屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)1

FC2B8110001FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED12-50mm/F3.5-6.3 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

この日(朝方)、オリンピックのサッカーの3位決定戦(日本vs韓国戦)を途中までみて、宿を出発し、6:00ちょっと前に淀川登山口(よどごう登山口)に到着しました。
支度やらストレッチングやらをし、6:30頃から、登山開始いたします。今日は九州最高峰の宮之浦岳経由で新高塚小屋まで向かう行程(コースタイム8:30分)です。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)2

FC2P8110493FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

あまり、運動をしていなかったので、最初は少し息が苦しかったのですが、淀川小屋あたりでだんだん落ち着いて来ました。少し行くと澄み切った淀川が現れました。
川底が白っぽい川っていうのは、なかなか珍しいんじゃないかと思います。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)3

FC2B8110004FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED12-50mm/F3.5-6.3 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

ひたすら、こんな山の中を登って行きます。途中かなり大きな杉とかに出合っているのですが、UPしだしたらキリがないので割愛させていただきます(w)

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)4

FC2B8110019FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED12-50mm/F3.5-6.3 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

暫く山の中を登っていくうちに、眺望が開けて来るところとかが現れて来ました。さらに歩を進めると“小花之江河(こはなのえごう)”という湿原に到着です。
この小花之江河は、標高1620mに位置していて、日本最南端の高層湿原なんだそうです。ここは淀川登山口から3.8km、宮之浦岳まで4.2kmの地点です。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)5

FC2B8110018FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED12-50mm/F3.5-6.3 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

先程の写真の奥に見えているのが「高盤岳(1734m)」で、それをUPしてみると、もとても有名な“とうふ岩”がその上に良く見えます。グランドサークル旅行でさんざん
奇岩の類は見て来ましたが、そこで出会ったのとはまた全くテイストが違う奇岩なんで、新鮮な驚きを感じました。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)6

FC2P8110519FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED12-50mm/F3.5-6.3 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

小花之江河を後にし、400m程進むと、次の高層湿原の花之江河(はなのえごう)が現れます。高山植物を撮ったりした後、ロープが掛けられている急な岩場を登り、
黒味岳(くろみたけ)を横目にみながら、投石(なげし)岩屋を通り、投石岳を超えた安房岳との間で撮ったのが、この投石(なげし)岳の様子です。
途中、霧が出たり、陽の入り方が悪かったりで、あまりいい写真が撮れていないので、UPは割愛させていただきます(T-T*) 気になる方は下線部分のリンクをどうぞ!

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)7

FC2P8110521FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED12-50mm/F3.5-6.3 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

これは先程と同じ所で撮った、進行方向の安房岳の様子です。写真ブログなんで(w) なるべく晴れているキレイな写真を中心にUPしているのですが・・・・・・・・・
実際は、雨こそは降りませんでしたが、急に霧がかかって視界が無くなるほど真っ白になったりも致しました。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)8

FC2B8110087FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED12-50mm/F3.5-6.3 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

先程の安房岳を超え、扇岳、栗生岳を縦走し、とうとう宮之浦岳が目前に迫って来ました。気温はかなり高くなっていたのですが、頻繁に霧(雲?)が出たり消えたりで、
それが横切る際は、急にエアコンが入ったみたいに涼しい風が吹き本当に気持ちよかったです。(写真を撮るのには迷惑でしたが・・・・・・・)

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)9

FC2B8110101FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED12-50mm/F3.5-6.3 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

これは先程の、宮之浦岳の写真を撮ったところから振り返って撮った、扇岳(奥)、栗生岳(手前)の様子です。(ここを延々縦走してここまで来ました)
このあたり、緑(ヤク笹)に覆われた山には、大きな岩がまるで神様に置かれたように横たわり、美しく不思議な光景が拡がっていました。
栗生岳の岩は人のシニカルな笑い顔に、右手前は包帯を巻いたミイラが舌を出しているように見えますね(w) これら以外にも面白い形の岩がたくさんありました。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)10

FC2P8110540FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) 山頂(Summit) ツーリング(Touring) 2012年

結構大変なところもありましたが、なんとか無事に九州最高峰、宮之浦岳の頂上に辿り着きました。ここで30分程食事&休憩を取りました。こちらは南側方向で
霧が晴れていたら海が見えるらしいのですが、今回は残念ながら拝む事は出来ませんでした(T-T*)

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)11

FC2B8110116FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED12-50mm/F3.5-6.3 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

こちらは先程と逆(北側方向)の風景で、目の前に聳えているのは永田岳です。これからこちら方面に下り、本日の宿泊地の新高塚小屋へ向かいます。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)12

FC2B8110142FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED12-50mm/F3.5-6.3 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

九州最高峰、宮之浦岳の頂上での食事&休憩を終え、山を下り、焼野三叉路を通り平石までやって来ました。先に見えるのは平石岩屋と呼ばれている所で・・・・・・

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)13

FC2B8110153FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED12-50mm/F3.5-6.3 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

・・・・・・・・ここ平石岩屋にも奇岩がありました、これはどう見ても人面ですよね!!(犬神家の一族のスケキヨって感じでしょうか!?) 結構大きいんですよ!!

