アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)12

P5020116FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

再びアッパー・アンテロープ・キャニオンの様子をUPさせていただきます。200カットも撮っているんで、なかなかUPするのを少数に絞り込めないんですよね(w)

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)13

P5020153FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

ここはナバホ族の居留地(一定の自治権の付与)となっていて、許可無しの立ち入りは出来ず、当時は限られた地質学者や写真家のみが知る秘境でだったそうです。

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)14

P5020148FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

今では色々なマスコミに取上げられるようになり、かなりメジャーになってきているんですが、1990年代に入るまでは家畜の放牧とかにも利用されていたようですね。

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)15

P5020154FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

それにしてもここは本当に不思議でユニークな光景ですよね。皆さんから頂いたコメントでは「オレンジの布」、「メノウの中」、「未知の惑星」、「木の中を抉り取った」、
「飴細工の中」、「薔薇の花びら」etc・・・・・、沢山の感想をいただきました。同じ被写体でこれだけバラエティに富んだ感想を頂いたのって初めてだと思います。

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)16

P5020126FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)17

P5020016FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

そんなこんなでお届けしたアッパー・アンテロープ・キャニオン(Upper Antelope Canyon)なんですが、この写真のUPで〆とさせていただきます。
これから本日の最終目的地、モニュメント・バレー(Monument Valley)へ、約190Km程のドライブをして向かいます。そこも憧れの場所だったんですよね。

タイリンキンシバイ(Hypericum patulum cv. Hidcote)1

FC2P5270737.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2012年

先日、秘密兵器(霧吹き)で、シズル感を出したバラたちに続き、その他の花でいろいろ挑戦してみましたので、少しUPさせていただきます。“タイリンキンシバイ(大輪金糸梅)”は、オトギリソウ科オトギリソウ属の半落葉小低木。花が大きく全開している中国原産の「キンシバイ(金糸梅)」の園芸品種です。洋名はヒペリカム・ヒドコートです。日向、半日陰でも良く育ち、すぐ増やせるので最近本当に良く見かけるようになりました。

ムラサキカタバミ(Oxalis corymbosa DC)2

FC2P52703944.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2012年

「ムラサキカタバミ(紫片喰)」はカタバミ科カタバミ属の南アメリカ原産の多年草。
「キキョウカタバミ(桔梗片喰)」という別名もあり、現在は帰化植物となっているようです。

トキワツユクサ(Tradescantia fluminensis)1

FC2P527059820.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2012年

“トキワツユクサ(常盤露草)”はツユクサ科ムラサキツユクサ属の南米に分布する多年草。昭和初期に日本に入り帰化植物となっています。“ノハカタカラクサ(野博多唐草)”の別名があるようです。

スイセンノウ(Lychnis coronaria)1

FC2P5270628.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2012年

「リクニス(コロナリア)」はナデシコ科センノウ属のヨーロッパ原産の多年草。
名前の由来は花色・形状からギリシア語の「リクニス=灯火(ともしび)」から来ている様です。日本名では「スイセンノウ(酔仙翁)」と呼ばれているようです。

キキョウソウ(Specularia perfoliata)1

FC2P5270635.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2012年

「キキョウソウ(桔梗草)」はキキョウ科キキョウソウ属の北アメリカ原産の一年草。
日本では帰化植物となっており、都心でも良く見かけることが出来ます。「ダンダンギキョウ」と言う別名もあるようです。

ヒルザキツキミソウ(Oenothera speciosa)1

FC2P5270451.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2012年

いろいろ撮った中で、比較的うまく行ったものをUPしているのですが、やっぱりシックリ来ないのも結構ありましたね。在庫がまだまだありますので、次回もFlower&Waterdropsのコラボ写真をUPさせていただきます。“ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)”は、アカバナ科マツヨイグサ属の日本各地に分布する多年草。北米から入ってきた帰化植物で、宵に咲くツキミソウと違って、昼間にも開花していることからの命名のようです。

Indn Route22上で(on the Indn Route22) 1 by空倶楽部

B5028263.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

空倶楽部のお題は残念ながら撮ることができませんでした m(_ _;)m 在庫でカーブミラー写真あるかなとちょっと探してみたんですが、無かったです(T-T*)
・・・・・・・・・と言う事で旅行写真と兼ねてのUPとさせていただきます。Antelope Canyon~Monument Valley間のIndn Route22上の風景です。

快調にダルビッシュのストレート以上?の速度でドライブをしていたんですが、減速、そしてSTOPの看板が、どうやら道路のアスファルト修理の模様。
すぐに交互通行か何かで通過できると思ったんですが、やっぱりアメリカは違います!! 作業員が30分以上かかるよと説明をしにきました。
結局、通過できたのが45分後(T-T*) この日はアクシデントでどんどん時間がズレてしまった一日でしたがモニュメント・バレーの撮影はなんとか間に合いました。

イチハツ(Iris tectorum Iris)1

FC2P527071026.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2012年

「イチハツ(一初、一八、逸初)」はアヤメ科アヤメ属の中国原産の多年草。アヤメ科の中で一番早く咲くということからの命名のようです。
アヤメに似てますが花ビラの暗色の筋状の模様と、とさか状の突起で区別できますね。

