セドナ(Sedona)13

B50101441.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

「レッドロック州立公園」での若干、消化不良気味のトレッキングを終え、次の「カセドラルロック」のビューポイント「レッドロッククロッシング」にやって来ました。
これは現地でPUした「セドナ(Sedona)1」のタテ写真バージョンです。

セドナ(Sedona)14

B50101712.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

ここは「レッドロッククロッシング(Red rock crossing) 」で一番お気に入りの場所でした♪ 体調は悪いのにもかかわらず、気持ちは爽快だったんですよね。
しばらくの間、足を流れに入れ横たわっていい時間を過ごしました。(これが更に体調を悪化させる原因だったかもしれませんw)

セドナ(Sedona)15

B50102063.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

「レッドロッククロッシング(Red rock crossing)」で本当にいい時間を過ごした後、次の4大ボルテックス「ボイントンキャニオン(Boynton Canyon)」に向かいます。
途中、道脇に「カセドラルロック(Cathedral Rock)」のビューポイントがあり、こんな素晴らしい風景を拝むことが出来ました。

セドナ(Sedona)16

B50102104.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

今回の最後の〆は「カセドラルロック(Cathedral Rock)」のどアップで・・・・・・・・・・、
前の写真と同じところから撮りました。高倍率ズームのM.ZuikoDigitalED14-150mmなんですが、旅には欠かせない貴重な戦力となっております。

セドナ(Sedona)17

B50102441.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

4大ボルテックスの3つ目「ボイントンキャニオン(Boynton Canyon)」に到着です。右がここを代表する「カチーナウーマン(Kachina Woman)」という岩です。
このボルテックスは男性性・女性性の両方を併せ持つパワースポットとのことだそうです。

セドナ(Sedona)18

B50102973.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

「ボイントンキャニオン(Boynton Canyon)」には大まかに2つのトレッキングコースがあり、サンセットまで時間があったので長いほうを選んだのですが、
帰って調べたら、どうやら選んだほうはあまり観光客が行かないマイナーな方だったようです(個人的には楽しかったですよ♪)

セドナ(Sedona)19

B50103164.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

このトレッキングコースの下は広大なリゾートコテージ(エンチャントメントリゾート)になっていて、下世話な話なんですが、
2年ぐらい前にロンブー淳と安室奈美恵さんの熱愛スクープが発覚したとき、年末年始を一緒に過ごしたという高級ホテルなんだそうです。

セドナ(Sedona)20

B5010288.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

このトレッキングコース、花とかトカゲとかを撮りながら結構歩いてみたのですが、前にも書いた通りマイナーコースだったようで、全然人と出会いませんでした。
残念ながらボルテックスから発せられるパワーみたいなものは感じられませんでしたが、空に浮かぶ月をみながらの静かなトレッキングは心地よいものでした。

セドナ(Sedona)21

B5010286.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

大分歩いて、サンセットの時間が近くなってきたので、次の目的地、4大ボルテックスのトリを飾る「エアポートメサ(Sedona Airport Mesa)」へ向かうことに・・・・・
「カセドラルロック」同様、ここ「ボイントンキャニオン」もメジャーなポイントには行けてないと思うのですが、それは次回のお楽しみと言う事にしておきます(w)


セドナ(Sedona)22

B50103285.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

4大ボルテックスのトリを飾る「エアポートメサ(Airport Mesa)」にやって来ました。岩を登る本格的なポイントの前に、駐車場脇の展望スポットから、
方向的には北西で、見えているのは先ほどまで居た「ボイントンキャニオン(Boynton Canyon)」辺りじゃないかと思います。

セドナ(Sedona)23

B50103316.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

これは先程より少し右位置で、方向的にはほぼ北となります。「エアポートメサ(Airport Mesa)」はそこ自体が強いボルテックスなんですが、
眺望が開けているため、他のいろいろなボルテックスを望めるって言うことで人気があるようです(サンライズ・サンサンセットポイントとしても有名)

セドナ(Sedona)24

B501035515.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

駐車場脇のスポットから、岩を登るポイントに移動して来ました。こちらはセドナを360°見渡せる素晴らしい眺めの場所でした。
これは南方向の眺望で、最初に訪れた「4大ヴォルテックス」の一つの「ベルロック(Bell Rock)」が少し夕日に染まっておりました。

セドナ(Sedona)25

B501035314.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

とりあえず個人的にセドナで一番フォトジェニックだな大岩と思う「ベルロック(Bell Rock)」のUPを一枚・・・・・・・・・・・

セドナ(Sedona)26

B501037816.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) 朝日/夕日(Sunrise/Sunset) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

