高野山(Kōya-san)5

FC2P4270035FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

これは“壇上伽藍”の境内にあるお堂にかかっていた“五色幕(ごしきまく)”です。よく目にはするのですがどう言うものかよく分からなかったので調べてみたら、仏教の寺院であることを表し、特別な行事が執り行われる際に正面に取付けられる幕だそうです。古びた建物もこの“五色幕”で一気に華やかな雰囲気に変わってしまいますね。

高野山(Kōya-san)6

FC2P4270050FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

これは“金剛峯寺”の西の門で見かけた“釘隠し”です。これもお城やお寺とかでよく目にはするのですが、正式名称は知りませんでした。花飾りみたいなのは、実は葉を模しているようで“六葉釘隠”というそうです。色々知らないことが多いので勉強になります(w)

高野山(Kōya-san)7

FC2P4270075FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

駆け足でしたが東側の見どころの“金剛峯寺”や“壇上伽藍”での撮影を終え、西の“奥の院”へやって参りました。GWちょっと前の雨の夕刻、人影もまばらで本当に雰囲気がありました。負け惜しみではなくここに限っては雨が降ってて本当に良かったように思います。

パナマシティ(Panama City)3 by空倶楽部

FC2P1021411FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ パナマシティ(PanamaCity) 中米(CentralAmerica2015~16) ハイダイナミックレンジ合成(HDR) 2016年

今回の空倶楽部は適当な在庫もなかってので、時系列は違ってきますが、今話題?の“パナマ(Panama)”の空をお届けいたします(w) これは世界遺産の“パナマシティ(PanamaCity)”の旧市街から、新市街を望んだ1枚で、どうしても“ブーゲンビリア”のピンクを活かしかったので“HDR”で撮ってみました。

高野山(Kōya-san)8

FC2P4270055FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

“空海の御廟”へ向かう参道である“奥の院”は“一の橋”からが結界となっていて、その先は“人間の世界”ではないと言われているそうです。確かに先入観なしで訪れても“何か”を感じさせる雰囲気はありますね。

高野山(Kōya-san)9

FC2P4270081FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

“奥の院”の参道には“豊臣秀吉、織田信長、石田光成、明智光秀”などの錚々たる戦国武将の墓があることで有名なんですが、もう一つ外せないのがこの“お化粧地蔵”さんなんですよね。この地蔵様お化粧をしてあげると綺麗になるという言い伝えがあるそうで、自分は現場は見れませんでしたが、TVの旅番組の時はかなりお年を召した方が一生懸命でした(w)

ジャイアントパンダ(Ailuropoda melanoleuca)1

FC2P5180485FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 上野動物園(UenoZoo) モノクロ(monochrome) 2016年

今回のにゃ~にゃ~の日は突然の“ジャイアントパンダ”で申し訳ございません<(_ _)> 一応、和名は“大熊猫”なんで笑って許してやって頂ければと思います(w) 18日に休みが取れたので“若冲展”へ行こうと上野の東京都美術館に訪れたのですが、平日午前中の早い時間にもかかわらず“240分(4時間)待ち”の長蛇の列ですぐさまGivePu致しました。“若冲展”の後、移転する“築地”を撮ろうとそれなりのカメラとレンズの準備はしていたので、急遽、美術館の隣にあった“上野動物園”での動物撮影大会へと切り替える事と致しました。動物園ではそこそこ面白いのが撮れたのでいづれUPしてゆこうと思っております。


きららとジュレさん主催の“にゃ~にゃ~の日”の13回目の参加でございます。

生誕300年記念 若冲展(The 300th Anniversary of his Birth:Jakuchu)

FC2PY000240FC2_20160522075243de6.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 パートC(PartC) 2016年

