クサノオウ(Chelidonium majus)1

FC2P1010014FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

「クサノオウ(瘡の王)」はケシ科クサノオウ属の北海道~九州にかけて分布する一年草。皮膚病の一種である瘡(クサ)の優れた治療薬であることから「瘡の王」と言う名前が
付いたみたいです。葉っぱをちぎると有毒な「黄色い乳液」を出すことから「草の黄」と言う命名になったと言う説もあるようです。

ムラサキハナナ(Orychophragmus violaceus)4

FC2P1010019FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

「ムラサキハナナ(紫花菜)」はアブラナ科オオアラセイトウ属の中国原産の一年草。この花は観賞用として江戸時代に渡来らした帰化植物で、本格的に広まったのは戦後の
事のようです。「ショカツサイ(諸葛采)」という別名もあるようですね。


カントウタンポポ(Taraxacum platycarpum Dahlst)3

FC2P1010007FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

「カントウタンポポ(関東蒲公英)」はキク科タンポポ属の関東地方と東海地方の一部に生える多年草。英名の「dandelion」はフランス語で「ライオンの歯」を意味するdent-
de-lionの由来で、ギザギザした葉がライオンの牙を連想させることによるそうです。全草を乾燥したものは蒲公英(ほこうえい)という生薬として用いられ、解熱、発汗、健胃、
利尿などの作用があるらしいです。


ナズナ(Capsella bursa-pastoris)3

FC2P1010025FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

「ナズナ(薺)」はアブラナ科ナズナ属の北海道~沖縄に分布する越年草。春の七草の一つで、若苗を食用にするそうです。実の形が、三味線の撥(ばち)によく似ていること
から、おなじみの「ぺんぺん草」という別名があります。「貴方に全てを捧げます」という物凄いの花言葉を持っているようです。


サクラ(Cherry blossom)8

FC2B3190052FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

サクラ(桜)バラ科サクラ属の春に白色や淡紅色から濃紅色の花を咲かせる落葉広葉樹。日本では花を美しく変化させるために、西欧では実をより有用な食品にするための
品種改良に多くの努力が払われたという“文化の違い”が面白く感じました。


アケビ(Akebia)1 with 8na8na-club

FC2B3190022FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2013年

“アケビ(木通)”は、アケビ科アケビ属の本州、四国、九州に分布する落葉性のツル植物。子供の頃、近所の野山でアケビの実をとって食べた事があります。微妙な癖のある甘さで、それ程美味しい物でもなかったんですが、やっぱり、野に生えているものをとって食べると言う行為が楽しかったんでしょうね。

* awaさん(Dear to you)主催の8na8na-clubの26回目の参加でございます。



リュウキンカ(Caltha palustris var. nipponica)1

FC2B3190181FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

“リュウキンカ(立金花)”は、キンポウゲ科リュウキンカ属の北海道~本州の山地の湿地に分布する多年草。茎が直立し、黄金色の花をつけることから立金花と命名されたようです。花言葉は“必ず来る幸福”と言う事でとても縁起がいい花ですね♪


ナガミヒナゲシ(Papaver dubium)1

FC2P4140503FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

「ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)」はケシ科ケシ属の地中海沿岸~中欧原産の一年草。 日本には1960年代に入ってきた帰化植物のようです。ここ数年、爆発的に増えている
ような感じがする雑草ですね。


ヤマブキ(Kerria japonica)3

FC2P4140516FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

“ヤマブキ(山吹)”は、バラ科ヤマブキ属の北海道から九州に分布する落葉低木。しなやかな枝が風に揺れる様子からの命名のようです。濃い黄色の「ヤマブキ色」は、もちろんこの花が由来ですね。


コウゾリナ(Picris hieracioides L. subsp. japonica)1

FC2P4140566FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

「コウゾリナ(剃刀菜・髪剃菜)」はキク科コウゾリナ属の北海道、本州、四国、九州に分布する2年草。葉や茎に「カミソリ(剃刀)」のように手が切れそうな剛毛が生えている事からの命名の様です。



ナガミヒナゲシ(Papaver dubium)2 with 8na8na-club

FC2P4140497FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2013年

街を歩いていても、そこいら中に花が溢れて来て、「柵く花」もこれからは楽な季節が続きそうです♪ 「ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)」はケシ科ケシ属の地中海沿岸~中欧原
産の一年草。 日本には1960年代に入ってきた帰化植物のようです。

* awaさん(Dear to you)主催の8na8na-clubの27回目の参加でございます。



オドリコソウ(Lamium album L)2

FC2B4280380FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

今回のGW旅行には“ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro”を持ってゆきました。結構な種類の花を撮って来ましたのでちょこちょこUPしてゆきます。種の同定はし始めると
“ドツボに嵌りそう”なので、適当にやってゆきます。日本で見かけるものと同じようなのが多いのにはビックリしました。


セイヨウジュウニヒトエ(Ajuga reptans)

FC2B4280291FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

多分、セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)の仲間だと思います。日本で見かけるものと少し違いますが、本場“西洋(ヨーロッパ)”で撮っているのでこちらが本家かもしれ
ません(w)