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)14

FC2B8110147FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED12-50mm/F3.5-6.3 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) 哺乳類(Mammalia) ツーリング(Touring) 2012年

この屋久島なんですが、ある高度になると一面“ヤク笹”に覆われた地帯となっております。その笹の間に本当に狭い道ができていて、そこを進んで行くのですが、
時たま、そんな時に“ヤクシカ”に出合っちゃうんですね。逃げもしない、近寄ってもこない、絶妙の距離感がいい感じでした♪

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)15

FC2P8110548FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

ここは、先程の平石岩屋のスケキヨ岩?の裏あたりじゃないかと思います。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)16

FC2P8110559FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

対象物が無いので、なかなかスケール感が湧かないと思うのですが、これなんかも巨大でユニークな形をした素敵な岩だと思うんですよね。(これは坊主岩です)

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)17

FC2P8110561FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

“ヤク笹地帯”を過ぎ、暫くすると風景が大分変わってきました。この辺まで来ると、本日宿泊の新高塚小屋までもう少し、自然と歩が軽くなってきますね♪
(ここは第二展望所で、奥に見えるのが宮之浦岳です。)

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)18

FC2P8110564FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

10時間ほどかかって、ようやく新高塚小屋に無事到着です。屋久島特集の本には、この時期山小屋は凄い混雑で入れないこともあるので、テントを持っていくように、
なんて書かれていたのですが、この有様で全くの拍子抜けでした。まあ、いい意味のサプライズですね。この夜はテントを張る事無く、山小屋でゆっくり過ごしました。
夜中、外に出て夜空を見上げたら、星・星・星の星だらけでした(w) そんなに寒くも無かったので、暫くテント場に横になって満天の星を眺めてみました(うん、贅沢♪)
明日はいよいよ憧れの“縄文杉”とのご対面です!!

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)19

FC2P8120567FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

明るくなる少し前に新高塚小屋を出発し、1:30分程歩き高塚小屋にやって来ました。見た感じ、トイレの充実や水場の近さ、小屋の大きさetcを考えると、やっぱり
新高塚小屋に泊まったのは正解のようでした。昨日はなんでもなかった膝なんですがちょっと痛くなり始めました。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)20

FC2P8120577FC2 (2)
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

高塚小屋を通り、10分ほど歩くと木組みのテラスがあり、その奥に憧れの“縄文杉”が現れました。ピーク時は凄い人らしいのですが、タイミングが良かったのか、
テラスには自分ひとりだけ・・・・・・・・・・、まさに“縄文杉独り占め”の贅沢な状態が10分ほど続きました♪ 

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)21

FC2B8120181FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage)
宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

この“縄文杉”は高さ30m、幹の太さが16.1m程あります。樹齢については2700年~7000年位と諸説入り乱れているようですが、
どれにしたって凄い事には変わりないですね。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)22

FC2B8120176FC2 (2)
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

“縄文杉”の最後は、太い幹部分のUPで、いろいろなアングルや画角で撮っては見たものの、いつもの事ながら、被写体の素晴らしさを表現し切れません(T-T*)
やっぱり、こういったネーチャー系はLIVEに限りますね!! “縄文杉”に会うには、最低でも5時間以上の山歩きが必要なので、体力があるうちに是非どうぞです(w)

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)23

FC2B8120198FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

こんなところを、下りたり、下りたり、上ったりしながら次の目的地“ウィルソン株”に向かいます。階段を下りる時、かなり膝が辛くなって来ました(T-T*)

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)24

FC2B8120200FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

途中“夫婦杉”を撮ったりしながら歩を進めます。上りや、平地を歩く分には何にも無いんですが、下りの階段だけがとっても膝にきてしまいますね。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanouramountaineering)25

FC2B8120192FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) 哺乳類(Mammalia) ツーリング(Touring) 2012年

・・・・・・・・・・・と云う事で、今回はカワイイ“小鹿”のUPで〆させて頂きます。膝はかなりキツイですが、“ウィルソン株”に向かい騙し騙し歩を進めます。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)26

FC2P8120618FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

“縄文杉”から2時間ほど歩いて、“ウィルソン株”に到着しました。この当りまで来ると丁度、荒川登山口から“縄文杉”を目指す団体さんとぶつかりとても賑やかに
なっております。この切株は1586年(天正14年)に、大坂城築城(諸説あります)のため、豊臣秀吉の命により切られたもので、胸高周囲は13.8mあります。
アメリカの植物学者アーネスト・ヘンリー・ウィルソン (Ernest Henry Wilson) 博士に調査され、1914年に西洋文化圏に紹介された事が名前の由来です。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)27

FC2P8120607FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

“ウィルソン株”の内部は立ち入る事が出来、内部は10畳くらいの広さで小さな祠があり、清水が湧き出ているます。あるガイドさんが偶然発見したという、
“ハート”を写せるポイントがあり、長い列が出来ていました。まだ“パワースポット”やら“恋愛に効く”なんて云う話は見聞きしませんが、あまりに見事なハートなんで
そのうちマスコミが大きく取り上げ、近いうちにそうなってしまうのは必然のような気がします(w)

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)28

FC2P8120644FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

“ウィルソン株”を後にし、1時間ほど(膝痛&登りの団体さん渋滞あり)山を下ると、“大杉歩道入口”に到着です。そこからは、こんな感じの“トロッコ道”が続きます。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)29

FC2P8120652FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

ところどころ、安房川を跨いで“トロッコ道”は続きます。団体さんのピークは過ぎたらしく、ほとんどすれ違う人はおりません。静かに黙々と一歩一歩進んでゆきます。

屋久島/宮之浦岳縦走(Yakusima/Mt.Miyanoura mountaineering)30

FC2P8120654FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 日本(Japan) 鹿児島(Kagoshima) 世界遺産(WorldHeritage) 宮之浦岳(Mt.Miyanoura) ツーリング(Touring) 2012年

この辺りは“屋久杉”を伐採後に植林をした地域なんでしょうね。この森は“数千年後どうなっているのか・・・・・・・・”とか、取留も無い事を思いながら歩を進めます。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Archive
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
349位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
126位
Watch Access ranking>>