スイセン(Narcissus)10 with 8na8na-club

FC2P1290594FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スナップ(snap) 花(Flower) 「柵く花」 2014年

今回の“8na8na-club”先日、久しぶりに花を撮りに行った“目黒川緑道”での1枚です。気合を入れて“ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro”を装着して出かけました。“スイ
セン(水仙)”はヒガンバナ科スイセン属のスペイン、ポルトガルから地中海沿岸地域、アフリカ北部原産の多年草。日本では古来、中国より渡来し多くの場所で野生化してい
るようです。これは八重咲きの“デュエット”という栽培種だとおもいます。


* awa(Dear to you)さん主催の8na8na-clubの51回目の参加でございます。

横浜(Yokohama)27

FC2P2030143FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 横浜(Yokohama) 夜景(NightView) 2014年

久々に、横浜に行ってきました。平日だったので、それほど遅い時間じゃなかったのですが、人通りはとても少なかったです。5月位の気温の日だったので、2月にしては暖
かく撮るのがかなり楽でした。

横浜(Yokohama)28

FC2P2030038FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 横浜(Yokohama) 夜景(NightView) 2014年

横浜(Yokohama)29

FC2P2030023FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 横浜(Yokohama) 夜景(NightView) 2014年

横浜(Yokohama)30 by空倶楽部

FC2P2030020FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 横浜(Yokohama) 夜景(NightView) 2014年

先日、仕事で夕刻に横浜へ行く機会があったので、そのついでに4年ぶりに“横浜ランドマークタワー(Yokohama Landmark Tower)”の展望室に昇ってみました。前も同
じような光景は撮っているのですが、今回は機材とレンズをバージョンUPしての挑戦でした。ここからの眺望って“近未来都市”っぽい感じがして、好きな場所なんですよね♪

渋谷(Shibuya)72

FC2P2090009FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 東京(Tokyo) スナップ(snap) 渋谷(Shibuya) 2014年

一昨日の東京(関東)は20年ぶりの大雪ということで、交通関係の混乱でいろいろ大変でしたが、写真が好きなものにとっては、普段とは違った被写体が撮れる絶好のチャン
スなんですよね♪

マーガレットコスモス(Steirodiscus euryopoides)1

FC2P2090295FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“マーガレットコスモス(秋明菊)”は キク科ユリオプス属の南アフリカ原産の常緑多年草。暑さにも、寒さにも強いことから園芸用として人気があるそうです。雪なんかまるでヘッチャラのようですね。

ラナンキュラス(Ranunculus)3

FC2P2090211FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

“ラナンキュラス”は、個別の花の名前だとずっと思っていたのですが、調べたらキンポウゲ科キンポウゲ(ラナンキュラス)属の植物の総称の事でした。ここでUPしているの
は園芸種のハナキンポウゲ(花金鳳花)です。花の温度で雪が解けて顔を出しておりました。まさに“紅一点”で“日の丸構図”の一枚でございました(w)

ウユニ(Uyuni)54

FC2P1010115FC2cbr.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ウユニ(Uyuni) ウユニ塩湖(SalardeUyuni) 南米(SouthAmerica2013~14) 2014年

初日を除いて、あまりいい姿を見せてくれなかった“ウユニ塩湖(SalardeUyuni)”なんですが、最後の最後、2013~14年の“年越しSUNRISEツアー”でこれ以上無い?素
晴らしい“鏡面&星空”のコラボを拝むことが出来ました。数日振りの“高揚&感動”が甦って来ました。音の無い360°の満天の星空、そしてそれを写す静かな湖面、正に、
星々に包まれているっていう感じです。こんな光景、地球上でもここだけではないでしょうか!? 我ながら持っているなと思いました(w) あと、ここで痛感したのが“星を撮る技
術”の乏しさ・・・・・・・・・・ これは誰かに教えを請うてでも何とかしたいと思いました。



ウユニ(Uyuni)55

FC2P1010091FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ウユニ(Uyuni) ウユニ塩湖(SalardeUyuni) 南米(SouthAmerica2013~14) 2014年

2013~14年の“ミルキーウェイ下の年越しツアー”に参加できた面々の静かな興奮は醒めやみません。遠くに小さく上がるウユニのダウンタウンの年越しの花火が色を添え
ます。ささやかに缶ビールで乾杯の後、“光の軌跡”の撮影をしたり、星空を撮ったり、美しい星空をしみじみ眺めたり、それぞれ充実の時間を過ごします。こんな感動的な年
越しは結構永く生きていますが初めてかもしれません。この場に居られる自分の幸運が少し怖くなりました(w)

