上野恩賜公園(Ueno Park)1

FC2P5211140FC2DT.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED7-14mm/F2.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) 上野恩賜公園(UenoPark) ドラマチックトーン(DramaticTone) 2016年

5月に“生誕300年記念 若冲展”へ行った時に、ついでに“上野恩賜公園(UenoPark)”で撮った写真たちのPart1です。これは“若冲展”の恐るべき長蛇の列を記憶(記録)を残そうと撮ったもので、これを見るとその時の暑さや、辛抱して並んだ事が鮮明に甦ってきます。


キバナシャクナゲ(Rhododendron aureum)3

FC2PY001887FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“キバナシャクナゲ(黄花石楠花)”は、ツツジ属シャクナゲ亜属の北海道から中部地方の高山帯に自生する低木。@幌尻岳

イワブクロ(Pennellianthus frutescens)2

FC2PY001862FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“イワブクロ(岩袋)”は、ゴマノハグサ科イワブクロ属の北海道から東北地方の高山帯に自生する多年草。@幌尻岳

上野恩賜公園(Ueno Park)3

FC2P5211123FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED7-14mm/F2.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) 上野恩賜公園(UenoPark) リーニュ・クレール(ligneclaire) 2016年

5月に“生誕300年記念 若冲展”に行っ時に、ついでに“上野恩賜公園(UenoPark)”で撮った写真たちのPart3です。これは“上野東照宮”の様子です。“東照宮”と言えばすぐに思い浮かぶのは“日光”なんですが、ここ“上野”も小規模ながらなかなかのもので御座いました。社寺仏閣はどうしても同じような表現になりがちなので、思い切って“リーニュ・クレール(ligneclaire)”で遊んでみることに致しました。

エゾノタカネヤナギ(Salix yezoalpina)1

FC2PY001886FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“エゾノタカネヤナギ(蝦夷高嶺柳)”は、ヤナギ科ヤナギ属の北海道(利尻山、大雪山系、夕張山地、日高山地、増毛山地、羊蹄山)の高山地帯に分布する落葉低木。@幌尻岳

上野恩賜公園(Ueno Park)4

FC2PY000217FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED7-14mm/F2.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) 上野恩賜公園(UenoPark) ジオラマ(diorama) 2016年

5月に“生誕300年記念 若冲展”に行っ時に、ついでに“上野恩賜公園(UenoPark)”で撮った写真たちのPart4です。これは“若冲展”の長蛇に並ぶのを回避したときに、仕方なしに訪れた“東京都恩賜上野動物園”の整備中の入場門です。仕方なしに入ったのですが、思いもかけず魅力的な動物たちに出合え充実した時間を過ごすというステキな落ちとなりました♪

イワヒゲ(Cassiope lycopodioides (Pall.) D.Don)1

FC2PY001866FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“イワヒゲ(岩髭)”はツツジ科イワヒゲ属の本州中部地方以北、北海道の高山帯に分布する常緑小低木。@幌尻岳

上野恩賜公園(Ueno Park)5

FC2P5211150FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED7-14mm/F2.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) 上野恩賜公園(UenoPark) ハイダイナミックレンジ合成(HDR) 2016年

5月に“生誕300年記念 若冲展”に行っ時に、ついでに“上野恩賜公園(UenoPark)”で撮った写真たちのPart5です。これは“国立科学博物館”の脇に展示されている“シロナガスクジラ”の実物大の彫刻です。レンズが“7-14mm”なので全体を入れる事は可能は可能だったのですが、しっくり来るのが撮れずで、結局この構図となりました(w)

ウラジロタデ(Aconogonon weyrichii)1

FC2PY001869FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“ウラジロタデ(紅虎杖)”は、タデ科オンタデ属の北海道、本州中北部(八甲田山、岩木山、谷川岳、利根川源流部、日光、北アルプス中北部など)の亜高山帯~高山帯に分布する多年草。葉の裏面に白色の綿毛が生え、裏面全体が白いことによるからの命名のようです。@幌尻岳

