花が仏像の装身具(瓔珞・ようらく)に似ていて、葉の裏が白いことからの命名のようです。* 花弁がクリーム色、蘂が緑の“珍しい花”だなと思っていたのがこの花の蕾でした。 @那須山

妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi mountaineering)9

FC2PY002095FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi) 2015年

“大倉乗越”で朝焼けを撮って小休憩し、また“妙高山”へ向かいます、少し下りが続きその眼下には少し草紅葉になりつつある“池塘の長助池”が広がっております。この先がけ崩れしたばかりらしい箇所を落石に注意しながらトラバースして“長助池分岐”から再び登りに入ります。

ヒグラシ(Tanna japonensis)1

FC2PW003779FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2015年

これは“那須山”を登山中に遭遇いたしました。“カナカナカナ”と表現される鳴き声なんですが、実際はこんな感じです。 “ヒグラシ(日暮)”は、セミ科ヒグラシ属の北海道南部から奄美大島に分布するセミの一種。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第115回目です。

スノーモンキー(SnowMonkey)30

FC2PW009889FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

確か 、雪で遊んでいる最中の一瞬を切り撮ったシーンだったと思います。意識していない表情っていうのはなかなか良いものですね。 (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

ベニサラサドウダン(Enkianthus campanulatus var. rubicundus)2

FC2PW003815FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ベニサラサドウダン(紅更紗灯台)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道から本州の中国地方に分布する落葉低木。名前の通り以前UPした“サラサドウダン”より紅の濃さが違いますね。 @那須山

出雲(Izumo)1

FC2PW005210FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 島根(Shimane) 出雲(Izumo) 2015年

ぶっつけで成果の出なかった“米子”の散策後、少しがっかりしながら“出雲”へと向かいました。JRで“出雲市”まで行き、そこで“一畑電車(いちばたでんしゃ)”に乗り換え“出雲大社前”へとむかうのですが、その途中の“川跡”でも乗り換えがありました。これはその時の様子で、手前が“2100系(京王5000系)”で、奥が“3000系(南海21000系)”、そして中央が新型の“1000系(東急1000系)”のようです。地方の私鉄ローカル線は色々な私鉄のおさがり?電車が走っているんですね。

ヒメツルソバ(Polygonum capitatum)3 with 8na8na-club

FC2PY005689FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 「柵く花」 2015年

今回の“8na8na-club”は、家の近所でパチリしてきた撮りおろしです。あまり良いのはないのですが、少し在庫が出来たので目的だけは達成いたしました(w) “ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)”はタデ科イヌダテ属のヒマラヤ原産の多年草。明治時代にグラウンドカバー用に導入された植物で、旺盛な繁殖力から半ば野生化しているものもあるようです。


* awa(photo×photo=365)さん主催の8na8na-clubの107回目の参加でございます。

妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi mountaineering)10

FC2PY002101FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi) 2015年

“長助池分岐”からそこそこハードな登山道を登り、ようやく“妙高山”の山頂に到着です。青空は見えませんでしたが視界は良好で360°の眺望を楽しめました。とりあえず“百名山53座目”は無事登頂です。

タマガワホトトギス(Tricyrtis latifolia)1

FC2PW004112FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“タマガワホトトギス(玉川杜鵑草)”はユリ科ホトトギス属の本州、四国、九州に分布する多年草。“ホトトギス”は白地に紫の斑点が“ホトトギス(鳥)”の胸~腹の横縞模様に似ているからの命名で、“タマガワ”はヤマブキの名所“京都の玉川”からの命名のようす。@白山

妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi mountaineering)11 by空倶楽部

FC2PY002115FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi) 2015年

今回の空倶楽部は“妙高山”の山頂からの眺望です。空は薄雲に覆われておりましたが、視界はクリアーで何とか“北アルプス”の山々を拝む事が出来ました。色付き始めた山頂から、今夏登って来た“槍が岳&穂高岳”を望むっていうのもなかなか良いものでした。

ウバユリ(Cardiocrinum cordatum)1

FC2PW004095FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ウバユリ(姥百合)”は、ユリ科ウバユリ属の関東地方以西から四国・九州に分布する多年草。花が満開になる頃には葉が枯れ無くなることから“歯(葉)のない「姥」”にたとえて名づけられたそうです。@白山

出雲(Izumo)2

FC2PW005301FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 島根(Shimane) 出雲(Izumo) 2015年

パチリしながら“川跡”で乗り換て“出雲大社前”までやって来ました。前回訪れた5年前の“島根&鳥取”の旅は殆どすべて“縦構図”だったので同じ場所でも、ちゃんと“横構図”で撮りなおしです。和風建築の“国鉄大社駅舎”に対抗して建てられた、この西洋建築の“出雲大社前駅舎”は、1996年(平成8年)に国の登録有形文化財建造物として登録されております。

ソバナ(Adenophora remotiflora)2

FC2PW004100FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ソバナ(岨菜)”は、キキョウ科ツリガネニンジン属の本州、四国、九州に分布する多年草。若芽は山菜として食用になるようです。「ソバナ」の「岨」はあまり見たことの無い漢字ですが、「山の切り立ったけわしい所。がけ、絶壁など」と言う意味だそうです。きっとそう言う所によく生えているからの命名なんでしょうね。@白山

妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi mountaineering)12

FC2PY002167FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi) 2015年

“妙高山”の登頂を無事終了し、ピストンで“黒沢池ヒュッテ”まで戻って来た後は“富士見平”まで、殆どフラットな“黒沢池”沿いの歩道を歩きます。池の畔は薄っすら草紅葉で、歩道の反対側はこんな感じで秋の気配です。