そして、いよいよ待ちに待ったサンセットの時がやってまいりました。ここは町から近く交通の便もいいので日本の方も多く来ていましたね。
少し強めのひんやりとした風がふく中、瞑想などをしている人も何人かおりました。自分はしませんでしたがなんとなく瞑想なんぞをしたくなる気持ちはわかりました。

セドナ(Sedona)27

B501039917.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) 朝日/夕日(Sunrise/Sunset) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

そしてセドナの最後の〆の写真は「エアポートメサ(Airport Mesa)」からのサンセットのUPを一枚・・・・・・・・・・・・
こんな美しい風景をUPしていますが、撮影時は風も強く少し寒かったこともあり鼻水とくしゃみが止まりませんでした(T-T*)
体調がかなり悪化してきたので、撮影後ホテルに戻り、外出もせず近くのコンビニで食料を買い、部屋で夕食&早目の就寝で明日の旅に備えました。

ホースシューベンド(Horseshoe Bend)

P5020004.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

体調が悪く少し遅めに(寝坊です)セドナを出発し、約260kmほどの距離を鼻水をかみながらドライブし、ホースシューベンド(Horseshoe Bend)にやって来ました。
場所はページ(Page)という町の付近にで、コロラド川が蹄鉄(Horseshoe)の形に蛇行しているからの命名のようです。まったく不思議な光景があるものですね!!

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)1

B5028189FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

ホースシューベンド(Horseshoe Bend)を後にして、次の目的地アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)に向かいました。ホースシューベンド同様、ページ(Page)という町の付近にあるので十数分ほどのドライブで着くはずでしたが、結構迷って徒に無駄な時間を過ごしてしまいました。普通(日本)ならこれほどの名所、至る所に看板があって然るべきなんですが、商売っけが無いというか、全く案内はありませんでした。中央に見える火力発電所?の向かって右側がアッパー・アンテロープ・キャニオンで左側がロウワー・アンテロープ・キャニオンです。(今回行ったのはアッパーです)

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)2

B5028194FC2.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年


ようやくアッパー・アンテロープ・キャニオン(Upper Antelope Canyon)に到着です。ツアーの受付は大きな駐車場にトイレとこの建物だけといった感じです。
道に迷ったせいで、お昼過ぎのツアーに間に合わず、1時間以上待たなねばならず、おかげで、おなじみの例の写真これ」を撮るチャンスはなくなりました(T-T*)
おまけに、ロスした時間の関係で楽しみにしていた、ロウワー・アンテロープ・キャニオンの方の散策は断念と言う事に・・・・・・・・・・・・

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)3

P5020170.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

先程の駐車場兼受付からご覧のような車に乗って、砂漠の凸凹の道のようなところを、砂埃をかぶりながら10分ほど走って、入り口に到着です。
(一眼でレンズ交換とかを考えている人は、ここ(外)でもキャニオンの中でも砂埃がすごいので止めておいた方がイイと思います!!)

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)4

P5020131FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

これがアッパー・アンテロープ・キャニオン(Upper Antelope Canyon)の出口(反対側の入口)で、こう言う岩の割れ目を入っていくと・・・・・・・・・・・・・

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)5

P5020022.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

ここはセドナから次の目的地(モニュメントバレー)に行く途中に寄ったアンテロープ・キャニオンです。TVの旅番組かなんかで見て以来、憧れ続けていた場所だったんですよね!ボキャブラリーが貧困で且つ時間があまりないので「凄い!!」としか書きませんが、本当に凄かったです(w)

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)6

P5020021FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

・・・・・・・・・・・こんな光景がいきなり目に入ってきます!! この場所はテレビや写真でも見て驚いていたのですが、やっぱり実際に来てもビックリです!!
人を入れて写しているので、なんとなくアンテロープ・キャニオンのスケールや構造は想像していただけるのではないでしょうか!?
(高さは約3~40m位で、こういった光景が約150mほど続いております。) 次回からは選りすぐり(w)の写真を何枚かUPさせていただきますのでお楽しみに♪

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)7

P5020015FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon) 2012年

ここアンテロープ・キャニオンは、この光景を何かの機会で知ってしまうと、写真を撮るのが好きなものにとってはどうしても行ってみたくなる場所だと思います。
自分が今回のグランドサークル旅行に出かけるきっかけになったのも、ここの存在が大きかったんですよね。

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)8

B5028233FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED14-150mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon) 2012年

