スノーモンキー(SnowMonkey)1

FC2PW000028FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

3月上旬に、温泉に入るニホンザルで有名な“地獄谷野猿公苑”へ行ってきたんですが、撮ったまんまになっておりました。このままお蔵入りするのもなんなので、今後“3と6がつく日(サルの日)”に気に入った写真をUPして行くことにいたしましたので、お付き合いいただければ幸いです。

スノーモンキー(SnowMonkey)2

FC2PW009556FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

“地獄谷野猿公苑”へは、岩合光昭さんの“この写真”に出会って以来、ずっと憧れの地だったんですよね。たまにTVとかでも取り上げられるので、思いは募りに募っておりました。本気で調べてみると、東京からのアクセスもそれ程悪くなく、十分日帰り出来ることがわかり、3月上旬思い切って出かけてきました。

スノーモンキー(SnowMonkey)3

FC2PY009333FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

噂では聞いていたのですが、この“地獄谷野猿公苑”の来苑者、本当に外国の人が多かったです。中韓を初めとするアジア圏だけではなく、欧米系の人もとても多く、日本人が“アウェー状態”でした(w) 1970年に雑誌“LIFE”で取り上げられた後、1998年の長野オリンピック時に各国の媒体に紹介され、萩原敏夫さんが撮影した“この写真”が、“ネイチャーズ・ベスト国際写真コンテスト2006”でグランプリを受賞し、同じ年“Michelin Green Guide Japon”で一つ星を獲得etc 海外で注目を浴びるのも分かります。遠い国からでも、この雪の中で戯れるサルとか見に来たくなっちゃいますよね。

スノーモンキー(SnowMonkey)4

FC2PW000705FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

この“地獄谷野猿公苑”のニホンザルたちは職員による餌付けはされているものの、基本的には野生動物なんで結構顔や身体に傷を負っている個体も多いんですよね。また人間同様、イケメンやブサイクがちゃんと存在してなかなか面白いです。そんな理由でニホンザルも絵になる個体それ程多くはなく、見つけたらいい表情をひたすら狙うの繰り返しでした。この2匹顔もキレイだしなかなか良い表情もしてくれました。

スノーモンキー(SnowMonkey)5

FC2PW000627FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

本当はどうだかわからないですが、双子のお兄さんに弟が何か相談しているように見えました。弟の言っていることを真剣に聴いているような表情がなかなかいい感じです。

スノーモンキー(SnowMonkey)6

FC2PW009826FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

大勢の人間たちに囲まれても、気にせず心底リラックスしているんでしょうね。ニホンザルたちは本当にいろいろなシーンを間近で見させてくれます。これは所謂“グルーミング(grooming)”っていうやつですね。この2匹のえも言われぬ表情、見ているだけで何か癒されてしまいます。

スノーモンキー(SnowMonkey)7

FC2PW000578FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

温泉から少し離れた場所に深い雪に覆われた山の斜面があって、そこが子ザル達の絶好の遊び場になっておりました。斜面を滑り降りたり、雪をかけあったりetc。夢中になって遊んでいる姿は微笑ましく見ていて飽きることはありませんでした。

スノーモンキー(SnowMonkey)8

FC2PW000676FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

川辺の吹きっ晒しのところで、身体を寄せ合い温まっておりました。“幸せ”っていうものを具現化すると、きっとこういう絵になるんでしょうね。


スノーモンキー(SnowMonkey)9

FC2PW000131FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

動物の子供って(人も含めて)、みんなとっても可愛くて被写体としては鉄板なんですが、この子も例に漏れず何ともあどけなく、無邪気な表情を見せてくれてます。

スノーモンキー(SnowMonkey)10

FC2PW000521FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

こう言うのって、もうそのまんま“人間の親子でも”有りそうなシーンですよね。醸し出されるこの“ほのぼの感”が堪らないです。

スノーモンキー(SnowMonkey)11

FC2PW000598FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

樹の上のお遊びにでも勝って、杉の皮を独占出来たからでしょうか? この子猿、やたら得意げな表情をしておりますね。おサルさん達は人間と同じ(それ以上)く喜怒哀楽があるので、その表情を追うだけでも飽きることはありません。

スノーモンキー(SnowMonkey)12

FC2PW000178FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

竹の小枝が“おやつ代わり”なんでしょうか、それとも“歯のお掃除”なんでしょうか、どっちにしても真剣に集中しているのがその目線で分かりますね(w)