出雲(Izumo)3

FC2PW005227FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 島根(Shimane) 出雲(Izumo) 2015年

“出雲大社前”から参道を歩き“田中屋”でそばを食した後、ここ“出雲大社”へ参りました。訪れたのが11月上旬で新暦では“霜月”そして旧暦でも“長月”と言う、なんとも微妙な“神在月状態”ではない時期の訪問となりましが、ご覧の通り雲一つなくお天気だけは最高でした。

ミヤマオトギリ (Hypericum kamtschaticum var. senanense)1

FC2PW004125FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマオトギリ (深山弟切)”は、オトギリソウ科オトギリソウ属の本州中部地方の亜高山~高山帯に分布する多年草。オトギリソウの高山型のようです。@白山

ヤマアジサイ(Hydrangea serrata)2

FC2PW004103FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤマアジサイ(山紫陽花)”は、アジサイ科アジサイ属の本州(関東以西)、四国、九州の山地に分布する落葉低木。@白山

妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi mountaineering)13

FC2PY002175FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi) 2015年

“富士見平”から前日登った整備された樹林帯の登山道を再び下ります。上では初秋の雰囲気でしたがこの辺りでは再び晩夏に逆戻りです。“二日間の妙高&火打山”の登山はまあまあ天気にも恵まれ無事完了致しました。今夏は天候不順であまり山に登れなかったので、この辺りからスパートをかけております。

ヤマブキショウマ(Aruncus dioicus var. kamtschaticus)3

FC2PW004104FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤマブキショウマ(山吹升麻)”は、バラ科ヤマブキショウマ属の北海道、本州、四国、九州の山地に分布する多年草。@白山

出雲(Izumo)4

FC2PW005238FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 島根(Shimane) 出雲(Izumo) 2015年

これは“拝殿”の“注連縄”です。ここの“注連縄”も立派なのですが、大きさで行ったら本殿の東に立っている“神楽殿の注連縄”ですね。前回訪れた時は下部に硬貨を“投げ挿す”事が出来たのですが(挿さったら幸運になる)、今はカバーがされNGとなっておりました。

ミヤママタタビ (Actinidia kolomikta)1

FC2PW004130FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ミヤママタタビ (深山木天蓼)”は、マタタビ科マタタビ属の北海道、本州中部以北に分布する落葉つる性木本。山で採って来たマタタビを公園のネコで試したことがあるんですが、ビックリするほど効くんで笑っちゃいました。@白山

スノーモンキー(SnowMonkey)31

FC2PW000209FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

何を真剣に見つめているのか、視線の先が気になりますね。 (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

ミヤマコウゾリナ(Hieracium japonicum)1

FC2PW004127FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマコウゾリナ(深山剃刀菜・髪剃菜)”は、キク科コウゾリナ属の本州の中部地方以北と四国に分布する多年草。葉や茎に「カミソリ(剃刀)」のように手が切れそうな剛毛が生えている事からの命名の様です。



出雲(Izumo)5

FC2PW005276FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 島根(Shimane) 出雲(Izumo) 2015年

“拝殿”の後ろに隠れて少し見えているのが“大国主大神”が祭られている“御本殿(ごほんでん)”です。この“御本殿”は正面からは前の建物に遮られてちゃんと写すことが難しいんですよね。色々な所から試したのですが個人的にはこの場所がしっくり来ました。

シラネニンジン(Tilingia ajanensis)3

FC2PW004121FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“シラネニンジン(白根人参)”は、セリ科シラネニンジン属の北海道、本州中部以北の高山帯に分布する多年草。@白山

出雲(Izumo)6

FC2PW005267FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 島根(Shimane) 出雲(Izumo) 2015年

正面からは拝みにくい“御本殿(ごほんでん)”ですがサイドや裏に回ればその姿を写せる場所がございました。思いっきり逆光で且つ暗めの被写体でしたが“HDR”のおかげで何とか見られる写真が撮れました。単体ではその大きさが分かりずらいのですが、人物(左下)が入ることによってその巨大さが際立ちますね。

クロユリ(Fritillaria camtschatcensis)1 雑草倶楽部

FC2PW004191FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

今月の“雑草倶楽部”は7月に“白山”に登った時に撮った“高山植物”からで、お気に入りの1枚をUPさせていただきます。“クロユリ(黒百合)”は、ユリ科バイモ属の中部地方以北・北海道の高山帯に分布する多年草。@白山

ナミアゲハ(Papilio xuthus)1

FC2PY005338FC22.jpg

OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED75-300mm/F4.8-6.7II 昆虫(Insects) 2015年

今回の“むし倶楽部”は10月初めに“ED75-300mm/F4.8-6.7II”の試し撮りで目黒川緑道へ行った時の1枚です。いわゆる“アゲハ蝶” と言うとこの種を指すほどポピュラーなんですが、調べてみると初撮影でした。“ナミアゲハ(並揚羽)”は、チョウ目アゲハチョウ科の北海道から南西諸島に分布するアゲハ蝶の一種。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第116回目です。

出雲(Izumo)7

FC2PW005249FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 島根(Shimane) 出雲(Izumo) 2015年

“御本殿(ごほんでん)”と神有月に八百万(ヤオヨロズ)の神様達の宿舎となる“西十九社”の間には杉が植えられ、こんな感じで沢山のお御籤が結ばれておりました。良いおみくじは松(待つ)に、悪いおみくじは杉(過ぎ)に結ぶといいとされていることは今回初めて知りました。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archive
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
338位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
138位
Watch Access ranking>>