那須岳登山(Mt.Nasu mountaineering)5

FC2PY001126FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 那須岳(Mt.Nasu) 2015年

遠足の子供たちを見送り、“峰の茶屋跡”を越えて“朝日岳”へ向かう途中、ふと後ろを振り向くと、先程登った“茶臼山”がでんと聳えておりました。この山はこの角度からの姿が一番カッコいいんじゃないかと思います。

那須岳登山(Mt.Nasu mountaineering)6

FC2PY001139FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 那須岳(Mt.Nasu) 2015年

ここは多分“朝日の肩”辺りではないかと思います。この後、前方に連なる縦走路を“清水平”を越え“三本槍岳”まで行って参りました。縦走路をピストンで“茶臼岳”の肩まで戻りそのままロープウエイ乗り場まで無事下山いたしました。時系列がごちゃごちゃですが(w) 無事“百名山46座目”を登り終えました。

ヤマザクラ(Cerasus jamasakura)2

FC2PW003538FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤマザクラ(山桜)”は、バラ科サクラ属の本州・四国・九州に分布する落葉高木。ヤマザクラは同一地域の個体群内でも個体変異が多く、開花時期、花つき、葉と花の開く時期、花の色の濃淡と新芽の色、樹の形など様々な変異があるようです。葉芽と花が同時に展開していたので、ヤマザクラと同定しております。 @磐梯山

那須岳登山(Mt.Nasu mountaineering)7

FC2PY001164FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 那須岳(Mt.Nasu) イヌ(Dog) 2015年

那須岳(Mt.Nasu) ”は前回で一度〆たのですが、おまけの1枚をUPさせていただきます。この“ワン”は登山口にある“峠の茶屋”で飼われておりました。“ニャン”と違って、なかなか撮る機会が少ない“ワン”なので個人的に嬉しい1SHOTです。これまでの“ワン”達はこちらです。

ガクウラジロヨウラク(Menziesia multiflora var. longicalyx)1

FC2PW003557FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞)”は、ツツジ科ヨウラクツツジ属の北海道~本州中部地方以北の山地~亜高山帯に分布する落葉低木。花が仏像の装身具(瓔珞・ようらく)に似ていて、葉の裏が白いことからの命名のようです。* 花弁がクリーム色、蘂が緑の珍しい花だなと思ったのですが、これは蕾でしたね(w)、こんな「素敵な花」を咲かせるみたいです。


乙女の滝(Otomenotaki)1

FC2PY001168FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 2015年

“那須岳(Mt.Nasu) ”を登ったあと、まだ陽が高かったので“乙女の滝(Otomenotaki)”に寄ってみました。それ程メジャーなSPOTでは無いとは思うのですが、約30分位の撮影中、自分以外誰も訪れた人がいなかったのはちょっと寂しかったです(w)

ツバメオモト(Clintonia udensis Trautv. et Mey)1

FC2PW003534FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ツバメオモト(燕万年青)”は、ユリ科ツバメオモト属の北海道から奈良県以北の本州の山地帯上部~亜高山帯に分布する多年草。 @磐梯山 *一応“ツバメオモト(燕万年青)”でUPしておりますが少し同定に自信がありません。

スノーモンキー(SnowMonkey)23

FC2PW009603FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

落ち込んでいるんでしょうか?、物思いに耽っているのでしょうか? 虚ろな眼差しが何か意味深ですね。 (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

白山登山(Mt.Hakusan mountaineering)1

FC2PY001577FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 白山(Mt.Hakusan) 2015年

7月の下旬に“白山(Mt.Hakusan)”に登って参りました。 富士山、立山と共に“日本三名山(日本三霊山)”にも数えられ、とてもメジャーな山なのでとても楽しみにしていたのですが・・・・・・・・・

ミヤマキンバイ(Potentilla matsumurae)4

FC2PW003522FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマキンバイ(深山金梅)”は、バラ科キジムシロ属の本州中部以北・北海道の低山帯~高山帯に分布する多年草。 @磐梯山

白山登山(Mt.Hakusan mountaineering)2

FC2PY001595FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 白山(Mt.Hakusan) 2015年

夜からは発熱もし始め絶不調に、翌朝は薬で誤魔化しつつ山頂に登り“お池めぐりコース”を散策後、下山したのですが、足の踏ん張りが利かずこれまでになく辛いものでした。おまけに殆ど降雨はありませんでしたが、曇天&ガスで風景写真も全然撮れずで、非常に残念な感じでございました。(これは奇跡の1枚ですw) 救いとしては天候に関係ない“高山植物”が撮れた位でしょうか。東京に帰って来て熱を計ったら“40℃”オーバーで、数日体調が戻りませんでした(T-T*) 無事とは言いずらいですが“百名山47座目”を登り終えました。 ここは必ずリベンジいたします!!