昨日、18日(パンダ撮った日)のリベンジで“生誕300年記念 若冲展”へ行って参りました。前回の失敗を踏まえ朝の7時頃には美術館に到着したのですが、すでに“ゴルフのロングホール”程の長蛇の列が出来上がっておりました。通常なら9:30AM開室のところ、主催者も気を利かせて8:00AMには入室スタートさせておりました。ベタで恐縮なんですが“動植綵絵(30幅)”と“鳥獣花木図屏風”は期待以上で圧巻でした。“動植綵絵”に関しては緻密な線描が知られているんですが、真直で見ると決して“写実”ではなく、デザインして描かれているんですよね(そのデフォルメの妙が素晴らしい!)。また、“若冲”はお金持ちで良い絵の具を使って描いているので、絵の鮮やかさが半端じゃないんですよ(昨日描いたと言われても信じてしまうほど)。“鳥獣花木図屏風”は18世紀制作の作品なんですが、現代アートとしても見ても秀逸だと思います。1.2cm四方の升目(約8万6000枚)で構成されているのですが、その手法が斬新なのとポップな描写・色使いが大変気に入りました。これ程してまで労力を費やして鑑賞した美術展はこれまで無かったのですが、今回はその苦労が報われました♪

高野山(Kōya-san)10

FC2P4270067FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

いよいよ“奥の院”の参道を“御廟橋”のところまで歩いてまいりました。この先にあるのが最奥部の“弘法大師御廟”で、ここでは現在も“空海”が往きて禅定を続けているとされているんですよね。(1200年間もの間、ずっと1日2回食事が運ばれています) 故にとても神聖な場所され、撮影もこの“御廟橋”までということで御座いました。“信じるか信じないかはあなた次第”の世界なんですが、平成の世、まだこんなミステリーな話が残っているというのも日本は奥深いですね。

高野山(Kōya-san)11

FC2P4270099FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

あまり時間的余裕のなかった“高野山”の散策だったのですが、とりあえず押さえる所は押さえる事が出来たので“宿坊”へと戻りました。程なく用意されたのがこの“精進料理”で、アルコールとともに舌鼓を打ちました。“精進料理”は勿論初めてではないんですが、ここまで本格的なのは未体験でした。見た目の美しさもさることながら味も正直美味しかったし、本当に久しぶりにリラックスして良い食事が出来たなという感じでした♪

高野山(Kōya-san)12

FC2P4280108FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

“宿坊”での美味しい“精進料理”を食べた後は、長時間のバイク移動と“高野山”の散策による疲れで爆睡でした。6:30分のからの“朝のお勤め”のあと“大峰山”へと出発するまでの間、少しばかり泊まった“持明院”の様子を撮ってみました。

シロバナタンポポ(Taraxacum albidum)7

FC2P4090038FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

“シロバナタンポポ(白花蒲公英)”は、キク科タンポポ属の本州関東以西、四国、九州に分布する多年草。日本在来種で西の方ほど多いらしいです。

オオイヌノフグリ(Veronica persica)34

FC2P4090191FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

“オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢紫)”は、ゴマノハグサ科クワガタソウ属のヨーロッパ原産の帰化植物で畑や道端、公園などに普通にはえる越年草。「瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳」と言う素敵な別名が有るようです。

イモカタバミ(Oxalis articulata DC)5

FC2P4090690FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

“イモカタバミ(芋片喰)”は、カタバミ科カタバミ属の南アメリカ原産の多年草。江戸時代末期に観賞用として入り現在は帰化植物となっている。「フシネハナカタバミ(節根花片喰)」という別名もある様です。

タチイヌノフグリ(Veronica arvensis)4

FC2P4090128FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

“タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)”は、オオバコ科クワガタソウ属のヨーロッパ・アフリカ原産の多年草。明治初期に渡来した帰化植物で、日本では本州~九州に分布しているようです。東京では見られそうで、なかなか見られない植物の一つだと思います。

キュウリグサ(Trigonotis peduncularis)6 雑草倶楽部

FC2P4090101FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 深度合成(FocusStacking) 2016年

5月の“雑草倶楽部”は、またまた前回に引き続き“深度合成”での撮りおろしです(4月の在庫)。最近の花撮りは専らこの方法にすっかり嵌ってしまっております(w) 今回は何年かぶりに“青山霊園”へ行って参りました。“キュウリグサ(胡瓜草)”は、ムラサキ科キュウリグサ属の日本全土に分布する一年草。古代帰化植物の1つと言われていて、葉っぱや茎を揉むとキュウリの匂いがする事からこの名前になったようです。



