筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)1

FC2BB071830FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

今回も、紅葉シーズンが終わるまでに、日本百名山を“10座登ってしまおう”の目標のもとの出動です。高い、もしくは北の山は紅葉が終わっているので、関東で標高の低い
“筑波山”を日本百名山・9座目”に選んでみました。この日も天気予報は良かったのですが、電車とバスを乗り継ぎ、到着したらこの状態です・・・・・・・・・・(T-T*)

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)2

FC2BB071832FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

所謂“筑波山”は西側の男体山(標高871m)と東側の女体山(標高877m)から構成されています。ここは“日本百名山で一番低い山”という称号を与えられています。
“富士山”は登っているので、ここの頂上に立てば“高低の両極端”は制覇と言う事になりますね(w)、登山前に霧に包まれた“筑波山神社拝殿”で安全祈願です。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)3

FC2BB071847FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

冗談抜きで、登山道の入り口がわからないほどの濃い霧で、天気予報とのギャップに戸惑いながらこんな感じの杉林の中を登ってゆきます。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)4

FC2BB071851FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

最初に書いたとおり“筑波山”は標高が877mと、とても低いのですが、高さと登りのきつさは全く比例しませんね。この登山道はほぼ“ケーブルカー”と平行の一直線の登り
なんで、かなり難儀の行程でした。(おまけに気温・湿度も高く蒸して大変でした)

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)5

FC2BB071856FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 紅葉(AutumnColors) 2012年

霧が濃いし、蒸し暑く上りもきつくあまり“写真を撮る”って云うモードじゃなかったんですが、キレイなところがあるとついついパチリしてしまいます(w)

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)6

FC2BB071857FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

登山道自体はこんな風に整備された所だけでなく、岩がごろごろの急で登り辛い所もありました。濃い霧に包まれ景色を楽しむ事もできず、まるで何かの修行のように黙々と
山道を登って行きます。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)7

FC2BB071876FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

なんだかんだで、黙々と2時間弱上り続け、ケーブルカーの山頂駅にたどり着きました。本当はかなり眺めが良い所の様なんですが、霧で“眺望ゼロ”の悲惨な状態でした。
他の登山者も良い予報を信じて来ていたようで、皆さん一様に愚痴っておりました。とりあえず、この奥に見える男体山(標高871m)に登ってみることに。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)8

FC2BB071864FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

ここが男体山(標高871m)の山頂で、奥の社が“男体山筑波山神社本殿”です。一応、ビューポイントまで行っては見ましたが、予想とおりの“真っ白な世界”が広がっている
だけでした。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)9

FC2BB071885FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

“男体山(標高871m)”の山頂から、ケーブルカーの山頂駅前を通って“女体山(標高877m)”の山頂を目指します。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)10

FC2BB071895FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

この社が“女体山筑波山神社本殿”で、この奥が・・・・・・・・・・・

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)11

FC2BB071897FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

“筑波山(女体山・標高877m)”の頂上です。“日光白根山”しかり“瑞牆山”しかり、いくら天気予報の良いときを狙って登っても、山って、スカッとした眺望に遭遇するのは
なかなか難しいものなんですね。次回は“奇岩”がいっぱいの下山の様子なんかをUPさせていただきます。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)12

FC2BB071898FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

残念な“筑波山(女体山)”の頂上写真で終わった前回に引き続き、下山の様子をUPさせていただきます。以前も書きましたが、標高が低いと言うだけで、なめてかかっちゃ
いけませんね!! かなり険しい下りでしたし、少し降ってきた雨のおかげで滑りやすくなっていたので、結構、大変な行程でした。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)13

FC2BB071903FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

山頂から、今度は“筑波山ロープウェイ”と、ほぼほぼ平行に通っている登山道を下りて行くと、次々と“奇岩”たちが姿を現します。ほぼ全部撮りましたが、気にいったものを
何枚かUPさせていただきます。最初は“北斗岩”で天空に輝く北斗星のように、決して動かないことを意味しているといわれています。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)14

FC2BB071907FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

これは“裏面大黒”で、大黒様が大きな袋を背負っている後姿に見える岩です。確かに、なんとなく雰囲気は掴めますね(w)

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)15

FC2BB071909FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

これは“出船入船”で、石の姿が、出航する船と入港する船が並んでいるように見えることからの命名のようですが、これはあまりピンときませんね。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)16

