モルディブ(Maldives)1

FC2PY006218FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

年末年始の旅行から、時系列的に“モルディブ(Maldives)”からUPさせて頂きます。この国はインド洋に浮かぶ26の環礁の約1,200の島々から成りたっていて、そのうち約200の島に人が住んでいるそうです。滞在したのが“マアフシ島(MaafishiIsland)”と言うところでした。

モルディブ(Maldives)2

FC2PY006242FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

モルディブ(Maldives)”での滞在は1つの島に1つのホテルが存在するような超高級リゾートが基本なんですが、2009年からこの“マアフシ島(MaafishiIsland)”の様な一般住民も住む“ローカルアイランド”にも宿泊施設が解禁され普通の旅行者も訪れるハードルが低くなっておりました。(外国人は基本的に観光が許可されている島以外には入ることができないとのこと)

モルディブ(Maldives)3

FC2PY006191FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

この“マアフシ島(MaafishiIsland)”は、空港のある“マレ島(MaléIsland)”からスピードボートで約30分ほどに位置していて、大きさが縦1300m×横260mと本当に小さな島でした。そこそこ大きなホテルやレストラン、ダイビィングショップ、土産物屋などはあるのですが、人通りも少なく栄えている感はほとんどしない場所でした。

モルディブ(Maldives)4 by空倶楽部

FC2PY006241FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

今回の空倶楽部は“モルディブ(Maldives)”からの一枚です。滞在したこの“マアフシ島(MaafishiIsland)”は前にも書いた通り本当に小さな島で、ゆっくり歩いても一時間もかからず島一周が出来てしまいます。朝・夕などの空いた時間はカメラを片手に島中を散策してみたのですが特に観光スポットなどがある訳でもなく、人通りもほとんどない静かな時間が流れておりました。

モルディブ(Maldives)5

FC2PY006207FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“マアフシ島(MaafishiIsland)”の朝の風景です。“モルディブ(Maldives)”滞在中の天候は概ね晴れてはいたのですが薄い雲が拡がっていることが多く、所謂ピーカンの様な状態の時間はあまりなく、強烈な南国気分はそれ程味わえなくてちょっと残念なかんじでした。夜も同じで、ステキな星空を撮ろうと折角ちゃんとした三脚を日本から持参したのですが全くの無駄に終わってしまいました(T-T*)

モルディブ(Maldives)6

FC2PY006240FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) ネコ(Cat) 2017年

今回のにゃ~にゃ~の日は“マアフシ島(MaafishiIsland)”での朝の散歩で出会った“ニャン”のUPでございます。島中結構うろうろしたのですが後にも先にも出会えた“ニャン”はこの1匹だけでした。狭い島の事、もしかしたら島唯一の“ニャン”だったのかもしれません。


きららとジュレさん主催の“にゃ~にゃ~の日”の27回目の参加でございます。

モルディブ(Maldives)7

FC2PY006247FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“マアフシ島(MaafishiIsland)”に幾つかあるダイビングショップの“ グラフィティ(graffiti)”ちっくな看板?です。マリンアクティビティが多いのでそこで若い働く男の子を多く見かけるのですが、このごく小さな全くもって退屈な島でどうやって遊びたいエネルギーを発散して生活しているのか他人事ながら心配になってしまいます。首都“マレ島(MaléIsland)”から通いの子もいるんでしょうかね?

ハマクマノミ(Amphiprion frenatus)1

FC2PC280017FC2.jpg
OLYMPUS STYLUSTG-5Tough モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“マアフシ島(MaafishiIsland)”に着いて、ホテルにチェックイン後すぐに“シュノーケリング”のデイツアーに参加しました。価格もリーズナブルな割には内容も充実していてなかなかステキな時間を過ごせました。先ずは“ニモポイント”と言われるところでシュノーケリング、確かにちょっと探すとすぐ“ハマクマノミ(Amphiprion frenatus)”が姿を見せてくれました♪

ハマクマノミ(Amphiprion frenatus)2

FC2PC280049FC2.jpg
OLYMPUS STYLUSTG-5Tough モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

今回のシュノーケリングでデビューを飾ったのがオリンパスの防水カメラ“STYLUSTG-5Tough”です。旧モデルを持っていたのですが旅行前に家の中で突然姿を消してしまい(w) 仕方なく急遽購入とあいなりました。いろいろチャレンジしたのですが、まだ使い慣れてもいないので、あまり動きのない“クマノミ”位しかまともに撮ることが出来ませんでした(T⁻T*)

モルディブ(Maldives)8

FC2PC280223FC2.jpg
OLYMPUS STYLUSTG-5Tough モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“シュノーケリング”のデイツアーでは、干潮になると海の中から姿を現す“サンドバンク(砂州)”でのランチがありました。ランチと言っても簡単なスナックのようなもので美味しくも無かったのですが(w) この美しい場所に来られたという事に充分価値を見出すことが出来ました♪