モンシロチョウ(Pieris rapae)5

FC2P9052488FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は9月に中目黒公園で撮った在庫からの一枚です。“モンシロチョウ(紋白蝶)”はアゲハチョウ上科シロチョウ科の全世界の温帯、亜寒帯に広く分布するのチョウの一種。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第145回目です。

上野恩賜公園(Ueno Park)6

FC2P5211148FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED7-14mm/F2.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) 上野恩賜公園(UenoPark) モノクロ(monochrome) 2016年

5月に“生誕300年記念 若冲展”へ行った時に、ついでに“上野恩賜公園(UenoPark)”で撮った写真たちのPart6です。今回は“国立科学博物館”の前に展示されている“国鉄D51形蒸気機関車(デゴイチ)”でございます。子供の頃、地元の図書館にも展示されていて個人的に馴染みの深い機関車です。1936年(昭和11年)から1945年(昭和20年)までの間に1,115両も製造された人気機種で、当時“きかんしゃやえもん”なんていうアニメも流行りましたね。調べて原作が“阿川弘之”だったのにはちょっと驚きました(w)

エゾノツガザクラ(Phyllodoce caerulea)4

FC2PY001871FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)”は、ツツジ科ツガザクラ属の北海道~東北地方以北の高山帯に自生する常緑小低木。@幌尻岳

上野恩賜公園(Ueno Park)7

FC2P5180913FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) 上野恩賜公園(UenoPark) 2016年

5月に“生誕300年記念 若冲展”へ行った時に、ついでに“上野恩賜公園(UenoPark)”で撮った写真たちのPart6です。本当は“パンダ”メインで行きたかったのですが、ぶら下がっている状態から“キリン”がメインになってしまっております。その無表情さがちょっとシュールな感じです(w)

ミヤマハンショウヅル(Clematis alpina ssp. ochotensis)2

FC2PY001875FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“ミヤマハンショウヅル(深山半鐘蔓)”は、キンポウゲ科センニンソウ属の北海道~関東・中部地方の亜高山帯~高山帯に自生するつる性低木。学名の通り“クレマチス”の一種です。命名は深山に生え、花の形が火事の時に鳴らす半鐘に似ていることからのようです。@幌尻岳

東新橋から(from Higashi‐Shinbashi)1

FC2PY000456FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 東京(Tokyo) スナップ(snap) 2016

東新橋にある高層タワーマンションからの眺望で、眼下に拡がっている公園が“浜離宮恩賜庭園(Hamarikyu Gardens)”です。ここには2010年の“ブラタモリ”の放送でかなり興味を持ったのですが“近いからいつでも行けるの法則”で未だに訪れた事がございません(T-T*) 正面のちょっと右あたりが今話題の“豊洲市場”辺りじゃないかと思います。


ヒメイワショウブ(Tofieldia okuboi)1

FC2PY001873FC2_20161005150431547.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“ヒメイワショウブ(姫岩菖蒲)”は、チシマゼキショウ科イワショウブ属の北海道、本州の中部地方以北の亜高山帯~高山帯に自生する多年草。普通の“イワショウブ”だと思ったのですが、北海道には自生していない様なので“ヒメイワショウブ”と同定いたしました。@幌尻岳

北アルプス縦走(NorthernAlpsTraverse)3 by空倶楽部

FC2P8110168FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 北アルプス縦走(NorthernAlpsTraverse) 2016年

今回の空倶楽部はお題の“夕焼け空”と言うことで、8月8日夜~16日深夜まで行ってきた“夏休み登山”からのPART3です。これは2日目に泊まった“雲ノ平山荘”からの“水晶岳(すいしょうだけ)”方向の夕焼けです。憧れだった“雲ノ平”は天候にも恵まれ、山小屋も空いていてと、言うことなしの滞在でした♪

イワギキョウ(Campanula lasiocarpa)8

FC2PY001879FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“イワギキョウ(岩桔梗)”はキキョウ科ホタルブクロ属の北海道~中部地方の高山に分布する多年草。@幌尻岳

北アルプス縦走(NorthernAlpsTraverse)4

FC2P8100153FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 北アルプス縦走(NorthernAlpsTraverse) 2016年