高野山(Kōya-san)13

FC2P4280103FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

これは“持明院”の美しい襖絵で、どなたかは分かりませんが、多分“狩野派”の画家の作のように思います。絵とは関係ないのですが“高野山”での“外国人観光客”の多さは凄かったですね。歩いていても目立つのは外国の方ばかり、宿坊の“朝のお勤め”なんか、参加者の80%位が外国の方でした!これから日本の観光地はどんどんこんな感じになって行くんでしょうね。

高野山(Kōya-san)14

FC2P4280109FC2_20160515154629205.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング 2016年

これは泊まったお部屋の“広縁”からの中庭の眺めです。新録の“モミジ”の奥には見事な“枝垂れ桜”の花が・・・・・・・ 本当に日本って好いなと思わせる風景です。こんなシーンをパチリした後、百名山の“大峰山”へと向かいました。慌ただしい滞在の“高野山”でしたがいい思い出となりました。

コスタリカ~パナマ(CostaRica~Panamaa)2 by空倶楽部

FC2P1020546FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 空撮(AerialShoot) 中米(CentralAmerica2015~16) 2016年

今回の空倶楽部は、以前に“元旦の空”という事でUPした“コスタリカ~パナマ(CostaRica~Panamaa)”のフライト中の1枚の別CUTです。相変わらずゆーるーいUPを続けている“中米(CentralAmerica)”なんですが、もう5ヶ月も前の出来事なんですよね、そろそろスパートをかけて終わらせたいと思っております(w)

パナマシティ(Panama City)4

FC2P1021377FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ パナマシティ(PanamaCity) 中米(CentralAmerica2015~16) 2016年

“コスタリカ~パナマ(CostaRica~Panamaa)”のフライトは快適で無事空港に到着しました。ホテルまでは話題の配車サービス“ウーバー(UBER)”を利用しました。今回の旅はスマホアプリが大活躍でそれ以外でもオフラインで使える地図“MAPS.ME”が本当に便利でした。こう言ったアプリがあると個人での海外旅行がどんどん快適なものになって行きますね♪(写真は泊まったホテルでの1枚です)

ニシローランドゴリラ(Gorilla gorilla gorilla)1

FC2P5180776FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 上野動物園(UenoZoo) 2016年

少し前にちらっと“ジャイアントパンダ”をUPしたのですが、大混雑だった“若冲展”の代わりに行った“上野動物園”での動物撮影大会の様子をこれから少しお届けしたいと思います。東山動物園には“イケメン”すぎて話題になっている“シャバーニ”というゴリラが居るんですが、これはそのお兄さんの“ハオコ”です。弟に負けないほどの“イケメン”ぶりで“上野動物園”でもその人気は急上昇との事らしいです。もうこんな表情されると動物撮影と言うよりか“ポートレイト撮影”ですよね(w)

スマトラトラ(Panthera tigris sumatrae)1

FC2P5180801FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 上野動物園(UenoZoo) 2016年

大型のネコ科と言うと以前にコスタリカの動物園の“ジャガー”をUPしたのですが、今度は“上野動物園”で撮った“スマトラトラ(Panthera tigris sumatrae)”です。習性なんでしょうかジャガーもトラも檻の中で同じコースを何度もトレースするんですよね。撮る方にとっては予想がついて撮りやすいんですが、狭い所を何度も行き来するのを見ると少し哀れな感情が湧いてきてしまいますね。

ホッキョクグマ(Ursus maritimus)1

FC2P5180555FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 上野動物園(UenoZoo) 2016年

この“ホッキョクグマ”はちょっとこわい顔をしているのですが、メスの“デア”では無いかと思います。この動物を見るとついつい“シロクマ”と言ってしまうのですが、正確には“ホッキョクグマ(Polar bear)”なんですよね。話が変わるのですが、心理学に“シロクマ効果”という言葉が有り、“シロクマの事を考えないで下さい”と言われる事で逆にシロクマの事が頭から離れなくなる現象のことだそうです。この効果を狙った手法、タクシーの後部座席で見かける広告でよく使われているような気がします(w)

