ミラノ(Milano)2 by空倶楽部

FC2P5062175FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ ミラノ(Milano) ユーロ2019(Euro2019) イタリア(Italia) 2019年

今回の空倶楽部は“5月5日の空”と云うことで、その日旅してた“ミラノ(Milano)”から、ベタで恐縮ですが“ドゥオーモ(Duomo di Milano)”のUPです。前にここに来たのが2003年なのでもう16年も経つのですが、走っている車と人のファッションが新しくなっただけで街自体は何ら変わっていない様な印象を受けました。基本的に旧市街は建物の建て替えが難しいんで、何もなければこのまま何百年もそんなに変わことも無く時が過ぎて行くんでしょうね。

香港(Hongkong)8

FC2PY000777FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 中国(Chaina) 香港(Hongkong) ユーロ2019(Euro2019) 2019年

今回のヨーロッパの旅は“キャセイパシフィック”での“香港(Hongkong)”トランジットでした。GWが10連休ということもあり、かなり前から手配はしていたのですが安い直行便が無かったので仕方がありません。数時間の乗り継ぎの間、空港内を少しだけパチリして時間を潰しました。

香港(Hongkong)9

FC2PY000784FC2_201905121638231ae.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 中国(Chaina) 香港(Hongkong) ユーロ2019(Euro2019) 2019年

調べたら前に“香港(Hongkong)”に来たのが2005年だったので、もう15年近くになるのを知って時の経つのの速さに驚いております。当時の写真を振り返ってみると貧弱な機材(DSC-P100)の割には個人的に納得のいくのが撮れているんですよね。今度はトランジットでは無くちゃんと再訪しじっくり撮影したいなと思いました。

香港(Hongkong)10

FC2PY000775FC2_20190512163824ecd.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 中国(Chaina) 香港(Hongkong) ユーロ2019(Euro2019) 2019年

免税店で撮りました。海外のたばこのパッケージは日本のそれと比べ、警告文の表示が大きく且つえげつないですね。これは文字だけですが他の国では“真っ黒な肺”やぼろぼろの“黄色い歯”とかの写真が刷り込まれたりもしています。どうしてそんな危険なものを販売しているのか?こういう現象を“矛盾”って言うんでしょうね(w)

チューリッヒ(Zurich)1

FC2P4270093FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

今回の空倶楽部はGWのヨーロッパの旅で最初に訪れた“チューリッヒ(Zurich)”からの1枚です。ここは街自体がコンパクトで見所も集中していて2009年に一度訪れているので、ほぼ地図なしで歩き回ることが出来ました。到着時はかなりの雨で気分も落ちながらの散策でしたが、一度宿に戻り少し休んで夕方に再出動の頃には雨も止み気分よく撮影も出来ました。中央に写っているのは“聖ペーター教会 (St. Peterskirche)”で、その時計塔はヨーロッパ最大のものとの事です。

マルタ(Malta)1

FC2PY001283FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 マルタ(Malta) ユーロ2019(Euro2019) ネコ(Cat) 2019年

今回のにゃ~にゃ~の日はGWのヨーロッパ旅行で訪れた“マルタ(Malta)”で出合ったニャン達からの1枚です。今回の旅行の大きな目的の一つが“マルタで猫を撮る”だったんですよね。噂に違わずニャンとの遭遇率はかなり高く楽しい時間を過ごせました。


きららとジュレさん主催の“にゃ~にゃ~の日”の43回目の参加でございます。

シクラカベカナヘビ(Podarcis siculus campestris)1 byむし倶楽部

FC2P5031346FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ フィレンツェ(Firenze) ユーロ2019(Euro2019) イタリア(Italia) 爬虫類(Reptilia) 2019年

今回の“むし倶楽部”は、ムシが撮れなかったので、フィレンツェで撮った“カナヘビ”のUPとさせていただきます。イタリアを中心に地中海沿岸に分布する小型のカナヘビの様で地味な“ニホンカナヘビ”と違い緑のアクセントが美しいですね。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第186回目です。


ナポリ(Napoli)1 by空倶楽部

FC2P4300787FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ ナポリ(Napoli) ユーロ2019(Euro2019) イタリア(Italia) 2019年

今回の空倶楽部はGWの旅行で行った“ナポリ(Napoli)”からの1枚です。中央駅辺りから“ウンベルト1世通(Corso Umberto Ⅰ)”を“卵城(Castel dell'Ovo)”へ向かい歩を進めるとこんな感じで“サンタルチア港”が目の前に広がります。この風景は既視感があってすぐに“鹿児島湾から見る桜島”を思い出しました。調べたら、なるほど鹿児島は“東洋のナポリ”と呼ばれており、ナポリと姉妹都市でもあるようです。よく“東洋の×××”を謳う観光地があって、似ても似つかずでガッカリする事が多いのですが、此処については十分納得です。

チューリッヒ(Zurich)2

FC2PY000785FC2_2019052820585914c.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-42mm/F3.5-5.6EZ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