8月8日夜~16日深夜まで行ってきた“夏休み登山”からのPART4です。これも前回同様、2日目に泊まった“雲ノ平山荘”からの夕焼けで、方向的には西なので、見えているのは“北ノ俣岳&太郎山”辺りじゃないかと思います。

ウサギギク(Arnica unalascensis var. tschonoskyi)6

FC2PY001889FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“ウサギギク(兎菊)”は、キク科ウサギギク属の本州中部以北・北海道帯の亜高山帯~高山帯に分布する多年草。@幌尻岳

ミヤマアズマギク(Erigeron thunbergii subsp. glabratus)3

FC2PY001888FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“ミヤマアズマギク(深山東菊)”は、キク科ムカシヨモギ属の北海道〜中部地方以北の高山帯に分布する多年草。“マアズマギク”の高山型の亜種だそうです。@幌尻岳

築地(Tsukiji)25

FC2PW005492FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 築地(Tsukiji) 東京(Tokyo) パートC(PartC) 2015年

昨年、築地に行った時に撮った写真です。“築地本願寺”の脇の緩い坂道に連なって置かれた自動販売機です。よく見ると販売機をキャンバスとして“築地本願寺”の正面からの図が描かれているんですよね。こういう遊びなかなか素敵だと思います♪

チシマノキンバイソウ(Trollius riederianus)2

FC2PY001899FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“チシマノキンバイソウ(千島金梅草)”は、キンポウゲ科キンバイソウ属の北海道の亜高山帯~高山帯に分布する多年草@幌尻岳

谷根千(Yanesen)1

FC2PY000012FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) 谷根千(Yanesen) パートC(PartC) 2015

ビックリしたのが“谷根千(Yanesen)”に関する写真なんですが、実はこのブログでは初めてのUPでございました。数年前から何度か撮りに行っているエリアでしたし、ブログにも多数UPした記憶があったのですが、どうやら今は更新していない前のブログのようでした(;^_^A  多分、HDを漁れば何かしらの写真は出てくると思いますので、ちょくちょくUPして行きたいと思っております。

エゾヒメクワガタ(Veronica stelleri var. longistyla)2

FC2PY001883FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“エゾヒメクワガタ(蝦夷姫鍬形)”は、オオバコ科クワガタソウ属の北海道の亜高山帯から高山帯に分布する多年草@幌尻岳

ニッコウキスゲ(Hemerocallis middendorffii var. esculenta)11

FC2PY001900FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“ニッコウキスゲ(日光黄菅)”は、ユリ科ワスレグサ属の北海道~本州(中部地方以北)の山地~亜高山に分布する多年草。“ゼンテイカ(禅庭花)”と言う別名があり、どちらかと言うとこちらが正式名の様です。“キスゲ”は花が黄色で葉がカサスゲ(笠萓)に似ている事から命名です。@幌尻山

オンブバッタ(Atractomorpha lata)4

FC2P9052413FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 昆虫(Insects) 2016年

今回の“むし倶楽部”は9月に中目黒辺りで撮った在庫からの一枚です。“オンブバッタ(負飛蝗)”は、 オンブバッタ科オンブバッタ属の日本全土に分布するバッタの一種。 “オンブバッタ”は交尾時以外でもオスがメスの背中に乗り続け「おんぶ」状態がよく観察される事からの命名です。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第146回目です。

ギンリョウソウ(Monotropastrum humile)3

FC2PY001905FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ギンリョウソウ(銀竜草)”は、シャクジョウソウ亜科ギンリョウソウ属の日本全土の山地に分布する多年草。腐生植物としてはもっとも有名なものの一つで、ユウレイタケという別名があります。@幌尻岳

エゾノツガザクラ(Phyllodoce caerulea)5

FC2PY001892FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)”は、ツツジ科ツガザクラ属の北海道~東北地方以北の高山帯に自生する常緑小低木。@幌尻岳

ミヤマキヌタソウ(Galium nakaii Kudo)1

FC2PY001907FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2016年

“ミヤマキヌタソウ(深山砧草)”はアカネ科エムグラ属の北海道~本州(東北地方)の亜高山に分布する多年草。@幌尻岳
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
Archive
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
406位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
151位
Watch Access ranking>>