ベロニカオックスフォードブルー(Veronica 'Oxford Blue')

FC2B4280366FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

この“ベロニカオックスフォードブルー”も今回のヨーロッパ旅行では何ヶ所かで見かけました。少し“オオイヌノフグリ”に似ているのは同じゴマノハグサ科の花だからなんで
しょう。この花はヨーロッパが原産のようです。

ワスレナグサ(Myosotis alpestris)3

FC2B4280425FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは間違いなく“ワスレナグサ(勿忘草)”ですね。この花はヨーロッパ原産の多年草で、日本には明治時代に観賞用として渡来したようです。

ヒメオドリコソウ(Lamium purpureum)5

FC2B4280502FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)”だと思います。日本で見かけるのは上部のが葉赤っぽい固体が多いのですが、ここで見かけたのは普通に緑でした。この花はヨーロッパ原産の多年草で、日本には明治時代に入ってきたようです。

ミドリハコベ(Stellaria neglecta Weihe)7

FC2B4280549FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“ミドリハコベ(緑繁縷)”だと思います。ユーラシア大陸の広い地域が原産地で、日本では全国に分布していて。史前帰化植物の扱いとされているようです。

カキドオシ(Glechoma hederacea subsp. grandis)2

FC2B4280419FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“カキドオシ(垣通し)”だと思います。北半球温帯の広い地域が原産地で、日本でもお馴染みの植物ですね。

オーニソガラム(Ornithogalum spp)1

FC2B4280560FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“オーニソガラム”だと思います。この花はヨーロッパ、アフリカ、西アジアが原産地で、日本でも時たま花壇とかで見かける事がありますね。

セイヨウタンポポ(Taraxacum officinale)2

FC2B4280340FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)”ですね。ヨーロッパ原産の帰化植物で日本全土に分布する多年草。GWの旧ユーゴ諸国の旅行中、至るところで咲いていました。

ガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)11

FC2B6080048FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

「ガクアジサイ(額紫陽花)」はアジサイ科アジサイ属の関東南部、伊豆半島、紀伊半島、四国南部などに分布する日本原産の落葉低木。
「アジサイ」の名は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」からの命名の様で、よく見かける「セイヨウアジサイ」はこの種を改良したものだそうです。

ガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)12

FC2B6080120FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

「ガクアジサイ(額紫陽花)」はアジサイ科アジサイ属の関東南部、伊豆半島、紀伊半島、四国南部などに分布する日本原産の落葉低木。
「アジサイ」の名は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」からの命名の様で、よく見かける「セイヨウアジサイ」はこの種を改良したものだそうです。

ガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)14

FC2B6080107FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

「ガクアジサイ(額紫陽花)」はアジサイ科アジサイ属の関東南部、伊豆半島、紀伊半島、四国南部などに分布する日本原産の落葉低木。
「アジサイ」の名は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」からの命名の様で、よく見かける「セイヨウアジサイ」はこの種を改良したものだそうです。

ガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)13

FC2B6080071FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

「ガクアジサイ(額紫陽花)」はアジサイ科アジサイ属の関東南部、伊豆半島、紀伊半島、四国南部などに分布する日本原産の落葉低木。
「アジサイ」の名は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」からの命名の様で、よく見かける「セイヨウアジサイ」はこの種を改良したものだそうです。

ガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)15

FC2B6080216FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 2013年

初めはちょっと“空かな”っと思った今年の梅雨なんですが、この頃はちゃんと“らしく”雨の日が多くなって来ました。この時期になるとついつい撮ってしまうのがこの“アジサ
イ(紫陽花)”なんですよね。今年も例に漏れず少しだけUPさせていただきます。

ヒルガオ(Calystegia japonica)2

FC2B6120220FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2013年

ヒルガオ(昼顔)は、ヒルガオ科ヒルガオ属の北海道から九州に分布する多年生のツル植物。アサガオ同様、朝に開花するが昼になっても花がしぼまないことから命名です。


ドクダミ(Harmonia axyridis)1

FC2B6120230FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2013年

“ドクダミ(蕺草)”はドクダミ科ドクダミ属の本州、四国、九州、沖縄に分布する多年草。日かげなどに生育し、臭気があるのが特徴で、民間薬の「十薬」として腫れ物、皮膚病などに利用されています。白く花びらの様に見えるのは“総苞片(そうほうへん)”で葉っぱの一種です。“ギョセイソウ(魚腥草)”“ドクダメ(毒溜め)」と言う別名も有るようです。




ワスレナグサ&ダイコン属(Myosotis alpestris&Raphanus)

FC2B4280444FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2012年

“ワスレナグサ”と“ダイコン属”の花のコラボですね。今のところ花の名前は判りません(T-T*)

未同定(unidentified)

FC2B4280544FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

少し調べたのですが、判りませんでした(T-T*)

