代官山(Daikanyama)22

FC2PY000073FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 東京(Tokyo) スナップ(snap) 代官山(Daikanyama) パートC(PartC) 2014年

E-M1”のファームアップはリリースされた9月中旬にすぐ行ったのですが、中々時間が取れず、今頃ようやく新たに追加された“アートフィルター”のお試しで
す。今回使用した“パートカラー”はキャノンとかの作例を見て、ずっとうらやましかったんですよね。最近イベント以外は花ばっかりのUPだったので、少し“Sn
ap”も強化しなきゃと思っております。  

代官山(Daikanyama)24

FC2PY000081FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 東京(Tokyo) スナップ(snap) 代官山(Daikanyama) パートC(PartC) 2014年

この“カメラメーカー”の信者の方って多いんですよね。パナソニックとほぼ同じ機種に、この“赤いエンブレム”を付けるだけでうん万円も高い値段設定・・・・
・・・・ でも“LEICA M+NOCTILUX-M 50 mm f/0.95 ASPH”の200万オーバーコンビは結構気になるんですよね(買えないですけどw)

中目黒(Nakameguro)12

FC2PY000062FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 東京(Tokyo) スナップ(snap) 中目黒(Nakameguro) パートC(PartC)

この辺り中目黒でもそれ程人通りのある場所ではないんですが、こんな感じのSHOPが点在しております。普通に撮ったら“どうかな?”という被写体ですが、少
しは何かしらの雰囲気が出ているような気がしませんか?

中目黒(Nakameguro)18

FC2PY000001FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) 中目黒(Nakameguro) パートC(PartC) 2014年

中目黒の外れにある花屋さんの軒下にディスプレイされていました。多分“ハロウィン”を意識しての飾りだったと思うんですが、時期がちょっと過ぎていたので
小さなリンゴが少しシワシワニになっております。“パートC(PartC)”で現像してみましたがほとんど赤なので、あんまり意味が無かったかもしれません(w)

渋谷(Shibuya)76

FC2PY000435FC2p.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) 渋谷(Shibuya) パートC(PartC) 2014年

渋谷のハチ公前広場でクリスマスソングに乗って、軽快に踊ってらっしゃいました。東京や大阪あたりでは、愉快な“泡沫候補”のオジサンとしてそこそこ認識さ
れているんじゃないでしょうか? この人、ただの“アホな人”っていう訳でなく、京大出身で一流商社で働いていたという経歴なんですよね。この年(66歳)で、
何度も供託金を没収されても選挙にチャレンジしたり、街頭活動する“膨大なエネルギー”ってどっから湧いてくるんでしょう?その点だけはちょっと羨ましいか
も知れません(w)

中目黒(Nakameguro)20

FC2PY000029FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) 中目黒(Nakameguro) パートC(PartC) 2014年

中目黒沿いの外れにある“ゴミ集積所”です。本当はカラス避けの黄色いネットに陽が注ぎ美しかったので“パートC(PartC)”狙いで撮ったのですが、現像してみた
ら青いカン入れのほうがいい感じに仕上がりました。何でもない被写体がちょっとしたアートになるのが面白いです。

神宮前(Jinguu-mae)49

FC2PY000467FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 東京(Tokyo) 神宮前(jinguu-mae) パートC(PartC) 2014年

11月も終盤を迎え、街のディスプレイはすっかりクリスマスモードになって来ております。最近、忙しくてあまり出来ていない街歩きなんですが、前評判の高い
レンズも届いた事なので、少し気合を入れてみようと思っております(w)

フユサンゴ(Solanum pseudocapsicum)1 with 8na8na-club

FC2PY001574FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 「柵く花」 パートC(PartC) 2015年

今回の“8na8na-club”は「柵く花」での“パートカラー”初挑戦です。“フユサンゴ(冬珊瑚)”は、ナス科ナス属のブラジル原産の常緑低木。“タマサンゴ(玉珊瑚)”とも呼ばれているようです。鑑賞用の赤い実は有毒だそうです。

* awa(photo×photo=365)さん主催の8na8na-clubの99回目の参加でございます。

ウキツリボク(Abutilon megapotamicum)1 with 8na8na-club

FC2PW002529FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED60mm/F2.8Macro 花(Flower) 「柵く花」 パートC(PartC) 2015年

今回の“8na8na-club”も、前回と同じく「柵く花」を“パートカラー”でUPさせていただきます。“ウキツリボク(冬珊瑚)”は、アオイ科フヨウ属のブラジル原産の半つる性常緑樹。花の色や形状から“チロリアンランプ”とも呼ばれているようです。

* awa(photo×photo=365)さん主催の8na8na-clubの100回目の参加でございます。

小湊鉄道線(Kominato Line)8 by空倶楽部

FC2PY000009FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 小湊鉄道線(KominatoLine) パートC(PartC) 2016年

今回の空倶楽部は、お題も兼ねて、昨年訪れた時に田んぼに水が張ってなくて撮れなかった“逆さキハ”でございます。朝は晴れていたのですが到着時には残念ながら曇り空(T‐T*) 青空をバックに素敵な“キハ”と行きたかったのですが偶に行く位じゃそうは上手くいきませんよね(w) 今年は曇天を逆手にとって“パートC(PartC)”でお茶を濁させて頂きますが、次回はきっちりリベンジしたいと思っております。

高野山(Kōya-san)3

FC2P4270029FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング パートC(PartC) 2016年

“金剛峯寺”を後にして“壇上伽藍”にやって参りました。これが有名な“根本大塔”です。ここは“弘法大師(空海)”が高野山で最初に開いた場所ということで“奥の院”と並ぶ聖地とされているようです。日本で最初に建てられた多宝塔で高さ約48.5mあるそうです。現在の建物は昭和12(1937)年に再建との事です。少しでもありふれた写真にならないように“パートC(PartC)”で仕上げてみました。

