ベニバナイチヤクソウ(Pyrola asarifolia subsp. incarnata)2

FC2P6240657FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)”は、ツツジ科イチヤクソウ属の北海道、本州中部地方以北の山地帯から高山帯下部に分布する多年草@岩手山

ウコンウツギ(Weigela middendorffiana)4

FC2P6240686FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“ウコンウツギ(鬱金空木)”は、スイカズラ科タニウツギ属の北海道~東北地方北部の亜高山帯に分布する落葉低木@岩手山

ツマキチョウ(Anthocharis scolymus)1

FC2P6240577FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2018年

“ツマキチョウ(褄黄蝶)”は、アゲハチョウ上科シロチョウ科の北海道・本州・四国・九州に分布する蝶の一種。ちなみに“成虫”はこんな感じです。同定にはあまり自信はございません。@岩手山

コマクサ(Dicentra peregrina(Rudolph)Makino)3

FC2P6240711FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“コマクサ(駒草)”は、ケマンソウ科コマクサ属の北海道から中部地方の高山帯に自生する多年草。他の植物が生育できないような厳しい環境に生育することから“高山植物の女王”と呼ばれております。@岩手山

ウスユキソウ(Leontopodium japonicum)6

FC2P6240670FC2.jpgOLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“ウスユキソウ(薄雪草)”は、キク科ウスユキソウ属の北海道~九州の低山帯~亜高山帯に分布する多年草。ヨーロッパで“エーデルワイス”と呼ばれているのがこの種の仲間です。@岩手山

笠ヶ岳登山(Mt.Kasagatake mountaineering)1 by空倶楽部

FC2PY008845FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 笠ヶ岳(Mt.Kasagatake) 2018年

今回の空倶楽部は、7月下旬に行ってきた“笠ヶ岳”からの一枚です。標高差1700mのきつい“笠新道”登り切ると、約1:20分ほど“笠ヶ岳”へと続く気持ちの良い稜線歩きが続きます。右奥の笠の様な姿の山が名前の通り“笠ヶ岳”です。 一年ぶりでしたがやっぱり北アルプスの登山はいつ来てもいいものですね♪

シラネアオイ(Glaucidium palmatum)3

FC2P6240709FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“シラネアオイ(白根葵)”は、キンポウゲ科(シラネアオイ科)シラネアオイ属の北海道~本州中北部の日本海側に分布す多年草。日光白根山に多く、花がタチアオイに似ていることからの命名で、“山芙蓉(やまふよう)”という別名があるようです。@岩手山

ミヤマカラマツ(Thalictrum filamentosum var. tenurum)8

FC2P6240738FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2017年

“ミヤマカラマツ(深山唐松)”は、キンポウゲ科カラマツソウ属の北海道~九州の亜高山帯~高山帯に分布する多年草。@岩手山

タニウツギ(Weigela hortensis)2

FC2P6240614FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“タニウツギ(谷空木)”は、スイカズラ科タニウツギ属の北海道の西側、本州の東北、北陸、山陰地方に分布する落葉低木。田植えの時期に花が咲くので「田植え花」としても知られているらしいです。@岩手山

ドバイ(Dubai)36

FC2P5060240FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ ドバイ(Dubai) 中東(M.East2018) ネコ(Cat) 2018年

これは“ドバイ(Dubai)”で泊ったホテルの近くの裏路地で撮ったニャンです。若い女性が丁度エサをあげていたところで、3匹のニャンたちが集まっておりました。 痩せ方を見ているときっと久々の食事の様な気がします。


きららとジュレさん主催の“にゃ~にゃ~の日”の35回目の参加でございます。

サンカヨウ(Diphylleia grayi)2

FC2P6240723FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“サンカヨウ(山荷葉)”は、メギ科サンカヨウ属の本州中部以北から北海道、大山の深山に分布する多年草。この濃い青紫色で白い粉を帯びた実は甘くて食用になるようです。@岩手山

エゾツツジ(Therorhodion camtschaticum)3

FC2P6240649FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“エゾツツジ(蝦夷躑躅)”は、 ツツジ科ツツジ属の本州北部(早池峰山・岩手山・秋田駒ヶ岳)と北海道の高山に分布する落葉低木。@岩手山

オオカメノキ(Viburnum furcatum)4

FC2P6240772FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“オオカメノキ(大亀の木)”は、 スイカズラ科ガマズミ属の北海道、本州、四国、九州に分布する落葉木。虫が好むということで“ムシカリ(虫狩)”という別名もあるようです。 @岩手山

歌舞伎(Kabuki)3

FC2PY009088FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 歌舞伎(Kabuki) 2018年

チョット前になりますが、8月下旬に3度目の“歌舞伎”の観劇へ行って参りました。“夜の部”“昼の部”と来て今回は初の8月納涼歌舞伎(3部制)の観劇です。演目は早変わりと宙乗りが見所の“東海道中膝栗毛”と“雨乞其角”でした。“九代目市川中車(香川照之)”と息子“市川團子”の共演なんかも楽しかったです。歌舞伎座自体ちゃんと撮ったことが無かったので取敢えず抑えの1枚パチリしました。

ツマグロヒョウモン(Argyreus hyperbius)13

FC2P9179237FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2018年

“ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)”はタテハチョウ科ツマグロヒョウモン属の南西諸島、九州、四国、本州南西部に分布するチョウの一種。1980年代まで近畿地方以西でしか見られなかったのが、今では関東地方でも普通に見られるようになっています。きっと温暖化の影響なんでしょうね。@目黒川緑道

ヒガンバナ(Lycoris radiata)24

FC2P9179127FC2p.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) パートC(PartC) 2018年