キンポウゲ科(Ranunculaceae)

FC2B4280431FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2012年

キンポウゲ科の植物だと思うのですが、同定できませんでした。ヒメリュウキンカ(姫立金花)に似ているんですが、よく見ると違うんですよね。

オオイヌノフグリ(Veronica persica)27

FC2B4280378FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは毎度お馴染みの“オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)”ですね。この花もヨーロッパ原産だそうです。こうやって意識すると日本ってヨーロッパ原産の帰化植物が多いことに
驚かされます。

ナデシコ科(Caryophyllaceae)

FC2B4280462FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2012年

ナデシコ科の植物だと思うのですが、同定出来ません。“シロミミナグサ”に少し似ているんですが、やっぱり違うんですよね(T-T*)

セイヨウタンポポ(Taraxacum officinale)3

FC2B4280563FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)”ですね。ヨーロッパ原産の帰化植物で日本全土に分布する多年草。GWの旧ユーゴ諸国の旅行中、至るところで咲いていました。

イチリンソウ(Anemone nikoensis)1

FC2B4280453FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2012年

これは“イチリンソウ(一輪草)”で間違いないと思います。キンポウゲ科イチリンソウ属の本州、四国、九州に分布する多年草で、花茎の先に花を一輪咲かせることからの命名のようです。代表的なスプリング・エフェメラルの一種ですね。

ヒルガオ(Calystegia japonica)3

FC2B6120236FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2013年

ヒルガオ(昼顔)は、ヒルガオ科ヒルガオ属の北海道から九州に分布する多年生のツル植物。アサガオ同様、朝に開花するが昼になっても花がしぼまないことから命名です。


ノゲシ(Sonchus oleraceus)5 with 8na8na-club

FC2B6080180FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2013年


今回の“8na8na-club”は家の近くで見つけた「柵く花」の3連チャンでございます。テーマを持って撮影するのはなかなか難しいのですが、被写体が見つかったときの喜びは一入です♪ 「ノゲシ(野芥子)」はキク科ノゲシ属の日本各地に分布するする多年草。ヨーロッパ原産で日本には史前帰化植物として入ってきたようです。

* awaさん(Dear to you)主催の8na8na-clubの32回目の参加でございます。



ヤマブキ(Kerria japonica)4

FC2B4280594FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2012年

“ヤマブキ(山吹)”は、バラ科ヤマブキ属の北海道から九州に分布する落葉低木。しなやかな枝が風に揺れる様子からの命名のようです。濃い黄色の「ヤマブキ色」は、もちろんこの花が由来ですね。スロヴェニア(Slovenija)でヤマブキを見られるとは思いもしませんでした。

オドリコソウ(Lamium album L) 3

FC2B4290604FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro スロヴェニア(Slovenija) リュブリャナ(Ljubljana) 野の花(WildFlower) 2013年

リュブリャナ(Ljubljana)で沢山咲いていたオドリコソウです。英語版のWikiには“Europe and Western Asia”の分布と書いてありましたので、野生種なんだと思います。
「オドリコソウ(踊り子草)」はシソ科オドリコソウ属の北海道から九州に分布する多年草。根を利用する「野芝麻」と言う生薬は月経不順、打撲傷、腰痛、腫れ物等に効くそうです。

コミヤマカタバミ(Oxalis acetosella)2

FC2B4290771FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2013年

今回から、クロアチアの“プリトヴィチェ(Plitvice)”の散策中に出遭った野の花たちをUPして行きます。日本で見かけるものも多かったので不思議な感覚に陥った事もありました。“コミヤマカタバミ(小深山片喰)”は、カタバミ科カタバミ属の本州から九州にかけて分布する多年草。かつては、この植物を煮出して“シュウ酸カルシウム”を抽出していたらしいです。英語版の分布には“most of Europe and parts of Asia”とありました。

プルモナリア(Pulmonaria)1

FC2B4300832FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 野の花(WildFlower) 2013年

知恵袋で“texensiscsさん”から教えてもらいました。

ヒレハリソウ(Symphytum officinale)1

FC2B4290755FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“ヒレハリソウ(Symphytum officinale)”で間違いないと思います。日本には牧草として明治時代に、入り、一時(昭和40年代)に薬用、食用として広く栽培されたそう
です。日本でも青紫っぽい花を着けたのを良く見かけますね。

ラシルス(Lathyrus)1

FC2B4290746FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 野の花(WildFlower) 2013年

知恵袋で“texensiscsさん”から教えてもらいました。

ヨウシュヤマゴボウ(Phytolacca americana)2

FC2B8290443FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 東京(Tokyo) スナップ(snap) 野の花(WildFlower) 「柵く花」 2012年

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)はヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の北米原産の多年草。 明治時代に北米から入ってきたものが野生化した帰化植物です。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Archive
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
249位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
106位
Watch Access ranking>>