高野山(Kōya-san)4

FC2P4270031FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6Ⅱ 和歌山(Wakayama) 高野山(Kōya-san) 2016GW登山ツーリング パートC(PartC) 2016年

これは“壇上伽藍”の境内にある“中門”です。“天保14(1843)”年に焼失したものを開創1200年の記念事業として172年ぶりに昨年再建されたもののようです。東京ではすっかり終わってしまった桜なんですが、標高のせいかここではまだ見事な姿が見られました。ちょっとしたタイムスリップな感じを楽しむ事が出来ました♪

生誕300年記念 若冲展(The 300th Anniversary of his Birth:Jakuchu)

FC2PY000240FC2_20160522075243de6.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 パートC(PartC) 2016年

昨日、18日(パンダ撮った日)のリベンジで“生誕300年記念 若冲展”へ行って参りました。前回の失敗を踏まえ朝の7時頃には美術館に到着したのですが、すでに“ゴルフのロングホール”程の長蛇の列が出来上がっておりました。通常なら9:30AM開室のところ、主催者も気を利かせて8:00AMには入室スタートさせておりました。ベタで恐縮なんですが“動植綵絵(30幅)”と“鳥獣花木図屏風”は期待以上で圧巻でした。“動植綵絵”に関しては緻密な線描が知られているんですが、真直で見ると決して“写実”ではなく、デザインして描かれているんですよね(そのデフォルメの妙が素晴らしい!)。また、“若冲”はお金持ちで良い絵の具を使って描いているので、絵の鮮やかさが半端じゃないんですよ(昨日描いたと言われても信じてしまうほど)。“鳥獣花木図屏風”は18世紀制作の作品なんですが、現代アートとしても見ても秀逸だと思います。1.2cm四方の升目(約8万6000枚)で構成されているのですが、その手法が斬新なのとポップな描写・色使いが大変気に入りました。これ程してまで労力を費やして鑑賞した美術展はこれまで無かったのですが、今回はその苦労が報われました♪

ヒガンバナ(Lycoris radiata)19

FC2PY002431FC2PC.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO35-100mm/F2.8 野の花(WildFlower) パートC(PartC) 2016年

“ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)20 雑草倶楽部

FC2PY002439FC2PC.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO35-100mm/F2.8 野の花(WildFlower) パートC(PartC) 2016年

9月の“雑草倶楽部”は、ボクシング観戦で大阪に行く用事があり、その前に“京都”に寄った時に撮ったものです。最近とても慌ただしくて、すっかり“ヒガンバナ”の季節だったことを忘れておりました。たまたま“大原”のバス停の近くの田んぼで見かけたのでついつい真面目に撮ってしまいました(w) “ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。

豪徳寺(Goutoku-ji)1

FC2PY002708FC2PC.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO12-35mm/F2.8 東京(Tokyo) 豪徳寺(Goutoku-ji) パートC(PartC) 2016年

小田急線の沿線にずっと住んでいたので、とても馴染みのある“豪徳寺(Goutoku₋ji)”なんですが、先日テレビの“美の巨人たち”を見るまで、こんなことになっていたとは全く知りませんでした(^-^;  来ていた人の半分ぐらいが外国の方でしたが、何となく彼らに人気があるのも分かる様な気がします。

豪徳寺(Goutoku-ji)2

FC2PY002703FC2PC.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO35-100mm/F2.8 東京(Tokyo) 豪徳寺(Goutoku-ji) パートC(PartC) 2016年

この“豪徳寺(Goutoku₋ji)”は、諸説ありますが“招きネコ”の発祥の地の一つとされているようです。ここでは“招きネコ”が“招福猫児(まねぎねこ)”と称されていて、願が叶うとお礼としてこの招猫殿の横に“招福猫児”を奉納するようです。この数からするとかなりご利益がありそうですね(w)

築地(Tsukiji)25

FC2PW005492FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 築地(Tsukiji) 東京(Tokyo) パートC(PartC) 2015年

昨年、築地に行った時に撮った写真です。“築地本願寺”の脇の緩い坂道に連なって置かれた自動販売機です。よく見ると販売機をキャンバスとして“築地本願寺”の正面からの図が描かれているんですよね。こういう遊びなかなか素敵だと思います♪

谷根千(Yanesen)1

FC2PY000012FC22.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED12-40mm/F2.8 東京(Tokyo) スナップ(snap) 谷根千(Yanesen) パートC(PartC) 2015

ビックリしたのが“谷根千(Yanesen)”に関する写真なんですが、実はこのブログでは初めてのUPでございました。数年前から何度か撮りに行っているエリアでしたし、ブログにも多数UPした記憶があったのですが、どうやら今は更新していない前のブログのようでした(;^_^A  多分、HDを漁れば何かしらの写真は出てくると思いますので、ちょくちょくUPして行きたいと思っております。

ヒガンバナ(Lycoris radiata)21 雑草倶楽部

FC2PY002444FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1LumixGxVARIO35-100mm/F2.8 野の花(WildFlower) パートC(PartC) 2016年

12月の“雑草倶楽部”はクリスマスなのでそれっぽい花で飾りたかったのですが、これといった撮り卸もなく、とりあえず赤い花ということで“京都・大原”で撮った“ヒガンバナ”の別カットをUPさせて頂きます(;^_^A “ヒガンバナ(彼岸花)”は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の北海道~九州・沖縄に分布する多年草。もともとは古い時代に中国から入ってきたものが帰化したようです。名前はそのまんまで、何の捻りも無く、秋の彼岸ごろに花が咲くことからの命名のようです。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archive
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
105位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
47位
Watch Access ranking>>