今年の“彼岸花”はお手軽近所の目黒川緑道での撮影です。今年は普通の現像だけでなく色々な“アートフィルター”で表現してゆこうと思います。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

池尻大橋(Ikejiri-Ohhashi)15

FC2PY009097FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 東京(Tokyo) 池尻大橋(Ikejiri-Ohhashi) スナップ(snap) 2018年

久々に自宅ベランダからの一枚です。9月の上旬の朝、爽やかな青空が拡がっておりました。ただただ“晴れている空に雲が浮かんでいる”それだけなんですが、何か幸せな気持ちにさせられてしまいます。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)25

FC2P9179202FC2bb.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) ブリーチバイパス(Bleachbypass) 2018年

今回は“ブリーチバイパス(Bleachbypass)”での現像です。多分初めての使用だと思うのですが渋めの表現が中々いい感じのように思います。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

平ヶ岳登山(Mt.Hiragatake mountaineering)1 by空倶楽部

FC2PY009182FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 平ヶ岳(Mt.Hiragatake) 2018年

今回の空倶楽部は、9月最後の連休に行ってきた“越後駒ヶ岳&平ヶ岳”の登山旅行からの一枚です。両山とも天候にめぐまれ、雨でキャンセルした夏の“登山ツーリング”時のリベンジはキッチリ果たしました(w) ここが頂上からの景色なんですが、山の名前の通り“平坦”で池塘がある高層湿原が拡がっておりました。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)26

FC2P9179201FC2wc.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) ウォーターカラー(Watercolor) 2018年

今回は“ウォーターカラー(Watercolor)”での現像です。これも多分初めての使用だと思います。“リーニュ・クレール”同様に写真と言って良いものかと言う表現なんですが、個人的にはまあまあ許せるかなと思っております。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)27

FC2P9179201FC2vi.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) ヴィンテージ(Vintage) 2018年

今回は“ヴィンテージ(Vintage)”での現像です。これも殆ど使ったことが無いと思います。多分、風景やポートレイトなんかでの使用を想定されているのだと思いますが、こんな感じで花なんかもなかなか雰囲気がでて良い様に思います。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです

ヒガンバナ(Lycoris radiata)28

FC2P9179184FC2cp.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) クロスプロセス(Crossprocessing) 2018年


今回は“クロスプロセス(Crossprocessing)”での現像です。これもあまり花とかには使ったことが無いと思います。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)29

FC2P9179274FC2tp.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) トイフォト(Toyphoto) 2018年

今回は白花のヒガンバナを“トイフォト(Toyphoto) ”での現像です。“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

シラネアオイ(Glaucidium palmatum)4

FC2P6240704FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“シラネアオイ(白根葵)”は、キンポウゲ科(シラネアオイ科)シラネアオイ属の北海道~本州中北部の日本海側に分布す多年草。日光白根山に多く、花がタチアオイに似ていることからの命名で、“山芙蓉(やまふよう)”という別名があるようです。@岩手山

ヤマオダマキ(Aquilegia buergeriana)3

FC2P6240601FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“ヤマオダマキ(山苧環)”は、キンポウゲ科オダマキ属の北海道~九州に分布する多年草。「苧環」は紡いだ麻糸を空洞の玉のように巻いたもの。「オダマキ」の花が内側に曲がって咲き、糸巻きの枠のように見えることから名づけられたそうです。距と萼片の色が紫褐色なのが「ヤマオダマキ(山苧環)」となりす。@岩手山

ヤマトシジミ(Pseudozizeeria maha)9

FC2P9179111FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2018年

“ヤマトシジミ(大和小灰蝶、大和蜆蝶)”はチョウ目シジミチョウ科の本州以南に分布する。関東以西でもっとも普通に見られるチョウの一つとの事です。

ガクウラジロヨウラク(Menziesia multiflora var. longicalyx)5

FC2P6240639FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2018年

“ガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞)”は、ツツジ科ヨウラクツツジ属の北海道~本州中部地方以北の山地~亜高山帯に分布する落葉低木。花が仏像の装身具(瓔珞・ようらく)に似ていて、葉の裏が白いことからの命名のようです。@岩手山

ハクサンチドリ(Dactylorhiza aristata)2

FC2P6240634FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“ハクサンチドリ(白山千鳥)”は、ラン科ハクサンチドリ属の北海道~中部地方以北の高山帯に分布する多年草。白山に多く、花の付き方が千鳥の飛ぶ姿に似ていることからの命名の様です。@岩手山

ミヤマハンショウヅル(Clematis alpina ssp. ochotensis)3

FC2P6240712FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2018年

“ミヤマハンショウヅル(深山半鐘蔓)”は、キンポウゲ科センニンソウ属の北海道~関東・中部地方の亜高山帯~高山帯に自生するつる性低木。学名の通り“クレマチス”の一種です。命名は深山に生え、花の形が火事の時に鳴らす半鐘に似ていることからのようです。@岩手山

鳥海山登山(Mt.Cyoukai mountaineering)2 by空倶楽部

FC2PY008973FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 鳥海山(Mt.Cyoukai) 2018年

今回の空倶楽部は夏休みに行ってきた“登山ツーリング”からの一枚で、下山後に庄内平野から撮った“鳥海山”の様子です。夏の庄内平野は緑の水田が拡がっている雄大な風景が素晴らしく、バイクを歩道に止めてついつい撮ってしまいました。偶然ですがお題の「鉄塔と空」もクリアー出来ておりました(w)
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archive
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough ♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
240位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
87位
Watch Access ranking>>