タイマイ(Eretmochelys imbricata)1

FC2GOPR6124FC2.jpg
Gopro4 モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“シュノーケリング”のデイツアーで“ニモポイント”の次に訪れたのが“タートルポイント”です。ほんとに見れるのかなと思ったのですが、潜ったらちゃんと泳いでおりました。撮影機材は“Gopro4”で、撮ったのは残念ながら自分じゃなくてツアーのスタッフです(w) 周辺部はかなり甘いですがなかなかキレイに撮れるもんですね。 “タイマイ(玳瑁)”は、ウミガメ科タイマイ属のインド洋、大西洋、太平洋に生息するウミガメの一種。日本は最北の繁殖地で石垣島などで産卵するそうです。鼈甲細工(べっこうざいく)の原料となるのはこのカメの甲羅です。

モルディブ(Maldives)9

FC2PC280218FC2.jpg
OLYMPUS STYLUSTG-5Tough モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

前回UPした“サンドバンク(砂州)”なんですが、実はこんな感じで少々植物が育っておりました。 “干潮になると海の中から姿を現す”というのが正しい定義だとすると“なんちゃってサンドバンク”と言わなければならないかもしれません(w)

モルディブ(Maldives)10 by空倶楽部

FC2PC280186FC2.jpg
OLYMPUS STYLUSTG-5Tough モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

今回の空倶楽部は“シュノーケリング”のデイツアーで訪れた“ドルフィンポイント”からの一枚です。ボートの周りをイルカが泳ぐっていうのはTVとかではよく見受けられるシーンなんですが、ライブでの体験は今回が初めてでした。この時ばかりは日差しも強くイルカと共に本来の“モルディブ(Maldives)”の海の色の美しさを体感することが出来ました♪

オニヒトデ(Acanthaster planci)1

FC2GOPR9365FC2.jpg
Gopro4 モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

これは“ニモポイント”で撮ってもらった“オニヒトデ”です。体色には地域によって個体変異があり、モルジブのあるインド洋では体色が紫色になるようです。“オニヒトデ(鬼海星)”はオニヒトデ科オニヒトデ属の。インド洋と太平洋のサンゴ礁が分布する全海域に広く分布する海星の一種。サンゴの天敵としてよく知られ、食べられたサンゴは白い骨格だけを残して死滅する。背面には2~3cmほどの毒トゲがあり、刺されると激しく痛み、大きくはれ上がるそうです。

モルディブ(Maldives)11

FC2PY006272FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

モルディブ(Maldives)”での2日目のアクティビティは“マアフシ島(MaafishiIsland)”からスピードボートで30分ほどにある“Adaaran Prestige Vadoo Resort Hotel”という5スターホテルに朝の8:30から18;45まで滞在出来るツアーです。水上コテージに宿泊すると1泊US800ドル程するような“モルディブ”のステレオタイプ的な所なんですが、US100ドルほどでビーチや施設を利用出来るシステムです(フリードリンク、食事付き)。

モルディブ(Maldives)12

FC2PY006258FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

この5スターホテルに滞在するアクティビティなんですが、ツアーとして色々なホテル(島)を選べるようになっているのですが、値段設定の妙もあり、この“Adaaran Prestige Vadoo Resort Hotel”に観光客が集中してしまっているように感じました。ビーチベッドやパラソルは全然足りていませんでしたし人が多くてあまりリラックス出来ませんでした。もう少し静かな環境を求めるのであれば他のホテル(島)をチョイスした方がいいように思います。

モルディブ(Maldives)13

FC2PY006273FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

5スターホテルに滞在するアクティビティの続きなんですが、昼と夕方に簡単なビュッフェが用意されておりました。また島内はアルコール類を含めフリードリンクで、イスラム国家の中での飲酒が可能な点は飲みたい人にとっては希少な場所かも知れません。

アオサギ(Ardea cinerea)1

FC2PY006277FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

ホテル(島)内でやることと言ったら基本、ビーチ(プールサイド)でリラックスするくらいしかないので、カクテルを飲みながら読書と言ったのんびりとした時間をかなり過ごしました。そういえば本当に久々のビーチリゾート、海外で時間を持て余すほどゆっくりしたのは何年振りか覚えてない程の事でした(w) “アオサギ(青鷺、蒼鷺)”はサギ科アオサギ属のアフリカ大陸、ユーラシア大陸、イギリス、インドネシア西部、日本、フィリピン北部、マダガスカルに分布するサギの一種。

モルディブ(Maldives)14

FC2PY006285FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

5スターホテルに滞在するアクティビティでは夕方のビュッフェの後に“フィーディングショー”が用意されておりました。調理とかで出たアラや内臓なとを桟橋で魚に餌として与えるアトラクションで、大きな魚やサメなどが集まってきて餌を奪い合う様はなかなか迫力のあるものでした。決まった時間になると自然に魚たちが集まってくるのですでに餌付け状態になっているんでしょうね。