空港から“チューリッヒ(Zurich)”の中央駅にやって参りました。10分ちょっとで空港から市街地に来れるアクセスの良さは成田空港を使う身からしたら、だただ羨まし限りです。ただし物価が高いのが玉に瑕で、たった10分ちょっとで“6.8スイスフラン(約740)”の運賃でした。

チューリッヒ(Zurich)3

FC2PY000789FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは“チューリッヒ中央駅(Zürich Hauptbahnhof)”の様子です。前回、運賃が高いという話を書いたのですが“スイス連邦鉄道(SBB)”にはスマホアプリで切符を買えるという便利な一面もありました。あまり使いようのないスイスフランに両替をしないよう、スイスではキャッシュレスで過ごそうとした自分にとってはかなり重宝いたしました。

チューリッヒ(Zurich)4

FC2P4260002FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは“チューリッヒ中央駅(Zürich Hauptbahnhof)”とスイスの鉄道王“アルフレッド・エッシャー(Alfred Escher)”の像の噴水の様子です。前のブログを見てみたら2010年にも同じような写真を撮っておりました。人間の嗜好ってそんなに変わるもんじゃないんですね(w)

チューリッヒ(Zurich)5

FC2PY000787FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-42mm/F3.5-5.6EZ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

“チューリッヒ中央駅(Zürich Hauptbahnhof)”から宿泊したホテルに向かう道すがら撮りました。なんでもないポスター掲示板なんですが日本ではあまり見かけないのでついついパチリしてしまいます。地元の人は何撮ってるんだろうなと不思議に思っているに違いありません(w)

チューリッヒ(Zurich)6

FC2P4270069FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これはチューリッヒ中を走りまくっている“路面電車(トラム)”の様子です。2009年の時と比べ車両が新しくなっていると思います。あんまり路面電車に慣れていないので、歩いていて少し危ないなと思うことがあったのですが、やはり事故自体はかなり多いようですね。

チューリッヒ(Zurich)7

FC2P4260060FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは“ルドルフ・ブラン橋(Rudolf-Brun-Brücke)”辺りからの風景です。“リマト川(Limmat)”の向こう岸に見えている時計塔は以前にもUPしている“聖ペーター教会 (St. Peterskirche)”です。冷たい雨が降る中の少々やっつけ気味の撮影でしたが、ヨーロッパの街自体の素材が良いのでそこそこの画は撮れてしまいます。

チューリッヒ(Zurich)8

FC2P4260023FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

以前の空倶楽部でもUPしている“聖ペーター教会 (St. Peterskirche)”のほぼ同じ構図の昼間(雨の日)バージョンです。今回のGWのヨーロッパ旅行で想定外だったのが“チューリッヒ(Zurich)”が予想以上に寒かった事でした。雨用に薄いレインパーカーを持って行ったのが救いになりましたが、無ければ衣類の現地調達の羽目になっていたと思います。

チューリッヒ(Zurich)9

FC2P4260020FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは“リマト川(Limmat)”越しの“フラウミュンスター聖母教会(Fraumünster)”の様子です。手前に架かっているのが“ミュンスター橋(Münsterbrücke)”です。フラウミュンスター聖母教会ではシャガールが手掛けたステンドグラスを見たかったのですが、当日はかなりの要人を迎えた催しがあったようで中に入ることは出来ませんでした。

チューリッヒ(Zurich)10

FC2P4260027FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは“クヴァイ橋(Quaibrücke)”の上を走る“路面電車(トラム)”の様子です。この橋を境に“リマト川(Limmat)”から“チューリッヒ湖(Zürichsee)”へと変わります。晴れていればチューリッヒ湖畔から綺麗なアルプスの山々が望めるのですがこの日は残念ながら冷たい雨でした。

チューリッヒ(Zurich)11

FC2P4260037FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

“リマト川(Limmat)”沿いの大きな道から、小さな路地へ足を運びます。雨は降ったり止んだりで相変わらずでしたが、そこそこ面白い被写体たちにも出会い、街歩きのテンションとしては若干上がって参りました。

マルタ(Malta)2 by空倶楽部

FC2P4280485FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ マルタ(Malta) ユーロ2019(Euro2019) 2019年

今回の空倶楽部はGWのヨーロッパ旅行で訪れた“マルタ(Malta)”の旧市街“バレッタ(Il-Belt Valletta)”で撮った風景からの1枚です。これは“聖エルモ砦(Fort St Elmo)”あたりからの“聖エルモ灯台(St. Elmo Lighthouse)”の様子です。どこまでも青い地中海に浮かぶ可愛らしい灯台がなかなか絵になって降りました。距離的にもちろん見えはしないのでしょうがこの先には“シチリア島(Sicily)”があるんですよね。

チューリッヒ(Zurich)12

FC2P4260038FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは前にUPした“ニャンの壁画”の右側部分です。上の文字をgoogle翻訳してみると“展覧会ギルド都市への10ステップ”と出てきました。たぶん“ギルド博物館まであと10歩”なんで頑張りなさいよという意味なんでしょうね。