スノーモンキー(SnowMonkey)13

FC2PW000006FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

人間もおサルも、子供が無邪気に遊んでいる姿っていうのは微笑ましい光景ですね。ただおサルと人間の子供の遊びで決定的に違うのは、なんといってもスピ-ド感とそのアクロバティクな動きです。連写で撮って後からいいカットを探すような方法じゃないと中々まともな写真が撮れませんね。

スノーモンキー(SnowMonkey)14

FC2PW000700FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

犬とかサルのような頭のいい動物って、たまに人様がハッとするような深遠な眼差しをしている時があるんですよね。かなり昔の“SONYのウォークマン”のCMを思い出してしまいました。

スノーモンキー(SnowMonkey)15

FC2PW000240FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

遊びでGETした“戦利品”を誇らしげに見せびらかしているのでしょうか!? 心なしかちょっと“ドヤ顔”のようにも見えてしまいます(w)


スノーモンキー(SnowMonkey)16

FC2PW009590FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

もう、これって人間のしぐさそのものですよね。沢山の観光客に囲まれてシャッター切られているのに完全にリラックス状態です。干渉されない、危害を加えられないという事が分かっているので余裕の表情なんでしょうね。

スノーモンキー(SnowMonkey)17

FC2PW000691FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

気持ちよさそうなのはその表情だけで察せます。暖かさだけでなくきっと幸せも分かち合っているんでしょうね。


スノーモンキー(SnowMonkey)18

FC2PY009382FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

ニホンザルは春から初夏にかけて出産するようなので、この子はもうじき1才ってところだと思います。人間だと歩ける子はまだ少なめの年齢ですが、ニホンザルの子猿はもう大人顔負けの運動能力です。人間とサル、かなり近い種と言われていますがこの辺は大きく違いますね。

スノーモンキー(SnowMonkey)19

FC2PW009342FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

この子のじっとこちらを見つめる瞳には、撮影をしている多くの人間が映り込でおります。この真っ直ぐの視線の先の人間についてこの子は一体何を想うのでしょうか・・・・・・・ (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

スノーモンキー(SnowMonkey)20

FC2PW000316FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

木の上の子猿を狙ってちょっと引きでの1枚です。無心に杉の葉を食べている表情が愛おしいです・・・・・ (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

スノーモンキー(SnowMonkey)21

FC2PW000500FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

よ~し、どれどれ、お母さんがよく見てあげるよ・・・・・ なんて言っている声が聞こえてきそうです(w) (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

スノーモンキー(SnowMonkey)22

FC2PW000542FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

杉の葉っぱを食べたお口直しは、“氷菓子”・・・・ なんて感じなんでしょうか? (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

スノーモンキー(SnowMonkey)23

FC2PW009603FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

落ち込んでいるんでしょうか?、物思いに耽っているのでしょうか? 虚ろな眼差しが何か意味深ですね。 (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

スノーモンキー(SnowMonkey)24

FC2PW009927FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

やっぱり人間の世界同様、おサルの中でも“イケメン”とそうじゃないのがちゃんといますねw この子なんかは将来有望の様な気がします。 (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

スノーモンキー(SnowMonkey)25

FC2PY009356FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

この“地獄谷野猿公苑”には温泉以外、特におサルのために作った造作物は無く、この鉄棒も多分簡易フェンズの一部だったように思いますが、入れ替わり立ち代り多くの子猿たちがぶら下がってじゃれる、絶好の遊び場と化しておりました。 (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

スノーモンキー(SnowMonkey)26

FC2PW000268FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

上目使いのこの子ザル・・・・・ 何か面白いものがあったのかな?視線の先が気になりますね(w) (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

スノーモンキー(SnowMonkey)27

FC2PW009356FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

その気持ちよさが目の表情で分かります。お母さん?の横顔もとても素敵ですね。 (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

スノーモンキー(SnowMonkey)28

FC2PW000088FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

ここの子猿たちは人間の子供と一緒で、何気ない仕草の一つ一つが可愛いですし絵になりますね。 (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

スノーモンキー(SnowMonkey)29

FC2PW000098FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

この子猿、遊び過ぎでちょっとうとうとしているのかな?看板の上にちょこんと座った姿が愛らしいです。 (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)

スノーモンキー(SnowMonkey)30

FC2PW009889FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1M.ZuikoDigitalED40-150mm/F2.8 スノーモンキー(SnowMonkey) 2015年

確か 、雪で遊んでいる最中の一瞬を切り撮ったシーンだったと思います。意識していない表情っていうのはなかなか良いものですね。 (3と6が付く日はサルの日として、おサルをUPしております)
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archive
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
338位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
136位
Watch Access ranking>>