妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi mountaineering)3

FC2PY002013FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi) 2015年

整備された樹林帯の登山道を快調に高度を上げて行くと、樹木の切れ間から“火打山”の雄姿が望めるようになってきます。この辺りまで来るとまだ薄っすらですが、木々が少し色着き始めて来ているのが分かりますね。


ショウジョウバカマ(Heloniopsis orientalis)4

FC2PW003694FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ショウジョウバカマ(猩々袴)”は、ユリ科ショウ ジョウバカマ属の北海道~九州のやや湿った場所に分布する多年草。赤い花を“猩々(中国の伝説上の動物)”になぞらえ、根生葉の重なりが“袴”に似ていることからの命名のようです。@安達太良山

妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi mountaineering)4

FC2PY002019FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi) 2015年

これは“高谷池ヒュッテ”辺りからの“火打山”方向の眺めで、手前に広がっている“池塘”が“高谷池”です。少し色着いて来た“草紅葉”と青空のコントラストがとても素敵な空間でした。

ニホンカワトンボ(Mnais costalis)2

FC2PY000826FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 昆虫(Insects) 2015年

以前UPさせていただいた“五色沼”で遭遇した“ニホンカワトンボ”の別CUTです。 “ニホンカワトンボ(日本川蜻蛉)”は、カワトンボ科カワトンボ属の北海道、本州、四国、九州に分布する中型のトンボの一種。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第114回目です。

スノーモンキー(SnowMonkey)28

FC2PW000088FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

ここの子猿たちは人間の子供と一緒で、何気ない仕草の一つ一つが可愛いですし絵になりますね。 (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

サラサドウダン(Enkianthus campanulatus)2

FC2PW003723FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“サラサドウダン(更紗灯台)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道西南部、本州の兵庫県以東、四国の徳島県に分布する落葉低木。子供の頃、実家の庭に植えられていたので懐かしい花です。“フウリンツツジ(風鈴躑躅)”という別名があるようですが、そちらは聞いたことがありませんでした。 @安達太良山

米子(Yonago)1

FC2PW005099FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鳥取(Tottori) 米子(Yonago) 2015年

今年最後の百名山登りは“出雲・松江”の観光を絡めて中国地方の最高峰“大山(だいせん)”と決めていたので、まずは登山口へのバスが出る“米子(Yonago)”の駅にやって参りました。駅のホームには境港行きのラッピング列車が停っていたのですかさずパチリ致しました。時系列ではこのあと“大山(だいせん)”に登るのですが写真のUPは後回しにさせていただきます。

米子(Yonago)2

FC2PW005167FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鳥取(Tottori) 米子(Yonago) 2015年

無事に百名山59座目の“大山(だいせん)”を登り終えた後、まだかなり時間があったので5年ぶりに“境港”を散策することに致しました。前回はバイクでしたが今回は米子駅の“0番ホーム”から列車に乗って向かいます。

レンゲツツジ(Rhododendron molle subsp. japonicum)2

FC2PY000995FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) 2015年

“レンゲツツジ(蓮華躑躅)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道南部から九州に分布する落葉低木。つぼみの形が“蓮華”に似ていることからの命名で、有毒植物としても有名なようです。 @安達太良山

宍道湖(Shinji-ko)3 by空倶楽部

FC2PW005335FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 島根(Shimane) 朝日/夕日(Sunrise/Sunset) 2015年

今回の空倶楽部は久々にお題クリアー出来ました。“大山(だいせん)”登山の翌日に“出雲&松江”を5年ぶりに訪れてみました。出雲でかなり時間を取ってしまったので、松江ではこの“宍道湖(Shinji-ko)”の撮影のみとなってしまいました。絶好の夕日日和だった様で前回撮った場所には多くのカメラマンが集まっておりました。日没からマジックアワーまで約1時間ほど“宍道湖の夕景”を堪能し東京へと戻りました。

