キキョウ(Platycodon grandiflorus)3

FC2P7050111FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“キキョウ(桔梗)”は、キキョウ科キキョウ属の日本全土に分布する多年草。蕾が風船に似ているので「balloon flower」と言う英名があります。根はサポニンを多く含む「桔梗根」と言う生薬として利用されているそうです。日本全土にあるそうですが多分、野生の「キキョウ」は見た事が無いような気がします。

ビヨウヤナギ(Hypericum monogynum)4

FC2P7050069FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2017年

“ビヨウヤナギ(美容柳・未央柳)”は、オトギリソウ科オトギリソウ属の中国原産の半落葉低木。江戸時代には中国から渡来したと考えられているようです。

ユーコミス(Eucomis autumnalis)3

FC2P7050154FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2017年

ユーコミス”はユリ科ユーコミス属の南アフリカ原産の球根植物。茎頂に小花が穂状に密生している様がパイナップルに似ていることから“パイナップリリー”とも呼ばれています。

サルビア・グアラニティカ(Salvia guaranitica)2

FC2P7050142FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2017年

“サルビア・グアラニティカ”は、シソ科サルビア属の南アメリカ原産のする常緑低木。良く見かける植物で濃い目の青紫の花がとても印象的です。「メドーセージ」「アニスセンテッドセージ」と言う別名も有るようです。

ギボウシ(Hosta)3

FC2P7050239FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ギボウシ(擬宝珠)”は、クサスギカズラ科ギボウシ属の日本全土に自生する多年草。 植物のつぼみや、包葉に包まれた若い花序が擬宝珠に似ることからの命名のようです。街でも山でも良く見かけるこの花なんですが、原産は日本で江戸時代にシーボルトがヨーロッパに持ち帰り世界に拡がって行ったようです。

ヒルガオ(Calystegia japonica)7

FC2P7050461FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ヒルガオ(昼顔)”は、ヒルガオ科ヒルガオ属の北海道から九州に分布する多年生のツル植物。アサガオ同様、朝に開花するが昼になっても花がしぼまないことから命名です。

マツバボタン(Portulaca grandiflora)1

FC2P7050189FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2017年

“マツバボタン(松葉牡丹)”は、スベリヒユ科スベリヒユ属の南アメリカ原産の一年草。最近はこの“マツバボタン”より“ポーチュラカ(Portulaca)”の方がよく見かける様な気がします。

ナガメ(Eurydema rugosum)1

FC2P7050311FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2017年

7月に“目黒川緑道”に花撮りに出かけた時の在庫です。“ナガメ(菜亀)”は、カメムシ目カメムシ科の北海道・本州・四国・九州に分布するカメムシの一種。和名は“菜の花につく亀虫”の意味で、アブラナ科の植物に集まることから名づけられたそうです。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第166回目です。

ナガバオモダカ(Sagittaria graminea)1

FC2P7050201FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ナガバオモダカ(長葉面高)”はオモダカ科オモダカ属の北アメリカ原産の水生植物。流通名は“ジャイアントサジタリア”となっていて、輸入されたものが逃げ出し、一部帰化植物になっているようです。

キバナコスモス(Cosmos sulphureus)8

FC2P7050194FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“キバナコスモス(黄花秋桜)”はキク科コスモス属のメキシコ原産の一年草。日本には大正時代の初めに輸入されたものが逃げ出し、一部帰化植物になっているようです。コスモスと言う名前は付きますが、所謂“普通のコスモス(オオハルシャギク)”とは同属別種で交配は出来ないとの事です。

鹿島槍ヶ岳登山(Mt.Kashimayari mountaineering)1 by空倶楽部

FC2P8130088FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鹿島槍ヶ岳(Mt.Kashimayari) 2017年

今回の空倶楽部は8月9日~13日まで行ってきた“夏休み登山(前半)”からの一枚です。登って来たのが“御嶽山”“五竜岳”と今回UPの“鹿島槍ヶ岳”です。天候の恵まれ方は微妙でしたが、それぞれの山でそこそこはフォトジェニックなシーンに遭遇する事が出来ました。これは泊まった“冷池山荘”辺りからのご来光前の雲海の様子です。 前日は雨の中の厳しい登りでしたが、こんな風景に出会えてしまうので山は病みつきになっちゃうんですよね(w)

