オサムシ(Carabidae)

FC2B4300018FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 2013年

今回の“むし倶楽部”は、クロアチアでの撮りおろしです。完全な個人旅行なのでスケジュールを全て自分勝手に出来るので、花や虫を撮るのに時間をたくさん割く事が出来
るんです。これはオサムシ(歩行虫、筬虫)の一種じゃないかと思います。このメタリックな色調が美しいと思いました。

NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第30回目です。


プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)1

FC2B4290740FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

“ザグレブ”からレンタカーを借りて2時間ちょっとのドライブで“プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)”にやって来ました。ホテルにチェックインするや
否や、カメラと三脚を持って出動です。まずは、ボートに乗って対岸に渡り、標高の高い公園西側の“上湖群”を散策してみる事に致しました。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)2

FC2P4290436FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 鳥(bird) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

湖は透明度が高く水の色も美しいものでした。人間って不思議なもので、そんな光景をみる事で気持ちがハイになってくるんですよね。水面を“マガモ(真鴨)”が気持ち良さ
そうに泳いでおりました。いつも目黒川で“カルガモ”は撮るのですが、この鳥を撮ったのは初めてかもしれません。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)3

FC2P4290454FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

ボートに乗って対岸に渡るとすぐに、こんな光景が目の前に広がります。“プリトヴィツェ湖群国立公園”って、勝手に静かな所というイメージを抱いていたのですが、なかな
か迫力のあるポイントもありました。(木道が、水しぶきがかかるほど、滝のすぐ傍を通っております)

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)4

FC2P4290478FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

“上湖群”の湖畔を西方向に散策していると、湖と湖の高低差のギャップのところに、この様な美しい滝が現れます。こんな美しい風景が目の前にあっても、三脚撮影の人は
自分以外は居りませんでした。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)5

FC2P4290487FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

ここ“プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)”でのトレッキング&滝の撮影も楽しかったのですが、あと、美しい花が多かったのも収穫でしたね。結構、
気合を入れて撮ったので、いずれUPしようと思っております。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)

FC2P4290519FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 2013年

(*リアルタイムでUPした記事を時系列に合わせて再掲載しておりますので、文が繋がりがありません。)

朝、一通り“ザグレブ”の散策を終え、レンタカーを借りて2時間ちょっとのドライブで“プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)”にやって来ました。今回のこの
クロアチアの旅を決めたのも、この存在が大きかったんですよね。2日間に渡って湖の周りの撮影&トレッキングを楽しみます♪

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)6

FC2P4300007FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

初日は午後から周った“上湖群”に続き、翌日は“プリトヴィツェ湖群国立公園”の“下湖群”のトレッキング&滝の撮影を致しました。湖の南側を通り東方向へ歩を進めます。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)7

FC2P4300039FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

早朝の湖は風も無くとても静かで心地の良いトレッキングが続きます。湖の規模はともかく見受けられる植物は日本とそれほど違わないので、一瞬“長野辺りの湖”を歩いて
いるような錯覚に陥ります。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)8

FC2B4300040FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

これは“プリトヴィツェ湖群国立公園”でもっとも目に付く“チャブ”というコイ科の淡水魚です。公園内ではこの魚ががブラウントラウトを駆逐中とのことですが、世界遺産に
指定されているため人工的に調整は出来ないそうです。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)9

FC2P4300044FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

湖面が静かなので、シンメトリーな湖面の映り込みが美しいです。白い木の花と柔らかな新緑とのコラボがなんとも言えない清々しさを演出していました。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)10

FC2P4300053FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

これは先程の同じ場所からの広角で撮った一枚です。こちらは青空の映り込みが素晴らしいです。本当は“空倶楽部”にでも取って置こうと思ったのですが、順番なのでここ
でUPしておきます(w)



プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)11

FC2P4300138FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

“P3”という船乗り場への分岐を、そのまま東に進みます。ここからはバスでやってくる団体の観光客で賑わい、さながら、日本の休日の観光地といった感じでした(w)

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)12

FC2P4300164FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

きちんと整備はされている“木道”なんですが、人が来るとかなり揺れてしまいます。スローシャッターなので団体さんの切れ目を狙うのが、なかなか大変な作業でした。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)13

FC2P4300223FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

“下湖群”を東に下っているので、湖のギャップから美しい湖面の色を堪能できます。ここ“プリトヴィツェ湖群国立公園”の風景は変化に富んでいるので散策が本当に楽しい
です。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)14

FC2P4300236FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

上からの目線で美しい湖と団体さんをパチリです。団体さんはヨーロッパの人たちが多いのは当然として、“日本人”もそこそこ多かったです。ちょっとマイナーなヨーロッパ
のこんな所でも“中国人&韓国人”の団体さんが幅を利かせていたのには少し驚きました。(経済力のUPが目覚しい証なんでしょうね)