ムラサキヤシオツツジ(Rhododendron albrechtii)5

FC2PY000990FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) 2015年

“ムラサキヤシオツツジ(紫八汐躑躅)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道、本州の東北地方および中部地方の日本海側に分布する落葉低木。前に九州や四国の山で見かけた“アケボノツツジ(曙躑躅)”とそっくりだったので混乱してしまったのですが、調べたら殆ど同じ種類の様でした。 @安達太良山

妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi mountaineering)5

FC2PY002048FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi) 2015年

下から眺めてとても美しかった“火打山”なんですが頂上に登ったらこの有様でした(T-T*) 日本海を見下ろす絶景を楽しみにしていたのですがこれ(天候)ばっかしはどうしようもありません。暫く粘ったのですが状況変化せずで、仕方なしで本日泊まる“黒沢池ヒュッテ”へ向かいました。とりあえず“百名山52座目”は無事登頂です。

シロバナイワカガミ(Scizocodon soldanelloides f. leucantha)1

FC2PW003802FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“シロバナイワカガミ(白花岩鏡)”は、イワウメ科イワカガミ属の九州~北海道の高山帯から亜高山帯に分布する多年草。“岩鏡”は岩場に生え、鏡の様に光沢のある葉である事からの命名だそうです。これは白花タイプで初めて出会う事が出来ました。 @那須山

境港(Sakaiminato)1

FC2PW005172FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鳥取(Tottori) 境港(Sakaiminato) 2015年

5年ぶりに訪れた“境港(Sakaiminato)”なんですが、当時に比べ人も少なくかなり寂しい感じになっておりました。前回の時がちょうどNHK朝ドラ“ゲゲゲの女房”の放映中だったこともあり、“水木しげるロード”の歩道が溢れんばかりの賑わいだったので余計そう感じたのかもしれません。とりあえず駅前からカメラ片手の散策を開始いたします。

ガクウラジロヨウラク(Menziesia multiflora var. longicalyx)3

FC2PW003753FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞)”は、ツツジ科ヨウラクツツジ属の北海道~本州中部地方以北の山地~亜高山帯に分布する落葉低木。花が仏像の装身具(瓔珞・ようらく)に似ていて、葉の裏が白いことからの命名のようです。* 花弁がクリーム色、蘂が緑の“珍しい花”だなと思っていたのがこの花の蕾でした。 @那須山

妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi mountaineering)6

9FC2PY002075FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi) 2015年

登山口付近ではまだ夏の様相が色濃い“火打山”なんですが、標高が上がると9月中旬ですが、こんな風に秋を感じさせてくれる色が目に入って来ます。北に行って、上に登っての秋の先取りと言った具合でしょうか。

ウスノキ(Vaccinium hirtum)1

FC2PW003758FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ウスノキ(臼の木)”は、ツツジ科スノキ属の北海道、本州の日本海側、四国の中北部、九州の北部に分布する落葉低木。果実の先端が臼のようにへこむことからの命名のようです。 @那須山

境港(Sakaiminato)2

FC2PW005189FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鳥取(Tottori) 境港(Sakaiminato) 2015年

駅から“水木しげるロード”を東方向へ歩きます。この通りには“妖怪のブロンズ像”が153体(平成24年7月現在)あるようで、多くの皆さんがスタンプラリーの様に1体1体パチリしておりました。記録で撮る分には楽しいブロンズ像なんですが、被写体としては意外にかっこよく撮るのが難しいんですよね(w)

ベニサラサドウダン(Enkianthus campanulatus var. rubicundus)1

FC2PW003814FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ベニサラサドウダン(紅更紗灯台)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道から本州の中国地方に分布する落葉低木。名前の通り以前UPした“サラサドウダン”より紅の濃さが違いますね。 @那須山

妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi mountaineering)7

FC2PY002090FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi) 2015年

“妙高山”から下りの眺めを楽しみながら本日泊まる“黒沢池ヒュッテ”にやって来ました。八角形のユニークな形をしているこの山小屋なんですが、ネットでの評判はあまりよくないんですよね。実際に行ってみると管理人の対応が“あぁ、なるほどな”と言った感じで、食事や施設は問題ない分ちょっと勿体ないなと思いました。(もう一人の中年のスタッフの方は感じ良かったです)