ヒメイチゲ(Anemone debilis)1

FC2PW003543FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ヒメイチゲ(姫一華)”は、キンポウゲ科イチリンソウ属の北海道、本州の近畿地方以北の亜高山~高山帯に分布する多年草。 @磐梯山

奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake mountaineering)1

FC2PY001647FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake) 北アルプス登山ツーリング 2015年

今年の夏休みは“北アルプス5山登山ツーリング”に出かけてまいりました。前半は“上高地”ベースで“奥穂.槍ヶ岳&焼岳”の3山を、後半は“室堂”ベースで“立山&剣岳”の2山の登頂を目指しました。何時ものように“沢渡”にバイクを止めシャトルバスで“上高地”へ、この日は宿泊地の“涸沢”に向かいました。“上高地~涸沢”間の一部データを間違って消してしまい、あまりマトモな写真も無いので取り敢えず1枚目は“清水川の梅花藻”でもUPしておきます(w)

アオスジアゲハ(Graphium sarpedon)2

FC2PY005285FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED75-300mm/F4.8-6.7II 昆虫(Insects) 2015年

今回のむし倶楽部は久々に目黒川緑道へ“ムシ&花”を撮りに行った時の写真です。年末年始に“中南米”でネイチャー系の写真を撮ってこようと思い新規導入した“ED75-300mm/F4.8-6.7II ”のデビュー戦でもあります。テレコン着けての“ED40-150mm/F2.8”も考えたのですが治安と機動力を考え却下となりました。“アオスジアゲハ(青条揚羽)”は、アゲハチョウ科アオスジアゲハ属の本州以南に分布するアゲハ蝶の仲間。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第112回目です。

スノーモンキー(SnowMonkey)24

FC2PW009927FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

やっぱり人間の世界同様、おサルの中でも“イケメン”とそうじゃないのがちゃんといますねw この子なんかは将来有望の様な気がします。 (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

未同定(unidentified)10

FC2PW003529FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

ヤナギ科の植物だと思うのですが同定できませんでした。 どなたか分かる方いらっしゃったら教えてください。@磐梯山

奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake mountaineering)2

PY001657FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake) 北アルプス登山ツーリング 2015年

何故か一部データを消してしまい、お約束の“河童橋からの奥穂高”の数枚が無くなっておりました(T-T*) とりあえず“徳沢”へ向かう途中の“梓川”沿いからの1枚をUPしておきます。数年前までは“紅葉&高山植物”を撮るために山には入っていましたが、“百名山”の山頂を目指すようになるとは夢にも思いませんでした。人生ってわからないものですね(w)

ハルジオン(Erigeron philadelphicus)5 with 8na8na-club

FC2PW002752FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2015年

本当に「柵く花」の在庫が無くなってきました(^-^; “ハルジオン(春紫菀)”はキク科ムカシヨモギ属の日本全国に分布する多年草。 北米原産の帰化植物で大正の中頃に来たものが野生化しているようです。

* awa(photo×photo=365)さん主催の8na8na-clubの104回目の参加でございます。

奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake mountaineering)3

FC2PY001658FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake) 北アルプス登山ツーリング 2015年

“上高地”からほぼ平らな道を、ここ“徳沢キャンプ場”まで歩いて来ました。このキャンプ場は開けていて雰囲気が良いので一度テントを張ってみたいと思っております。この後“横尾”まで、ほぼ平らな道を歩いて行きます。

コンロンソウ(Cardamine leucantha)3

FC2PW003531FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“コンロンソウ(崑崙草)”は、アブラナ科タネツケバナ属の北海道~九州に分布する多年草。花の感じが中国の「崑崙山」に白い雪が降り積もっている様子に似ている事からの命名のようです。@磐梯山

奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake mountaineering)4 by空倶楽部

FC2PY001685FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake) 北アルプス登山ツーリング 2015年

今回の空倶楽部は流れで“涸沢”からの1枚です。“上高地”からほぼ平らな道を“横尾”まで歩き、その先結構辛い登りを凌ぎ、ここ“涸沢”までやって来ました。2011年の“紅葉撮り”以来の再訪でしたが、前回に比べ体力(脚力)がついたせいか、しんどく感じなく登れたことが少し嬉しく感じております(w)

オニシバリ(Daphne pseudomezereum)1

FC2PW003589FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“オニシバリ(鬼縛り)”は、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の福島県以西の本州、四国、九州に分布する常緑小低木。樹皮が強靭で、鬼を縛っても切れないだろうという事での命名の様です。また、夏に一時落葉することから、ナツボウズ(夏坊主)という和名もあります。 @磐梯山

奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake mountaineering)5

FC2PY001708FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake) 北アルプス登山ツーリング 2015年

前回は“涸沢”で“紅葉撮り”を済ませた後下山でしたが、今回の目的は左上方向の“奥穂高岳”の登頂なので勿論上を目指します。まずは中央の帯状の“ザイテングラート”をやっつけ、“穂高岳山荘”へ向かいます。

ヤマザクラ(Cerasus jamasakura)3

FC2PW003516FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤマザクラ(山桜)”は、バラ科サクラ属の本州・四国・九州に分布する落葉高木。ヤマザクラは同一地域の個体群内でも個体変異が多く、開花時期、花つき、葉と花の開く時期、花の色の濃淡と新芽の色、樹の形など様々な変異があるようです。葉芽と花が同時に展開していたので、ヤマザクラと同定しております。 @磐梯山

奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake mountaineering)6

FC2PY001732FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake) 北アルプス登山ツーリング 2015年

“ザイテングラート”は意外とスムースに登れ、“穂高岳山荘”に到着しました。ここで少し休憩&エナジーチャージをし、目の前の岩山の奥に聳える“奥穂高岳”へ向かいます。この岩山、写真では分からないと思うのですが、結構こわいルートなんですよ(w)

コミヤマカタバミ(Oxalis acetosella)5

FC2PW003567FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“コミヤマカタバミ(小深山片喰)”はカタバミ科カタバミ属の本州から九州にかけて分布する多年草。かつては、この植物を煮出して“シュウ酸カルシウム”を抽出していたらしいです。 @磐梯山

奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake mountaineering)7

FC2PY001745FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 奥穂.槍ヶ岳&焼岳登山(Mt.Okuho.Yari&Yake) 北アルプス登山ツーリング 2015年

結構こわいルートを登り終え、日本で3番目に高い山“奥穂高岳”の山頂に到着です。これは北側方向の眺望で、祠の左には次に登る予定の先が尖がった“槍ヶ岳”の姿が見えます。南西側は前にUPした“ジャンダルム(gens d'armes)”で、その左下には最初の登り口の“上高地”が見渡せました。北アルプスの名峰の一つに初めて登れた満足感が込上げてきた瞬間でした。“百名山48座目”を無事登り終えました。

タニウツギ(Weigela hortensis)1

FC2PW003578FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“タニウツギ(谷空木)”は、スイカズラ科タニウツギ属の北海道の西側、本州の東北、北陸、山陰地方に分布する落葉低木。田植えの時期に花が咲くので「田植え花」としても知られているらしいです。@磐梯山

ミヤマツボスミレ(Viola verecunda A.Gray var.fibrilosa)1

FC2PW003573FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ミヤマツボスミレ(深山坪菫)”は、スミレ科スミレ属の本州の中部以北~北海道の亜高山~高山に分布する多年草。良くみられる“ツボスミレ(Viola verecunda A.Gray)”の高山型です。@磐梯山

サワオグルマ(Senecio pierotii)1

FC2PW003590FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“サワオグルマ(沢小車)”は、キク科キオン属の本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。@磐梯山
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Archive
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
603位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
232位
Watch Access ranking>>