FC2BB071915FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

これは“母の胎内くぐり”で、岩の隙間を潜ることで、生まれた姿に立返ることを意味しているそうです。こう言うスポットがあると、どうしても潜らずにいられませんね(w)

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)17

FC2BB071916FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

そして奇岩の締めくくりは“弁慶七戻り”です。上の大きな岩が今にも落ちそうなので、弁慶ですら恐怖で七戻りしたといわれています。これは命名にセンスがありますね。
聖と俗を分ける門だともいわれています。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)18

FC2BB071924FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

奇岩をパチリパチリしながら大きな木の樹林帯を下りてくると、にわかに眺望が開け“筑波山ロープウェイ”の駅が見えてきました。上にいる時は“ガスって”何も見えなかった
のが、すっかり晴れておりました。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)19

FC2BB071925FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

登山とはあまり関係ないのですが・・・・・・・・・、“筑波山ロープウェイ”の駅まで辿り着くと、悲しくなるくらい“寂れた昭和”の世界が取り残されていました。この雰囲気はちょ
っとやそっとじゃ出せませんね(w)

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)20

FC2BB071928FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

先程の大きな“ガマ親分”の頭上を見ると、濃い霧で“真っ白な世界”が拡がっていた山頂が見事に晴れ渡っているじゃないですか!! “日本百名山・9座目”の登頂は終わった
のでこのまま帰ってもよかったのですが、写真好きとしては眺望は抑えておきたかったんですよね(w) 早速、文明の利器(ロープウェイ)を使い山頂に戻ってみる事に・・・・・・・・・

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)21

FC2PB070439FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 山頂(Summit) 2012年

・・・・・・・・・と言う事で、一気に“筑波山ロープウェイ”で上まで登り、数時間前までは“真っ白な世界”だった頂上に再びやってまいりました。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)22

FC2BB071937FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO7-14mm/F4 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

これは“筑波山山頂”から東の“石岡”方向の眺望です。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)23

FC2BB071939FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO7-14mm/F4 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

これは東南方向の眺望で、見えているゴルフ場が“つくばねCC”で、その奥の山の向こうが“土浦市”あたりになると思います。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)24

FC2PB070448FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

“筑波山(女体山)”の山頂から“男体山”を望みます。この山頂の風景の面白いのは、登山で登ってくる人と、ロープウェイetcで昇ってくる人の服装・装備のギャップなんで
すよね(w) 歳をとっても自分の足で登ってこれるように鍛えておきたいです!!

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)25

FC2PB070461FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO7-14mm/F4 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

あと、霧のなかでも気になっていたのが“男体山”の山頂のすぐ下にあるこの古い建物だったんですよね。調べたらこれは、1928年(昭和3年)に建てられた“筑波山気象観測
ステーション”と言う事で、今でも現役で観測がなされているらしいです。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)26

FC2PB070469FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO7-14mm/F4 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

これは“男体山”ふもと辺りからの“女体山”方向の眺めです。右に写っているが“筑波山コマ展望台”で、名前の通り?、展望台が回転する仕組みになっていてちょっとばっか
りビックリしました(w)

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)27

FC2PB070470FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO7-14mm/F4 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

・・・・・・・・・と言う事で、今回は“筑波山コマ展望台”から北の“真壁・桜川市”方面の眺望のUPで〆とさせていただきます。霧が濃く真っ白で目も当てられない状態でしたが、
数時間後に文明の利器を使い、こんな青空写真を撮る事ができました!! 登山でも、たまにはこう言うこともありですよね♪

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)28

FC2PB070490FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO7-14mm/F4 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

視界クリアーな“筑波山山頂”での撮影を終え、今度は“筑波山ケーブルカー”で下山する事に。シンプルでかわいいフェイスをしていますね。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)29

FC2PB070491FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO7-14mm/F4 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

これは“筑波山ケーブルカー”の宮脇駅です。日本百名山で一番標高の低い“筑波山”はちゃんとした登山対象でも、普通のお気軽な観光地でもあるんですよね。

筑波山登山(Mt.Tsukuba mountaineering)30

FC2PB070497FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5LumixGxVARIO7-14mm/F4 日本(Japan) 茨城(Ibaraki) 筑波山登山(Mt.Tsukuba) 2012年

これは、朝の登頂の前、殆ど視界が無い中お参りした“筑波山神社拝殿”です。山の天気ってこんなもんなんですね!!
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Archive
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
156位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
65位
Watch Access ranking>>