ミヤマツボスミレ(Viola verecunda A.Gray var.fibrilosa)3

FC2PW003824FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマツボスミレ(深山坪菫)”は、スミレ科スミレ属の本州の中部以北~北海道の亜高山~高山に分布する多年草。良くみられる“ツボスミレ(Viola verecunda A.Gray)”の高山型です。@磐梯山

境港(Sakaiminato)3

FC2PW005181FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鳥取(Tottori) 境港(Sakaiminato) 2015年

観光客がまばらな“水木しげるロード”をゆっくり散策したのですが、基本的には5年前とそれ程変わっておらず、写す被写体も帰って来てから確認したら同じ様なのが沢山ありました。 5年分月日が経過して少し味が出てきているのが救いかも知れません(w)

タニギキョウ(Peracarpa carnosa var. circaeoides)1

FC2PW003816FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“タニギキョウ(谷桔梗)”は、キキョウ科タニギキョウ属の北海道・本州・四国・九州に分布する多年草。これは初めて出合った植物なんですが、あまり上手く撮れていないのでリベンジしたいと思っております。 @那須山

妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi mountaineering)8

FC2PY002096FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 妙高&火打山登山(Mt.Myōkō&Hiuchi) 2015年

“黒沢池ヒュッテ”で名物の朝食“焼き立てクレープ”を食した後、直ぐに“妙高山”への登山を開始いたします。最初の登りを上がた所が“大倉乗越”で、それ程ではなかったのですがちょうど空が茜に染まっていたので1枚パチリです。

ガクウラジロヨウラク(Menziesia multiflora var. longicalyx)4

FC2PW003806FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞)”は、ツツジ科ヨウラクツツジ属の北海道~本州中部地方以北の山地~亜高山帯に分布する落葉低木。花が仏像の装身具(瓔珞・ようらく)に似ていて、葉の裏が白いことからの命名のようです。* 花弁がクリーム色、蘂が緑の“珍しい花”だなと思っていたのがこの花の蕾でした。 @那須山

境港(Sakaiminato)4

FC2PW005192FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鳥取(Tottori) 境港(Sakaiminato) 2015年

5年ぶりの“境港(Sakaiminato)”の散策も思いのほか新しい被写体との出会いも無く、少し消化不良気味に“米子(Yonago)”へ戻る事と致しました。収穫と言えば何枚かUPさせていただいた“鬼太郎ファミリートレイン”関連の写真でしょうか(w)

レンゲツツジ(Rhododendron molle subsp. japonicum)3

FC2PY000997FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) 2015年

“レンゲツツジ(蓮華躑躅)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道南部から九州に分布する落葉低木。つぼみの形が“蓮華”に似ていることからの命名で、有毒植物としても有名なようです。 @安達太良山

スノーモンキー(SnowMonkey)29

FC2PW000098FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

この子猿、遊び過ぎでちょっとうとうとしているのかな?看板の上にちょこんと座った姿が愛らしいです。 (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

イタドリ(Fallopia japonica)2

FC2PW003809FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“イタドリ(虎杖)”は、タデ科イタドリ属の北海道西部以南の日本に分布する多年草。若い茎は食用になり、日本各地でいろいろな調理法があるみたいです。子供の頃、茎を生で食べた事がありますが、あまり美味しくなかったような記憶しかありません。 @那須山

米子(Yonago)3

FC2PW005201FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鳥取(Tottori) 米子(Yonago) 2015年

この日は“松江&出雲”の観光の日でしたが、そちらに行く前に“米子”の“昭和萌え”しそうなSPOTをあてもなく探し始めました。結果としてリサーチ不足もあり、撮れたのは“米子ほんどおり”のアーケード商店街くらいでした。もちろん偶然の出合もいいんですが限られた時間の中ではやっぱり下準備は欠かせませんね。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archive
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
252位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
100位
Watch Access ranking>>