喜多方(Kitakata)2

FC2PY000916FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 福島(Fukushima) 喜多方(Kitakata) 福島登山ツーリング 2015年

街での撮影を終えた後、食事でもしようとお店を探したんですが、まだ7時くらいにも関わらずやっている所がほとんどありませんでした。そういえば昼間の駅前も人影が疎ら、“喜多方”ってそこそこ名前が売れている?地方都市だと思うのですが、その中途半端な寂れた感は強く印象に残りました。(きっとロードサイドに流れていると思うのですが・・・・・・) 明日は“安達太良山”を登ります。

アートアクアリウム(Art Aquarium)2

FC2PY002570FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 アートアクアリウム(ArtAquarium) 2015年

物凄い長蛇の列を我慢して、ようやく“アートアクアリウム”の会場に入る事が出来たのですが、中も満員電車さながらの混雑ぶりでゆっくり撮影なんでいう雰囲気ではありませんでした。

ムラサキヤシオツツジ(Rhododendron albrechtii)1

FC2PW003476FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ムラサキヤシオツツジ(紫八汐躑躅)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道、本州の東北地方および中部地方の日本海側に分布する落葉低木。前に九州や四国の山で見かけた“アケボノツツジ(曙躑躅)”とそっくりだったので混乱してしまったのですが、調べたら殆ど同じ種類の様でした。 @磐梯山

奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake mountaineering)0 by空倶楽部

FC2PY001753FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake) 北アルプス登山ツーリング 2015年

今回の“空倶楽部”は夏休みの北アルプス縦走で登ってきた“奥穂高岳”の山頂付近からの1枚です。写っているのは国内最難関の一般ルート上にある“ジャンダルム(gens d'armes)”の山頂です。無理をしない登山をモットーとしているので今回は“上高地~涸沢”ルートでの“奥穂高岳”登頂でしたが、技量と自信がついたら何時かはその頂に立ってみたいと思っております。UPする写真の時系列は遡りますが“百名山48座目”を無事登り終えました。

アートアクアリウム(Art Aquarium)3

FC2PY002494FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 アートアクアリウム(ArtAquarium) 2015年

とても楽しまれた方もいるんでしょうけど、個人的にはかなり期待値が高かったせいもあり、この“アートアクアリウム”については今一つの感想でした。写真だとそこそこ絵になるものも撮れるのですが、全体の印象としてはちょっと肩透かしを食らった感じでした。

コケモモ(Vaccinium vitis-idaea L)3

FC2P7160541FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“コケモモ(苔桃)”は、ツツジ科スノキ属の四国、本州中部地方以北、北海道の高山帯に分布する常緑小低木。花後の赤い実はよくジャムとして売られていますね。@蓼科山

安達太良山登山(Mt.Adatara mountaineering)2

FC2PY000950FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 安達太良山(Mt.Adatara) 福島登山ツーリング 2015年

安達太良山(Mt.Adatara)”は山頂でも1700mしかない、それ程高い山ではないのですが、やっぱり東北の山だけあって5月の終わりでもまだ雪渓が残っていました。ロープウエイの山頂駅を少し登ると森林限界を超えるので、開けた感じの登山となり気分も爽快でした。

アートアクアリウム(Art Aquarium)4

FC2PY002630FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 アートアクアリウム(ArtAquarium) 2015年

あまり個人的評価の高くない、このイベントなんですが、せっかく訪れたので結果だけは残そうと(w) 撮影だけは真面目にやって来ました。金魚は動き回るし、イルミネーションはすぐに変化するしでなかなかタイミングが難しかったのですが、その分集中できたのは良かったです。

安達太良山登山(Mt.Adatara mountaineering)3

FC2PY000962FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 安達太良山(Mt.Adatara) 福島登山ツーリング 2015年

ロープウエイの山頂駅から1.5時間ほど登って“安達太良山(Mt.Adatara)”の山頂に着きました。純粋に山登りとして考えると少し物足りなさを感じますが、山頂からの絶景がそれを忘れさせてくれます。“百名山45座目”登り終えました。

サラサドウダン(Enkianthus campanulatus)1

FC2PW003495FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“サラサドウダン(更紗灯台)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道西南部、本州の兵庫県以東、四国の徳島県に分布する落葉低木。子供の頃、実家の庭に植えられていたので懐かしい花です。“フウリンツツジ(風鈴躑躅)”という別名があるようですが、そちらは聞いたことがありませんでした。 @安達太良山