アブラナ科(Brassicaceae)

FC2B4280256FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

花の形状からアブラナ科の仲間で間違いないと思います。“リュブリャナ城(Ljubljanski grad)”へ登る途中に咲いていました。(同定できる方いたら、是非教えてくださいね)

ナズナ(Capsella bursa-pastoris)4

FC2B4280333FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは、ほぼ間違いなく“ナズナ(薺)”でしょうね。原産地が西アジアと言うことなので、ここスロヴェニア(Slovenija)にも帰化したんじゃないかと思います。

ノヂシャ(Valerianella locusta)2

FC2B4280336FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

ノヂシャ(野萵苣)だと思います。前に佐渡島で遭遇した事があり、その時調べて判らなかったのですが、今回、気合で同定いたしました。日本ではヨーロッパ原産の帰化植
物となっているので、ここで咲いているのがオリジナルなんですね。欧米では若葉を食用としているそうです。

ノボロギク(Senecio vulgaris)3

FC2B4280343FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“ノボロギク(野襤褸菊)”ですね。この花も日本ではヨーロッパ原産の帰化植物とされていますので、本場モノを撮れたと言う事なんでしょうね。

オオイヌノフグリ(Veronica persica)26

FC2B4280348FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2012年

これは毎度お馴染みの“オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)”ですね。この花もヨーロッパ原産だそうです。こうやって意識すると日本ってヨーロッパ原産の帰化植物が多いことに
驚かされます。

クサノオウ(Chelidonium majus)2

FC2B4280404FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

何度も撮っている“クサノオウ(草の王)”なんで、何回かはUPしていたと思っていたのですが、実は初めてでした。この花も“クロアチア(Croatia)”で良く見かけました。

スミレ(Viola)1

FC2B4280407FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

“タチツボスミレ(立坪菫)”に良く似ているこのスミレは“クロアチア(Croatia)”の至るところで咲いていました。スミレ類は同定をし始めると切が無いのでスミレとしてUPさせて
いただきます。

ベロニカオックスフォードブルー(Veronica 'Oxford Blue')

FC2B4280366FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

この“ベロニカオックスフォードブルー”も今回のヨーロッパ旅行では何ヶ所かで見かけました。少し“オオイヌノフグリ”に似ているのは同じゴマノハグサ科の花だからなんで
しょう。この花はヨーロッパが原産のようです。

ワスレナグサ(Myosotis alpestris)3

FC2B4280425FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは間違いなく“ワスレナグサ(勿忘草)”ですね。この花はヨーロッパ原産の多年草で、日本には明治時代に観賞用として渡来したようです。

ヒメオドリコソウ(Lamium purpureum)5

FC2B4280502FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)”だと思います。日本で見かけるのは上部のが葉赤っぽい固体が多いのですが、ここで見かけたのは普通に緑でした。この花はヨーロッパ原産の多年草で、日本には明治時代に入ってきたようです。

ミドリハコベ(Stellaria neglecta Weihe)7

FC2B4280549FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“ミドリハコベ(緑繁縷)”だと思います。ユーラシア大陸の広い地域が原産地で、日本では全国に分布していて。史前帰化植物の扱いとされているようです。

カキドオシ(Glechoma hederacea subsp. grandis)2

FC2B4280419FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“カキドオシ(垣通し)”だと思います。北半球温帯の広い地域が原産地で、日本でもお馴染みの植物ですね。

オーニソガラム(Ornithogalum spp)1

FC2B4280560FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“オーニソガラム”だと思います。この花はヨーロッパ、アフリカ、西アジアが原産地で、日本でも時たま花壇とかで見かける事がありますね。

セイヨウタンポポ(Taraxacum officinale)2

FC2B4280340FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)”ですね。ヨーロッパ原産の帰化植物で日本全土に分布する多年草。GWの旧ユーゴ諸国の旅行中、至るところで咲いていました。

ガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)11

FC2B6080048FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

「ガクアジサイ(額紫陽花)」はアジサイ科アジサイ属の関東南部、伊豆半島、紀伊半島、四国南部などに分布する日本原産の落葉低木。
「アジサイ」の名は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」からの命名の様で、よく見かける「セイヨウアジサイ」はこの種を改良したものだそうです。

ガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)12

FC2B6080120FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

「ガクアジサイ(額紫陽花)」はアジサイ科アジサイ属の関東南部、伊豆半島、紀伊半島、四国南部などに分布する日本原産の落葉低木。
「アジサイ」の名は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」からの命名の様で、よく見かける「セイヨウアジサイ」はこの種を改良したものだそうです。

ガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)14

FC2B6080107FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

「ガクアジサイ(額紫陽花)」はアジサイ科アジサイ属の関東南部、伊豆半島、紀伊半島、四国南部などに分布する日本原産の落葉低木。
「アジサイ」の名は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」からの命名の様で、よく見かける「セイヨウアジサイ」はこの種を改良したものだそうです。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Archive
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
603位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
232位
Watch Access ranking>>