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)15

FC2P4300242FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

この滝は、プリトヴィツェ湖群国立公園で最大の“ヴェリキ・スラップ(Velikislap)”で、92m(78mの説あり)の落差があるそうです。これから団体客が行かない滝の脇の崖を
上り“P3(船乗り場)”までのトレッキングを楽しみます。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)16

FC2P4300248FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

前回の“ヴェリキ・スラップ(Velikislap)”の脇の崖を上り、高い所から“プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)”を望みます。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)17

FC2P4300252FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

水質あるいは光の当たり方の加減でしょうか、場所によって湖面の色が違います。通ってきた所を上から見るとその全貌がわかって面白いです。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)18

FC2P4300257FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

“プリトヴィツェ湖群国立公園”は2日間に渡り楽しめたので、今度は中国の“九寨溝”にチャレンジして見たいと思っております。

プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes National Park)19

FC2P4300279FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 世界遺産(WorldHeritage) 南東ユーロ(SouthEasternEuro2013) 2013年

高い所から下り“P3(船乗り場)”にやって来ました。ここから“P2~P1”へとボートを乗継ぎホテルへ戻ります。20枚UPさせていただいた“プリトヴィツェ湖群国立公園”は今
回で〆とさせていただきます。次回からは“シベニク(Šibenik)”の様子をお届けいたします。

キアゲハ(Papilio machaon)2

FC2P5010179FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro 昆虫(Insects) クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 2013年

今回の“むし倶楽部”は、クロアチア(Croatia)での撮りおろし3連発です。これはキアゲハ(黄揚羽)の春型で間違いないと思います。生息範囲がユーラシア大陸と言うこと
なので矛盾もしませんね。


NOZO(進め!野外探検隊)さん主催の「むし倶楽部」の参加第33回目です。


コミヤマカタバミ(Oxalis acetosella)2

FC2B4290771FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 野の花(WildFlower) 高山植物(AlpineFlower) 2013年

今回から、クロアチアの“プリトヴィチェ(Plitvice)”の散策中に出遭った野の花たちをUPして行きます。日本で見かけるものも多かったので不思議な感覚に陥った事もありました。“コミヤマカタバミ(小深山片喰)”は、カタバミ科カタバミ属の本州から九州にかけて分布する多年草。かつては、この植物を煮出して“シュウ酸カルシウム”を抽出していたらしいです。英語版の分布には“most of Europe and parts of Asia”とありました。

プルモナリア(Pulmonaria)1

FC2B4300832FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 野の花(WildFlower) 2013年

知恵袋で“texensiscsさん”から教えてもらいました。

ヒレハリソウ(Symphytum officinale)1

FC2B4290755FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“ヒレハリソウ(Symphytum officinale)”で間違いないと思います。日本には牧草として明治時代に、入り、一時(昭和40年代)に薬用、食用として広く栽培されたそう
です。日本でも青紫っぽい花を着けたのを良く見かけますね。

ラシルス(Lathyrus)1

FC2B4290746FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 野の花(WildFlower) 2013年

知恵袋で“texensiscsさん”から教えてもらいました。

エリカ(Erica)1

FC2B4290747FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“エリカ(Erica)”の一種で間違いないと思います。普段、日本で園芸種としてみている花が自然に植わっているのをみると何故か不思議な感覚になります。

コンロンソウ(Cardamine leucantha)2

FC2B4290773FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 野の花(WildFlower) 2013年

かなり調べてみたのですが、判りませんでした。*YAHOO知恵袋で“コンロンソウ(Cardamine leucantha)”の仲間である事がわかりました。

ヤマエンゴサク(Corydalis lineariloba)2

FC2B4290779FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 野の花(WildFlower) 2013年


クロアチアで咲いていた“エンゴサク”の一種です。とても似ていたので、ここでは“ヤマエンゴサク(山延胡索)”としてUPしておきます。この花はケシ科キケマン属の本州・四国・九州に分布する多年草。延胡索はアルカロイドを含み、鎮痛・調経に効果のある薬用植物として用いられているそうです。

イチリンソウ(Anemone nikoensis)2

FC2B4290776FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5ZuikoDigitalED50mm/F2.0Macro クロアチア(Croatia) プリトヴィチェ(Plitvice) 野の花(WildFlower) 2013年

これは“イチリンソウ(一輪草)”で間違いないと思います。キンポウゲ科イチリンソウ属の本州、四国、九州に分布する多年草で、花茎の先に花を一輪咲かせることからの命名のようです。代表的なスプリング・エフェメラルの一種ですね。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archive
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
315位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
131位
Watch Access ranking>>