シコクチャルメルソウ(Mitella stylosa var. makinoi)1

FC2PY000355FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“シコクチャルメルソウ(四国哨吶草)”は、 ユキノシタ科チャルメルソウ属の四国、九州に分布する多年草。花の形状が屋台ラーメンでお馴染の“チャルメラ”に似ているからの命名の様です。@高千穂峡

ツボスミレ(Viola verecunda A.Gray)1

FC2PY000390FC2_20150724081445e89.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ツボスミレ(坪菫)”は、スミレ科スミレ属の北海道~九州に分布する多年草。葉の形が仏具の“如意”に似ているので“ニョイスミレ”という呼び名もあるようで、日本国内では“タチツボスミレ”に次いで個体数が多いようです。@高千穂峡

トウバナ(Clinopodium gracile)1

FC2PY000382FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“トウバナ(塔花)”は、シソ科トウバナ属の北海道から九州に分布する多年草。似た種類の花が多いので同定が難しいのですが、ここでは撮影地から“トウバナ”とさせていただきました。@高千穂峡

ヨツバムグラ(Galium trachyspermum)1

FC2PY000378FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヨツバムグラ(四葉葎)”は、アカネ科ヤエムグラ属の北海道~九州に分布する多年草。花の大きさや形状から“ヤエムグラ(八重葎)”に近い種類じゃないかと調べたら正解でした。@高千穂峡

ナガバモミジイチゴ(Rubus palmatus var. palmatus)1

FC2PY000347FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ナガバモミジイチゴ(長葉紅葉苺)”は、バラ科キイチゴ属の近畿以西、九州までの西日本に分布する落葉低木。子供の頃よく食べていたのはこの種類の“木イチゴ”でした。“モミジイチゴ(紅葉苺)”との同定は難しいようですが、撮影場所からそうさせていただきました。@高千穂峡

ウツギ(Deutzia crenata)1

FC2PY000374FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ウツギ(空木)”は、アジサイ科ウツギ属の北海道南部、本州、四国、九州に分布する落葉低木。命名は茎が中空のため、そのまんま空木(うつぎ)になったそうで、旧暦4月を卯月というのは、“卯の花(ウツギの花の別称)”が咲く季節から名付けられたとのことです。@祖母山

オオタチツボスミレ(Viola kusanoana)2

FC2PW003236FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“オオタチツボスミレ(大立坪菫)”は、スミレ科スミレ属の北海道・本州・九州北部の日本海側に分布する多年草。 “タチツボスミレ”に似ていますが、咲いている場所から“オオタチツボスミレ”と同定いたしておきます。@祖母山

ハナニガナ(Ixeris dentata var. albiflora f. amplifolia)2

FC2PY000381FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2015年

“ハナニガナ(花苦菜)”は、キク科ニガナ属の北海道、本州、四国、九州の低山帯~高山帯に分布する多年草。@祖母山

フモトスミレ(Viola sieboldii)1

FC2PW003338FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“フモトスミレ(麓菫)”は、 スミレ科スミレ属の本州、四国、九州に分布する多年草。命名は山麓でよく見かけることからだそうです。この個体は葉に“斑”が入っているので“フイリフモトスミレ(斑入麓菫)”かも知れません。@九重山

キスミレ(Viola orientalis)1

FC2PW003333FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“キスミレ(黄菫)”は、 スミレ科スミレ属の本州(関東,中部,中国)・四国・九州に分布する多年草。黄色いスミレで“キスミレ”、まさにドストレートな命名ですね(w) @九重山

アセビ(Pieris japonica subsp)6

FC2PW003345FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“アセビ(馬酔木)”は、ツツジ科アセビ属の本州、四国、九州の山地に自生する常緑樹。 馬酔木の名は馬が葉を食べて苦しんだという所からの命名だそうで、有毒な葉を煎じて殺虫剤とすることも出来るらしいです。@九重山

ミヤマキリシマ(Rhododendron kiusianum)1

FC2PW003354FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ミヤマキリシマ(深山霧島)”は、ツツジ科ツツジ属の九州各地の高山に分布する落葉低木。このツツジは火山活動により生態系が撹乱された山肌で優占種として生存できるという事で、確かにどの九州の山に登っても荒々しい所に生えていた記憶があります。@九重山

ヤマザクラ(Cerasus jamasakura)1

FC2PW003337FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ヤマザクラ(山桜)”は、バラ科サクラ属の本州・四国・九州に分布する落葉高木。ヤマザクラは同一地域の個体群内でも個体変異が多く、開花時期、花つき、葉と花の開く時期、花の色の濃淡と新芽の色、樹の形など様々な変異があるようです。葉芽と花が同時に展開していたので、ヤマザクラと同定しております。@九重山

オオカメノキ(Viburnum furcatum)2

FC2PW003334FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“オオカメノキ(大亀の木)”は、 スイカズラ科ガマズミ属の北海道、本州、四国、九州に分布する落葉木。虫が好むということで“ムシカリ(虫狩)”という別名もあるようです。@九重山



アリアケスミレ(Viola betonicifolia var. albescens)1

FC2PW003349FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“アリアケスミレ(有明菫)”は、 スミレ科スミレ属の北海道、本州、九州に分布する多年草。あまり自信はないのですがこれ以上調べようがないので、ここでは“アリアケスミレ”と同定させていただきます。@九重山