ここアッパー・アンテロープ・キャニオンを、ナバホ族は“ツェー・ビガニリニ(Tse bighanilini)「水が岩を流れる場所」”と呼んでいて
その言葉通り、隆起したコロラド台地を、モンスーンの時期に降るスコールの鉄砲水が、柔らかい砂岩を侵食して出来たものだそうです。

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)9

P5020112FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon) 2012年

このアンテロープ・キャニオンのツアーは、乗ってきた車のメンバー(10人くらい)が1グループとなり、ガイド(ドライバー兼)がいろいろ説明をしてくれます。
やはり観光客の目的はこの光景の写真を撮ること!! ガイドもその辺りは良くわかっているようで、フォトジェニックなポイントをいろいろこまめに教えてくれます。

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)10

P5020096FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) 2012年

前にも書いたとおり、ここはモンスーン時に降るスコールの鉄砲水が、柔らかい砂岩を侵食して出来ています。上の流木が正にその痕跡ですね。
ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)の (LINK)⇒I'm Not A Girl, Not Yet A WomanのPVはここで撮影されているんですが、足元は水に浸っていますね。

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)11

P5020017FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon) 2012年

このアンテロープ・キャニオンのツアーは比較的時間にゆとりがあったので、気合が入って(w) カメラ2台・レンズ3本で約200カットほど撮ってしまいました。
超本気モードの人も何人か来ていて、ゴツイ三脚で撮っていました。自分は全部手持ちだったんですが、アマチュアレベルでは充分な写りじゃないかと思います。

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)12

P5020116FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

再びアッパー・アンテロープ・キャニオンの様子をUPさせていただきます。200カットも撮っているんで、なかなかUPするのを少数に絞り込めないんですよね(w)

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)13

P5020153FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

ここはナバホ族の居留地(一定の自治権の付与)となっていて、許可無しの立ち入りは出来ず、当時は限られた地質学者や写真家のみが知る秘境でだったそうです。

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)14

P5020148FC2r.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5M.ZuikoDigitalED9-18mm/F4.0-5.6 アメリカ(America) アリゾナ(Arizona) グランドサークル(GrandCircle) アンテロープ・キャニオン(AntelopeCanyon) 2012年

今では色々なマスコミに取上げられるようになり、かなりメジャーになってきているんですが、1990年代に入るまでは家畜の放牧とかにも利用されていたようですね。
Profile

GOCCI・ゴッチ

Author:GOCCI・ゴッチ
***********
日本で、海外で・・・・・
街中で、アウトドアで・・・・・
気になる風景、ものたちを切撮っております。

♥ 10年位前の腕も、機材も「超へなちょこ」な頃の写真も、躊躇せずにUPします(w)

♥ 「コメント」「拍手」をいただけると更新の励みになります。
何かを感じたら、お気軽によろしくお願いいたします。

**************
いま、もってるカメラ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1mkⅡ
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(1号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M1(2号)
♥ OLYMPUS OM-D E-M10mkⅡ
♥ OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough
♥ DJI MAVIC PRO
**************
いま、もってるレンズ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8mm
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ
♥ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
♥ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
♥ LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0
♥ LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5
♥ LUMIX G X VARIO 12-35mm F/2.8
♥ LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8
♥ ZHONGYI SPEEDMASTER 25mm F/0.95
♥ SIGMA 56mm DC DN Contemporary F/F1.4

Calendar
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Archive
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
Search
Access counter
Flag counter
free counters
Categories...

openclose

Recent Entry
Recent Comment
Good-bye Camera
************ さようならしたカメラ *********** ♥ SONY Cyber-shot DSC-P71 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P100 ♥ SONY Cyber-shot DSC-P150 ♥ RICHO Caplio R3 ♥ RICHO Caplio R4 ♥ LUMIX DMC-FZ50 ♥ LUMIX DMC-GF1 ♥ OLYMPUS E-510 ♥ OLYMPUS E-620 ♥ RICHO Caplio GX100 ♥ OLYMPUS XZ-1 ♥ OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ♥ OLYMPUS PEN E-P3(s&b) ♥ OLYMPUS PEN E-P2(b) ♥ OLYMPUS E-30 ♥ OLYMPUS OM-D E-M5 ♥ LUMIX DMC-L10 ♥ PANASONIC LUMIX DMC-GM5 ♥ OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
Good-bye Lens
************ さようならしたレンズ *********** ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ♥ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ♥ ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 ♥ ZUIKO DIGITAL ED ED 14-42mm F3.5-5.6 ♥ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC ♥ LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ♥ LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 ♥ LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ♥ LUMIX G 20mm/F1.7
Access ranking
[Genre ranking]
写真
166位
Watch Access ranking>>

[Sub ranking]
風景
65位
Watch Access ranking>>