タチツボスミレ(Viola grypoceras)6

FC2PW003370FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“タチツボスミレ(立坪菫)”は、スミレ科スミレ属の日本全国に分布する多年草。日本に自生するスミレ類の中で一番個体数が多いと言われているようで、丸い葉と立ち上がる茎が特徴です。 @霧島山

ノカイドウ(Malus spontanea)1

FC2PY000563FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ノカイドウ(野海棠)”は、バラ科リンゴ属の霧島山にのみ分布する落葉小高木。何気に撮ったのですが、世界中で霧島山だけに分布している貴重な植物で、国の天然記念物にも指定されているようです。 @霧島山

キリシマミツバツツジ(Rhododendron nudipes var. kirishimense)2

FC2PY000612FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) 2015年

“キリシマミツバツツジ(霧島三葉躑躅)”は、 ツツジ科ツツジ属の九州に分布する落葉低木。 普通の“ミツバツツジ”と区別がつきませんが、咲いている所から“キリシマミツバツツジ”と同定いたしました。@霧島山

タツナミソウ(Scutellaria indica)5

FC2PW003415FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“タツナミソウ(立浪草)”は、シソ科タツナミソウ属の本州、四国、九州に分布する多年草。同じ方向に並んだ花の姿が打ち寄せる波頭の様に見えることからの命名のようです。花色は紫が基本で、藤色、赤紫、濃淡がある桃色、白etcがあるようです。@開聞岳

ジュズネノキ(Damnacanthus macrophyllus)1

FC2PW003424FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ジュズネノキ(数珠根の木)”は、アカネ科アリドオシ属の本州(近畿地方以西)、四国,九州に分布する常緑低木。根が数珠状に肥大することにからの命名のようです。@開聞岳

ジュズネノキ(Damnacanthus macrophyllus)2

FC2PW003425FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ジュズネノキ(数珠根の木)”は、アカネ科アリドオシ属の本州(近畿地方以西)、四国,九州に分布する常緑低木。根が数珠状に肥大することにからの命名のようです。これはジュズネノキの実の様子です。@開聞岳

コガクウツギ(Hydrangea luteo-venosa)1

FC2PW003419FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“コガクウツギ(小額空木)”は、ユキノシタ科アジサイ属の本州の東海地方以西、四国、九州に分布する落葉低木。@開聞岳

コツクバネウツギ(Abelia serrata)1

FC2PW003430FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“コツクバネウツギ(小衝羽根空木)”は、スイカズラ科ツクバネウツギ属の本州の中部地方以西、四国、九州に分布する落葉低木。この個体は花が黄色ので変種として“キバナツクバネウツギ”と呼ぶこともあるようです。 @開聞岳

ウツギ(Deutzia crenata)2

FC2PW003428FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ウツギ(空木)”は、アジサイ科ウツギ属の北海道南部、本州、四国、九州に分布する落葉低木。命名は茎が中空のため、そのまんま空木(うつぎ)になったそうで、旧暦4月を卯月というのは、“卯の花(ウツギの花の別称)”が咲く季節から名付けられたとのことです。 @開聞岳

未同定(unidentified)12

FC2PW003422FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

ちょっと調べてみたのですが同定することができませんでした。 @開聞岳

オオカメノキ(Viburnum furcatum)3

FC2PW003443FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“オオカメノキ(大亀の木)”は、 スイカズラ科ガマズミ属の北海道、本州、四国、九州に分布する落葉木。虫が好むということで“ムシカリ(虫狩)”という別名もあるようです。 @磐梯山

ウリハダカエデ(Acer rufinerve Siebold et Zucc.)1

FC2PW003464FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ウリハダカエデ(瓜膚楓)”は、カエデ科カエデ属の本州、四国、九州、屋久島に分布する落葉小高木。材は白いので、こけしや箸などに、樹皮は丈夫なので縄や蓑の材料として利用されれているようです。 @磐梯山

オオタチツボスミレ(Viola kusanoana)3

FC2PW003445FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“オオタチツボスミレ(大立坪菫)”は、スミレ科スミレ属の北海道・本州・九州北部の日本海側に分布する多年草。 “タチツボスミレ”に似ていますが、咲いている場所から“オオタチツボスミレ”と同定いたしておきます。@磐梯山

フキノトウ(Petasites japonicus)2

FC2PW003449FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“フキノトウ(蕗の薹)”は、早春にフキの葉の伸出より先に花茎が伸び出したものだそうです。フキは雌雄異花で雌花は受粉後、花茎を伸ばし、いわゆる“薹が立つ”状態になりタンポポのような綿毛をつけた種子を飛ばすようです。@磐梯山

ヤマモミジ(Acer palmatum subsp. matsumurae (Koidz) Ogata)1

FC2PW003461FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤマモミジ(山紅葉)”は、カエデ科カエデ属の本北海道・本州に分布する落葉高木。“イロハモミジ”によく似ていますが葉っぱの形状で同定いたしました。 @磐梯山

ミヤマシキミ(Skimmia japonica)1

FC2PW003493FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ミヤマシキミ(深山樒)”は、ミカン科ミヤマシキミ属の本州(関東地方以西)、四国、九州に分布する常緑低木。WEBで調べると“関東地方以西”に分布と書かれているのですが、福島って“東北”ですよね。 @磐梯山