チューリッヒ(Zurich)13

FC2P4260057FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

ヨーロッパの街かどでよく見かける“鉄看板(吊り看板)”なんですが“チューリッヒ(Zurich)”でも“ニーダードルフ通り(Niederdorfstrasse)”辺りで出会うことが出来ます。素敵なものが多いのですがなかなか上手く撮れないんですよね。10年前も今回も納得の1枚はGET出来ませんでした。

チューリッヒ(Zurich)14

FC2P4260004FC2_201906080827166dd.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

このポスターは“聖ペーター教会(St. Peterskirche)”近くの裏路地で撮りました。Google翻訳してみると “人生に多くのことがなくてもできる、猫や猫以外”と出てきました。ちょっと意味不明な上に、本屋かビール会社のポスターかも解かりませんでした(w) ドイツ語⇒日本語の精度は英語とくらべ少し低いのかもしれませんね。

チューリッヒ(Zurich)15

FC2PY000800FC2_20190608082720a0e.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは“ミュンスターガッセ通り(Münstergasse)”をさらに奥に入った所にあった小さな公園での1枚です。今回の旅で持ってきて良かったなと思った物の1つが“ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95”というレンズなんですよね。時間に余裕のある街撮りなんかの時で“ボケ”が欲しい被写体にあった時に本当に重宝しました。小さくて邪魔にならないので今後も旅のスパイスレンズとして活躍してくれそうです。

チューリッヒ(Zurich)16

FC2PY000802FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは前回UPした小さな公園での別CUTです。土地柄なんでしょうか“チューリッヒ(Zurich)”ではあまり“グラフィティ(graffiti)”を見掛けなかった様に思います。後から訪れた“ナポリ(Napoli)”が余りにも凄かったので、これを改めてみると可愛くなってしまいます。

チューリッヒ(Zurich)17

FC2PY000788FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは“チューリッヒ(Zurich)”の街歩きで見かけたコンサート専用?の掲示板です。中央の女性の左側のポスターに写っているのが日本人ぽくて調べてたら、やっぱり日本のバンドでした。この“MONO”というバンド、全く知りませんでしたが“世界で一番聴かれる日本のバンド”なんだそうです。少し聴いてみましたがインスツルメンツでなかなか良かったです。

チューリッヒ(Zurich)18

FC2PY000803FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは“シティ バックパッカー ビーバー(City Backpacker Biber)”の看板です。可愛らしかったのでちっと撮ってみました。ここには泊っておりませんが、個人の旅行では基本アクセスが良くシャワーを浴びられて寝られれば良いので、物価の高い都市だとこんな所にも平気で泊ってしまいます。

チューリッヒ(Zurich)19

FC2PY000822FC2_201906080827245eb.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

これは“Fly&Race Simulation GmbH”というお店のディスプレイです。旅客機の“ボーイングB777”や“F / A-18”という戦闘機などのフライトシミュレーターの体験ができるようで、“ボーイングB777”の場合、1時間で199(CHF) スイス・フラン(日本円にして約22000弱)との事です。マニアの方には堪らないんでしょうね。

チューリッヒ(Zurich)20

FC2PY000810FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1ZhongyiSpeedmaster25mmF/0.95 チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

この“Dumont & Dumont”と書かれている美しいデザインのバンは、調べてみたたらどうやら“フードトラック”の様です。1枚の写真で世界中の殆どの些細なことまで調べられるって、今更なんですがネットの威力って凄いですよね。

アマルフィ(Amalfi)1 by空倶楽部

FC2P5010970FC2 (2)
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ アマルフィ(Amalfi) ユーロ2019(Euro2019) イタリア(Italia) 2019年

今回の空倶楽部はGWの旅行で行った“アマルフィ(Amalfi)”からの1枚です。ここはTVの旅番組とかで見てて、ずっと行ってみたかった場所だったんですよね。早朝の“ナポリ(Napoli)”を出て、ローカル列車、ローカルバス、フェリーを乗り継ぎやって参りました。一部サイトで“熱海と大差ない”なんてディスられてもいるのですが、それを言っちゃ“アマルフィ(Amalfi)”に大変失礼で個人的にはとても素敵な場所に思えました。

チューリッヒ(Zurich)21

FC2P4270080FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ チューリッヒ(Zurich) ユーロ2019(Euro2019) スイス(Swiss) 2019年

滞在時間がそれほど無いので、朝方“チューリッヒ(Zurich)”に着いてホテルにチェックインしてから、雨の中を撮影散策に出ました。一応押さえる所は概ね撮れたのでホテルに戻り疲れもあって暫し睡眠をとりました。目が覚めて窓から外を見ると降っていた雨がすっかり上がっておりました。“チューリッヒ(Zurich)”の夕景を撮るべく、気合を入れなおしてホテルから街に繰り出しました。

Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Archive
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
159位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
59位
Watch Access ranking>>