マーガレットコスモス(Steirodiscus euryopoides)2

FC2P7050228FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“マーガレットコスモス(秋明菊)”は キク科ユリオプス属の南アフリカ原産の常緑多年草。暑さにも、寒さにも強いことから園芸用として人気があるそうです。

アップルミント(Mentha suaveolens)1

FC2P7050248FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2017年

“アップルミント(Apple mint)”は、シソ科ハッカ属のヨーロッパ、西アジア原産の多年草。丸い形の葉から和名で“マルバハッカ(丸葉薄荷)”とも呼ばれます。

ヤブカンゾウ(Hemerocallis fulva var. kwanso)4

FC2P7050061FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ヤブカンゾウ(薮萓草)”は、ユリ科ワスレグサ属の北本州以南に分布する多年草。若葉はおひたし等にして、花は揚げ物、煮物、おひたし等にして食べる事が出来、蕾は乾燥させて保存食(金針菜)とすることが出来るようです。

タンザニア(Tanzania)46

FC2PY001055FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 タンザニア(Tanzania) アフリカ(Africa2016) 2016年

今回のにゃ~にゃ~の日は、最近UPがサボりがちになっている“タンザニア(Tanzania)”からの一枚です。家ネコでなくて恐縮ですが、大型ネコという事でお許しくださいm(__)m 南アフリカの“クルーガー国立公園”では全くお目にかかることがなかった“チーター(Acinonyx jubatus)”ですが、ここ“セレンゲティ国立公園”では数回遭遇することが出来ました。写真でじっくり見てみると改めて顔の小ささにびっくりです(w)


きららとジュレさん主催の“にゃ~にゃ~の日”の26回目の参加でございます。

ギボウシ(Hosta)4

FC2P7050232FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ギボウシ(擬宝珠)”は、クサスギカズラ科ギボウシ属の日本全土に自生する多年草。 植物のつぼみや、包葉に包まれた若い花序が擬宝珠に似ることからの命名のようです。街でも山でも良く見かけるこの花なんですが、原産は日本で江戸時代にシーボルトがヨーロッパに持ち帰り世界に拡がって行ったようです。

ムラサキツユクサ(Tradescantia. ohiensis)5

FC2P7050138FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ムラサキツユクサ(紫露草)”はツユクサ科ムラサキツユクサ属の北海道、本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。 北米原産の帰化植物で明治の初めに来たものが野生化しているようです。

鹿島槍ヶ岳登山(Mt.Kashimayari mountaineering)2

FC2P8130098FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鹿島槍ヶ岳(Mt.Kashimayari) 2017年

前回の空倶楽部UPさせて頂いた“鹿島槍ヶ岳”での一枚です。朝食を済ませ“冷池山荘”から、こんな風景を目の当たりにしながら山頂を目指し歩を進めます。真夏ですがさすが標高2800m位、少し肌寒いぐらいの爽やかな気候です。雲海も頭上の雲もいい感じに染まって来たので何枚もシャッターを切りながらの登山となりました。

メコノプシス・グランディス(Meconopsis grandis)1 雑草倶楽部

FC2PY005114FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

今回の雑草倶楽部は“五竜岳”に続く登山ルートのスタート地点に広がる“白馬五竜高山植物園”で名物となっている“ヒマラヤの青いケシ ”です。“メコノプシス・グランディス(Meconopsis grandis)”は、ケシ科ケシ属の標高4~5000メートルのヒマラヤに原産する多年草。時期が少し遅かったようで殆ど咲いていなかったのですが何とか一輪だけ鑑賞に耐えそうな個体が残っておりました。@五竜岳