モルディブ(Maldives)15

FC2PY006298FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“マアフシ島(MaafishiIsland)”の最終日、この日はフェリーの時間までやることも無いので、朝食の後再び島を散策です。南国らしいギラギラの太陽を期待したのですが、この日ももやっとした天候でございました。

ベニコンゴウインコ(Ara chloropterus)1

FC2PY006296FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

狭い島の中、撮る被写体も無くなって来ました(w) という事でこの一枚をラストとし“マアフシ島(MaafishiIsland)”から、空港のある“マレ島(MaléIsland)”へと移動いたしました。 “ベニコンゴウインコ(紅金剛鸚哥)”は、オウム目インコ科の南アメリカ北部に分布するインコの一種。ペットとしておとなしい性質を備えていることから“優しい巨人”とも呼ばれているようです。思いのほか長生きで飼育下では80年以上生きた個体が確認されているようです。

モルディブ(Maldives)16

FC2PY006325FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

年末に訪れたばっかりの“モルディブ(Maldives)”で、現地時間の2月5日に重武装した軍の部隊が元大統領を逮捕し15日間の非常事態宣言が発令されたようです。新旧大統領の権力闘争のようですが、楽園のような“モルディブ(Maldives)”に似つかわしくないキナ臭いニュースが入って来るとはビックリでした。観光には影響がないようですが身近になった場所なので少し心配な感じです。写真は現場となった“マレ島(MaléIsland)”で撮った“モルディブ紙幣”をアピール?する看板です。

グンバイヒルガオ(Ipomoea pes-caprae)2

FC2PY006299FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“グンバイヒルガオ(軍配昼顔)”は、ヒルガオ科サツマイモ属の熱帯から亜熱帯の海岸に分布する匍匐性の多年生草。葉が先端に浅く切込みが入る楕円形で、軍配に似ていることから軍配昼顔という和名になりました。@モルディブ

モルディブ(Maldives)17 by空倶楽部

FC2PY006323FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

今回の空倶楽部は“マレ島(MaléIsland)”からの一枚です。これは5日の元大統領の逮捕劇の現場となった最高裁判所にほど近いところに建つ“イスラミックセンター(IslamicCentre)”の様子です。ここは大きな金色のドームが有名なんですが、あんま上手く撮れた写真が無いので“ミナレット(Minaret)”のUPとさせて頂きます(w)

モンパノキ(Heliotropium foertherianum)1

FC2PY006305FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“モンパノキ(紋羽の木)”は、ムラサキ科キダチルリソウ属の東アフリカからアジア、オセアニアの熱帯から亜熱帯の海岸に分布する常緑低木~小高木。@モルディブ

モルディブ(Maldives)18

FC2PY006330FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“マレ島(MaléIsland)”はモルディブの首都の島と言ってもとても小さく、かつそれ程見所がある訳でもないので、取敢えず個人的に撮るのが好きなマーケットに足を運んでみました。入るとすぐに店のお兄ちゃんが“ボンディ”と呼ばれるココナッツできたバナナ葉で包まれたスティック状のお菓子を味見させてくれました。(結構美味しかったです) マーケットには国内(小さな島々)で収穫された果物や野菜が所狭しと並べられてそこそこの活気がわいていました。

マンデビラ(Mandevilla)1

FC2PY006309FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 野の花(WildFlower) モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

“マンデビラ(デプラデニア)”は、キョウチクトウ科チリソケイ属の中央アメリカ~アルゼンチンに分布するつる性多年草。@モルディブ

モルディブ(Maldives)19

FC2PY006338FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

今度は果物や野菜を扱う“マーケット”のすぐ近くにある“フィッシュマーケット”にやって来ました。写真は見栄えのする南国らしいカラフルな魚をUPしておりますが、ほとんどは日本でもよく目にするアジやマグロの類が多かったです。

モルディブ(Maldives)20

FC2PY006342FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Africa2018) 2017年

漁港は “フィッシュマーケット”の道路を挟んだ向かいにあり、取った魚は漁船からすぐにマーケット運ばれておりました。そこそこ大きな魚はこんな感じで引きずりながらの荷入れでした。

モルディブ(Maldives)21

FC2PY006257FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ モルディブ(Maldives) アジア(Asia2018) ネコ(Cat) 2017年

今回のにゃ~にゃ~の日は前回UPした“マアフシ島(MaafishiIsland)”での朝の散歩で出会った“ニャン”の別CUTでございます。こう言った“ニャン”の脱力ポーズはなんとも癒されてしまいますね。


きららとジュレさん主催の“にゃ~にゃ~の日”の28回目の参加でございます。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archive
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
455位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
161位
Watch Access ranking>>