アートアクアリウム(Art Aquarium)5

FC2PY002545FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 アートアクアリウム(ArtAquarium) 2015年

こう言った小さな水槽の展示だと金魚の数も少ないので、なかなか絵になるバランスで泳いでくれません(w) これなんかは比較的いい間隔で泳いでくれているように思いましたので、若干ピン甘ですがUPさせていただきます。

ムラサキヤシオツツジ(Rhododendron albrechtii)2

FC2PW003507FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ムラサキヤシオツツジ(紫八汐躑躅)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道、本州の東北地方および中部地方の日本海側に分布する落葉低木。前に九州や四国の山で見かけた“アケボノツツジ(曙躑躅)”とそっくりだったので混乱してしまったのですが、調べたら殆ど同じ種類の様でした。 @安達太良山



安達太良山登山(Mt.Adatara mountaineering)4

FC2PY000974FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 安達太良山(Mt.Adatara) 福島登山ツーリング 2015年

安達太良山(Mt.Adatara)”の山頂から稜線を“牛ノ背”方向へ歩を進めると、左手に直径約1kmの爆裂火口跡の“沼の平”が見えてきます。御嶽山の痛ましい事故から約1年ですが、ここでも1900年(明治33年)に水蒸気噴火が発生し72名の死亡者がでたそうです。この荒涼とした風景は写真では表現できない、実際現地に立たないと分からない何かを感じさせました。

アートアクアリウム(Art Aquarium)6

FC2PY002527FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 アートアクアリウム(ArtAquarium) 2015年

これは“アースアクアリウム・ジャポニズム”という展示で、宇宙から見た錦鯉に彩られた地球をテーマにしているようです。それ程感銘は受けない展示でしたが、たまたま3Dのように浮き上った錦鯉が撮れたのでUPしておきます(w)

コヨウラクツツジ(Menziesia pentandra)1

FC2PW003496FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“コヨウラクツツジ(小瓔珞躑躅)”は、ツツジ科ヨウラクツツジ属の北海道、本州、四国、九州に分布する落葉低木。花の形が仏教における装飾用具の“瓔珞”に似ていることからの命名の様です。 @安達太良山

安達太良山登山(Mt.Adatara mountaineering)5

FC2PY001024FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 安達太良山(Mt.Adatara) 福島登山ツーリング 2015年

爆裂火口跡の“沼の平”をかすめ通り“くろがね小屋”経由で下山です。小屋を過ぎたあたりから樹林帯の渓谷となり爽やかな気分で下りられます。前にも書いた通り“安達太良山”が素晴らしいと思ったのは、気軽に登れる山ですが、花あり、岩場あり、荒涼とした稜線あり、渓谷ありと、バラエティに富んでいる所なんですよね。下山した時間が早かったので、少し“会津若松”に寄り道しながら帰宅する事といたしました。

アートアクアリウム(Art Aquarium)7

FC2PY002508FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 アートアクアリウム(ArtAquarium) 2015年

何だかんだ愚痴を言いながらも7枚もUPしてしまった“アートアクアリウム(ArtAquarium)”ですが、一応これで〆とさせていただきます。ここに行った事のある知り合いとも話したのですが、やっぱり“今一つ”と言っておりました。美しく撮られた写真が期待値をUPさせ過ぎて実際行くとガッカリになるんでしょうね。

スノーモンキー(SnowMonkey)21

FC2PW000500FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

よ~し、どれどれ、お母さんがよく見てあげるよ・・・・・ なんて言っている声が聞こえてきそうです(w) (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

ミズバショウ(Lysichiton camtschatcense Schott)1

FC2PY000775FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) 2015年

“ミズバショウ(水芭蕉)”は、サトイモ科ミズバショウ属の北海道と中部地方以北の本州の日本海側に分布する多年草。花のように見える“白い部分(仏炎苞)”は葉の変形したもので、中央にある円柱状の部分が“花序(かじょ)”との事です。 @磐梯山

会津若松城(Aizu-Wakamatsu Castle)1

FC2PY001045FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 会津若松城(Aizu-WakamatsuCastle) 福島登山ツーリング モノクロ(monochrome) 2015年

“安達太良山”を下山後、帰りに少し寄り道で“会津若松”にやって参りました。時間もそれ程有る訳でもないので、まずはランドマークの“会津若松城(Aizu-WakamatsuCastle)”にお立寄りです。