ポートレイト(Portrait)1

FC2P2160011FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+LeicaDgNocticron42.5mm/F1.2 ポートレイト(Portrait) 2014年

パシフィコ横浜で開催されていた“CP+2014”に行ってまいりました。今年は個人的に特に注目するものが無かったのでパスしようかな、とも思ったのですが、何か面白いものにでも出合えるかもしれないと、会場にを運んでみました。1番の収穫が“LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2”でした。発売前のデモレンズがあったので早速チャレンジしてみたのですが、F1.2のピンの薄さが堪らなかったです。定価20万(売価15万位)するレンズ・・・・・・・・・・・ どうしたものかと考えております(w)

ポートレイト(Portrait)2

FC2P2160043FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro ポートレイト(Portrait) 2014年

今度は“M.Zuikodigital ED60mm/F2.8Macro”でコンパニオンを撮ってみました。流石に“LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2”程ではないですが、なかなか評判の良いこのレンズ、花や虫だけでなく“女性”もキレイに撮る事ができますね。“CP+2014”で明るい単焦点レンズの素晴らしさを再認識させられました。


ゼラニウム(Geranium)2 with 8na8na-club

FC2P2090147FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 スナップ(snap) 花(Flower) 「柵く花」 2014年

今回の“8na8na-club”は大雪のあくる日に“表参道”の裏路地で撮った1枚です。“ゼラニウム”はテンジクアオイ属フウロソウ科の南アフリカ原産の多年草。個人的にはスイスetcヨーロッパの建築物の窓を飾る花として印象が深いです。


* awa(Dear to you)さん主催の8na8na-clubの52回目の参加でございます。

ウユニ(Uyuni)~ラパス(La Paz)1 by空倶楽部

FC2P1010157FC2.jpg
E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm ウユニ(Uyuni) 南米(SouthAmerica2013~14) 空撮(AerialShoot) 2014年

往きは“こんな感じ”の残念な塩湖の光景だったのですが、戻りはその分“倍返し”でいいShotが撮れました。まだまだ幸運は続いているようです♪

恵比寿(Ebisu)1

FC2P2150172FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 東京(Tokyo) スナップ(snap) 恵比寿(Ebisu) モノクロ(monochrome) 2014年

先週・先々週末の東京(関東)は20年ぶりの大雪ということで、交通関係の混乱でいろいろ大変でしたが、写真が好きなものにとっては、普段とは違った被写体が撮れる絶好の機会なんですよね。

ラパス(La Paz)1

FC2P1020206FC2.jpg
E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) 南米(SouthAmerica2013~14) ドラマチックトーン(DramaticTone) 2014年

“ウユニ(Uyuni)”からのフライトは何事もなく、無事“ラパス(LaPaz)”に到着いたしました。タクシーでホテルに向かったのですが、街の雰囲気が余りよくなかったですね。具
体的にどうだと言われても困るんですが、所謂“危険な香りがする”っていう奴ですね。・・・・・・・・とは言え、写欲には勝てないので、ホテルから大通りを歩いて“サンフランシ
スコ寺院(Basílica de San Francisco)”までやって来ました。

ラパス(La Paz)2

FC2P1020218FC22.jpg
E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) 南米(SouthAmerica2013~14) ドラマチックトーン(DramaticTone) 2014年

これが、メインの“マリスカル・サンタクルス通(Av. Mariscal Santa Cruz)”です。観光客が行くような所は除いて、この道以外は正直、歩きたいとは思いませんでした。

ラパス(La Paz)3

FC2P1020235FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) 南米(SouthAmerica2013~14) ドラマチックトーン(DramaticTone) 2014年

“サンフランシスコ寺院(Basílica de San Francisco)”から、旧市街観光メインSPOTの“ムリリョ広場(Plaza Murillo)”にやって来ました。年が明けているのに完全な“クリス
マスモード”全開の様子、南米はどこもそんな感じなんでしょうか?