キバタン(Cacatua galerita)1

FC2P5180598FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 上野動物園(UenoZoo) 2016年

この鳥は“キバタン(黄芭旦)”というオウムの一種で、オーストラリアではとても広く分布していて、穀倉地帯では数が増えすぎて害鳥として扱われているようです。この日は“若冲展”を諦めついでの“上野動物園”だったのですがこんな写真を撮りながら結構楽しんでおりました♪

パナマシティ(Panama City)5

FC2P1020665FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 パナマシティ(PanamaCity) 中米(CentralAmerica2015~16) 2016年

ホテルでチェックインした後すぐさま“ウーバー(UBER)”で、世界遺産に登録されている“パナマシティ(PanamaCity)”の旧市街にやって来ました。“地球の歩き方”の地図ではこのエリアは危険地帯に囲まれていて少しビビッていたのですが、どうやら“旧市街”の内側だけは治安が良さそうで安心しました。まず最初に訪れたのがランドマークの“カテドラル(Catedral Metropolitana)”で、手前の露店で売られているのは勿論“パナマ帽”です。

ツキノワグマ(Ursus thibetanus)1

FC2P5180573FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 上野動物園(UenoZoo) 2016年

この愛嬌のあるポーズをとってくれているのは“ツキノワグマ(月輪熊)”です。北海道に生息する“ヒグマ(緋熊)”と比べ大人しそうな印象もあるんですが、ここ最近の十和田湖付近で3名亡くなる事件も含め、本当に被害は多いようで山に入る機会が多い自分にとっては警戒しなくてはいけない対象でもあるんですよね。   

パナマシティ(Panama City)6

FC2P1021388FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ パナマシティ(PanamaCity) 中米(CentralAmerica2015~16) 2016年

“カテドラル(Catedral Metropolitana)”から徒歩で数分移動して“サンホセ教会(Church of San Jose)”にやって来ました。この教会は17世紀にカリブ海で活躍したイギリス出身の海賊“ヘンリー・モーガン(Henry Morgan)”のパナマ遠征の際に財宝掠奪の標的にはなったそうなんですが・・・・・・・・

パナマシティ(Panama City)7

FC2P1021392FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ パナマシティ(PanamaCity) 中米(CentralAmerica2015~16) 2016年

海賊“ヘンリー・モーガン(Henry Morgan)”のパナマ遠征の際に財宝掠奪の標的にはなった“サンホセ教会(Church of San Jose)”なんですが、その際に当時の人がこの祭壇を漆喰で埋め尽くし難を逃れたとの事でした。“パナマシティ(PanamaCity)”の旧市街には幾つか“カテドラル”があるんですが、ここ以外は貴重なものすべて奪い去られていたんですね。

ケープペンギン(Spheniscus demersus)1

FC2P5180960FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 上野動物園(UenoZoo) 2016年

このペンギンはアフリカの南部に生息する“ケープペンギン”です。実は南アフリカ旅行で野生の個体に会っておりますので数年ぶりの再会?です。ペンギンと言うと氷の上に住むもんだと言う子供の頃からの刷り込みがあったのですが、このペンギンのようにそうじゃないのが多いんですよね。

パナマシティ(Panama City)8 by空倶楽部

FC2P1020667FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 パナマシティ(PanamaCity) 中米(CentralAmerica2015~16) 2016年

今回の空倶楽部は課題をクリアー出来ず、ブログの流れで“サンホセ教会(Church of San Jose)”外観の別CUTです。この写真とかもそうなんですが、逆光時とかコントラストの差が激しい被写体の時なんか“HDR”が本当に重宝します。以前なら違う露出で数枚撮って、高価なソフトで合成なんていう作業をしなくてはならなかったのですが、今は機種によってはシャッター押すだけで全部やって頂けるので気軽だし、よって救われる被写体も多くなりますね♪
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archive
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
480位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
167位
Watch Access ranking>>