コガタウツギヒメハナバチ(Andrena(Calomelisssa)tsukubana)1

FC2P7050293FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2017年

7月に“目黒川緑道”に花撮りに出かけた時の在庫です。“コガタウツギヒメハナバチ(小形空木姫花蜂)”は、ハチ目ヒメハナバチ科の本州・四国・九州に分布するヒメハナバチの一種。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第167回目です。

ユーコミス(Eucomis autumnalis)4

FC2P7050148FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2017年

ユーコミス”はユリ科ユーコミス属の南アフリカ原産の球根植物。茎頂に小花が穂状に密生している様がパイナップルに似ていることから“パイナップリリー”とも呼ばれています。

キキョウ(Platycodon grandiflorus)4

FC2P7050377FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“キキョウ(桔梗)”は、キキョウ科キキョウ属の日本全土に分布する多年草。蕾が風船に似ているので「balloon flower」と言う英名があります。根はサポニンを多く含む「桔梗根」と言う生薬として利用されているそうです。日本全土にあるそうですが多分、野生の「キキョウ」は見た事が無いような気がします。

劔岳登山(Mt.Tsurugi mountaineering)1 by空倶楽部

FC2P8210146FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 劔岳(Mt.Tsurugi) 2017年

今回の空倶楽部は8月19日~21日まで行ってきた“夏休み登山(後半)”からの一枚です。登って来たのが前半の登山でづーっと眺めていた“立山”と“劔岳”です。“劔岳”は“一般登山者が登る山のうちでは危険度の最も高い山”とされていて、結構ビビッていたのですが登ったらそうでもなかったです(w) 今回UPは泊まった“剣山荘”からの朝の様子で、前半の登山で登った“五竜岳(左)”と“鹿島槍ヶ岳(右)”がばっちり拝めております。

ミソハギ(Lythrum anceps)1

FC2P7050268FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ミソハギ(禊萩)”は、ミソハギ科ミソハギ属の日本全土に分布する多年草。花が“ハギ”に似て“禊(みそぎ)”に使ったことからの命名で、盆花としてよく使われ“ボンバナ”、“ショウリョウバナ(精霊花)”とも呼ばれているようです。

マーガレットコスモス(Steirodiscus euryopoides)3

FC2P7050373FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2017年

“マーガレットコスモス(秋明菊)”は キク科ユリオプス属の南アフリカ原産の常緑多年草。暑さにも、寒さにも強いことから園芸用として人気があるそうです。

ヤブカンゾウ(Hemerocallis fulva var. kwanso)5

FC2P7050254FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ヤブカンゾウ(薮萓草)”は、ユリ科ワスレグサ属の北本州以南に分布する多年草。若葉はおひたし等にして、花は揚げ物、煮物、おひたし等にして食べる事が出来、蕾は乾燥させて保存食(金針菜)とすることが出来るようです。

ランタナ(Lantana)8

FC2P7050279FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2017年

“ランタナ”はクマツヅラ科シチヘンゲ属の南アメリカ原産の常緑小低木。赤、橙、黄、白など鮮やかな色の花をつけ、また花の色が次第に変化することから“シチヘンゲ(七変化)”という和名があるようです。

センニチコウ(Gomphrena globosa)3

FC2P7050302FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2017年

“センニチコウ(千日紅)”はヒユ科センニチコウ属の熱帯アメリカ地方原産の一年草。

マーガレットコスモス(Steirodiscus euryopoides)4

FC2P7050277FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2017年

“マーガレットコスモス(秋明菊)”は キク科ユリオプス属の南アフリカ原産の常緑多年草。暑さにも、寒さにも強いことから園芸用として人気があるそうです。

ハナグモ(Misumenops tricuspidatus)3

FC2P7050361FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) 2017年

今回の“むし倶楽部”は8月に目黒川緑道で撮った在庫からの一枚です。“ハナグモ(花蜘蛛)”は、クモ目カニグモ科の日本全土に分布するカニグモの一種。ご覧のとおり網を張るタイプではなく“待ち伏せ”で獲物を捉える種類です。見方によっては“遊星からの物体X”に見えてちょっとグロですね(w)


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第168回目です。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archive
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
77位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
23位
Watch Access ranking>>