ラパス(La Paz)4

FC2P1020234FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) 南米(SouthAmerica2013~14) ドラマチックトーン(DramaticTone) 2014年

“ムリリョ広場(Plaza Murillo)”の上部の様子です。奥に見えているのが“国会議事堂(Palacio de Legislativo)”で、この広場の周りには“大統領官邸(Palacio de Gobie
rno)”なんかもあったりします。長閑な感じなんですが国の中枢機関が集まっているんですね。鳩にエサをあげている女の子が可愛かったので1枚パチリいたしました。

ラパス(La Paz)5

FC2P1020269FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) 南米(SouthAmerica2013~14) 夜景(NightView) 2014年

“ウユニ(Uyuni)”で仲良くなった人達と夕食を一緒にとる約束をしていたので、待ち合わせ場所にしていたホテルに一度戻りました。これは夕食前に夜景を観に行った“ミラド
ール・キリキリ(Mirador Killi-Killi)”と言う展望SPOTからの眺望です。街がすり鉢状になっているので夜景が一際美しいです。ちなみに“ラパス(LaPaz)”も標高は3600m強
ほどございます。


ラパス(La Paz)6

FC2P1020294FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) 南米(SouthAmerica2013~14) 2014年

本日は“ウユニ(Uyuni)”で仲良くなったIさんと“チチカカ湖(Lago Titicaca)”の畔にあるペルーとの国境の町“コパカバーナ(Copacabana)”へ弾丸旅行に行くことに、まず
はタクシーでバスターミナルへやって来ました。

ラパス(La Paz)~コパカバーナ(Copacabana)1

FC2P1020301FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) 南米(SouthAmerica2013~14) 2014年

ラパス(LaPaz)”から100Kmほどバスに揺られ“チチカカ湖(Lago Titicaca)”の最も狭ばった所を横断する所(Estrecho de Tiquina)にやって来ました。“グラジオラス”の
花屋さんがキレイだったので一枚パチリです。

ラパス(La Paz)~コパカバーナ(Copacabana)2

FC2P1020312FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) 南米(SouthAmerica2013~14) 2014年

“Estrecho de Tiquina”から対岸の“Tiquina”へは20人乗り位のボートに乗って渡ります。

ラパス(La Paz)~コパカバーナ(Copacabana)3

FC2P1020335FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) 南米(SouthAmerica2013~14) 2014年

乗ってきたバスはと言うと、こんな感じで“チチカカ湖(Lago Titicaca)”を渡ります。ちなみにこの湖、標高が3810m程のところにあり、汽船などが航行可能な湖としては世界
最高所との事でした。

ラパス(La Paz)~コパカバーナ(Copacabana)4

FC2P1020321FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) 南米(SouthAmerica2013~14) 2014年

“チチカカ湖(Lago Titicaca)”を渡り、対岸の“Tiquina”での一枚です。この建物の中に地元の人用のレストランがあり、往路はここで名物“マス(トルーチャ)”を食しました。
再びバスに乗り“コパカバーナ(Copacabana)”へと向かいます。


サクラ(Cherry blossom)9

FC2P2250177FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 2014年

先日、草花を撮りに行った時に、代々木公園で撮った“寒緋桜”です。前にここでメジロに出合ったので望遠レンズも用意していったのですが、残念なががらこの日は姿を現
してくれませんでした。取り敢えず春らしい“優しいピンク”が撮れたので、1枚UPさせていただきます。



ラパス(La Paz)~コパカバーナ(Copacabana)5

FC2P1030348FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) 南米(SouthAmerica2013~14) 2014年

“チチカカ湖(Lago Titicaca)”って、今回の旅行でまったく予定に入っていなかったのですが“ラパス(LaPaz)”の見所が少なそうだったのと、TVでよく、この湖の“トトラの浮
島”が紹介されていて馴染みがあったのでの選択でした。



コパカバーナ(Copacabana)1

FC2P1030357FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) コパカバーナ(Copacabana) 南米(SouthAmerica2013~14) 2014年

約4時間ほどバスに揺られ“コパカバーナ(Copacabana)”に到着しました。滞在時間が殆ど無いので、まずは“カルバリオ山(Mt.Calvario)”に登ってみることに、ここが登山
道の入り口です。


コパカバーナ(Copacabana)2

FC2P1030389FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) コパカバーナ(Copacabana) 南米(SouthAmerica2013~14) 2014年

登り始めの両側には、こんな感じの屋台のお土産屋さんが並んでいます。国民性とか民族の気質なんでしょうが、この“商売っ気”の無さは他人事ながら少し心配になって
来ます。



コパカバーナ(Copacabana)3

FC2P1030373FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO7-14mm/F4 ラパス(LaPaz) コパカバーナ(Copacabana) 南米(SouthAmerica2013~14) 2014年

“カルバリオ山(Mt.Calvario)”と言っても“丘”のような規模で、頂上には30分程で登れます・・・・・・・・・・・、でも、標高は富士山頂上より高いので、空気が薄く本当にすぐ息
」が切れてしまいます。休み休みでなんとか、あと少しで頂上、と言うところまでやって来ました。




Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archive
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
689位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
234位
Watch Access ranking>>