ハルリンドウ(Gentiana thunbergii)1

FC2PW003398FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ハルリンドウ(春竜胆)”は、 リンドウ科リンドウ属の本州・四国・九州に分布する一年草。 ハルリンドウの高山型の変種が“タテヤマリンドウ(立山竜胆)”との事で、道理で似ていると感じました。@霧島山

キリシマミツバツツジ(Rhododendron nudipes var. kirishimense)1

FC2PW003399FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“キリシマミツバツツジ(霧島三葉躑躅)”は、 ツツジ科ツツジ属の九州に分布する落葉低木。 普通の“ミツバツツジ”と区別がつきませんが、咲いている所から“キリシマミツバツツジ”と同定いたしました。@霧島山

フモトスミレ(Viola sieboldii)2

FC2PW003368FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“フモトスミレ(麓菫)”は、 スミレ科スミレ属の本州、四国、九州に分布する多年草。命名は山麓でよく見かけることからだそうです。この個体は葉に“斑”が入っているので“フイリフモトスミレ(斑入麓菫)”かも知れません。@霧島山

キジムシロ(Potentilla sprengeliana)2

FC2PW003395FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“キジムシロ(雉蓆、雉莚)”は、バラ科キジムシロ属の北海道、本州、四国、九州に分布する多年草。円形に広がった株がキジの座る筵に似ている事からの命名の様です。@霧島山


ニガイチゴ(Rubus microphyllus L.f.)1

FC2PW003377FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2014年

“ニガイチゴ(苦苺)”は、バラ科キイチゴ属の本州、九州、四国に分布する落葉小低木。“モミジイチゴ(紅葉苺)”にとてもよく似ているのですが、九州には分布していないので“ニガイチゴ”と同定いたしました。@霧島山

ミヤマキリシマ(Rhododendron kiusianum)2

FC2PW003380FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ミヤマキリシマ(深山霧島)”は、ツツジ科ツツジ属の九州各地の高山に分布する落葉低木。このツツジは火山活動により生態系が撹乱された山肌で優占種として生存できるという事で、確かにどの九州の山に登っても荒々しい所に生えていた記憶があります。@霧島山

ハルリンドウ(Gentiana thunbergii)2

FC2PW003388FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ハルリンドウ(春竜胆)”は、 リンドウ科リンドウ属の本州・四国・九州に分布する一年草。 ハルリンドウの高山型の変種が“タテヤマリンドウ(立山竜胆)”との事で、道理で似ていると感じました。@霧島山

タチツボスミレ(Viola grypoceras)6

FC2PW003370FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“タチツボスミレ(立坪菫)”は、スミレ科スミレ属の日本全国に分布する多年草。日本に自生するスミレ類の中で一番個体数が多いと言われているようで、丸い葉と立ち上がる茎が特徴です。 @霧島山

ノカイドウ(Malus spontanea)1

FC2PY000563FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ノカイドウ(野海棠)”は、バラ科リンゴ属の霧島山にのみ分布する落葉小高木。何気に撮ったのですが、世界中で霧島山だけに分布している貴重な植物で、国の天然記念物にも指定されているようです。 @霧島山

キリシマミツバツツジ(Rhododendron nudipes var. kirishimense)2

FC2PY000612FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) 2015年

“キリシマミツバツツジ(霧島三葉躑躅)”は、 ツツジ科ツツジ属の九州に分布する落葉低木。 普通の“ミツバツツジ”と区別がつきませんが、咲いている所から“キリシマミツバツツジ”と同定いたしました。@霧島山

タツナミソウ(Scutellaria indica)5

FC2PW003415FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“タツナミソウ(立浪草)”は、シソ科タツナミソウ属の本州、四国、九州に分布する多年草。同じ方向に並んだ花の姿が打ち寄せる波頭の様に見えることからの命名のようです。花色は紫が基本で、藤色、赤紫、濃淡がある桃色、白etcがあるようです。@開聞岳

ジュズネノキ(Damnacanthus macrophyllus)1

FC2PW003424FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ジュズネノキ(数珠根の木)”は、アカネ科アリドオシ属の本州(近畿地方以西)、四国,九州に分布する常緑低木。根が数珠状に肥大することにからの命名のようです。@開聞岳

ジュズネノキ(Damnacanthus macrophyllus)2

FC2PW003425FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“ジュズネノキ(数珠根の木)”は、アカネ科アリドオシ属の本州(近畿地方以西)、四国,九州に分布する常緑低木。根が数珠状に肥大することにからの命名のようです。これはジュズネノキの実の様子です。@開聞岳

コガクウツギ(Hydrangea luteo-venosa)1

FC2PW003419FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“コガクウツギ(小額空木)”は、ユキノシタ科アジサイ属の本州の東海地方以西、四国、九州に分布する落葉低木。@開聞岳

コツクバネウツギ(Abelia serrata)1

FC2PW003430FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 野の花(WildFlower) 2015年

“コツクバネウツギ(小衝羽根空木)”は、スイカズラ科ツクバネウツギ属の本州の中部地方以西、四国、九州に分布する落葉低木。この個体は花が黄色ので変種として“キバナツクバネウツギ”と呼ぶこともあるようです。 @開聞岳

Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Archive
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
334位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
124位
Watch Access ranking>>