ホタルブクロ(Campanula punctata Lam)1

FC2P52704177.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2012年


「ホタルブクロ(蛍袋)」はキキョウ科の北海道西南部~九州、朝鮮・中国に分布する多年草。花色には赤紫のものと白とがあり、関東では赤紫が、関西では白が多いそうです。

キランソウ(Ajuga decumbens)3

FC2P5270773.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2012年

「キランソウ(金瘡小草)」はシソ科キランソウ属の本州、四国、九州に分布する多年草。
開花期の全草は高血圧、鎮咳、解熱、下痢止めなどに効果がある「筋骨草(きんこつそう)」という生薬にもなるようです。
「ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)」という別名は病気を治して地獄の釜にふたをすると言うところから来ているようです。

ハハコグサ(Gnaphalium affine)1

FC2P52703873.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2012年

“ハハコグサ(母子草)”は、キク科ハハコグサ属の日本全国に自生する越年草。春の七草の一つで「御形(ゴギョウ)”とも呼ばれています、茎葉の若いものを食用にするそうです。

シラン(Bletilla striata)1

FC2P5270565.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2012年

「シラン(紫蘭)」はラン科シラン属の日本、台湾、中国原産の宿根草。
ランの仲間の中ではとても栽培のし易い種類と言うことで、この時期良く見かけますが、野生種は準絶滅危惧に指定されているようです。

ガザニア(Gazania)1

FC2P5270477.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2012年

「ガザニア」はキク科クンショウギク(ガザニア)属の南アフリカ原産の多年草。花の形状が勲章に似ている事から「勲章菊」と言う和名が有るようです。

Indn Route22上で(on the Indn Route22) 2

B5028259_20120610224959.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

これは昨日の写真のちょっと前に撮ったものです。こんな道が延々と続き、ほとんど車が走っていない状態って言うの想像つきますか!?
(ちょっと危ないんですが、車が全く走っていないんで走行中の撮影です。良い子は真似をしないように!!)

モニュメント・バレー(Monument Valley)1

P5020192_20120610224957.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) ユタ(Utah) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

途中いろいろありましたが、アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)からIndn Route22~Interstate160を走り、Interstate163に入りました。
目的地もかなり近くなってきていて、モニュメント・バレーっぽい雰囲気になってきました!! (走行中撮影がかなり上手くなって来ております。真似はダメですよ!)

モニュメント・バレー(Monument Valley)2

B5028270FC2FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) ユタ(Utah) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

Interstate163をひた走り、モニュメント・バレー(Monument Valley)にやって来ました。メインの場所に行く前に北部分の風景を少しばかり・・・・・・・
命名は、メサ(テーブル状台地・左部分)や、浸食が進んだビュート(岩山・中央部分)が点在し、記念碑(モニュメント)が並んでいる様に見える事からのようですね。

クジャクサボテン(Epiphyllum Hybrid)1

FC2B6100757.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2012年

「孔雀サボテン(クジャクサボテン)」はサボテン科クジャクサボテン属の中南米原産の常緑多肉植物。
蘭の様なゴージャスな花を咲かせることから、欧米では「Orchid cactus(蘭サボテン)」と呼ばれているようです。

クジャクサボテン(Epiphyllum Hybrid)2

FC2B6100742.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 花(Flower) 2012年

「孔雀サボテン(クジャクサボテン)」はサボテン科クジャクサボテン属の中南米原産の常緑多肉植物。
蘭の様なゴージャスな花を咲かせることから、欧米では「Orchid cactus(蘭サボテン)」と呼ばれているようです。

モニュメント・バレー(Monument Valley)3

B5028281_20120610224956.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) ユタ(Utah) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

モニュメント・バレー(Monument Valley)の北部分の風景撮影を終え、南下してメイン部分の入り口にやって来ました。
この小さな看板の所を東に6.5Kmほど進みゲートを越えると、ビジターセンターに到着です。

モニュメント・バレー(Monument Valley)4

FC2P5020299.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) ユタ(Utah) 朝日/夕日(Sunrise/Sunset) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

本日はいろいろな事があり、かなり時間も押していたので、モニュメント・バレー(Monument Valley)のビジターセンターはスルーです。
わざわさ、この時のためだけに借りたJEEP Cherokeeでバレードライブ(未舗装の悪路)の中に進入していくと、すぐ目の前にこの風景が拡がります。

モニュメント・バレー(Monument Valley)5

FC2P5020255.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) ユタ(Utah) 朝日/夕日(Sunrise/Sunset) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

モニュメント・バレー(Monument Valley)、こう言う風景に出合っちゃうと、阿藤快とは使い方が違う、感嘆の「なんだかなぁ」という言葉がつい出てしまいます(w)

ムラサキカタバミ(Oxalis corymbosa DC)3

FC2B6100411FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2012年

「ムラサキカタバミ(紫片喰)」はカタバミ科カタバミ属の南アメリカ原産の多年草。「キキョウカタバミ(桔梗片喰)」という別名もあり、現在は帰化植物となっているようです。

モニュメント・バレー(Monument Valley)6

FC2P5020393FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) ユタ(Utah) 朝日/夕日(Sunrise/Sunset) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

バレードライブは約27Km程の未舗装道路で構成されているのですが、一般のドライバー(観光客)が自由に運転できるのがその中の約12Km程です。
このバレードライブ(未舗装道路)を自由に走りたかったので、燃費の悪い4WDのレンタカーを借りたのですが、道路が乾いている分には普通の車でOKでしたね。

モニュメント・バレー(Monument Valley)7

FC2P5020415.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) ユタ(Utah) 朝日/夕日(Sunrise/Sunset) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archive
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
689位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
234位
Watch Access ranking>>