会津若松城(Aizu-Wakamatsu Castle)2

FC2PY001056FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 会津若松城(Aizu-WakamatsuCastle) 福島登山ツーリング モノクロ(monochrome) 2015年

地元では“鶴ヶ城”と呼ばれる“会津若松城”は、慶応4年(1868年)の“戊辰戦争”の激戦地となり、その様子は大河ドラマ“八重の桜”でも描かれました。(自分は見ておりません(^-^;) 戦いで激しく破壊された天守は、1965年(昭和40年)に鉄筋コンクリート造で外観復興再建されたようです。多くの時代小説で出てくる“会津藩”ですが、徳川幕府に対するこれまでかという忠誠心については色々考えさせられる事が多いですね。

クリンソウ(Primula japonica)1

FC2PY000829FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) 2015年

“クリンソウ(九輪草)”は、サクラソウ科サクラソウ属の海道~本州、四国の山間部に分布する多年草。花の咲き方が寺院の屋根の先端の“九輪(クリン)”に似ている事からの命名の様です。 @五色沼

会津若松(Aizu-Wakamatsu)1

FC2PY001064FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 会津若松(Aizu-Wakamatsu) ドラマチックトーン(DramaticTone) 福島登山ツーリング 2015年

“会津若松城(Aizu-WakamatsuCastle)”で何枚かパチリした後、“野口英世青春通り”へ少しだけ、写真は大正3年(1914年)完成の黒漆喰の蔵店舗の“福西本店”です。写っていない左隣が“野口英世“の左手の火傷治療をした“会陽医院跡”の建物で、現在は1Fが“会津壹番館”という喫茶店、2Fが“野口英世青春館”となっております。“野口英世“というと小学生の頃何回も読んだ“伝記本”が思い出されます。

クロオオアリ(Camponotus japonicus)2

FC2PW003614FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2015年

“クロオオアリ(黒大蟻)”は、アリ科オオアリ属の北海道・本州・四国・九州に分布するアリの一種。ちなみに女王アリの寿命は10~20年程度だそうです。その長寿さにちょっとビックリ致しました。

トゲヒゲトラカミキリ(Demonax transilis)1

FC2PW003629FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2015年

“トゲヒゲトラカミキリ(棘髭虎天牛)”は、カミキリムシ科トゲヒゲトラカミキリ属の北海道・本州・四国・九州に分布するカミキリの一種。名前だけは凄いですが、完全に名前負けしていますね(w)

クロアゲハ(Papilio protenor)2

FC2PY002267FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 昆虫(Insects) 2015年

今回のむし倶楽部も代々木公園へ“彼岸花”を狙いに行った時“おまけ”の1枚です。前回は“カラスアゲハ(烏揚羽)”でした。“クロアゲハ(黒揚羽)”は、チョウ目アゲハチョウ科の北海道から沖縄に分布する蝶の一種。2004年に九州で撮って以来の久々の遭遇でした。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第111回目です。

羽生パーキングエリア(Hanyū Parkingarea)2

FC2PY001066FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 埼玉(Saitama) スナップ(snap) 福島登山ツーリング 2015年

福島登山ツーリング”帰りに、再び“羽生パーキングエリア”へ半年ぶりに寄ってみました。前回よりも向かって左部分の様子です。この時はお腹が空いていなかったのでスルーでしたが、人形町の“玉ひで”や、日本橋の“たいめいけん”が監修?しているお店が入っているようなので今度チャレンジしてみたいと思います。

スノーモンキー(SnowMonkey)22

FC2PW000542FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

杉の葉っぱを食べたお口直しは、“氷菓子”・・・・ なんて感じなんでしょうか? (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

マイヅルソウ(Maianthemum dilatatum)2

FC2PY000876FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“マイヅルソウ(舞鶴草)”は、スズラン亜科マイヅルソウ属の北海道~九州の山地帯上部~亜高山帯に分布する多年草。葉の模様が舞う鶴に見えることから、舞鶴草という名がついたようです。 @磐梯山

那須岳登山(Mt.Nasu mountaineering)1

FC2PY001079FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 那須岳(Mt.Nasu) 2015年

6月上旬、梅雨前の晴れの日に休みが取れたので“那須岳”に登って来ました。ロープウエイ山頂駅から少し登るとすぐ様、上方にこんな光景が広がります。頂上の“茶臼山”まで約40分ほど、晴天の美しい空に感謝しながらゆっくり歩を進めました。


Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archive
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
309位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
126位
Watch Access ranking>>