ニオイタチツボスミレ(Viola obtusa (Makino) Makino)1

FC2PW003472FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ニオイタチツボスミレ(匂立壷菫)”は、スミレ科スミレ属の北海道・本州・四国・九州に分布する多年草。名前の通り花に香があるようで、群生していると匂ってくるそうです。 @磐梯山

チゴユリ(Disporum smilacinum)1

FC2PW003470FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“チゴユリ(稚児百合)”は、ユリ科チゴユリ属の北海道・本州・四国・九州に分布する多年草。小さくて可愛らしいことから“稚児ユリ”と呼ばれているようです。 @磐梯山

イワカガミ(Schizocodon soldanelloides)3

FC2PW003481FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“イワカガミ(岩鏡)”は、イワウメ科イワカガミ属の九州~北海道の高山帯から亜高山帯に分布する多年草。岩場に生え、鏡の様に光沢のある葉である事からの命名だそうです。 @磐梯山

ヒガンバナ(Lycoris radiata)15

FC2PY002283FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 野の花(WildFlower) 2015年

先日、天気も良かったので3年ぶりに“代々木公園”で“ヒガンバナ”の撮影をしてまいりました。今回のお供は少し気合を入れて“ED40-150mm/F2.8”で、“優しい描写”の彼岸花をテーマに望んでみました。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)16

FC2PY002281FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 野の花(WildFlower) 2015年

“代々木公園”では3年前と同様、白花と普通のヒガンバナが混植されていて、アングル次第ではこんな“紅白コラボ”が撮れたりもするんですよね。一つの被写体に時間をかけて撮るっていうことをあまりしないんですがこの日は“ヒガンバナ”に集中でした。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)17

FC2PY002321FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 野の花(WildFlower) 2015年

この1枚は今回のテーマの“優しい描写”の彼岸花にかなり近い作品になっているような気がします♪ “ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)18

FC2PY002339FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 野の花(WildFlower) 2015年

今年最後?の“彼岸花”のUPはアンダー気味の1枚で〆させていただきます。 “ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

キバナコスモス(Cosmos sulphureus)6 雑草倶楽部

FC2PY002354FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 野の花(WildFlower) 2015年

しばらくお休みしておりました“雑草倶楽部”ですが、今月からこちらのブログで復活です。“雑草倶楽部”でなくとも花は毎日UPしておりますのでご興味のある方はお立寄りいただければ幸いです。コスモス強化月間中という事で・・・・・・ “キバナコスモス(黄花秋桜)”はキク科コスモス属のメキシコ原産の一年草。日本には大正時代の初めに輸入されたものが逃げ出し、一部帰化植物になっているようです。コスモスと言う名前は付きますが、所謂“普通のコスモス(オオハルシャギク)”とは同属別種で交配は出来ないとの事です。

タケシマラン(Streptopus streptopoides subsp. japonicus)1

FC2PW003488FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“タケシマラン(竹縞蘭)”は、ユリ科タケシマラン属の日本の本州中部地方以北の山地帯上部から亜高山帯に分布する多年草。竹に似た葉に縞模様の葉脈が目立つ事からの命名だそうです。 @磐梯山

ムラサキヤシオツツジ(Rhododendron albrechtii)1

FC2PW003476FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ムラサキヤシオツツジ(紫八汐躑躅)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道、本州の東北地方および中部地方の日本海側に分布する落葉低木。前に九州や四国の山で見かけた“アケボノツツジ(曙躑躅)”とそっくりだったので混乱してしまったのですが、調べたら殆ど同じ種類の様でした。 @磐梯山

コケモモ(Vaccinium vitis-idaea L)3

FC2P7160541FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2014年

“コケモモ(苔桃)”は、ツツジ科スノキ属の四国、本州中部地方以北、北海道の高山帯に分布する常緑小低木。花後の赤い実はよくジャムとして売られていますね。@蓼科山

サラサドウダン(Enkianthus campanulatus)1

FC2PW003495FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“サラサドウダン(更紗灯台)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道西南部、本州の兵庫県以東、四国の徳島県に分布する落葉低木。子供の頃、実家の庭に植えられていたので懐かしい花です。“フウリンツツジ(風鈴躑躅)”という別名があるようですが、そちらは聞いたことがありませんでした。 @安達太良山

ムラサキヤシオツツジ(Rhododendron albrechtii)2

FC2PW003507FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ムラサキヤシオツツジ(紫八汐躑躅)”は、ツツジ科ツツジ属の北海道、本州の東北地方および中部地方の日本海側に分布する落葉低木。前に九州や四国の山で見かけた“アケボノツツジ(曙躑躅)”とそっくりだったので混乱してしまったのですが、調べたら殆ど同じ種類の様でした。 @安達太良山



コヨウラクツツジ(Menziesia pentandra)1

FC2PW003496FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“コヨウラクツツジ(小瓔珞躑躅)”は、ツツジ科ヨウラクツツジ属の北海道、本州、四国、九州に分布する落葉低木。花の形が仏教における装飾用具の“瓔珞”に似ていることからの命名の様です。 @安達太良山
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Archive
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
333位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
123位
Watch Access ranking>>